DSC_0025[1]
京都府城陽市奈島下小路11
電話非公開

信楽方面でゴルフに行くとき。
必ず早朝のエントリーにします。
13時までにはクラブハウスを後にします。
14時には京都城陽の山道まで戻れるようにします。
ラーメン店の行列に並ぶためですw。

DSC_0023[1]
平日の12時に行くと30〜40人の行列です。
こんな山道の途中のラーメン屋さんなんですが。
14時頃に行くと10人程度に行列は減っています。
そこを狙い潜入しています。

DSC_0024[1]
注文はいつも「こくまろ塩チャーシューメン」です。
そこに特製胡椒オイルを垂らしていただきます。
アッサリしたレアチャーシューはいくらでも食すことができます。
ひらうち麺のその太さとコシもナイスです。
コクのあるこの塩スープにぴったりです。

塩ラーメンだけではなく、醤油ラーメンも美味しい!!
山中にワザワザ車で来て行列並ぶ意味がわかります。

これこそ本来のミシュランガイドに載せるお店では^^
発行者であるミシュラン社はタイヤ会社であり、これにより自動車旅行が活発化し、タイヤの売れ行きが上がることが目論みだったといわれる。この「ガイドはタイヤのため」「ガイドはミシュランにとって、ブランド名を売り込むため、タイヤ事業を発展させるために存在する」との原則は現在も引き継がれており・・・