yt503

yt535yt507
大阪府大阪市北区堂島1-4-7。
tel:06-6345-2915
食べ歩きBlogランキング

新入社員や転属の受け入れも落ち着き歓迎会のシーズンです。
新入社員の会費負担を旧人がもつことなどもあり、
なるべく安い居酒屋を探すことが多いようです。
博多もつ鍋『蟻月』が堂島にもできました。
まだ行ってはいません。
ロケーションがいいいので気になります。

もう、鍋のシーズンは終わりです。
しかし、朝晩の気温はまだ寒さを感じます。
鍋の季節を惜しみながらてっちりを頂きます。

潜入は北新地のはずれ『夢鉄砲』です。
美味しいという噂を聞きつけ早速潜入です。
入り口を見る限り、てっちりのお店とは気づきません。
モダンな入り口は和食のイメージではないです。
ただよく見ると活けの水槽があることに気づきます。

中に入ると、各テーブルの排気ダクトに目が行きます。
まるで焼肉屋さんのイメージです。
てっちりを食べるお店なのかな?と思ってしまいます。

コースは3,4種類あったようです。
その中の8,000円?9,000円?のコースを注文します。

yt476
【ふぐ皮の湯引き】
手始めはふぐ皮の湯引きです。
コリコリした食感とコラーゲンを感じます。
よく見ると、金粉が散りばめられています。
さすが!北新地ですw。

yt483
【てっさ】
一人一皿づつてっさが出てきます。
取り合い、遠慮もすることがありませんw。
かなりのボリュームのてっさです。
お箸で7、8枚づついただきます。
4回ほど繰り返しできましたw。

yt487

yt492【焼きふぐ】
塩、にんにく、タレから選択できるようです。
今回は3種類をお願いします。(一人一種類)
薄切りのシャブシャブのような身を七輪で焼きます。
今まで食べた焼きふぐとは違います。

歯ごたえもよし、食べやすいです。
美味しいです。
排気ダクトがいる理由がようやく解ります。


yt499
【ヒレ酒】
蓋が閉まったヒレ酒を蒸して、マッチでアルコールを飛ばすのではありません。
注ぐときに火をつけ(トップの写真)、ちょうしからコップまでファイヤーします。
ナイスパフォーマンス、ナイス演出です。

yt513

yt517【とうとう身のしゃぶしゃぶ】
とうとう身(ふぐ皮のぬめりの部分)をまずはシャブシャブです。
フカヒレにも負けないでしょうコラーゲンの塊です。
まるで、薄いところてんを頂いているような食感です。


yt520
【てっちり】
活のトラフグでてっちりです。
この身の分厚さに納得できます。
アラもいっぱい隠れていました。
コストパフォーマンスが悪かろうありません。
大変満足できます。

yt526
【雑炊】
てっちりには欠かせない雑炊です。
調理場で仕上げたものを持ってきてくれます。
お腹がいっぱいでもまた箸を持ってしまいます。
なんと卑しいことでしょう。

yt532【デザート】
口直しのシャーベット。




てっさ、焼き、鍋、そして実は写真を撮り忘れたふぐの唐揚げも付いています。
4種の料理を頂き満足が無いわけありません。
ヒレ酒パフォーマンス、焼くふぐのバラエティにも満足です。
いままで5000円以下で頂いていた河豚コース、
もう一つランクを上げればここまで満足できます。
是非再訪したいお店です。


雰囲気  :☆☆☆☆.2
料理   :☆☆☆☆.4
予 算  :8,000円〜(コース)
総 合  :☆☆☆☆.3



 レストラン飲食店ランキング。
bana

管理人へのコンタクトはosakanohonma@yahoo.co.jpまで