大阪のほんま

北新地・福島・肥後橋、そして高槻,最近は地方巡業を中心に食べ歩きレポートをしています。食べて飲んで投稿してリフレッシュ!。自分の足と目と耳と鼻で探索するのが食の醍醐味というのが自論です。

 ├中津・中崎町界隈

花由(はなよし)@焼鳥ではない鳥焼きいただきましょ。

IMG_0104
大阪府大阪市北区鶴野町4。
tel:06-6375-8744

焼鳥。
串に刺された鶏肉を焼いてくれたもの。
とりやき。
網や鉄板で自分で焼きながら食べるもの。

小生の中での分類ですw。
三重県の久居に「藤が丘食堂」というお店があります。
センセーショナルな「とりやき」でした。
いまだこのお店に勝る「とりやき」に出会うことはありません。

IMG_0114
大阪でとりやきという看板を見つければ潜入したくなります。
中崎町の「花由」の看板にも「とり網焼き」と書かれています。
では潜入しましょ。

IMG_0101
IMG_0108
2600円の「とり焼きコース竹」を一人前注文します。
砂ずり、きも、せせり、なんこつ、こころ、つくね、地鶏もも。
盛り合わせになって出てきます。

IMG_0109
レアでも食べれる新鮮な鶏肉です。
ウエルダンでもカリカリ美味しくいただけます。
自分にマッチした食べ方ができるとり焼きの醍醐味です。

IMG_0110
コースについてくる、鶏のササミの笹寿司です。
これがなかなかいけるんです。


名古屋、三重系の「とりやき」を食べさせるお店無いかなあ〜。




管理人へのコンタクトはosakanohonma@yahoo.co.jpまで

うどん屋 きすけ@肉と自家製手打うどんのハーモニー。

IMG_0100
大阪府大阪市北区鶴野町4-11 コープ野村梅田A棟。
tel:06-6375-5656

実はもう一つあります。

ブログ始めました。
一日のアクセスは1から2です。^^
ボチボチマイペースでやっています。
美味しいお店も載っているかもしれませんw。

IMG_0399
この日中途半端に早めのランチでした。
夕方5時です。
うどんでも食べようかな。
14時から夜(23時)まで営業しているあのお店に行きましょ。
「うどん屋きすけ」に潜入です。

IMG_0099
手打の自家製うどんはもちろん美味しいです。
そのなかでいつも小生がオーダーするうどんです。
肉系のうどんです。
肉ぶっかけです。
甘辛く煮込まれたナイスな肉です。
温泉たまごを絡ませながら食べれはそれはナイスです。

IMG_0402
別の日にオーダーした肉釜たまうどんです。
醤油をかけずにいただきます。
肉の甘辛ぐあいだけでも十分美味しくいただけます。
肉がなくなれば少し醤油をたらして食べます。
美味しい!
やっぱりきすけは肉系がよろしいです。

IMG_0097
夕方になるといつも売り切れている炊き込みごはん。
これもええ味出しています。


たまに食べてるきすけのうどんです。
なんで掲載してなかったんやろうw?



管理人へのコンタクトはosakanohonma@yahoo.co.jpまで

桜花@週1でビストロ、フレンチでランチをしよう(第4回)。

IMG_6570
大阪府大阪市北区本庄東1-25-8 アシスト94 1F。
tel:06-6373-2823

有名店は土日曜もランチ営業しています。
ほぼ予約で満席です。
ウォークインで入れるお店は少ないと思います。
思いついたときにゆったりランチをワインをなめながら。。。
なかなか難しいお題です。

IMG_6593
天神橋7丁目の交差点を西にむかいます。
本庄のあたりにあります。
下町漂う街並みにこっそりレストランがあります。
壁も、床も、天井も、テーブルも白色です。
外光がお店に入り明るくカジュアルなお店です。
メインだけなら千円です。
前菜、スープ、メイン、デザートで1800円です。
ではいただきましょ。^^

IMG_6572
前菜は鴨のテリーヌ風です。

IMG_6575
キャベツとのミルフィーユ仕立てです。
ブランチの前菜らしい鴨料理です。
ワインはフルーティな白をいただきます。
あっさりしていけると思います。

IMG_6576
自家製パンも卵たっぷり黄色のフアフアパン。
紅茶の入った表面カリカリのパン。

IMG_6577
スープはサツマイモのポタージュです。
素材の甘さだけのミルキーなスープです。

IMG_6581
鶏肉のローストをマスタードクリームソースです。
ドフィノアのグラタンのジャガイモもナイスです。

IMG_6590
デザートは3種からセレクトします。
キャラメル味のババロア?プリンだったかなぁ。
イチゴのシャーベットもついてきます。


週末の穴場レストランだと思います。
ゆったりできるナイスなカジュアルフレンチだと思います。
(パンをライスにすることができるのがいいんです)



雰囲気  :☆☆☆.4
料理   :☆☆☆.4
予 算  :1,800円(ランチ)
総 合  :☆☆☆.4



管理人へのコンタクトはosakanohonma@yahoo.co.jpまで

おぼろ庵(ランチ)@肉懐石店にふさわしいランチをいただきます。

IMG_0516
大阪府大阪市北区本庄西1-13-6。
tel:06-6375-2929

本庄の「業務スーパー」の近くにあります。
大阪らしい風景の街です。
下町という言葉がぴったり合います。
そんな路地の奥まった場所にある高級肉懐石のお店です。
個室のみの閑静な店内の雰囲気は企業接待にぴったりの隠れ家です。
夜のメニューは何度か紹介させてもらっています。
おぼろ庵@下町の中に広がる別世界。

IMG_0497
そんな「おぼろ庵」がランチを始めています。
3,500円の1種類です。
予約のみなのでご注意ください。
この日も打ち合わせを兼ねのランチミーティングです。

IMG_0508
旬采篭盛と台物。
篭には6種類の小鉢が盛られています。
茄子オランダ煮。
スティックサラダ。
漬物盛り合わせ。

IMG_0502
そして牛しぐれ煮。

IMG_0504
出し巻き。

IMG_0505
鴨ロース煮。
もう2種類の肉料理がお出ましです。

IMG_0510
肉の3種類目は台物の「キングポークのせいろ蒸」です。
野菜の蒸気でむされたキングポークと湯葉をいただきます。
出汁はおぼろ庵特製のそばつゆのようなタレです。
野菜と豚肉、こうして食べるとあっさりいただけます。

IMG_0514
そしてお重のご飯は牛の炙り重に牛の棒寿司です。
都合5種類ですね。^^

IMG_0515
酢でいただく肉のご飯。
わさびでいただく肉のご飯。
5種類いただいても飽きのこない工夫が凝らされています。
なので中年によくある?
胃にこたえることもなく美味しくいただけます。


さすが!肉懐石「おぼろ庵」です。
経費節約ランチ接待にぴったりです。
(デザート、コーヒーもついています)




雰囲気  :☆☆☆☆.5
料理   :☆☆☆☆.5
予 算  :3,500円(ランチ)
総 合  :☆☆☆☆.5




管理人へのコンタクトはosakanohonma@yahoo.co.jpまで

博多水炊き いろは@豊崎の裏通りで夏の水炊きもおつですね。

IMG_0058
大阪府大阪市北区豊崎2-4-24
TEL:06-6377-0168

舗装された道を歩き続けます。
水分補給は自動販売機です。
120円を投入してミネラルウオーター。

道のない荒野を歩き続けます。
水分補給はオアシスです。
緑が鮮やかです。
湧き水で喉を潤します。

オアシスの素晴らしさを伝えます。
120円のミネラルウオーターを片手にオアシスに行きたいと思います。
羨ましいと思います。
オアシスだけが瞼に浮かびます。

灼熱の舗装道も暑いでしょう?
大変だと思います。
辛いと思います。
ただ、自動販売機を見つけることは容易です。^^

唐辛子のイルミネーションランプを見つけます。
メキシコの荒野や砂漠を想像します。
そしてそんなことを妄想していますw。


キャベツがなんともいえない切り口です。
美味しい切り方です。
鶏のつくねがこだわっています。
軟骨が入っているだけではなさそうです。
美味しいよ!
そんな情報を片手に豊崎の博多水炊き「いろは」に向かいます。

IMG_0074
博多中洲にお店を構える有名店だそうです。
お孫さんが大阪店を任されているようです。
博多の味をそのまま継承されているそうです。

IMG_0054
テーブルに置かれた鍋です。
すでに煮込まれた鶏肉と出汁が待ち受けます。
見るだけでコラーゲンのオーラを感じます。

IMG_0056
余分な脂は抜けています。
アッサリ鶏肉をいただけます。

IMG_0057
これが、その話題のつくねです。
スプーンだけで上手に丸めながら団子にしてくれます。
鍋に入れるところまでサービスしてくれます。
玉葱の甘み、軟骨の食感を楽しむつくねです。

IMG_0063
これも話題の野菜。
キャベツの切り方が正方形です。
なるほど。

IMG_0068
野菜とつくねを入れて煮込まれるのを待ちます。

IMG_0059
自家製のポン酢でいただきましょ!。
あっさり爽やかな水炊きです。
暑い日でも美味しくいただける味です。
いいですよね。

IMG_0072
仕上げは塩コショウで麺をいただきます。
即席ちゃんぽんも美味満足です。

チェーン店ではありません。
あくまで老舗の味を楽しみます。
大阪で本物の博多水炊きをいただけます。
場所は豊崎「藤平」の真裏にあります。
暑いときに水炊きおつだと思います。



雰囲気  :☆☆☆.5
料理   :☆☆☆.7
予 算  :4,000円(コース代、飲み物別)
総 合  :☆☆☆.6



管理人へのコンタクトはosakanohonma@yahoo.co.jpまで

まるやま@中津のハラミにこだわる焼肉屋さん。^^

IMG_9161
大阪府大阪市北区中津1-8-14。
tel:06-6375-5914

日曜日の夜。

庭の芝生に置かれたガーデンテーブルでパソコンを触っています。
キャンプ用の虫除けローソクが必需品です。
もうローソクがなくなりそうです。
早く書き上げなくては。。。

先週は三重県に出稼ぎで全精力を使い切ります。
三重県は暑かったです。
日焼けもしてしまいましたw(45、50)。

週末はゆっくり、まったりしています。
耳を澄ますと虫の音が変わってきています。
空を眺めるていると雲が高いと感じます。
今年もまた夏に肩透かしをくらいます。
充実した夏はいつ帰ってくるのかな?。
中年にはもうない?w

写真の撮影日を見ると7月17日です。
梅雨の終わり、夏の始まりです。
夏が終わる直前にブログに報告です。
遅すぎるわね。^^

「中津の“まるやま”知ってる?」
大淀警察の脇にある焼肉屋さんです。
ここの大将のハラミに対するこだわりは有名だそうです。
お店に卸す肉屋さんも参るそうです。
気に入ったハラミでないと首は立てに動かないそうです。
そんな口コミを聞けば当然潜入しなければなりません。

IMG_9156
まずはユッケ。
太めの切り方です。
肉の食感を感じれるユッケです。
いいと思います。
値段は記憶にございません。

IMG_9154
まずは塩でいただきます。
数量限定売切れ御免の塩ハラミ1人前。
上塩タン2人前。
期待の塩ハラミ以上に納得したのが塩タンの厚みです。
ハラミと同じくらい厚かったです。
双方ともジューシージューシーナイスです。

IMG_9160
そしてタレ焼きをいただきましょ。
ミノ1人前。
テッチャン1人前。
ハラミ3人前。
焼き野菜。
小生がハラミを好む理由は、、、
脂が少ない柔らかい肉の食感です。
そしてジューシーであってほしい。
そんなわがままを叶えてくれるハラミです。
それもタレ焼きが好きなんです。
間違いなくドンピシャなそれです!
値段は記憶にございません。
ただ、タンよりも上バラよりも高かった上ハラミです。
でも納得しています。

IMG_9164
ちなみにこの焼き写真は、塩タンです。
厚いでしょ!


土地柄にしては少しお高めです。(曖昧な記憶です)
でも納得できるハラミであることは間違いありません。



雰囲気  :☆☆☆
料理   :☆☆☆.7
予 算  :記憶にございません
総 合  :☆☆☆.7



管理人へのコンタクトはosakanohonma@yahoo.co.jpまで

オレンチ@俺ん家でフレンチする?会費は3,500円ね!^^

IMG_8925
大阪市北区豊崎4−9−16 白苑ビル401。
tel:06-6374-5552

俺ん家でフレンチする?会費は3,500円ね!

お誘いを受けて中津に出かけます。
とあるマンションの一室に出向きます。
階段で4階まで上がり「オレンチ」に潜入します。
そうなんです。
自宅内レストラン風なんです。
靴を脱いでおじゃまします。

IMG_8956
1階には看板があります。
それがビストロだとわかる透視力はありません。
お忍び隠れ家レストランですね。
なかなか擽らせてくれます。^^

料理は3,500円のコース料理のみです。
2日前からの予約だけの受付だそうです。

IMG_8930
稚鮎のエスカベッシュ。
いわゆる南蛮漬けです。
シャンパンで乾杯するにはちょうどよい前菜です。

IMG_8934
ビーツのテリーヌと自家製ハム。
牛のすね肉と豚の耳を使っているそうです。
コラーゲンたっぷりです。
カラーはビーツで情熱の色をしています。
タスマニアマスタードでいただきます。
そして桜チップの香りが豊かな自家製ハムです。
ナイスだと思います。

IMG_8939
ヤングコーン。
皮のまま蒸し焼きされたヤングコーンです。
その下にはズッキーニを豚バラで巻いた一品です。
豚バラの味がズッキーニを引き立たせてくれます。

IMG_8943
やわらか鶏の胸肉マスタード風味。
低温でコンフィされた鶏肉です。
しっとりしていて脂は抜けません。
素晴らしい食感です。
少し苦味のあるクレソンやトマトと一緒にいただきます。
このお店の定番であり、シェフの自信作です。

IMG_8945
スズキのソティとイカ墨リゾット。
表面がカリッと焼けたスズキもナイスです。
リゾットの中には鶏のなんこつが大きなまま入っています。
見て楽しみ、食感で楽しみます。
イカ墨と鶏のナンコツって合うんですね。^^

IMG_8947
豚ロースのロティ。
しっかり中まで火が通っているにもかかわらず柔らかいです。
素材の味を感じるナイスな豚ロースです。

IMG_8953
そして、最後の水物はキャラメルアイスです。
濃厚で美味しいですね。


まずは立地に驚きます。
そしてビルに驚きます。
中に入って自宅風に喜びます。
そして料理のレベルに感心します。
そして値段に感服です。

ワインを飲めばそれなりの金額になるので。
だから料理の値段は抑えたいとシェフがおっしゃいます。

ワイン会、ホームパーティ代わりに貸切なんかもよさそうです。
当然隣のカップルのようにマッタリもできます。
人の心を擽らせるナイスな「オレンチ」です。

人当りの良いシェフです。
気にせず初心者でも予約ができると思います。
ランチ(1,890円)もあるようです。


雰囲気  :☆☆☆.7
料理   :☆☆☆.8
予 算  :3,500円/夜コース、1,890円/ランチ
総 合  :☆☆☆☆



管理人へのコンタクトはosakanohonma@yahoo.co.jpまで



空人(ソラント)@明治大正のバー文化にオーマジュをささげる。

IMG_6031
IMG_6029
IMG_6026
大阪府大阪市北区黒崎町3-23。
tel:?

アングラ劇団のポスターではありません。^^
モデルさんで写真を撮ったわけでもありません。
和バー『空人』のスタッフとお客さんの写真です。
ノリノリ撮影会になってしまいます。

BlogPaint
黒崎町の路地にあります。
明治大正のバー文化にオーマジュをささげるというコンセプトです。

IMG_6052
『空人』と書いて「ソラント」と詠みます。
手作りの看板はまるで学祭のノリです。^^

IMG_6045
椅子のカウンターの向こうにはお座敷空間があります。
中央の卓袱台は舞台です。
演芸、ライブが繰り広げられます。

IMG_6044
マスターは大道芸人です。
バルーンアートで出張演芸をしています。

IMG_6033
こんな可愛い風船も作ってくれます。

IMG_6040
IMG_6038系列店のカフェ『天人(アマント)』のパテシエさん。
ハッサク入りチーズケーキを試作します。
友人の誕生日に試作ケーキを持ち込みます。^^


IMG_6051
本日出演のみなさんです。
系列店『天人(アマント)』、『朱夏(しゅか)』のスタッフさん、
そしてお客さんです。

芸術研究をされるパフォーマーがオーナーのお店達です。
空間再生パフォーマンスをしているそうです。
スタッフにもみんなある意味のオーラを持っています。
元気なスタッフのお店です。
3軒とも制覇したくなりました。^^


管理人へのコンタクトはosakanohonma@yahoo.co.jpまで

ストレッチ@中崎町をぶらっと数珠繋ぎ、梯子酒します掘

IMG_3823
大阪府大阪市北区浮田1-5-18。
tel:06-6374-1552

中崎町をぶらっと数珠繋ぎ、梯子酒します掘^^

『夜垂レ』のマスター、トミー・ブギーに紹介してもらいます。
スロウなマスターの物腰が癒しなんだそうです。
さてどんなマスターでしょう?
楽しみです。
お店の名前は『STRETCH』(すとれっち)です。
では突撃潜入です。

IMG_3820
見るからにブリティッシュバーです。
昔は「フィッシュアンドチップス」なんかも出していたそうです。
料理をするとお店に熱がこもって居れなくなるそうです。
いまはあんまり料理は作りませんw。

小生が注文したのは「セントアンドリュース」。
イギリスの地ビールです。
他にもイギリスの地ビールを置かれているようですね。

IMG_3822
はい!
これがマスターです。
たしかにスロウな雰囲気の人物です。
会話も楽しいなんとも個性的な方です。
いいですね〜。

春ははじめての海外旅行にいかれます。
イギリスを始めヨーロッパに3ヶ月だそうです。
好きなときに好きなことをするいい感じです。

なかなかナイスな数珠繋ぎです。
ロン毛髭面数珠繋ぎです。
中崎町のDEEPでいいところを見せてもらいました。

そしてもう一軒紹介された蕎麦屋にむかいましょ。
中崎から離れますが、これも○○な数珠繋ぎに違いありません。w


雰囲気  :☆☆☆.6
料理   :
予 算  :1,000円/人(1杯です)
総 合  :☆☆☆.6

管理人へのコンタクトはosakanohonma@yahoo.co.jpまで

夜垂レ@中崎町をぶらっと数珠繋ぎ、梯子酒します供^^

IMG_3818
IMG_3817
大阪府大阪市北区中崎町1−9−21平和ビル1階。

中崎町をぶらっと数珠繋ぎ、梯子酒します供^^

『太一』を出ると真向かいに『スナックパンチ』という看板を見つけます。
営業している模様です。
外から中を見るにスナックのようには見えません。
不思議な雰囲気と空気がながれています。
では突撃しましょ!

実は『スナックパンチ』というお店を居抜で使っているバーです。
昭和の香りがいっぱいのスナックを感じるバーです。
お店の名前は『夜垂レ』、よだれです。

IMG_3816
お店は古いままです。
カウンターも、ボトルの棚もそのままです。
一切お金はかけていない模様です。
かび臭いお店の香りは慣れてくれば心地よく感じます。

IMG_3815
マスターは32歳です。
名前はトミー・ブギー。
どう見ても東洋人です。
永作博美にそっくりです。
多分男性です。
童顔がコンプレックスです。
ロン毛に髭面、そして帽子をかぶっています。

どこかお店紹介して!
「私がよくいくお店、紹介します。」
では、そちらに向かいましょ。

IMG_3990




雰囲気  :☆☆☆.6
料理   :
予 算  :1,000円/人(1杯です)
総 合  :☆☆☆.6

管理人へのコンタクトはosakanohonma@yahoo.co.jpまで
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

よろしくです。
Twitter
カテゴリー
記事検索
「最新トラックバック」は提供を終了しました。




ブログパーツ


スカウター





画面にタッチして餌をあげて

QRコード
QRコード
livedoor 天気
  • ライブドアブログ