po0780

食べ歩きBlogランキング

いつもパスタを食べに行くと必ず自家製の手打麺を一品頂きます。
パスタの名前を控えて、自宅に帰るとネットで調査します。
いろんな種類があります。
類似する種類もあります。
似ていても製法が変れば名前も変ります。
日本のうどんとは又一味ちがうと感じます。
そこで自分が食べた印象に残ったパスタとその種類をログに残そうと決めます。
これからも随時更新していこうと思います。
(☆印は印象に残った好き度です)

ロングパスタ

スパゲッテイSpaghetti:
日本では一般的なパスタ。
断面は円。太さの種類があります。
1.4mm〜1.9mmまでいろいろあります。
細めをスパゲッティーニともいうそうです。
「パスタ=スパゲッティ」とか「パスタ≠スパゲッティ」という誤解も見受けられます。

er3129☆☆☆☆☆☆☆
【スパゲッティ、パンチェッタと地卵のカルボナーラ】(1,470円)
これまた強烈!。こんな濃厚な色をしたカルボナーラははじめて。
普通の地卵ではありませんね。多分黄身がオレンジ色の高い卵を使っているにちがいない。そして白身は使っていないはず。それでないとこれだけ強烈な濃厚さは出せないね。(麺の固さがまた超固めで◎)
美味しさ4連発で体が持ちません。
オステリア・エルベッタ


カペッリーニ Capellini
最も細いスパゲッティでカペッリーニ・ダンジェロ(Capellini d'Angelo、
「天使の髪の毛」)の別名があるそうです。
関西で有名なのは北新地『トリトーネ』のものです。

ct8963☆☆☆☆☆☆☆
【鮮魚と生トマト、プンタレッレのカッペリーニ】
プンタレッレはイタリアの冬野菜です。
これも日本で栽培されているようです。
輸入ものしかないと思っていたんですが。。。
セロリと水菜のあいのこのような野菜です。
カッペリーニは乾麺です。
1mm以下の細い麺です。
食べやすくてすぐにお皿だけになってしまいます。コンテ

タヤリン Tajarin
タヤリン(Tajarin)とは、タリオリーニ(Tagliolini)のピエモンテ方言。
tagliareが「切る」という意味で、
それに-inoという接尾辞をつけ「小さく切った」という意味を持つロングパスタです。
大阪でのタヤリン(タリオリーニ)は細めの卵麺の通称になっています。
『イル・チプレッソ』がタヤリンでは有名です。

nn4130☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【タヤリン フレッシュポルチーニ】(2000円弱?だったような)
生ポルチーニがふんだんに使われています。
生ポルチーニですよ!。
マツタケよりも喜ばないとね。
口の中からポルチニを感じることが出来ます。
そしてこのタヤリン、いえチキンラーメンが。。。
玉子麺のこの細さは技術がある証拠です。今日のダニーノのぴか一になりました。トラットリア・ダ・ニーノ

cp1953☆☆☆☆☆☆☆
【タヤリン、牡蠣ときのこのソース】
見た目も食感もチキンラーメンののびた風。でもこれが手打ち麺やぞ!って言っている。
イル チプレッソ



リングイネ Linguine
スパゲッティよりやや太く、断面は楕円形です。
スパゲッティと平麺パスタの両方の食感が味わえます。
麺の表面がザラザラとしており、ソースが絡みやすい麺だそうです。

tk936870☆☆☆☆☆☆
【リングイネ渡り蟹のトマトソース】
嫁さんの選択です。
渡り蟹の味噌とトマトが上手に絡んでいます。
なかなか美味しーい。
でも女性って蟹が本当に好きですよね。
トラットリア・コバ



タリオリーニ Tagliolini
卵入りの練り粉をのばして、幅1〜2mmに細長く切り分けた蕎麦状のパスタです。

ab6475☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【イカ墨のタリオリーニ、牡蠣と菜の花のソース】
まずパスタです。当然自家製麺です。
タリアッテレでなくタリオリーニなのが良いです。
エッジの利き具合がソースに絡まり良いです。
牡蠣の個体の大きさも満足します。
文句のいいようがありません。
アルバロンガ

ap6397☆☆☆☆☆☆☆☆
【桜のタリオリーニ、桜海老とルッコラのソース】
桜祭りです。
桜の葉を練りこんだタリオリーニです。
上には桜えびがたっぷりです。
味は桜餅の味です。
独特な桜の味と香りが口の中に広がります。
手打ちにもかかわらずかなりアルデンテ。
ありゃぁ〜。
かなり、けっこう、だいぶん美味しいですね。アルテシンポジオ


タリアテッレ Tagliatelle i
ロマーニャ州でよく用いられるパスタの一種だそうです。
細長いリボン状でフェットゥッチーネによく似ています。
手打麺では良く見かけるパスタです。

rn94☆☆☆☆☆☆☆
【イカ墨を練りこんだタリアテッレ、イカとアスパラガスのソース】
イカの味が利いたシンプルなソースで麺を楽しめと料理が言っていた。
さすが、噂のパスタやわ!!
ラ・ルーナ


cp1957☆☆☆☆☆☆☆
【イカ墨タリアテッレ、剣イカと野菜のバジリコ風味】
イカイカイカの味が十分効いているけど、バジリコも効いている。やっぱり今日のぴか一。
イル チプレッソ


nn4121☆☆☆☆☆☆☆☆
【タリアテッレ 生ハムとパルミジャ−ノ、ソーセージとバター風味】(2000円弱?だったような)
美しいパスタです。
パルミジャーノがいっぱいで麺が見えません。
自家製麺ですが、コシが十分です。
美味しいです。
トラットリア・ダ・ニーノ



フェットゥッチーネ Fettuccine
日本で言えばきしめんのような形をした
幅約5个諒燭燭て太いパスタです。
小生はタリアテッレとの区別がわかりません。

a5393☆☆☆☆☆☆☆
【トリュフのフィットチーネ】2200円
黒トリュフが一個は大げさ?でもかなり。
パスタが隠れるほどトリュフがのっていました。
本当に視覚インパクトが強烈なパスタです。

このお店の売り料理ですが無茶しますねぇ。
香りも強烈です。
さすが芦屋のイタリア料理店です。
高槻ではこんな料理ありえませんわ。

味付けもトリュフに負けないようしっかり味が付いていました。
本日のぴか一というかラフォーリアの一押しですね。
ラ・フォーリア


トンキレッリ
調査するもでてきません。
見る限りはキターラの細いものに見えるのですが。
さすがアバッキオさんというべきでしょうか。

ab3632☆☆☆☆☆☆☆☆
【白さ海老とビーツのトンキレッリ】1,580円
色鮮やかなピンク色のパスタ。
見た目で一目ぼれをするビーツ(赤大根)を練りこんだパスタと海老の素材を大事にうす塩味のソースは、当然今日のぴか一だしアバッキオにきてよかったわ。
オステリア・アバッキオ



キターラ
アブルッツォ州の郷土料理。琴のような道具キタッラで作ります。
断面は四角いです。

ab2006☆☆☆☆☆☆☆☆
【栗粉のキッタラごぼうのソースパルマ生ハム風味】
キッタラ=ギターの弦を張った道具を使うため、その名が付いたアプルッツォ州の伝統的なパスタ。断面が四角になっています。
歯ごたえのあるキッタラに栗の風味と甘み。ごぼうもこりこり、顎が強くなりそう。
キッタラ初めて。栗も初めて。こんなパスタもあるんやね。
勉強になります。そうそう食感は、名古屋の味噌煮込みうどんの細いやつ!
コシはないけど美味しいよね。オステリア・アバッキオ

pp4229☆☆☆☆☆☆
【キターラ甘海老のオイルソースで】1,500円
小生の大好きなカップ麺系キターラ(卵麺)。
オリーブオイルのソースの方が味がわかりやすいかなぁなんて思いながら注文したけど、味を確める前にパスタがなくなりました。
ポーションが結構少なめで、二人で分けるとほんと少ないですわ。
日本のイタリアンはお上品です。
トラットリアパッパ


ブカティーニ bucatini
シチリア発祥で、イタリア中部地方、
特にローマ周辺でよく用いられるパスタの一種です。
スパゲッティよりもやや太い直径5-6mm程で、
中心に穴のあいた細長いパスタです。
名前はイタリア語で「穴」を意味する「ブーコ」 (buco) に由来するそうです。

cr9230☆☆☆☆☆☆☆
【ペスカトーラ 海の幸のブカティーニ】
1650円。
お店の一押しです。
アサリ、甘エビ、ムール貝、イカなどがタップリ入った漁師風です。
ブカティーニの太い麺がより一層ワイルドに見せてくれます。
見た目のボリューム、
豪快さ、
当然味もベリーナイスです。
「刺して穴をあける」という意味の名前のパスタです。名前の通り、中心に穴があいた筒状をしています。直径は2.5mm前後。「ペルチャテリーニ」とも呼ばれています。CIRO


ピーチ(ピッチ)
粘土でミミズを作る要領です。
一本一本手作りで作ります。

tm8259☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【活ワタリガニ(メス、瀬戸内産)と福岡県産チーマ ディ ラーパのソース和え ピーチ】2100円。
このお皿が出てくるのに時間がかかります。
なにを隠そう注文後麺から作るそうです。
どこまで拘るのでしょうね。
ピーチは粘土でミミズを作る要領ですw。
それを注文してから作るなんて。
気が遠くなりそうです。
でもそのこだわりに比例したモチモチで上品な麺でした。
本日のぴか一です!タベルナ・デッレ・トレ・ルマーケ

po0776☆☆☆☆☆☆☆
【ピーチ、地鶏とジャガイモのバジリコ】
少しうどんより細め、学食のラーメンの太さです。
バジリコの焼きうどんを食べているようです。
しかしこれが美味しいんですw。
ジャガイモもいけますね。
ポルコスピーノ



ビーゴリ Bigoli
形、色ともに日本の蕎麦に似たヴェネト地方のパスタです。
独特の歯ごたえがあります。
ところてんを押し出すように作る機械で作ります。

in4829☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 
【蝦夷鹿肉のラグーソースのビーゴリ】
それはそれは太麺のビーゴリ。
ビーゴリはトコロテンを押し出すように生地を押し出した作るもの。
うどんの少し細めの麺で、まるで焼きうどんを食べているようです。食感は少し長めにゆがいているのでしょう、パスタ=アルデンテという通念はまったくありません。
でもこの太さのビーゴリにはこのくらいの茹加減がぴったりですね。
パスタの上にのっているのは鹿のレバー!
これがまた濃厚で癖がいっぱいあるけど、小生は美味しくてでたまりませんでした。
ソ-スといい、麺といい、レバーも本日のぴか一です。
というか、ビーゴリを食べさせる店は少ないですがパスタ数珠つなぎのビーゴリ部門NO1ですね。
イ・ヴェンティチェッリ


パッパルデッレ Pappardelle
トスカーナ州でよく用いられるパスタの一種です。
幅広いリボン状をしています。
タリアテッレに似ていますが、パッパルデッレのほうが倍以上に幅広です。
語源は、イタリア語の「パッパーレ (pappare)」とされているそうです。
意味は「豪快に食べる」「食いしん坊」だそうです。

us211☆☆☆☆☆☆
使用パスタはPappardelle(パッパルデッレ)です。
幅広のキシメンのようですが、キシメンより幅ひろいです。
アンティカ・オステリア・ウシヤマ



マファルダMafalda
Mafalda(マファルダ)「波打った」とう意味です。
タリアテッレのようなリボン状のヒラヒラのパスタです。

rc6081☆☆☆☆☆☆☆
【豚肉のトマトラグー マファルダ】1600円
トマト味のソースも食べたいので注文してみました。
野菜もタップリで少しスパイシーな辛さと酸味もいけます。
Mafalda(マファルダ)「波打った」とう意味。
見た目どおりです。
マファルダコルタというショートパスタは食べたことがありますが、
こんな長いマファルダは初めてです。
乾麺かなぁ。手打ちではなさそうだし、
でももう聞くのはやめました。
客により態度を変えるアシスタントはこちらからお断りです。
ラ・ルチョラ



ショートパスタ

ペンネ Penne
ペン先状、筒状のパスタの総称です。
中でもペンネ・リガーテ (penne rigate) は表面には細かい溝があります。
ソースが絡みやすくなっているためよく使われるようです。

br4485☆☆☆☆☆☆☆☆
【ペンネ、海老の入ったグリンピースのクレマ】1300円
これまた緑のソース。
グリーンピースです。
嫌いな人にはつらいかもしれませんが、好き嫌いのない小生には感動もののソースですね。
ここまで野菜にこだわれれていいですね。
ラ・バッロッタ



コルツェッティCorzettI
リグーリア州で昔からよく食べられているメダル型のパスタです。

3567☆☆☆☆☆☆☆☆
【芽キャベツと海老のコルツェッティ】1,680円
トップの写真が全体像、海老をのけると500円だまの大きさのパスタ(コルツェッティ)が隠れていた。初めて食べました。コシがあってベリーグッド。
海老がソースの絡まった塩味は今日のぴか一でした。
アイーダ



チカティエッタ
不明です。

rg6398☆☆☆☆☆☆☆
【いいだこのチカティエッタ、アンチョビ風味】1700円。
マカロニのようなショートパスタです。
筒状ではなく、クルッと巻き込んだようになっていました。
パスタの歯ごたえと潮の味がナイスですね。
イル・ラゲット



リガトーニ Rigatoni
外側に波状の筋が入った、太めのショートパスタです。

cr2312☆☆☆☆☆☆
自家製リガトーニがお勧めだそうです。
では「なすとパンチエッタのトマトソース」でいただきます。
たしか800円だったような記憶です。
ポーションは悪くありません。
モチモチした食感のパスタです。
麺はありだと感じます。
コニッリオ



パッケリ paccheri
プーリア州が産地です。
パッケリは長さ約5cm、直径2.5cm(楕円なので広い方の大きさです)。
しっかり入った表面のざらつきを活用して肉・クリーム・チーズなど、
濃い目でボリュームのあるソースをあわせてると美味しくいただけます。

rp2679☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【伊勢海老のパッケリ】
たぶんポトフなんかに使うんだろうお鍋で、伊勢海老を炒めブイヤベースで煮込んでいるのかなぁ。スープは伊勢海老の濃厚なミソの味がして最高だ。パッケリは煮込みすぎずアルデンテでアツアツ、最高!!!!!
リストランテ・ダ・ルポ322



フジッリ Fusilli
螺旋(らせん)状のショートパスタです。

it4888☆☆☆☆☆☆☆☆
【フジッリ、ブロッコリーとイカのソース】
フジッリはクリームとかミートソースの濃い味が合うものだと思っていたけど、あっさりしたソースにも溝に絡まりなかなかいけます。
ソースはイカの味がはっきり、ブロッコリーもしっかりと歯ごたえを残している。どちらかの素材が勝っていれば今一だったのかもしれないが、本当にバランスのいい品のあるソースだった。
イタロ(閉店)



ガルガネッリ Garganelli
ロマーニャ地方産の手打ちマカロニです。
喉のような形状から名前が付いているそうです。

rp381☆☆☆☆☆☆☆☆
【パスタ:ガルガネッリ、鴨のラグーと洋梨のソース】
ガルガネッリ=鳥の喉のイメージ。一口サイズで食べやすい。
このお皿は洋梨のソースが結構勝負っぽく、だめもとで注文。
甘ったるいイメージを想像していたけど、ソースはいたってシンプルで、鴨に合わせたコンソメ系。洋梨は鴨を引き立たせる役目に十分なっていた。
今日一のお皿になってしまったね。ラピ(L'API)


その他

ラビオリ Ravioli
詰め物入りのパスタです。
2枚で閉じています。

sr3414☆☆☆☆☆☆☆
【パスタ ラビオリ】
とても不思議な味。チコリーのソースというのが、蓬のような青い風味がして、
具の鴨はなんとなく中国風の味・・・。
洋風小籠包といった風合い。
サリーレ



トルテリーニTortellini
正方形の生地で詰め物を包み、三角形になるように二つに折り、
両端を合わせて指輪状にして留めるそうです。

rg6408☆☆☆☆☆☆☆
【2色のトルテリーニ、白トリュフ風味】1800円。
緑と赤の鮮やかなパスタです。
トリュフの香りと味が最高です。
白トリュフがこの値段で入るわけがありません。
風味のあるソース?かバター?を使っているようです。
それでも本日のぴか一なんですね。
イル・ラゲット



アニョロッティ
アニョロッティと云うのはあらゆる種類の肉料理の残り物を利用すると云う意味で、
イタリア北部のピエモンテ州の詰め物入りパスタの名称であり調理法を云います。

ab6482☆☆☆☆☆☆☆
【兎のアニョロッティ】
兎のお肉の柔らかく煮込まれたソースが中に入っています。
パスタの硬さが良いですね。
どうしても柔らかめになるところを抑えた心配りです。
アルバロンガ



カバディエッティ
不明です。

rf1816☆☆☆☆☆☆☆☆
【平鯵の燻製と青首大根のカバディエッティ】1800円。
カバディエッティはプーリア地方の手打ちパスタだそうです。
四角い餃子の皮の分厚イメージです。
もしくは分厚い四角のパッケリかな。
桜チップの燻製の香りはいいです。
でもすこし凝りすぎかもしれません。
ラ・フォーリア



ニョッキ Gnocchi
潰したジャガイモ、法蓮草、リコッタチーズ、南瓜などを混ぜて作られる
ダンプリング(団子)状のパスタです。

mj6210☆☆☆☆☆☆☆☆
【ジャガイモのニョッキ、ゴルゴンゾーラ】???円
やっぱりここで食べなければならないニョッキ。
小生がパスタに目覚めた一品です。
ポーション少ないよ〜。
一人6個づつなんて、お預けと一緒ですね〜。
嫁さんのをひとつ横取りしました。
ミーアジヨイア



カネロニCaneloni 
クレープのような生地の中に鶏肉や牛のひき肉などが入っています。

pv3765☆☆☆☆☆☆☆
【ナスのカネロニ生ハムを巻いて】
カネロニは本当に薄く仕上げられていた。まるで生春巻きのような食感は感動しました。中の具がなすびでなければもっと評価がよかったかもね。
モードディポンテベッキオ



ナポレターナ
ナポレターナはナポリの地でナポリ語によって書かれた大衆歌謡だそうです。
もしかすれば、大衆的なパスタ料理という意味かもしれません。
記事にはしていませんが西宮のイタリア人がしているカジュアルイタリアンでも
同じようなパスタ料理を食べたことがあります。

kk205☆☆☆☆☆
【カリフラワーとスカモルツァチーズのパスタナポレターナ】¥1400。野菜を炊き込んだものの中に湯がいていないパスタを放り込んでグツグツ煮込む。この料理方法はナポリ独特のスタイルらしい。マカロニとスパゲティの刻んだものの2種類が入っていて、ほぼ雑炊状態。初めて食する食感はなかなかおいしかった。
ラ・クッカーニャ




 レストラン飲食店ランキング。
bana

管理人へのコンタクトはosakanohonma@yahoo.co.jpまで