大阪のほんま

北新地・福島・肥後橋、そして高槻,最近は地方巡業を中心に食べ歩きレポートをしています。食べて飲んで投稿してリフレッシュ!。自分の足と目と耳と鼻で探索するのが食の醍醐味というのが自論です。

ラーメン

炭火焼つけ麺球児@なんば歌舞伎座裏でぶらり、つけ麺食べました^^。

IMG_8999
大阪府大阪市中央区難波4-2-7。
tel:06-6646-0456

ドル円の動きが激しいお盆です。

FXや株、本当に身近な投資?金儲け?ができる手段ですw
経済や世界情勢に精通しなくてもチャートで儲かるそうですw
(一部の方の意見ですが)
パチンコやカジノと同じ感覚を感じます、、、。
それで生計を立てることは難しいように思いますが^^
小生はあくまで副収入、アミューズ程度にしておきます。

IMG_9007
晩御飯時、相手がいないので仕方なくN氏に連絡をとりますw。
難波に美味しいラーメンがあるというので向かいましょ。
歌舞伎座の裏側の繁華街をブラリします。

IMG_9004
目的のお店は「炭焼きつけ麺 球児」です。
タイガースの藤川球児のお店ではありません。
阪神戦の放送を楽しむフアンのお店です。

IMG_8997
焼鳥屋さんがオーナーのお店です。
なので炭焼きメニューが中心だと思います。
小生達は焼鳥を注文せず即ラーメンにさせてもらいます。
チャーシューを炭で焼くのは何故?

IMG_8998
全盛きゅうじ(1000円)を注文します。
つけ麺の上にキャベツのしなったもの、ねぎ。
そして煮たまご、焼きチャーシューが乗ります。
麺がみえません。

IMG_9003
自家製全粒紛麺の風味を楽しみます。
野菜と一緒に麺をつけながらいただきます。
とんこつ醤油の魚粉入りのスープに付けながらいただきます。
お腹が空いていたのでより一層美味しくいただきます。
2玉が一瞬にして無くなりました。

IMG_9010
そしてラブホの通りを歩きます。
ゲイと思われているかもしれません。
そこに見つけたオープンテラスのバー。
お客さんは一人です。
一杯のんでいきましょ。
「リトルロングビーチ」に潜入です。
ロサンゼルスに「リトルトーキョー」があるように、
難波に「リトルロングビーチ」を作ったアメリカ人オーナーだそうです。

IMG_9014
小生達が座って数分後、お店は満席になります。
霊感の強い人に言わせると小生には憑いているそうです。
人が集まる場所であれば、人が来るそうです。
ほんと?
ただ確かにそんな傾向を感じることもあったり、なかったり。
強い念のある人のお店ではこのジンツウは効かないようですw。

IMG_9012
小麦色の健康美な女性がお酒を作ってくれます。
サーファーな美人でした。
小生が立ち寄ろうとした理由の一つです。



管理人へのコンタクトはosakanohonma@yahoo.co.jpまで

紋次郎@福島の路地裏に豚骨魚介つけ麺あります。

IMG_8423
大阪府大阪市福島区福島1-6-4。
tel:大阪府大阪市福島区福島1-6-4

悩み事。

雨の日の芝刈りに使った手袋を乾かさずバックにほりこみます。
先日その手袋を着けてみると臭い。
すかさず乾燥させても、デオドラントをシュッシュしても、ファブリーズしても。
匂いが取れることはありません。
汗とカビの臭いでしょう。
まだ買ったばかりなんです。
買い換えなければならないのでしょうか?
これもまた梅雨の悩み事です。

IMG_8426
さて肘やふくらはぎに爆弾を抱えながら、自転車コキコキ福島に向かいます。
新福島の南側の大好きな路地裏通りです。
玉五郎系列のつけ麺屋さんがあるそうです。
では、「紋次郎」に潜入しましょ。

IMG_8424
なかなか太めで色艶のよいそそる麺です。

IMG_8422
そういや、玉五郎に行ったことはありません。
煮干系のラーメンなんですよね。
ここのスープは豚骨魚介系のようです。
海苔の上には魚粉が盛られています。

IMG_8425
甘めのスープが麺に絡んでなかなかバランスがよいと思います。
残ったスープに焼き石を入れてもらえます。
熱くなったスープは魚の香りが増幅します。


ラーメン屋さんを出た後、あみだ池までぶらりします。
路地裏には他にもお店がいっぱい増えています。
ちょっと集中して暖簾を潜ってみたくなる思いになります。
最近、執着心がなくなっていた?んですが、
頑張って食べ歩いてみましょ。^^



管理人へのコンタクトはosakanohonma@yahoo.co.jpまで

つけ麺みさわ@福島の〆ラーメンは激熱スープ割りでほっかほか^^

IMG_8267
大阪府大阪市福島区福島5-6-11 福ビル1F。
tel:06-6452-3380

福島ぶら〜りをしてもう満足です。
ほろ酔い気分で、さ、帰ろ。
9割ジョークで〆はラーメンにしようと言います。
「いいですよ!」いう返事に愕然。。。
期待していた答えとは裏腹です。
一度出した言葉を引っ込めるわけにはいきません。
新福島から南へ少し行きます。
最近オープンしたというつけ麺屋さんに向かいます。
「モンジロウ」とか言うお店だった記憶です。
「スープがなくなり閉店です。」
門前払いです。
しかたがありません。
とぼとぼJRに向かって歩きましょ。

IMG_8261
IMG_8262
そこに見つけた「つけ麺みさわ」です。
1,2年前からあったように記憶しています。
いつも前を素通りしています。
終電前の〆ラーメンで賑わっています。
なら度潜入してみましょ。

IMG_8263
なかなかよさげな麺の太さです。
ナイスな艶です。
好みで淡路産玉葱をスープに入れるそうです。
酢橘は麺に搾って食べるようです。

IMG_8264
とんこつベースの魚系のスープです。
魚粉がなおいっそう風味を盛り上げます。

IMG_8265
のど越しもナイスです。
さわやかな柑橘系がスルスルと胃の中に。
あっという間に麺がなくなります。
〆にぴったりのラーメンです。

IMG_8266
そして残ったつけ汁に割りスープを入れます。
仕上げは「焼き石」をいれグツグツスープを煮炊きます。
激熱スープはまるで出来たてのラーメンのようです。
こういうサービスは大歓迎です。


これで本当に満足です。
久しぶりの福島の夜を楽しみます。
じゃ!またね。
高槻の相方は最終電車でお帰りです。




雰囲気  :
料理   :☆☆☆.4
予 算  :750円
総 合  :☆☆☆.4



管理人へのコンタクトはosakanohonma@yahoo.co.jpまで

虎一番@尼崎の寡黙な大将は暴れ馬的料理の天才かも^^。

IMG_5674
兵庫県尼崎市大島1-2-3。
tel:090-6320-6345

今、日本は40年前のイギリスに似てる?
「英国病」、「ヨーロッパの病人」。
それはまるで、「日本病」、「アジアの病人」。
そして数十年後、AU(アジア連合)になり単一市場となります?
日本はそのとき独自通貨「円」を維持します?
「ユーロ」ならぬ「アーロ」に結実しましょ^^
そのときのためにも近隣諸国ともっと仲良くね。

はい、妄想で脈略のない前説です。

IMG_5676
蕎麦、饂飩、ラーメン、ワイン。
すべてに薀蓄を語られる美食家さんです^^。
尼崎にピカイチのラーメン屋さんがあると聞きます。
一度はお邪魔しておきましょ。
尼崎の「ラーメン虎一番」に潜入です。

IMG_5662
薄切りチャーシューの葱巻き(450円)。
ここのチャーシューは生ハム仕様?
と思わせるほどシットリしています。
じっくり燻製をしながら中心の肉に優しくしたかのような。。。
そして味付けもハム同様、塩分タップリです。

IMG_5666
削葱を巻いていただきます。
それでもインパクトを感じる濃い塩味です。
でも食感がいいのでついつい口に入れてしまいます。
ビールの肴にいいかもしれません。
すでにビールはジョッキーで2杯目です。
まるでジャンキーで暴れ馬のようなチャーシューです。

IMG_5660
餃子(330円)。
プリプリ小海老がナイスな食感の餃子です。
中国風らしい(ハッカク入り?)味付けもいいですね。
個性があるので数多く注文すると飽きるかもしれません。

IMG_5663
とろけるから揚げ小(650円)。
甘酢風のソースを絡め表面がシットリしています。
味付けもしっかりしています。
敷かれたキャベツは必需です。
すでに生ビール4杯目です。

IMG_5673
卵焼き特製ソースかけ(350円)。
胡麻油の風味がタップリの特製ソースに卵焼きが浸かります。
削葱の上から熱い油を注いでいます。
葱油風味に仕上がります。
常連さんは残ったこのソースを白飯にかけて食べています。
ラーメン屋さんの超人気一品料理です。

IMG_5668
そして〆はやはり人気の「つけ麺中盛」(900円)。
煮玉子、そしてチャーシューもタップリのってきます。

IMG_5669
タレの味は他店のものよりウスメ、そして酸味も控えめです。
水菜、白髪葱、削葱の3種類が入ります。
割りスープが必要ないいい感じのタレです。

IMG_5671
モチモチの平麺もナイスです。
大事に扱われた麺だとわかります。
ナイスです。

大将は寡黙で料理に集中します。
情熱をこめて料理をされています。
ラーメンに葱を乗せる仕草も慎重です。
それとは裏腹にガツッとくる暴れ馬的料理です。
そのギャップを楽しませてもらいます。

ラーメン以外も楽しめるナイスな尼崎的リーズナブル店です。
お店を出たとき、かなり体重が増えたように思えます。



雰囲気  :☆☆
料理   :☆☆☆
予 算  :2,000円
総 合  :☆☆☆



管理人へのコンタクトはosakanohonma@yahoo.co.jpまで

麺哲支店麺野郎@つけ麺屋さんで食べる肉そば^^。

IMG_4980
大阪府池田市豊島南1-10-3 上田ビル1F。
tel:072-762-8170

六甲のしばれる中の芝刈り後です。
テレビではラーメンのグルメレポートをしています。
美味しいラーメンを食べたくなります。
なら池田の「麺野郎」に潜入しましょ!

IMG_4987
夏のもり蕎麦を食べて、冬に新そばのもり蕎麦を食べない蕎麦通野郎w。
ごとく、つけ麺の美味しいお店でスープの温かいラーメンを食べる野郎ですw。

IMG_4984
同行者の一人がつけ麺を注文したので写真をぱちり。
見るからにモチモチコシコシの美味しそうな太麺です。
やはりつけ麺をセレクトするべきだったかも。。。w
600g(通常の3倍)でも1000円です。(写真は300gです)

IMG_4979
小生のセレクトは「肉そば」1000円です。
チャーシュー麺です。
カツオの香りがいいにおいです。
鶏出汁との相性がいいと思います。
コラーゲンが浸み込んだ濁った出汁です。

IMG_4982
麺はひら麺です。

IMG_4983
噛み応えのある厚みのある部位の肉と肩ロースの薄い部位の肉。
双方の肉が楽しめます。
豚の特徴を残した美味しいチャーシューだと思います。



管理人へのコンタクトはosakanohonma@yahoo.co.jpまで

とっかり本店(正雀)@大阪自家製麺ラーメンの生みの親です。

IMG_3966
大阪府摂津市正雀本町1-25-10。
tel:06-6382-9454

小生の好きなラーメン。
トップクラスのお店は上新庄の北海道ラーメン「とっかり供廚任后
醤油も塩も美味しいと思います。
もちもちした「麺」は他店のものとは一線を引きます。

IMG_3964
その本店が正雀のこのお店「とっかり本店」です。
自ら所有の麺工場で支店の麺も供給しています。
自家製麺というラーメン屋さんが流行りの昨今。
すでに数十年前から自家製麺一筋です。
製粉メーカーとも協力しあい、美味しい麺を作り続けるお店です。

IMG_3963
40年前の味を再現したそうです。
今の若者には作れないスープだろうと。
ラーメンブームに一波乱?^^

IMG_3965
これが復刻醤油ラーメン(850円)です。
ブラックなラーメンです。
ガツッとくるコクのあるスープです。
流行の無化調ではありません。
でも癖になる味であることは間違いありません。
いいですね〜。

IMG_3967
モチモチ感はさすがです。
麺の特性を熟知しているがゆえ、
湯掻くタイミングがすばらしいんだと思います。

IMG_3969
全粒粉がどうのこうのと俄ラオタ同行者と会話をします。
「この前作ってみたんやわぁ!」
店主がおもむろに生麺を披露してくれます。
「とりあえず食べてみてみる?」

IMG_3971
全粒粉の粉の風味を一番感じる塩で用意してくれます。
試食をさせてもらいます。
(たぶんメニューはないと思います)
小麦粉の風味が口の中に広がる麺です。
まるで蕎麦を口に入れたときのような感覚です。
貴重な経験させてもらいます。

自家製麺ラーメンに人生を捧げる老舗です。
とっかり本店いいと思います。



管理人へのコンタクトはosakanohonma@yahoo.co.jpまで

ぼんくら@北新地の市場のラーメン屋さん。

IMG_3293
大阪市北区堂島1-1-20 堂島フードセンター1F。
Tel:?

市場
知っていました?
夜の街、北新地にも市場があります。
堂島フードセンターといいます。
8軒ほどのお店が連なります。
八百屋、魚屋、肉屋…。
独特の市場の匂いがします。
夜専門に村へこられる方は知らないと思います。
シャッターが閉まっていますから。^^

IMG_2965
その市場の1階にラーメン屋さんがオープンしました。
早速お邪魔します。
お店の中はモダンな白木造りです。

IMG_2968
夜に潜入すると、鯖すしなんかの一品もあります。

IMG_2966
ビールは寿酒造、高槻の地ビールですが、「北新地ビール」!

ラーメン
普通の塩、醤油ラーメンもありますが。
変わりラーメン豆乳味噌ラーメンを食べてみます。
夜専用のメニューです。

IMG_2972
女性が喜びそうなスープです。
麺は麦殻を練りこんだラーメンです。
麦粉の風味が倍増する麺ですね。

IMG_3297
ランチでもお邪魔しています。
メニューはこんな感じです。

IMG_3289
カレーつけ麺をいただきます。

IMG_3291
中太麺はコシもありいいかもしれません。

最近少しずつ北新地にもラーメン屋さんが侵食しています。
ラーメンブームは止まるところを知りません。



管理人へのコンタクトはosakanohonma@yahoo.co.jpまで

丸源ラーメン高槻唐崎店@肉そばです。肉吸いのラーメン版です。

IMG_9244
大阪府高槻市唐崎西2丁目1-72。
tel:072-679-1145

11月から「大阪のほんま」内で記事別アクセスのランキングを表示しています。
肉吸いの「千とせ」がダントツに多いようです。
そういや関西空港の肉吸いも人気がありますね。

IMG_9254
それなら愛知発信の「丸源」の肉そばはいかがですか?
大阪には4店舗あるようです。
小生は高槻の河川敷の「京阪ゴルフ場」に練習にいきます。
そんな時のランチに愛用しています。
チェーン店ですがそれなりの肉吸いに満足しています。

IMG_9243
肉そば650円です。
肉がたっぷり肉吸いです。
その中に麺が入っています。

IMG_9249
普通のラーメンとは少し逸脱感もありますが。
これもありだと思います。
スープの上に乗っている柚子胡椒おろしを溶かします。
二つの味を味わえます。

ちょっとした情報ということで。
大阪の丸源の所在地はここをクリック。



管理人へのコンタクトはosakanohonma@yahoo.co.jpまで

麺屋えぐち@澄み切った中華そば、こしのあるつけ麺。

IMG_1654

生活柄、新御堂筋を使うことが多いのです。
新御堂筋沿いで夜御飯を軽く済ませようと思うときがあります。
そんな時はうどん、ラーメンを思い浮かべます。
やはり「麺屋えぐち」が人気なようです。
では行ってみましょ。

IMG_1652
実はここ最近、2回続けて行きます。
中華そばを食べた日は並ばずに入れます。
つけ麺を食べた日は4,5人の待ちです。
ネットでの噂による、長い行列ができるというほどでもありません。
百聞は一見に如かずということです。
ちなみに小生はネットで百聞していません。^^
百聞している方から一聞しています。
それも百聞ということになるのかな?w

IMG_1653
一度目の訪問です。
中華そば屋さんということをお店に入って理解します。
では中華そばをいただきましょ。
カウンターに座って大将の手さばきを眺めます。
丁寧すぎるほど丁寧な仕事ぶりです。
スープが冷めない?と思うほどです。
拘っているのかもしれません。
海苔を置く場所、置き方まで注意深く。
まるで芸術の製作を見ているようです。
これで冷めていたら。。。
スープを飲んでそうではないことに安堵します。

透き通った綺麗でありながら、
しっかりコクを感じるスープです。
一口目が美味しいです。
すべて平らげる時には少し口の中に残るものを感じます。

IMG_1655
大事に保冷された自家製麺です。
一人前ずつラップから取り出し湯がかれた麺です。
いいと思います。^^

IMG_1657
ネットの評判はよいそうです。
もう一度行こうと思いました。
今度はつけ麺をいただきましょ。
モチモチの麺にほほう!

IMG_1658
酸味を感じる、らしいつけ麺の出汁です。
はじめからコショウが降りかかっています。

IMG_1659
大盛りを注文しています。
ペロリと頂けるナイスな麺です。


百聞は一見に如かず
「百聞」は百回聞くこと、「一見」は一回見ること、「如かず」は、及ばないということ。
耳年寄り
聞きかじりの知識が豊富。

百聞は耳年寄り(ほんま造語)。
情報で期待しすぎると美味しい食事が当たり前に感じてしまいます。



管理人へのコンタクトはosakanohonma@yahoo.co.jpまで

光龍益@民家通りにポツリと桜ノ宮ラーメンです。^^

IMG_5730
IMG_5705
大阪府大阪市都島区中野町5-9-5。
tel:06-6923-5604

天満橋から桜ノ宮までは造幣局の通り抜けで人通りがいっぱいです。
そこをすり抜け川崎橋を渡ります。
大川の遊歩道をコキコキします。
対岸の人通りと屋台のお祭り気分をながめながらです。
JR桜ノ宮まで走ります。

IMG_5707
民家の車が通れない路地に入ります。
そこにいきなり行列を見つけます。

IMG_5706
小生も自転車を置いてその最後尾にならびます。
そのお店は『とんぴととりの光龍益』です。
20分ほど待つことになります。
ようやく潜入です。

IMG_5710
ラーメンを注文して待つことにしましょ。
サービスのハニーウオッカをいただきます。^^

IMG_5712
ガブガブいただくわけではありません。
唇を湿らす程度です?

IMG_5716
カウンターの自分の席の前に丼鉢が置かれます。

IMG_5719
そしてたれが注がれます。

IMG_5720
そしてスープが。
とんぴ(豚皮)と、とり(鶏)という意味です。
豚骨ではないようですが、マッタリしたスープに見えます。

IMG_5723
目の前でラーメンが出来ていく様子がわかります。
食べたい焦る気持ちを抑えることができます。^^

IMG_5724
麺をスープに馴染ませて。。。

IMG_5725
ねぎとメンマを盛り付けて。。。

IMG_5727
分厚いチャーシューをのせてくれます。

IMG_5728
出来上がりがこんな感じです。
濃厚な醤油豚骨スープのラーメンが出来上がります。
骨が溶けていないスープなのか以外と見た目よりあっさりしています。

IMG_5729
麺は博多ラーメン風のストーレート細麺です。
長浜と天下一の中間のようなラーメンです。

小生が食べるころ、すでに暖簾は終われます。
確か2,30人は行列ができていたはずなのに。
ありつけずに帰られた方もおられるようです。
テレビで放送紹介された一時間後です。
さすが公共電波は凄いですね。^^


雰囲気  :☆☆☆.5
料理   :☆☆☆.4
予 算  :600円
総 合  :☆☆☆.4


管理人へのコンタクトはosakanohonma@yahoo.co.jpまで
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

よろしくです。
Twitter
カテゴリー
記事検索
「最新トラックバック」は提供を終了しました。




ブログパーツ


スカウター





画面にタッチして餌をあげて

QRコード
QRコード
livedoor 天気
  • ライブドアブログ