大阪のほんま

北新地・福島・肥後橋、そして高槻,最近は地方巡業を中心に食べ歩きレポートをしています。食べて飲んで投稿してリフレッシュ!。自分の足と目と耳と鼻で探索するのが食の醍醐味というのが自論です。

 ├鍋料理

博多水炊き いろは@豊崎の裏通りで夏の水炊きもおつですね。

IMG_0058
大阪府大阪市北区豊崎2-4-24
TEL:06-6377-0168

舗装された道を歩き続けます。
水分補給は自動販売機です。
120円を投入してミネラルウオーター。

道のない荒野を歩き続けます。
水分補給はオアシスです。
緑が鮮やかです。
湧き水で喉を潤します。

オアシスの素晴らしさを伝えます。
120円のミネラルウオーターを片手にオアシスに行きたいと思います。
羨ましいと思います。
オアシスだけが瞼に浮かびます。

灼熱の舗装道も暑いでしょう?
大変だと思います。
辛いと思います。
ただ、自動販売機を見つけることは容易です。^^

唐辛子のイルミネーションランプを見つけます。
メキシコの荒野や砂漠を想像します。
そしてそんなことを妄想していますw。


キャベツがなんともいえない切り口です。
美味しい切り方です。
鶏のつくねがこだわっています。
軟骨が入っているだけではなさそうです。
美味しいよ!
そんな情報を片手に豊崎の博多水炊き「いろは」に向かいます。

IMG_0074
博多中洲にお店を構える有名店だそうです。
お孫さんが大阪店を任されているようです。
博多の味をそのまま継承されているそうです。

IMG_0054
テーブルに置かれた鍋です。
すでに煮込まれた鶏肉と出汁が待ち受けます。
見るだけでコラーゲンのオーラを感じます。

IMG_0056
余分な脂は抜けています。
アッサリ鶏肉をいただけます。

IMG_0057
これが、その話題のつくねです。
スプーンだけで上手に丸めながら団子にしてくれます。
鍋に入れるところまでサービスしてくれます。
玉葱の甘み、軟骨の食感を楽しむつくねです。

IMG_0063
これも話題の野菜。
キャベツの切り方が正方形です。
なるほど。

IMG_0068
野菜とつくねを入れて煮込まれるのを待ちます。

IMG_0059
自家製のポン酢でいただきましょ!。
あっさり爽やかな水炊きです。
暑い日でも美味しくいただける味です。
いいですよね。

IMG_0072
仕上げは塩コショウで麺をいただきます。
即席ちゃんぽんも美味満足です。

チェーン店ではありません。
あくまで老舗の味を楽しみます。
大阪で本物の博多水炊きをいただけます。
場所は豊崎「藤平」の真裏にあります。
暑いときに水炊きおつだと思います。



雰囲気  :☆☆☆.5
料理   :☆☆☆.7
予 算  :4,000円(コース代、飲み物別)
総 合  :☆☆☆.6



管理人へのコンタクトはosakanohonma@yahoo.co.jpまで

くるす@能勢のジビエの定食屋さんです、丼、うどん、鍋もあります。

IMG_8797
IMG_8798
IMG_8800
IMG_8801
IMG_8799
大阪府豊能郡能勢町栗栖12−1.
tel:072-734-0652

ようやく午後になり能勢に向かうことになります。
ほんま。の能勢ぶら〜りです。

IMG_8788
阪神高速空港線から北へ川西方面に向かいます。
このつり橋が能勢へ向かう道の道しるべです。

IMG_8809
一庫ダム付近の国定公園を眺めながらひたすらR173を北上します。
能勢町の中心栗栖の交差点に到着します。
ローソンを右手に見ながら500mほどなお北上するとお店が見つかります。

IMG_8824
お店の玄関には、イノシシ、鹿、熊、雉、鴨の剥製が迎えてくれます。
暖簾にはうどんとあります。
たしかにうどんや丼を食べさせてくれる定食屋さんです。
しかしジビエの鍋が取り揃うお店なんです。
年中雉やイノシシ、鹿、鴨の鍋がいただけるお店です。
丼やうどんも鹿、雉、猪の肉も入れてくれます。^^

IMG_8809
実は小生のランチ目的は熊鍋定食(2400円)です。

IMG_8803
鳥焼き定食(980円?)も美味しいので注文します。

IMG_8806
小鉢2品と漬物、白いご飯がついてきます。

IMG_8813
すき焼き風の熊鍋です。
能勢産の野菜もたっぷり入っています。

IMG_8817
添え付けの卵に絡めて熊肉をいただきます。
固めの熊らしい肉です。
脂はしつこくなく噛み応えのある肉です。
小生は好きです。

IMG_8818
底にはうどんがたっぷり入っています。
100g1700円の高価な熊肉です。
(持ち帰りもできます)
うどんと交互にいただきます。^^

IMG_8820
鉄板で焼く鳥焼き定食もできたようです。
トマトだれ、ごまだれ、ピーナッツだれの3種類が用意されます。
変わった風味のたれを色々つけながらいただけます。

IMG_8823
他にも猪肉カレーうどん(1,200円)。
きじうどん(980円)。
鹿丼(1400円)。
天狗鍋定食(猪、鴨)(2,800円)。
たしか全種入った鍋もありました。

トップの画像は手彫りの掛け物です。
いろんな手彫りの置物などもあります。
看板も含めすべて店主の手作りです。
これには驚きます。
能勢らしいお店だと思います。
しかしここは大阪府です。

そしてこのとき能勢は26℃です。
市内よりも4度低い気温です。
さわやかな空気です。



管理人へのコンタクトはosakanohonma@yahoo.co.jpまで

つばき@イベリコ鍋!レタス鍋!椿鍋!年中食べますヘルシー鍋。

IMG_5024
大阪府大阪市北区堂島1-3-28。
tel:06-6341-3343

IMG_5013
北新地長屋通り。

上通りと船大工通りを結ぶ日宝堂島ビルの一階の通り抜けを長屋通りと俗名がつきます。
北新地とはおもえない?DEEPな雰囲気に若者も集まります。
物価も平均的大阪価格だろうと思います。
サラリーマンの財布にやさしい長屋通りです。

IMG_5014
その一角に『つばき』という落ち着いた暖簾を見つけます。
10年以上ここで鍋専門のお店をされています。

IMG_5017
お店に入ると大きなテーブルが一つ。
せいぜい8人座れるかどうかのテーブルです。
この一つのテーブルをシェアして(相席)鍋をいただきます。
予約のみ、コースのみしか受け付けません。
そしてこのお店だけは長屋価格ではありません。^^

コースメニューは一つです。
月替わりでメニューが用意されています。
3月のメニューをいただくことになります。

IMG_5020
香旬鉢。
とこぶし、筍の煮物、うなぎの八幡巻きなどの炊き合わせです。

IMG_5021
蛍烏賊の酢味噌。
季節満開、蛍烏賊です。
この2鉢でお酒が進みます。

IMG_5031
極上トロの辛味大根和え。
強烈な脂身のトロです。

IMG_5038
辛味大根に醤油をぶっ掛けいただきます。
この季節の辛味大根はそんなに辛くありません。
トロの脂を中和させてくれます。
あっさりいただきます。

IMG_5045
生うに醤油焼き京なす田楽。
生うにを焼くなんてもったいないと思います。

IMG_5048
でもそれは表面だけなんです。
中はトロトロです。
京なすの田楽と一緒にいただく極上の一品です。

IMG_5022
そして、ようやくメインの『椿鍋』が始まります。
鶏と昆布の出汁、薄っすら醤油色です。
すでにイベリコ豚バラが浮いています。

IMG_5026
茸や大根のかつらむき、トマト、レタスなどを入れます。
少し煮込んで出汁をいただきます。
中華風のような、和風のような、絶妙な甘みをもったナイスな出汁です。

IMG_5044
野菜がたっぷり入った野菜鍋のような。。。
しかし俗名は『イベリコ鍋』という方もおられるそうです。
まずはイベリコ豚バラからいただきます。
豚バラのしゃぶしゃぶが大好きな小生です。
イベリコ豚にこれ満足です。

IMG_5027
野菜以外の具は串に刺されています。
この日のそれはすべて海鮮ものです。
まずは、いわしのつみれをいただきます。

IMG_5030
イベリコの脂を中和させる。
それはレタスです。
鍋にレタスが合うんです。
シャキシャキ感が口の中をさわやかにしてくれます。
くえ鍋なんかでも使うテクニックです。
椿鍋を『レタス鍋』と呼ばれる方もおられるようです。

IMG_5028
ホタテも串のまま鍋に入れます。
取り合いにならないのが良いです!w

IMG_5035
つぎは鍋のトマトをいただきます。
口の中が酸っぱくなってこれまた食欲が増してしまいます。
鍋のトマトは熱すぎるので要注意です。
半分食べて、半分はスープになじませてみます。
トマト鍋に早代わりです。^^

IMG_5050
海鮮は、この蛸に、写真のない海老さんもついています。
結構お腹が膨れてきます。
でも、野菜が多いので消化がよいそうです。
すぐにお腹がすきますからって。

IMG_5052
最後は当然ラーメンです。
胡椒たっぷりふりかけてラーメン屋さんも顔負けの出汁になります。

IMG_5055
デザートはストロベリートマトです。
食用ほおづきです。
ご馳走様でした。

IMG_5029
忘れてました!
この日の料理のお供は『出羽桜』です。
平成18年ものだそうです。
600本限定のお酒です。
「ふ002」。
冬に醸造されたシリアルNO2番だということです。
かなりの大吟醸です。
口当たりがよすぎます。
いくらでも飲めそうです。


さすが噂の鍋料理です。
北新地の口コミでも知る人ぞ知る『椿鍋』です。
毎月すでに半分は予約で埋まります。
冬の鍋シーズンで予約をすることは困難でした。
小生も3ヶ月前から狙っていたお店です。

4月は、由良ウニやすでに鱧料理も出されるそうです。
でもメインはやっぱり、イベリコ鍋!レタス鍋!椿鍋!です。


雰囲気  :☆☆☆.5
料理   :☆☆☆☆
予 算  :10,000円(コース代)
総 合  :☆☆☆.8



管理人へのコンタクトはosakanohonma@yahoo.co.jpまで

てんまみち阿田@おでんと読みます。日本酒の美味しいお店です。

3219
3221
大阪府大阪市北区西天満3-1-11 朝日なには橋ビル 1F。
tel:06-6364-5195

今日も天気がよかったです。
南森町でランチをして、コキコキ南船場。
そして堺筋本町から堂島に戻ります。
夕方からは西天満に向かいます。
自転車が苦にならないです。
南から湿った空気が流れているそうです。
湿度は適度にあるほうがやはり過ごしやすいです。

ランチはこれまたディープなシチュー屋さんでした。
来週にでも載せれればと思います。
ここは正月明けの芯から冷える寒い夜に行きました。
どうしても日本酒にシフトしています。
どうしても鍋・おでんにシフトしています。

おでんは漢字で『阿田』と書くのかどうかは知りません。
当て字かもしれません。
『てんまみち阿田』に潜入します。

てんまみちは数軒あります。
西天満には『酒座てんまみち』。
南にもある?下北沢にも?広島には?
ここが『てんまみち』の発祥のお店であるようです。

3197
付き出しは蛸の柔らか煮です。

3200
赤穂の大ぶりの牡蠣です。
口の中にいっぱい広がって美味しかったです。

3202
これは、岐阜産だったかな?
普通の肉厚ではありません。
焼き椎茸にすると最高な茸でした。

3204
厚揚げはおでんで注文したいのに。
厚揚げは焼きが美味しいというので。。。
小生は出汁のしみこんだ厚揚げが。。。よかった。^^

3205
写真を撮る前に崩してしまう小生です。
見るからにナイスな煮込み具合です。
透明になるほどの繊維質です。

3207
ほとんど繋ぎを使わないつみれです。
口に入れると鰯の香りが広がり解けてしまいます。
ナイスです!

3211
玉子のおでんはイクラを乗せて鮮やかおでんにしてくれます。

3216
バチコ(2500円)は高価な珍味です。
当然能登産です。
一房すべてが出てきます。
これだけで日本酒3杯は飲めそうです。

3218
じゃがバターではありません。
おでんのジャガイモにバターがのります。
これもナイスでした。

当然『てんまみち』は日本酒にこだわりのあるお店です。
なんやかんやと4種類ほどいただきます。
すべて別物の日本酒のようでした。
是非お任せで飲み比べをしてほしいと思うお店です。


雰囲気  :☆☆☆.5
料理   :☆☆☆.8
予 算  :6,000円/人
総 合  :☆☆☆.7


管理人へのコンタクトはosakanohonma@yahoo.co.jpまで

中村屋@年期があります。ランチはおつな一人鍋。

3553
大阪府大阪市北区西天満3-7-8。
tel:06-6364-9245

毎日通る道。

何気なく通過しています。
このお店も知っていました。
蔦が絡む壁の見えない建物です。
廃墟になった喫茶店だと思っていました。
ランチの時間です。
続々人が入っていきます。
小生もそれにつられて潜入です。

3548
『さわやかになるひととき』。
『憩いの喫茶とお菓子』。
どう考えても喫茶店です。
だれが考えても喫茶店です。

3549
脇の入り口には『ホットドックコーナー』とあります。
テイクアウトの入り口だったんでしょうね。^^

3546
鍋定食600円。
営業中とあります。
喫茶店で鍋の食事もできるんでしょうか?

3545
中に入るとこんなポスターを見つけます。
やっぱり喫茶店です、、した?よね。

3535
お店の中は細長いお店です。
4人掛けテーブルが3つあります。
壁には骨董品?古物がすし詰めに並んでいます。
右の天井には川柳?がいっぱいかかれています。
4人がけのカウンターもあります。
座敷もあったりします。
なんと奇妙なお店です。
でも満席です。
みんなの席の前にはコンロが置かれています。

3539
傾いた棚が色っぽく感じてしまいます。
そして大きな札に『天神鍋』です。
気になります。

3540
なんかメニューは鍋ばかりです。
これは多分、きっと一人鍋のお店なんでしょう!
外見や見かけは気にしませんって感じです。

3538
小生は、
『血液さらさら天神鍋』(600円)を注文します。
野菜と豚肉が入った味噌仕立てです。
白い御飯と漬物と最後にうどんかラーメンが付いていきます。

これはなんともいえない昭和のレトロ感です。
レトロ風ではありません。
そのまま昭和です。
年期が入ったといいましょうか、、、。
本当に色気を感じるお店です。^^
こんな雰囲気に一人鍋です。
寒い日のランチにピッタリです。
入れ替わり立ち代りお客さんが入ってきます。
値段も昭和のままでナイスです。


雰囲気  :☆☆☆.9(個人的ね)
料理   :☆☆☆.4
予 算  :600円
総 合  :☆☆☆.8(個人的ね)


管理人へのコンタクトはosakanohonma@yahoo.co.jpまで

蟻月堂島店@白のモツ鍋いただきます!

ar2275
大阪府大阪市北区曽根崎新地2-5。
tel:06-6348-2211
食べ歩きBlogランキング

突然、会社のスタッフと鍋に行くことになります。
突然の通知はビックリするだろう。
事前に話はしておこう。
なので仕事の延長のような突き鍋です。

絶対予約が必要な『蟻月』です。
解っていながらウオークインします。
すると、「今キャンセルが出たのでいけそうです」。
なんと神がかりなラッキーです。
だめもとでもとりあえず聞いてみる、言ってみる。
これ小生のモットーです。
しかしこんなところで運を使ってはいけないのですがw。

ar2278
付き出しは白ネギの酢漬けです。
これは美味しいです。
もしかしたら本日のピカ一になりそうです。^^
白ネギのピクルスといったところでしょう。

ar2279
【酢もつ】630円。
多分ミノの細切れを酢で合せた物です。
歯ごたえ、食感、酢の具合ナイスです。

ar2282
【和牛レバー】945円。
新鮮なレバー刺しです。
安心していただけます。
これだけ毎日盛況なお店です。
仕入れも毎日に違いありません。

ar2285
【大トロ馬刺し】1,995円。
こんな刺しの入った馬肉は初めてです。
まるで牛肉のようです。
熊本直送のこの馬刺しも美味しいです。
甘い田舎醤油もなかなかです。

ar2287
【鶏の唐揚げ】840円。
隣のお客さんのオーダーを見て欲しくなります。
みんな忘年会で大賑わいです。
小生のテーブルはしんみりしていますw。

ar2289
【ネギと明太子の玉子焼き】683円。
店員の方に聞きます。
人気メニューの一つだそうです。
博多らしい玉子焼きです!。

飲み物は?
小生あレモンチュウハイとプチトマトジュースをオーダーします。
自分でわってトマチュウを作ります。^^

ar2291
【白のもつ鍋】1302円×4人前。
白味噌風の昆布とカツオだしです。
一番人気だそうです。
赤のもつ鍋(醤油)。
銀のもつ鍋(牛テールスープ)。
金のもつ鍋(ポン酢風味)もあります。

ar2295
最初はアッサリした味噌鍋です。
煮込むほどもつの脂とコラーゲンで濃いくなります。
まるで2種類の鍋を食べるようです。

ar2298
この出汁はちゃんぽんがあうと思います。
追加で注文します。
美味しいですね。


一年前に出来た堂島店です。
予約でいっぱいだそうです。
近くにありながら遠い存在に感じています。
夜遅くなら入れる確立は上がるそうです。


雰囲気  :☆☆☆.4
料理   :☆☆☆.6
予 算  :4,000円/人程度
総 合  :☆☆☆.5


 レストラン飲食店ランキング。
bana

管理人へのコンタクトはosakanohonma@yahoo.co.jpまで

道頓堀今井本店@うどん屋さんで鴨すきなべ、すきカモwww。

im0092

im0106

im0086
大阪府大阪市中央区道頓堀1-7-22。
TEL:06-6211-0319
食べ歩きBlogランキング

風呂敷を広げる。

場合によっては、自分に対してハードルを上げてプレッシャーを与えることになります。
場合によっては、虚勢を感じることになります。
人に迷惑をかける『風呂敷広げ』は虚勢に近づきます。
出来れば前者のようなほうがいいかもしれません。
しかし、どちらにしろ広げた風呂敷は自分で閉じないといけません。
人にケツを拭いてもらわなければいけない風呂敷を広げるのはやめましょう。

小生は会議で言います。
11月中に一億円用意しますw。
これどっち?

鴨つながりというか偏食?
鴨鍋を食べたくなります。
最後にウマ出汁で美味しいうどんを入れて食べたいと思います。
では、道頓堀の真ん中のうどん屋さん『今井』で鴨すき鍋(5,250円)をいただきましょ。

im0090
これで2人前の鴨です。
量が多いと思います。
一人10枚だそうです。
一人前だけ頼めばよかったカモ。

出汁に漬け込まれた鴨です。
脂がのっています。^^

im0096
今井の上品な大阪うどんにみとれます。
美味しそうです。

im0094
鴨以外の野菜達はこんな感じです。
えのきと椎茸の後ろにはたっぷり葱が敷かれています。

im0100
待ち遠しくてしかたがないカモ。

im0103
葱と一緒にいただきます。
山椒が利いた七味をたっぷりふりかけます。
出汁もいいですね。
カモカモした出汁が美味しいです!

im0104
大阪うどんですね。
鍋にはこれが一番です。^^

im0112
会計を済ましてお店をでます。
隣の露店で『焼ポン』を売っています。
丹波の和栗だそうです。
「本当?」
1,000円分を買い食いします。
結構美味しいです。
まるで焼き芋のような食感の焼き栗です。


はい!本日もご馳走様でございました。


雰囲気  :☆☆☆.5
料理   :☆☆☆.7
予 算  :5,250円/鴨鍋一人前
総 合  :☆☆☆.7


 レストラン飲食店ランキング。
bana

管理人へのコンタクトはosakanohonma@yahoo.co.jpまで

黒石@無性に鍋が食べたくなります。そんな季節になりました。

is8595

is8620is8622
大阪府高槻市芥川町1-10-30 リティアコート谷1F。
tel:072-685-1534
食べ歩きBlogランキング

あまり最近タイガースネタをしてません。
見るのが怖いのです。^^
ストレスが溜まるのです。
怖いもの見たさの時はスリールに直行です。
一人で見ていると落ち込みます。
みんなで見れば怖くない?

昨日の話しです。
タイガース優位の中、余裕の立ち飲みしながらテレビ観戦です。
隣のお客さん「ほんまさん、福島のトマトラーメン行きました?美味しいですよ!。」
唐突に話しかけられます。。。。

阪神の勝利を確信します。
男ふたり、お好み焼き「むらかみ」に広島焼きを食べに行きます。
再びスリールに戻りまた立ち飲みします。
4人組みのお客さんがテーブル席に着席します。
ママが小生を指差し、「あれがほんま。さんやで。」
どうもです、とご挨拶します。
動物園の熊さんを見るように優しい目をしてくれます。

すると一人飲みの隣の男性が小声で、「私もヘビーユーザーです。」
偶に顔を見かける方です。
ありがとうございます。

はい、すでにスリールではオープンフェイスです。
いろんな方とお話が出来るのでアリだとおもう最近です。
ありがたいとおもいます。

タイガース頑張ってくれ〜。???
いつも通り支離滅裂ですw。


今日の紹介は今週の休日の晩御飯です。
高槻の芥川商店街をお店探しでブラブラです。
やっぱり鍋が食べたいと思います。
もうそんな季節を感じるこの頃です。

そこに看板を見つけます。
『鶏とうどんと有機野菜』
鍋もあるようです。
では『黒石』に潜入です。

is8587
木酢鶏(もくさくどり)を使った『桃唐鍋』(2100円)を注文します。
いわゆるピリ辛鍋だと思います。
りんごや海老味噌などで仕込まれたダシだそうです。
せせりやもも肉がいっぱい入っています。
ところで有機野菜に埋もれている丸いのはだちょうの卵?

is8590
ピリ辛のダシに漬け込まれた桃です!
桃を鍋に入れるの?
桃を崩しながら食べてくださいということです。
辛いダシが桃のエキスでまろやかになるといわれます。

is8606
鶏はなるほど身が絞まっていい感じです。

is8601
桃を崩していただきます。
なるほど桃です。
確かに桃ですw。
味はそこそこだと思います。
でもこれを考える創造力が素晴らしい^^。
想定外の具材に喜んでしまいます。

is8611
自慢は鶏と同じく手打の讃岐うどんです。
生醤油うどんやぶっかけうどんの単品もあるようです。
歯ごたえはそこそこのうどんです。
鍋でいただくのがよいかなと思います。


内装もお洒落です。
高槻らしくない洗練された雰囲気です。
お鍋も創作力バッチリです。
話題にするにはもってこいだと思います。^^

高槻まで行くにはという方に。
福島の『讃』が本店だそうです。


雰囲気  :☆☆☆.8
料理   :☆☆☆.3
予 算  :2,100円(桃唐鍋)5,000円程度で飲み放題コースもあります。
総 合  :☆☆☆.4


 レストラン飲食店ランキング。
bana

管理人へのコンタクトはosakanohonma@yahoo.co.jpまで

千里しゃぶ亭(ちん)天神橋店@豚バラのしゃぶしゃぶグー!

sb7545

sb7552
大阪府大阪市北区天神橋3-1-15。
tel:06−6354−9966
食べ歩きBlogランキング

リーマン破産。
株価暴落。
日経平均600超円安。

でもその影に隠れて石油は90ドル割れ寸前です。
円高も重なり、ガソリンは安くなりそうです。
130円/Lまで下げてください。^^
経済はわかりませんが、どうなんでしょう?。
昨日から予想された株式市場を眺めています。^^
さまざまな人間模様を勝手に想像します。

朝から真っ青になって株を処分する人達?。
ここが底だと買いあさる大人達?。
自社株買いの発表をし、今だと買っている会社?。
もうすぐだろう選挙資金の為にお金を動かす人達?。

もともと、日経平均とかいう指標よりはるかに冷え切っている日本株です。
いまさらガタガタする必要もなかったりしてw。
ボディブローではなく、予想されたストレートパンチには強い日本?
タダでは起き上がらない日本?
頑張ろう日本!頑張ろう大阪!!
頑張れ小生!!!w
暗くなっていてもしかたありません^^。
美味しいもの食べて気分転換しましょ。

西梅田のしゃぶ亭ではありません。
天神橋商店街の千里しゃぶ亭(ちん)に潜入です。

何故潜入?
店前のメニューに『豚バラのしゃぶしゃぶ』とありました。
お好み焼きに入れる豚バラです。
ベーコンのようにカリカリにしていただく豚バラです。
豚しゃぶ=ロースという潜入感です。
想定外に喜びます。

sb7540
豚バラしゃぶしゃぶ(800円)。
本当に豚バラです。

sb7547
豚ロース(850円)。
これがロースです。
いつも食べてる豚しゃぶの肉ですね。

sb7548
牛ロース(900円)。
しゃぶしゃぶは豚が美味しいという信念がありますw。
牛ロースも注文して再確認しますw。

sb7544
一人鍋に野菜を入れて、しゃぶしゃぶします。

sb7542
胡麻ダレは胡麻の濃厚さを感じます。
まるでピーナッツバターのようですw。

韓国一味です。辛さはほとんどありません。
ジャパニーズ一味は自慢の胡麻ダレの味が変るので用意しません。

sb7545
余計な豚の脂のぬめりが取れて、思うほかあっさりしています。
美味しいです。
ロースより美味しいと思います。
金メダル豚バラくん。
銀メダル豚ロースくん。
銅メダル牛ロースくん。

上牛ロースや特上牛ロースもあります。
小生には必要ありませんw。
肉の追加は400円前後〜だった記憶です。
小生のように食べ比べもオモシロいかも?

sb7543

sb7550
最後は用意されたダシにスープを入れて。
仕上げのラーメンをいただきます。
本家?しゃぶ亭のうどんもいいですが、
ラーメンも美味しいと思います。


小生の冬のランチには一人鍋しゃぶしゃぶは欠かせません。
このお店もレパートリーに入れときます。(メモメモ)

西天満の老松町にも一人鍋のお店ができていましたね。
食べましたよ〜。。。


雰囲気  :☆☆☆.5
料理   :☆☆☆.7
予 算  :800円でした。
総 合  :☆☆☆.7


 レストラン飲食店ランキング。
bana

管理人へのコンタクトはosakanohonma@yahoo.co.jpまで

すが@真夏のおでん、疲れた胃に沁みます。^^

sg5598
sg5608

sg5617sg5591
大阪府大阪市福島区福島7-13-7 福島ビル北館1F。
tel:06-6343-9114
食べ歩きBlogランキング

最近の会社の会議。

会議対応がKYなんです。
空気が読めないということもありますが。
気持ちが弱いという意味です。
自らの意思を持って発言をしない。
会議で語尾の滑舌が悪いのは自信のなさを感じてしまいます。
小生は「新KY」と呼んでいますw。

もうひとつ!KYがあります、「親KY」です。
かなり個人的なことなのでやめときますw。


おっさんと待ち合わせをして、おでんを食べようということになります。
この暑い中、わざわざおでんなんてと思います?
中年の弱った胃には夏が堪えます。
カレーなどの辛口料理や冷たいビールなどが続くとてき面です。
3日前の麻婆豆腐がまだ胃に残っている感じがしますw。

予約は必要ないでしょう?^^。
京風おでんの「すが」に潜入です。

薄暗いバー風のシックなデザインのお店です。
冬は予約必須のナイスなお店なんです。
小生は福島で超有名な某おでん屋さんよりもはるかに好きになります。

sg5565
【うずらの温泉玉子ゼリーよせ】450円。
珍味冷たい料理も揃っています。
まずは。おでんの前に数品いただきましょう。
イクラと塩昆布の塩気でアッサリした温泉玉子をいただきます。
デリシャスです。
ただのおでん屋さんではありません。

sg5576
【冷やしトマト】400円。
ただのプチトマトではありません。
蜂蜜レモン煮のトマトです。
ほのかな甘味を感じるトマトです。
美味しいです!。

sg5583
【冷やし茶碗蒸し】600円。
茶碗蒸しが二つで600円です。
二人向けの料理がコンセプトだそうです。
少しづつ色んな料理を食べてもらいたいという配慮です。
ところでこの茶碗蒸しはクリームチーズと明太子の茶碗蒸し風なんです。
ワインにも合いそうな一品なんです。
かなりのデリシャスです。

これで実力のほどはわかったようなものです。
これから出てくるおでんも「ODEN」「御殿」でしょうw^^。

sg5587
【玉子】150円。
まずは出汁を感じれるおでんの王道の一品をいただきます。
薄口の味付け、上品な出汁を感じることができます。

sg5589
【アナゴのしゃぶしゃぶ】850円。
この絶妙な出汁を使ってアナゴをしゃぶしゃぶでいただきます。
味はアナゴなんです。
食感は鱧チリなんです。
アナゴを骨切りしていただくのです。
参りました!。

sg5593
【鰯のつみれ】400円。
つなぎは少なめ?つなぎなし?と思わせる絶品のつみれです。
ゴボウとの食感を味わうナイスなお吸い物仕立てのおでんです。

sg5594
【シュウマイ】350円。
普通のシュウマイではありません。
中身は肉にあらず、白身魚のすり身なんです。
食べればわかります。
シュウマイに見せかけた自家製かまぼこです。
絶品です!。

sg5600
【だいこん】150円。
もう一度、美味しい出汁を味わいましょう。
これも王道、大根です。
説明不要でしょ!、頃合のよいしみ込みを感じます。

sg5605
最後はガツッといこうと思います。
牛とろマスタード(アキレスの味噌煮込み)550円か、
骨をはずした豚足(600円)か、
合鴨ロ-ス(650円)か、
鯨の筋肉(950円)。
肉好きなら全部注文しなければなりませんね^^。

結局豚足をセレクトします。
おでん出汁で煮込まれたゼラチンを胡麻ポン酢でいただきます。
余は満足じゃあ!


他にも創作なおでんがいっぱいあります。
これ、全品制覇しなければなりません。
当然、満席になるおでんの季節までにね!

温かい料理で胃が元気になってきました。
若い人にはわかってもらえないでしょうけど。。。


雰囲気  :☆☆☆.9
料理   :☆☆☆☆.3
予 算  :4,000円/人でした。
総 合  :☆☆☆☆.2



 レストラン飲食店ランキング。
bana

管理人へのコンタクトはosakanohonma@yahoo.co.jpまで

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

よろしくです。
Twitter
カテゴリー
記事検索
トラックバックです
京町堀 cuisine hygge (ヒュッゲ) (「頑張るぞ??!大阪営業所開設記」にログイン出来なくなって困っていた大臣。のblog)
hygge@デザイナーズレストランでランチタイムのリフレッシュ




ブログパーツ


スカウター





画面にタッチして餌をあげて

QRコード
QRコード
livedoor 天気
  • ライブドアブログ