le3850
大阪府大阪市福島区福島7-5-20。
tel:06-6455-3990

昨日は気分が現実から遠いところにいました。
悪い意味ではなく安堵感からか、まったりしていたのかも。
電話、メール、ブログなどに触れることもありませんでした。

ひとつは、会社の業績の見通しが明るくなってきました。
春夏の決断が良い方向に向かっていると確信できます。

もうひとつはラッキーな出来事です。
小生が上場企業の従業員であったころの話です。
スピンアウトをして独立をする先輩が2人いました。
どちらからも声をかけていただきます。
しかし、小生自体も自分の世界を目指していたのでお断りします。
一社は数年で廃業です。
もう一社はこの夏、上場企業になりました。
行けばよかったなんて思うも後の祭りです。
(四季報に名前が載ったかも)
小生は影ながら応援をと思い株主になることを決断します。
しかし、IPOの株は果てしなく手が届くはずもありません。
そして諦めた初秋のことです。
株価が三分の一になっています。
先輩の顔を思い出し、少しですが株主になります。
1ヶ月が過ぎ、気にもしていなかった株価を見てみます。
なんと倍の金額になっています。
「先輩すみません。」と謝りながら一株残して売却です。
ラッキー!底を突きかけていた小生のヘソクリの復活です。
ちょっとの間、食べ歩きの軍資金には困らないかも?
(嫁さんもブログ見てるのにね。)

独立して成功する人も一握りです。(要注意ですよ。)
株で儲けている人も一握りです。
ダメダメ、今回は偶然の出来事と思いましょう。

いわゆる財布が暖まって安堵感です。

le3863le3808

le3817le3818
ということで、今日はリムジンをチャーターして福島にくりだそう?。
いえいえ、いつものように自転車でコキコキ福島です。
目的は香港チャイニーズ『LEE』です。
『かしわや 闘鶏』の2階です。 

さあ潜入です。

ベガスの渋谷圭紀シェフも絶賛のこのお店です。
しかし入り口には少林寺拳法のリーの写真です。
店内は真っ赤、空間も赤の布で仕切られています。
なんとdeepな雰囲気でしょう。
そして。。。。箸置きまで四川唐辛子です。

le3809
つきだしは中華風キャベツのピクルスです。
これを食べた瞬間、美味しいお店と判断できましたw。

le3820
【空心菜の炒め物香港式】890円。
ソースの名前を聞きましたが忘れました。
豆腐で作られてるとかなんとか。
クリーミーなソースです。
美味しいです。
これから来るだろう激辛に備えて胃の準備運動です。

le3828

le3842【海老の四川唐辛子炒め】1100円。
シェフのお勧めを聞いて注文しました。
海老のてんぷらの甘辛煮です。
そして唐辛子もてんこ盛りからまっています。
唐辛子のエキスが染み込んでいます。
辛さと旨みが最高のコンビネーションです。
最高です!!!。

唐辛子は食べてはいけないです。
卒倒してしまいます。


le3844
【鳥のカシューナッツの塩炒め】850円。
四川料理の合間の口休めです。
しかし口休めになりません。
少し塩が利いています。
口の中が過激な変化についていけませんw。

le3848
【四川麻婆豆腐】1500円。
白麻婆(塩味)850円
赤麻婆(辛い)800円
鬼麻婆(激辛)1500円
の3種類が用意されています。
当然鬼麻婆を選択します。
トロトロではありません。
ペースト状の固さです。
山椒と唐辛子エキスの塊です。
辛い!!辛抱できません。
でも旨い!。
激辛は唐辛子の量が増えるようです。
山椒の味が遠くのほうで感じれる程度です。
四川山椒で麻痺したい方は赤麻婆がお勧めです。

le3852

le3853【汁無し四川麺】880円。
冷麺のような見かけです。
しかし、底に沈んでいる山椒と唐辛子のエキスが待ち構えます。
麺に全部絡めていただきました。
麺のコシもいけます。
でもこれは絡めず着けながらいただくほうがおいしいかもしれません。
辛味を調整しながら食べれる四川麺です。
いやはやナイスです。




ビールを飲むと舌がピリピリします。
逆効果です。
紹興酒でいただきました。
今回はかなり納得できます。
小生の今までいただいた四川料理の中では一番インパクトのあったお店です。
当然一番辛かったのは間違いないですね。
でも癖になりそうなお店です。


雰囲気  :☆☆☆.5
料理   :☆☆☆☆
予 算  :4000円/人でした。
総 合  :☆☆☆☆.5(海老の四川旨煮が最高!)

 レストラン飲食店食べ歩きブログランキングはこちら。大阪のほんまは今何位?
bana

管理人へのコンタクトはosakanohonma@yahoo.co.jpまで