大阪のほんま

北新地・福島・肥後橋、そして高槻,最近は地方巡業を中心に食べ歩きレポートをしています。食べて飲んで投稿してリフレッシュ!。自分の足と目と耳と鼻で探索するのが食の醍醐味というのが自論です。

 ├大阪ミナミ・難波界隈

カーブロゼッタ(Cave Rosetta)@千日前の路地裏のビストロさん^^。

IMG_1390
大阪府 大阪市中央区 難波千日前 15-2。
tel:06-6631-8114

春らしい天気。


春爛漫と思える気候が数日続きます。
金土曜も東京は20度近くになるとか。
体が軽くなった気分になります。
夜の暖房つけなくなります。
それでもグッスリ睡眠がとれます。
小生はこの数日でまた肌が黒くなったようですw。

気分がいいので。
81円台になれば、ちょいとドルを買っておこうw
夢に出てきたんです。
遊び半分で買ったら棚からぼたもちでしたw

さきほどチェックしたら買えていました^^
確か夢では100万ドルが90円だったようなw


この日は千日前で食事をするということです。
地下鉄に乗り難波まで移動です。
御堂筋線、、、乗るのは何時以来だろう?


IMG_1385
「丑寅」という立ち飲み居酒屋を目指して歩きます。
横切る路地を確認しながら徒歩します。
なんとかたどり着きます。
「丑寅」に行くわけではないのですが。
その隣にできたビストロが目的地です。
さあ「カーブロゼッタ」に潜入です。
この路地どおりはB級の宝庫です。
ほかのお店に後ろ髪をひかれながら入店です。

IMG_1379
1階はカウンターでカジュアルに。
2階は洒落た雰囲気でワインバー使いにもできそうな雰囲気です。

IMG_1369
フランス産のスパークリングワインで乾杯です。

IMG_1371
アミューズにはブータンノワール。
ロスが多い料理をアミューズで出してくれます。

IMG_1372
そして鯨と金柑のタルタルです。
食材が創作的でうん!と思える一品です。

IMG_1374
蝦夷鹿と鴨肉のパテをいただきます。
添えられたあんぽ柿と一緒に食べるとナイスです。

IMG_1377
キッシュもいただきます。
トリュフがたっぷり入っているようです。
口の中から鼻にいっぱいの香りがとおります。

IMG_1383
そして野菜と海の幸がたっぷりのペペロンチーノです。
旬の野菜がいっぱいです。
貝類もいっぱいです。
ホタルイカ自家製燻製もなかなかです。

IMG_1389
燻製された長崎産の鯖と安納芋のクレープ。
ここのシェフはひと味曲げてきます。
創造性豊かな料理だと思います。
こんな風に鯖を食べるのもいいと思います。

IMG_1393
鴨のコンフィ、自家製ソーセージ、白金豚舌肉のカスレ。
赤いワインをたっぷり飲ませてくれそうなボリュームです。
この土鍋のカスレ料理でも1900円です。
フランス産の鴨を使ってるそうです。

土地柄平均的に2,3割安めの値段設定なのがいいと思います。
だからといって素材に手を抜いているわけでもありません。
ちゃんとした仕入れをしているように思います。
シェフも堺筋倶楽部の出身ということです。
オーナーの儲けは少ないかもしれませんがw
食べるほうとしては有難いお店かもしれませんね^^



管理人へのコンタクトはosakanohonma@yahoo.co.jpまで

安東チムタク@島之内の韓国街コリアンフードのチムタクは本場物です。

IMG_0073
大阪市中央区島之内2-8-33。
tel:06-6213-5644

チムタクはもともと安東の名物料理で、1980年代中頃に、鶏料理を専門とする店が集まった在来市場から生まれたといわれている。タットリタン(鶏肉と野菜を甘辛に煮こんだ)を食べていた客が、自分の好みに合うようにジャガイモやタマネギなどの具を足してもらったところから新しい料理へと発展していったというエピソードが紹介されている。
鶏肉をニンジン、タマネギ、ジャガイモ、キュウリ、トウガラシなどの野菜やタンミョン(春雨)などと共に長時間煮こみ、醤油、砂糖、ゴマ油などで味付ける。注文は鶏肉を1匹、1匹半、2匹というように何匹単位でなされ、大皿に盛られたものを数人で囲んで食べるのが一般的である。


IMG_0078
島之内の韓国コリアンフード街をうろつきます。
「チムタク」の美味しいお店があると聞きます。
「チムタク」を売りにしているお店は珍しいと思います。
異国情緒たっぷりの街並みを楽しみながら探します。
さあ見つけました!
由来どおりのお店の名前は「安東チムタク」に潜入しましょ。

IMG_0071
メニューもハングルです。
お客さんもコリアンです。
まるでソウルにいるようです。
テレビはサッカー日韓親善試合です。
解説も何故か韓国語です。
小生も一緒に「テーハミングク!!!」大合唱です。

IMG_0072
もちろんオーダーはチムタク小(1500円)です。
甘辛く煮込まれた鶏肉、そしてジャガイモ、春雨が美味しいと思います。
まるで本場でいただいているかのような味付けに満足です。
そして数十秒経つと辛さが舌を刺します。
とってもナイスです。
ビールにもぴったりです。
韓国焼酎にもぴったり、マッコリでもいいですね。

IMG_0075
チムタクは白いご飯にもあいます。
でもここはやはり海鮮チヂミでしょ。
ええですな。


帰りも島之内街をぶらりします。
面白そうなお店がいっぱいです。
カテゴリーを追加して征服してみますか^^



管理人へのコンタクトはosakanohonma@yahoo.co.jpまで

酒友龍馬(心斎橋 居酒屋)@サントリー「トリスハイボール企画」に参加します供

P1230065
大阪市中央区心斎橋筋1丁目4−28 大宝ビル。
tel:06-4963-8484

大阪のまさちゃん♪とかいう方wと4人でミナミの居酒屋「酒友龍馬」に潜入です。
これもサントリーの「トリスハイボール企画」です。

P1230079
「さかもとりょうま」ならぬ「さかともりょうま」。
なかなかセンスのある今時のネーミングです。^^
全品300円ということです。
若い学生さんやビジネスマンさんで人気のお店だそうです。

P1230060
当然、土佐料理のメニューいっぱいあります。
その中でも藁焼きかつおのたたきが名物だそうです。
これは300円ではなく800円です。
それは仕方ないでしょうね。

P1230058
居酒屋メニューもたくさんあります。
鉄板皿にのったつくねもいいですね。

P1230062
仕上げはソースカツ丼です。
これも300円です。


まさちゃんが「値打ちあるわ〜」と言います。
コスパの居酒屋中心に食べ歩く彼の言葉です。
それは確かなことでしょう。

ギリギリの原価で戦う居酒屋さんも大変だと感じます。



大阪 居酒屋 特集 全国版 サントリーグルメガイド
大阪 居酒屋 特集




管理人へのコンタクトはosakanohonma@yahoo.co.jpまで

炭火焼つけ麺球児@なんば歌舞伎座裏でぶらり、つけ麺食べました^^。

IMG_8999
大阪府大阪市中央区難波4-2-7。
tel:06-6646-0456

ドル円の動きが激しいお盆です。

FXや株、本当に身近な投資?金儲け?ができる手段ですw
経済や世界情勢に精通しなくてもチャートで儲かるそうですw
(一部の方の意見ですが)
パチンコやカジノと同じ感覚を感じます、、、。
それで生計を立てることは難しいように思いますが^^
小生はあくまで副収入、アミューズ程度にしておきます。

IMG_9007
晩御飯時、相手がいないので仕方なくN氏に連絡をとりますw。
難波に美味しいラーメンがあるというので向かいましょ。
歌舞伎座の裏側の繁華街をブラリします。

IMG_9004
目的のお店は「炭焼きつけ麺 球児」です。
タイガースの藤川球児のお店ではありません。
阪神戦の放送を楽しむフアンのお店です。

IMG_8997
焼鳥屋さんがオーナーのお店です。
なので炭焼きメニューが中心だと思います。
小生達は焼鳥を注文せず即ラーメンにさせてもらいます。
チャーシューを炭で焼くのは何故?

IMG_8998
全盛きゅうじ(1000円)を注文します。
つけ麺の上にキャベツのしなったもの、ねぎ。
そして煮たまご、焼きチャーシューが乗ります。
麺がみえません。

IMG_9003
自家製全粒紛麺の風味を楽しみます。
野菜と一緒に麺をつけながらいただきます。
とんこつ醤油の魚粉入りのスープに付けながらいただきます。
お腹が空いていたのでより一層美味しくいただきます。
2玉が一瞬にして無くなりました。

IMG_9010
そしてラブホの通りを歩きます。
ゲイと思われているかもしれません。
そこに見つけたオープンテラスのバー。
お客さんは一人です。
一杯のんでいきましょ。
「リトルロングビーチ」に潜入です。
ロサンゼルスに「リトルトーキョー」があるように、
難波に「リトルロングビーチ」を作ったアメリカ人オーナーだそうです。

IMG_9014
小生達が座って数分後、お店は満席になります。
霊感の強い人に言わせると小生には憑いているそうです。
人が集まる場所であれば、人が来るそうです。
ほんと?
ただ確かにそんな傾向を感じることもあったり、なかったり。
強い念のある人のお店ではこのジンツウは効かないようですw。

IMG_9012
小麦色の健康美な女性がお酒を作ってくれます。
サーファーな美人でした。
小生が立ち寄ろうとした理由の一つです。



管理人へのコンタクトはosakanohonma@yahoo.co.jpまで

酒中花 空心@巧みな創作中華に満悦します。^^

IMG_8165 - コピー
大阪府大阪市西区新町1-21-2 1F。
tel:06-6532-7729

寒いですね。

冬型の気圧配置のおかげだそうです。
それでも半袖ポロシャツで動き回っています^^。
衣替えをしてしまったからしかたありませぬ。
そして喉のイガイガが始まりました。

IMG_8171
辛口の中華料理が食べたくなります。
なら新町にむかいましょ。
「酒中花 空心」に潜入しましょ。

5000円のお任せ料理を少しアレンジしてもらいます。

IMG_8153IMG_8154
前菜2品。
活け蛸の和え物。
ハチノスとくらげの和え物。

蛸は胡瓜のみじん切りなどと和えていただきます。
ハチノスとクラゲは豆板醤です。
チンタオビールは程々にします。
甕だしの紹興酒をすでに頼んでしまいます。

IMG_8156
鯛の刺身に上湯をかけていただきます。
鯛は半生です。
オカキのオコゲも添えられます。
なんと美味なことです。

IMG_8158
エビチリです。
天使の海老(ニューカレドニア産)を使います。
海老は殻ごとみそまでいただきます。
チリと山椒の辛さがナイスです。
美味しいです。

IMG_8160
空心菜を塩炒めでシンプルにいただきます。
皿の底に滲み出た野菜の出汁がこれまたナイスです。
お皿を持ち上げて飲み干します。

IMG_8163
渡り蟹です。
フアフアの卵を絡めて、アクセントはチリです。
本日のぴか一です。
美味しいです。

IMG_8164
そして最後のメインは四川麻婆豆腐です。
喉のイガイガが完全に取れてしまいます。
そしてカッカしてきます。

IMG_8165
その付け合せは蒸しパンです。
脳みそのように生地が組み込まれたものです。
空気が入っていっそうフアフアの食感を味わえます。

IMG_8167
デザートは欲張って3品にしましょ。
定番ゴマ団子。

IMG_8169
名物汲み上げ杏仁豆腐。

IMG_8170
そしてマンゴプリンブリュレ。
中のマンゴの実はシャリシャリした冷凍感です。
柔らかなプリンとパリパリブリュレです。
食感を大事にした素晴らしい創作デザートです。


流石です。
巧みな創作中華に満悦します。
大阪の町中の中華料理店ではやはり高峰です。



雰囲気  :☆☆☆.4
料理   :☆☆☆☆.2
予 算  :7,000円
総 合  :☆☆☆☆



管理人へのコンタクトはosakanohonma@yahoo.co.jpまで

リュミエール@週1でビストロ、フレンチでランチをしよう(第5回)。

IMG_6787
大阪府大阪市中央区東心斎橋1-19-15 UNAGIDANI−BLOCK 3F。
tel:06-6251-4006

プロ野球はセリーグも開幕します。

いよいよ阪神タイガースのシーズンです。
前大リーガー城島の加入はかなりの期待を持たせています。
それに応えるかのような幸先のよい活躍です。
その反面、少し寂しさを感じる小生です。
複雑な気分であることは違いありません。
矢野が控えになり、藤本や今岡など優勝時のメンバーがいないことです。
金本も、後何年だろうとか考えてしまいます。
スポーツ新聞を見るときはヤクルトやロッテの試合結果やメンバー表にも目が行きます。^^

てなことをどうのこうのと考えながらミナミに向かいましょ。
行き先は「リュミエール」です。
週一ランチのフレンチはここに潜入です。

IMG_6792
アミューズはフォアグラ。
パイナップルが乗っています。
イチジクやトリフもいいですがパイナップルとの相性もナイスです。
シェリー酒のソースでいだきます。

IMG_6793
IMG_6794
IMG_6797
冷製の前菜。
春らしい緑色のお皿です。
帆立貝とアスパラガスをジュレでプレスしたテリーヌ仕立てです。
ミニリーフと春野菜のクロカンが添えられます。
今日は飲むまいと思いながらオーストラリアの白ワインを飲んでいます。

IMG_6801
鮮魚のポアレ。
この日は長崎産のめばるです。
カプチーノに隠れた3種のピューレが鮮やかです。

IMG_6803
ピンク色のピューレは新玉葱とベーコンです。
これがまたあっさりした白身の魚にインパクトを与えてくれます。

IMG_6806
そして来るべく肉料理に赤ワインまで。。。^^
ボルドーのポムロールをセレクトします。

IMG_6810
羊、鴨、鶉、子牛、豚、牛フィレ。
悩んだすえ子牛フィレをいただきます。

IMG_6813
デザートはメロンのスープ仕立て。
ミント風味のブランマンジェが入っています。


HAJIMEは未経験の小生ですが。
北なら「アキュイール」。
そしてミナミなら「リュミエール」。
間違いないフレンチのセレクトだと思います。
サービス、雰囲気、料理とも異論はございません。
そつのないレストランです。
大変満足させてもらいました。
ご馳走様!



雰囲気  :☆☆☆☆☆
料理   :☆☆☆☆.8
予 算  :4,500円(ランチのコース料金)
総 合  :☆☆☆☆.9


管理人へのコンタクトはosakanohonma@yahoo.co.jpまで

ガルリ(Galerie)@夜空、彫刻、高級ソファ、そして牛フィレカツサンド。

IMG_5553
大阪府大阪市中央区東心斎橋2-8-6。
tel:06-6212-5158

コルモを出てそのまま5階に向かいます。
目的はダイニングバー「ガルリ(Galerie)」です。

IMG_5564
これが要塞バブリービルLUXEビルです。
ステージにあるような階段で2階へ。
2階からエレベーターに乗ります。
5階に着くと一番西奥に歩きます。
前に立つと壁が左右に開きます。
まるで隠し部屋のような玄関です。

IMG_5551
そして通路をなお奥に進みます。
左右は完全個室になっています。
カラオケも出来るようです。

IMG_5547
広がった場所には革張りの丸いソファが4つ。
そしてソファの上には彫刻がずらりと並びます。

IMG_5550
各ソファ5,6位は座れるようです。
ソファの背もたれも高く、個室のように個人が守られます。

IMG_5562
小生は迷わず一番奥のカウンターに座ります。
この日はバー使いに利用させてもらいます。
食事の種類も揃います。
コース料理もあるようです。(5,000円)

IMG_5554
オーダーは金柑のホットカクテルをいただきます。
旬の材料で体を温めましょ。

IMG_5557
そして人気メニューの「牛フィレカツサンド」(2,800円)をいただきます。

ミデアムに揚げられた極厚の牛フィレです。
サンドの薄切りパン3枚分ほどあります。
厚みは約2センチです。
そして肉とは思えない柔らかさです。
あっさりペロッといただけます。
なるほど、噂、人気になるのはわかります。


これだけ大きなバーはもう大阪にはないかもしれません。
そしてこの雰囲気。
どのように利用されるかは。。。
お任せします。

カウンターの天井は星が見えます。



雰囲気  :☆☆☆☆
料理   :☆☆☆☆(カツサンド)
予 算  :5,000円
総 合  :☆☆☆☆




管理人へのコンタクトはosakanohonma@yahoo.co.jpまで

イタリアンダイニンング コルモ@東心斎橋LUXEビルの隠れ家です。

IMG_5536
大阪府大阪市中央区東心斎橋2-8-6 LUXEBld.4F。
tel:06-6212-3100

土曜日は伊賀上野です。
若狭経由琵琶湖経由信楽から吹く風と粉雪が素晴らしいw
計測最低気温はー1.5℃。
15時でも0.5℃でした。
♪粉雪舞う季節はいつもすれ違い♪
レミオロメンの『粉雪』を口さんでいたのは間違いありませんw。

IMG_5545
東心斎橋のLUXEビルに行きます。
5階建てのこの辺りでは異彩を放つバブリーなビルです。
知らないとなかなか入りにくいビルです。
そんなビルにはお洒落で隠れ家的なバーや飲食店があるようです。
まずは4階のイタリアンダイニング「コルモ(colmo)」に潜入しましょ。
情熱的な赤のシートながらアダルトを感じるお店です。
そして、ビル、お店の雰囲気とは正反対のリーズナブルな価格帯です。

IMG_5510
前菜お任せ3種盛り(1,000円)。
ポテトサラダバジルマヨネーズ。
イタリアンオムレツツナソース。
ブロッコリーとドライトマトのアーリオオーリオ。

IMG_5514
サツマイモのニョッキグラタン(870円)。
ニョッキをグラタンでというのもありですね。
フハフハしながらいただきます。

IMG_5516
小川君のフォッカチャ(?円)
シェフではなくサービスの小川さんが担当で作るそうです。
当たり障りのないプレーンに仕上がっています。

IMG_5520
ワインはイタリアものが主体だそうです。
グラスでいただくことにします。

IMG_5524
ズワイガニと水菜のオイルソース(1,570円)。
パスタのアルデンテ具合はいいと思います。
シェフはフレンチ出身だそうです。
それなら及第点です。
これからが楽しみです。

IMG_5533
三味豚ロース肉と姫リンゴのロースト(2600円)。
焼きリンゴをつぶしながら豚肉と一緒に口の中へ。
豚とリンゴ異種の甘みがナイスに広がります。
これは本日のぴか一です。
ベースはオイルですが、脇には茸のホワイトソースが付いてきます。
それをかけて食べるとフレンチっぽく仕上がります。
色んな食べ方が出来てナイスです。

IMG_5540
そして仕上げにデザートとコーヒーをいただきましょ。


総じての印象は、
リストランテでもトラットリアでもありません。
ダイニングというところがみそだと思います。
カジュアルにいただけます。
カップルにもよいでしょう。
でも女性同士で話しに花を咲かせるほうがピタリとくるかも。
それは、サービスの2人がイケメンだからかもしれませんw。



雰囲気  :☆☆☆.6
料理   :☆☆☆.5
予 算  :5,000円
総 合  :☆☆☆.5



管理人へのコンタクトはosakanohonma@yahoo.co.jpまで

洋食Katsui@週末ランチ、人気のコンビをいただきます。

IMG_5160
大阪市中央区東心斎橋1-2-17第一住建東心斎橋ビル1F 。
tel:06-6252-7014

唐突に。
足裏の魚の目があります。
イボが魚の目に進化するらしいです。
イボの種類は200種ほどあるようです。
そこらじゅうに菌はあるそうです。
小さな傷から進入してイボになるようです。
生まれてはじめてのイボでした。
体重がかかると痛くなってきました。
そろそろお別れの時がきたようです。
液体窒素で焼くらしいです。
ここ数ヶ月の間でしたがサヨウナラ。

IMG_5167
そんな足を気遣いながら、心斎橋にランチです。
人気のKatsuiで洋食をいただきましょ。
週末しか営業はしないランチタイムです。
30分待ちが何のその。
名前を書いて寒空で順番を待ちましょ。

IMG_5150
店内はハワイアンかボサノバか?
常夏の音楽が外で待っていた寒さを和らげてくれます。

IMG_5151
オムレットが覗くサラダで、ランチサービスのビールをいただきます。

IMG_5159
すぐに出てきました。
人気のコンビランチです。
エビフライ、ミンチカツ。

IMG_5157
ボウルに入った焼肉3切れです。
これに御飯と肉スープで1800円です。

一番美味しかったのはスープです。
ランチメニューはお試し用です?
ディナーはこんなものではないと思います。

サービスの方達は爽やかで好感が持てました^^



雰囲気  :☆☆☆.6
料理   :☆☆☆.5
予 算  :1,800円
総 合  :☆☆☆.4



管理人へのコンタクトはosakanohonma@yahoo.co.jpまで

モルトバー鰻谷薪屋@和風なお座敷バーで和みましょ。^^

IMG_4305
IMG_4296
大阪府大阪市中央区東心斎橋1-19-21 アングルワンビル B1F。
tel:06-4704-1666

1ドル93円。

冬の暖かい日差しと等しく感じます。
気温が3度でも曇り空に風が吹くのと、日差しがあるのでは段違いです。
93円にそんな感じを受けています。
希望は100円でしょうが、とりあえず95円!
そして日経平均が11,000円を超えれば。。。
経済政策頑張ってください。
よろしくお願いします。
小沢さん、管さん、鳩山さん。(順番に意味がありますw)

IMG_4767
夜21時まで大正のゴルフ練習場で猛特訓です。
風速10mの風に体を縮こませながらですw。
冬山ゴルフの練習にはもってこいですw。
そんな冷えた体にはやっぱりおでんです。
道頓堀今井でおでんの盛り合わせ(1890円)。
グツグツ煮たった土鍋で持ってきてくれます。
うどん屋さんのみりんが効いた甘めの出汁はナイスです。
9種類も入っているので満足です。

IMG_4303
そういや鰻谷のバーに潜入しました。
半年前に薪屋のオーナーと出会います。
必ず行きますと言った夏の日が今や冬です。
では潜入しましょ。

IMG_4304
壁には暖炉があります。
法善寺のお店と同じく薪が燃やされています。
靴を脱いで、お座敷感覚でお酒を楽しめます。

IMG_4302
浮世絵や障子のディスプレイなんかも雰囲気を出しています。
まったり4人で会話も弾みます。
法善寺もいいですが鰻谷のお店もナイスですね。



管理人へのコンタクトはosakanohonma@yahoo.co.jpまで
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

よろしくです。
Twitter
カテゴリー
記事検索
「最新トラックバック」は提供を終了しました。




ブログパーツ


スカウター





画面にタッチして餌をあげて

QRコード
QRコード
livedoor 天気
  • ライブドアブログ