sa8174
sa8171
京都府京都市東山区円山公園。
tel:075-531-0088
食べ歩きBlogランキング

京都の八坂神社の南門に着きます。
ここから目的地までは緩やかな上り坂です。
雨が降っています。

sa8153
観光用の人力車を見つけます。
小生の体でも大丈夫?
確認をしてw乗らせていただきます。

sa8154
精一杯体を沈めて引っ張ります。
でも歩く速度と同じくらいのスピードです。

sa8160
円山公園の北側の道路です。
公園の緑と、屋敷や料亭の緑です。
雨で静かな散策路は雰囲気のあること間違いありません。

sa8170
10分弱で到着です。

sa8167
今回の料亭ランチ巡りの場所です。
歴史を感じる料亭『左阿彌(さあみ)』に潜入です。
400年に届こうかという建物です。
料亭に生まれ変わり160年です。
明治維新以降は御前会議にも使われていたそうです。

sa8172
爺やの案内で敷地の中に入っていきます。

sa8173
藁葺き屋根の茶室を見つけます。
建仁寺の五温和尚と金閣寺の伊藤和尚合作の「遍松庵」というそうです。

sa8178
二間続きの部屋に案内されます。
ちゃんと芸妓さん遊びが出来る広さになっています。

sa8182
部屋の窓からは円山公園と、その向こうに京都の街が一望できます。
では、お昼の京懐石(9660円)を頂くことにします。

sa8185
まずは、先付け、八寸です。
斬新な器です。
多分満月と三日月です。
京料理は、料理、設備、器の3身一体を楽しまなければね。

sa8188
満月は八寸です。
枝豆はちゃんと丹波の黒枝豆です。
菊花寿司に菊花巻。
装いはもうすでに10月の料理です。

sa8190
三日月の先付けは、松茸と白菜の煮浸しです。
これにも菊の花びらがあしらわれています。
(説明が前後しています。すみません)

sa8201
器をとるとそこには中秋の名月が現れます。
何故かしら?ビールのラベルも現れますw。

sa8197
向附。
刺身盛り合わせです。
まずは器と盛り付けを観賞しましょ。

sa8199
さしの効いた絶妙な赤身。。。
新鮮な真鯛、
そしてかますは焼き霜でいただきます。
最高です!
誰かに内緒で日本酒を注文するのは当然です。

sa8206
大根ではありません。
海草を脱色した千切りです。
この材料のきめの細かさも京料理です。

sa8207
椀は湯葉豆腐と松茸のすましです。
高級な食材を盛り上げる金色のデザインです。

sa8211
相当、薄口です。
食材の味を十分楽しめます。
京料理の情緒を感じる一品です。

sa8213
焼肴は琵琶鱒の塩焼きです。
遠火でじっくり焼かれています。
淡水魚の臭みはまったくありません。
鮎と同じようにすべて口の中に無くなります。

sa8223
焚き合わせは、焼き豆腐です。
今日の料理は地の食材と豆腐で攻めています。

sa8226
豆腐に挟まれるは鰻の蒲焼です。
鰻豆腐といいます。
菊菜との相性がぴったりです。
本日のぴか一です!

sa8233
油物は揚げだし胡麻豆腐です。
3品目の豆腐料理どす。
そんな気分になってきます。^^

しかしこの自家製胡麻豆腐がすばらしいです。
揚げだし豆腐のために作られたように思います。
胡麻豆腐のマッタリした食感と油がしつこくないように。
あっさりした胡麻豆腐に仕上げています。
仕込みに時間のかかった料理です。
やっぱりこれを本日のぴか一にしますw。

sa8237
酢物。
甘味のないクレームブリュレの上に蒸し海老と生うに?
くみ上げ湯葉だったんですね。
しかしこのまろやかさはすばらしいです?
酢物ですね?
雲丹の下にはポン酢ゼリーが隠れています。
これを混ぜていただくと酢の物です。
女性が喜ぶ一品に違いありません。

sa8242
仕上げは白い御飯とお味噌汁と京漬けものです。^^

sa8246
味噌汁の山芋のとろろ団子にも感動です。

sa8255
そして、果物をいただきます。
いつもに増して満足です。
本当にご馳走様です。

sa8258
敷地内の離れ座敷を見させていただきます。
部屋代はいらないそうです。
希望をすれば利用できるようです。
500年の一木一石の庭を見ながら、、、いいですね!

sa8263
これが茶室の中です。
ここも客室になっています。
雰囲気があります。
次回はこの部屋で食事をさせてもらいます。^^


夜は12,075円 〜 36,000円です。
昼は6,641円〜12,075円です。
夜に小さいお子さんを連れて外食はなかなかできません。
休日ランチを家族で過ごす、
個室なので周りに気兼ねすることもありません。
奥さんの為にも一度はどうですか?
そんな利用をされるお客さんも歓迎だそうです。

sa8271
帰りは円山公園を小雨の中優雅に散歩です。

sa8273
途中、円山公園に隣接する、『長楽館』でコーヒーします。

sa8280
この洋館は旧村井別邸です。
日本の紙巻タバコを最初に製造発売した村井さんです。
100年の歴史のある建物です。

sa8283
リノベートされているわけではありません。
そのままの姿の内装が残されています。
風景画や家具も文化財です。

sa8286
現在の建築基準では不可能な建物です。
当時は近代日本の象徴だったそうです。

sa8295
コーヒ−だけのつもりが。。。
サンドイッチまで注文してしまいます。

分煙ですが喫煙の間という部屋もあります。
文化財の横でタバコを吸えるのも、煙草業界の第一人者たるゆえです?


雰囲気  :☆☆☆☆☆
料理   :☆☆☆☆.5
予 算  :9,660円(ランチ)
総 合  :☆☆☆☆.8


 レストラン飲食店ランキング。
bana

管理人へのコンタクトはosakanohonma@yahoo.co.jpまで


京都の料亭 割烹特集