大阪のほんま

北新地・福島・肥後橋、そして高槻,最近は地方巡業を中心に食べ歩きレポートをしています。食べて飲んで投稿してリフレッシュ!。自分の足と目と耳と鼻で探索するのが食の醍醐味というのが自論です。

本町

ラ・シーム(La Cime)@週1でビストロ、フレンチでランチをしよう(第7回)。

IMG_8446
大阪市中央区瓦町 3-2-15 本町河野ビル1F。
Tel: 06 6222 2010

こんなメールもらいました。

『ふところ手帖』そんな名前の短篇集でした。
20年ほど前に熱中して読んだ文庫本の文体が蘇りました。


『ふところ手帖』といえば子母澤寛作です。
子母澤寛といえば「座頭市」、「勝海舟」の原作者です。
読んでいて清々しい文章のうまさが定評です。
そんな最高の比喩をいただき光栄です。
嬉しかったのでちょっと前説で^^

ちなみに小生が読破した作家は太宰治です。
単行本はすべて読んだと思います。
中学1年の時、文学少年を目指して?とりあえず単行本コーナーへw。
夏目漱石、武者小路実篤、、、。
あたりきではない本を探して見つけた「人間失格」のタイトルです。
「津軽」「斜陽」「お伽草子」、、、いつの間にかすべて読みました。
13歳には難しくて意味も話からないまま読みました。
教科書で「走れメロス」が出てきたときは嫉妬しました。
教科書に載って欲しくなかったw

早くIpad買いましょ。
そして、電子本読者中年になりましょ。
そしてアラフィフで「人間失格」読んでみましょ。

IMG_8427
そんなこんなでこの日は昼食会です。
今話題のお店だそうです。
瓦町の「ラ・シーム」に潜入です。

IMG_8429
フローリングに木製のテーブルと椅子です。
テーブルクロスを敷かないところが拘りですね^^。
ネオビストロとも言われています。
小生的にはラフィネなビストロと言わせてもらいます^^。
ランチコースは4,625円です。

IMG_8433
グラトン リヨネとカリフラワーのクリームと小エビ。
ホームページには「只今ランチはリヨン地方の料理が中心」
と書かれています。
アミューズにピッタリ、あっさりしています。

IMG_8435
バケットのでてきかたもなるほど。

IMG_8438
リヨン風サラダ。
半熟まるまま卵をいかにして食べるか悩みます。
デジョンマスタードを効かしたソースがナイスです。

IMG_8441
鶏肝のガトー仕立て。
鶏肝をケーキ仕立ての飾りつけでいただきます。
ソースも濃厚でよかったです。

IMG_8445
お魚のクネル ソースナンチュア。
クネルとは団子状のものをお湯でポシェしたもの。。。
いわゆるフランス蒲鉾です。
甲殻類のソースで引き立ちます。

IMG_8447
鶏のワインビネガー風味。
あっさりした胸肉がパサパサしないように火が入ります。
反した少し濃い目のソースでも上品に仕上がります。

IMG_8450
そしてデザートが2品です。
ピンクのプラリネとフランボアーズ。

IMG_8452
ブーニュとアプリコットとヨーグルトのムース
そして最後に小菓子とコーヒーで〆ます。


ガッツリではなくアッサリ目の胃に優しいランチメニューです。
カプチーノ三昧には少し苦笑しましたが^^。
テーブルクロスが似合う料理です。
あえて、クロスを敷かないところにナイスなこだわりを感じます。
いい感じのビストロ、いえレストランだと思います。



雰囲気  :☆☆☆☆
料理   :☆☆☆☆
予 算  :4,625円(ランチ)
総 合  :☆☆☆☆



管理人へのコンタクトはosakanohonma@yahoo.co.jpまで

本町製麺所@奥行きの深いうどん屋さんです。^^

IMG_0241
大阪市中央区北久宝寺町2-6-13。
Tel:06-6252-6177

天六から自転車で南船場。
コンサルさんの会社でひと仕事をします。
次は北新地、そのあと裁判所。。。
自転車をやめればよかったと思います。
気温35度の中コキコキつらいかもしれません。

IMG_0244
すこし暑さにイライラしながら、南船場から北新地に向かう途中です。
「本町製麺所」という看板を見つけます。
製麺所という名前のラーメン屋さん、うどん屋さんが増えたなあと思います。
すばやくランチはうどんでいいかと思い潜入です。

IMG_0238
自販機で「鶏ぶっかけうどん」の券を買って座ります。
そんなに期待もせず。
でも鶏カラは注文をしてから揚げています。
揚げ具合も一つづつチェックしています。
丁寧に料理されています。
もしやすれば美味しいかもと期待が膨らんできます。

IMG_0240
麺の艶、太さ。
つるつる、こしも有りげなモチモチ風に見えます。
かなり美味しそう!
期待が爆発しそうになります。

IMG_0243
うま甘い出汁と見たとおりの期待を裏切らない麺です。
少し細めのうどんは讃岐よりも「大阪うどん」を再現しています。
美味しいです、好きですね。


大阪の「おうどん」を追求されているそうです。
本当に2階は製麺所だそうです。
製麺が生業だそうです。
一階のお店では一日100玉だけの提供だそうです。
讃岐のエッセンスを感じながらの大阪うどん。
「たけちゃん」も同じようなことを言ってたなあと思い出します。
ほんと偶然良い店見つけました。
奥行きの深いうどん屋さんです。
うれしい〜!



雰囲気  :☆☆☆.8
料理   :☆☆☆.8
予 算  :680円
総 合  :☆☆☆.8



管理人へのコンタクトはosakanohonma@yahoo.co.jpまで

トラットリア&ピッツェリア イルボスケット@明るくて清潔感を感じます。

IMG_8569
大阪府大阪市中央区瓦町1-5-11 ループビル 1F。
tel:06-6203-4877

皆既日食と天神祭りに終始した先週です。^^
その合間23日は暦の上では「大暑」です。
忘れていました。

暑中お見舞い申し上げます。

梅雨明けはもう少しでしょう。
大雨で災害などのニュースも届きます。
本格的な暑さではありませんが。
暑さへの踊り場を利用して体調管理に留意ください。

IMG_8582
只今小生は食欲減退中です。
その副作用はお酒の量が増えています。

大阪で休日を過ごすことになります。
所用の夕方までゆっくりするつもりでした。
DVDやパソコンなど。
でもやっぱりランチに出かけましょ。
食欲がなくとも駆られる料理を考えます。
やっぱりピザかな?^^
自転車コキコキ瓦町まで向かいます。
「イルボスケット」に潜入です。

IMG_8564
時間は14時です。
週末はランチメニューがありません。
明るくて、清潔感もあり、ゆったりランチをいただける雰囲気です。

IMG_8571
まずは「インテグラーレ」(1,785円)。
トマトソース、ミニトマト、水牛のモッツアレラ、ペコリーノ、バジル。
そんなに大きな円周ではありません。
女性一人でも十分食べれる量だと思います。
モチモチのナポリピザです。
美味しいです。気づけばお皿は真っ白です。

IMG_8572
いたや貝、浅利とブロッコリーのソース、タリオリーニ(1680円)。
小耳に入る噂では、「ピッツアは美味しいがパスタはねぇ。」
たぶんそれは平日ランチのことではないかなあと思います。
自家製のタリオリーニはしっかりしています。
浅利とイタヤ貝を使って海の香りを大事にしたソースもナイスです。
美味しいと思います。
納得できるパスタです。

IMG_8578
14:45分、ラストオーダーを聞かれます。
まだ食べれそうです。
トマトソースの使わないビアンコ(白)でもう一皿。
水菜のピッツアを注文します。
水菜が売り切れ代替品でもいいかと聞かれ了承します。
これも美味しかったです。
フレッシュ野菜とモッツアレラのマッチングも良いですね。


。。。
食欲不振のはずなのでは?
暑い夏にナポリピザ。
不振を覆ってしまうほど似合っています。



雰囲気  :☆☆☆.8
料理   :☆☆☆.8
予 算  :3,000円/人
総 合  :☆☆☆.8



管理人へのコンタクトはosakanohonma@yahoo.co.jpまで

イル・ブラチーノ@炭火焼きイタリアン豪快760gのTボーンステーキ!

br1838
br1828

br1841
大阪市中央区南久宝寺町4-5-11 ライオンズマンション1F。
tel:06-4704-5582
食べ歩きBlogランキング

愛娘に食事に行こうと誘います。
友達も一緒ならと了解をもらいます。
大阪市内にいるといいます。
一生懸命お店探しをする小生です。
うつぼのサンタルチアとこのお店『イルブラチーノ』どちらにする?
行ったことのない方がよいといわれます。
では『イルブラチーノ』に潜入することにしましょ。

小生も前から気になっていた店です。
近所には有名イタリアンが並ぶ競争の激しい場所です。
そして評価もよさそうです。

品のある店内、アダルトなOLさんが好みそうなお店です。
愛娘達はいつも居酒屋ばかりだから嬉しいとはしゃいでいます。^^
コースもありますが、やはりいつも通りイタリアンはアラカルトで!
メニューの料金忘れましたので。。。

br102
【毛ガニ】
3,000円くらいだったと思います。
食べやすいように足はカットしてくれています。
味噌を取り合いしないように?^^足についています。

br1809
【烏賊のサラダ】
値段は覚えていません。
炒められた温かい烏賊と冷たい野菜。
どこのなんの烏賊か忘れましたが美味しいかったです。
炭焼きイタリアンなので、焼いていたのかな?

br1812
【イカ墨のタリアッテレ】
手打はタリアッテレとタリオリーニがあります。
小生はタリオリーニがよかったのですが。。。
みんなの意見を取り入れタリアッテレにします。
娘は美味しいと喜んでくれています。
小生はそれが嬉しいです。

br1817
【牡蠣のスパゲッティーニ】
乾麺はオイル系のスパゲッティーニにします。
そしてパスタはすべて1.5のポーションでお願いします。
それを厨房で取り分けて人数分にしてくれます。
こういうちょっとしたサービスがありがたいと思います。

br1820
【サツマイモのニョッキ】
ソースはゴルゴンゾーラです。
塩辛いソースと甘いニョッキです。
なかなかだと思います。

br1822
【白アマダイの炭焼き】2,000円。
メニューにはありませんがカマと尻尾のアラを焼いてくれました。
オリーブオイルと塩の加減が絶妙です。
娘は本日のピカ一だと言っています。^^

br1825
【Tボーンステーキ】7000円台。
760グラムの巨大ステーキです。
4人でシェアすればちょうどだと思います。
これは多分このお店の看板メニューでしょう!
大皿にいっぱいのお肉は圧巻です。

そして、肉質が霜降りでないのがよろしいです。
肉肉しいのがナイスです。
これは小生のピカ一だと思います。
娘もアマダイを越えたとピカ一の訂正をしていますw。

br1844
【ドルチェ】
デザートの盛り合わせを二人分、一緒盛でお願いします。
若い二人で取り合いしていましたw。

ちょっと待って?
娘も友達も携帯で写真を撮っています?
娘もブログをしているようです。
ありゃりゃ〜。


総評としては、炭焼きのメイン料理は豪快でナイスです!
パスタは小生の好みと言い切れない部分を感じます。

でも、愛娘達が大満足ですから、小生も満足です!^^


雰囲気  :☆☆☆.7
料理   :☆☆☆.7
予 算  :7,000円/人くらい
総 合  :☆☆☆.7

 レストラン飲食店ランキング。
bana

管理人へのコンタクトはosakanohonma@yahoo.co.jpまで

魚菜ことわ@”船場女将小路”にあるいつも賑わうお店です。

kt3649

kt3147kt3638
船場センタービル10号館地下1階。
tel:06-6243-5108
食べ歩きBlogランキング

淀屋橋odonaがオープンしました。
食べ歩き族として気になるお店もあります。
『Uポンテベッキオ』、『パンデュース』などなど。
そのうち行かなあきませんと思います。

その影で地味にオープンしているところもあります。
『船場女将小路』です。
船場センター街B1にあります。
本町10号館の一番端です。
10軒ほどの飲食街です。
小さな間口のお店が並びます。
女将が営む小料理屋が集まっています。

元はといえば船場は大阪城築城の時に商人を誘致して出来た町です。
今回はセンター街が女将を誘致して始めた企画です。
オ−プンして約1か月です。
早い時間いつも通勤帰りのサラリーマンで賑わうお店があります。
小生、もう3回行きました^^。
席は9席のカウンターのお店です。
流行る理由?船場のサラリーマンにしかわかりません?^^。
一人で女将が用意する料理を食べながらゆっくりしている人が多いです。

では『魚菜ことわ』の潜入報告です。
この日は一人でブラっと入っていきます。
ほぼ満員の席に1席見つけます。
大きい体を無理やりねじ込んで着席します。
晩御飯代わりです。
ガツガツいただきましょう。

kt3150
【ピーマンとコンニャクのピリ辛】350円。
家庭料理の大皿も用意されています。

kt3164
【ブロッコリーと海老マヨ和え】450円。
レッドやまさちゃんに来て欲しいといわれます。

kt3153
【鯛の焼き霜造り】???円。
寿司屋の娘だったので魚も自分で捌きます。

kt3288
【蛍烏賊酢味噌】???円。
GW明けのオープンの時に撮った写真ですw。

kt3161
【ホタテ香草バター炒め】680円。
某有名ブロガーさんはよく来られるそうです。

kt3231
【イワシの一夜干】???円。
女将のお勧め、自慢の一夜干です。

kt3166
【和牛ステーキ】980円。
魚菜ですが牛肉がある日もあります。

kt3643
【身厚の塩鯖】600円。
お店の名物です。
本当に分厚いです。

kt3633
【トマチュー】500円。
トマトジュース入りチュウハイです。
アッサリしていて口当たりがよいです。
レッドアイ、ブラッディマリーが好きな小生は今はまっています。
『今年の夏はトマチュー飲もう!!!』
どのお店でもいつも聞いています。
「トマトジュースでチュウハイできますか?」

kt3653
【ざるうどん】650円。
コシがあって美味しいです。
毎回〆にいただいています。


料理がどうの、雰囲気がどうのという必要がありません。
一見さんや一人客を柔らかく受け入れる雰囲気がいいのだと思います。
オープン1ヶ月で船場サラリーマンの憩いのお店になっています。


 レストラン飲食店ランキング。
bana

管理人へのコンタクトはosakanohonma@yahoo.co.jpまで

辛来飯@チキン一本(ソーセージ)!合言葉が必要です。4

kr1383
大阪府大阪市中央区安土町1-4ー11。
tel:06-6262-6174

テレビでレトルトカレーがお題になっていたそうです。
3百数十億の市場らしいです。
小生:「ハマルカレーは出てなかった?。」
同伴:「出ていなかったよ。」
同伴:「夏の売上が多いんだって。」
そんな話をしながらランチを探します。

話は違いますが、タイガースが絶好調です。
今シーズンは野球中継を見ていません。
甲子園も行く気になりません。
あきらめていましたから。。。
こんな状況になると、タイガースが頑張ります。
ある意味期待を裏切ります。
なのでタイガースはフアンが多いのです。(笑)

この前説からして『辛来飯』に行かなければなりませんよね。

おばちゃんはやっぱりタイガースのハッピと帽子を被って接客です。
小生:「タイガースいけるんとちがいます?。優勝見えましたね。」
おばちゃん:「気をゆるめたらあかん!三つ巴や!どこかが辛抱できひん!。」(にやっ)
小生:「ジャイアンツやね!。」
おばちゃん:「中日は残りよるやろ!。」

kr1379
おばちゃんの機嫌のよい日はこちらもビクつくことがありません。
この日は小生もゆったりカレーが食べれます。
『チキン一本』を注文していただきます。
カレーは『辛いのん』です。

最近、南蛮亭のチキンカレーやハマルカレーで辛さに慣れています。
いつも、お水と交互にいただいていたここの辛口カレーが甘く感じます。
人間って順応性があるんですね。
凄いですw。

やっぱり、ここのカレーが好きです。


雰囲気  :☆☆
料理   :☆☆☆☆
予 算  :650円位/人〜(チキンカレー)
総 合  :☆☆☆.5


最近のアクセス。
 平日平均延2300人/日
 閲覧されているページ、平均延4700ページ/日
 皆さん来板ありがとうございます!。
 ついでにポチッとヨロシクリックお願いします。↓

レストラン飲食店食べ歩きブログランキングはこちら。大阪のほんまは今何位?
bana

管理人へのコンタクトはosakanohonma@yahoo.co.jpまで


過去の記事です。
karai1 大阪市中央区安土町1-4-11地下1F。堺筋安土町1交差点から東に2筋はいった交差点北東の角のビル。
 とある事情で堺筋本町へ行くことが多く番外であるが、本日ランチで食したこの店を紹介したい。ここも昔から通っている店のひとつで特別うまいとは言わないがここのカレーにはDrugが入っているのではと考えるほど月に1度は足を向けてしまう。カウンターの中に熱狂阪神フアンのおばちゃんが待ち構えていて、座るやいなや「ゆうて!」(訳:ご注文は?)というので「チキン1本」karai3(訳:から揚げチキンのチューリプとソーセージ1本のトッピングをお願いします)と答える。素揚げができると、ご飯を盛り「どっち?」(訳:辛いか辛味の抑えたルーのどちらにされますか?)と聞かれるので「辛いの!」と答える。素揚げとどこか飛びぬけて素晴らしいというわけではないルーのスパイス、オニオンのピクルスが統一感を生み絶妙の味が・・・・・うまい!。
店の目印は店名が書かれた地味な看板のみと非常に分かりにくい店ながら、昼食時にはサラリーマンの行列が出来る。11:30までに入るとモーニングサービスで50円引であり混みあっていないので、小生はその時間もしくは13:30分以降に行くようにしている。符牒を駆使して注文しなければならないし、テーブル(1組)に座ると自分で皿の上げ下げをしなければならないルールも20年通っている小生には居心地が良い。
回数   :月1回程度
雰囲気  :☆☆
料理   :☆☆☆☆
予 算  :650円位/人〜(チキンカレー)
総 合  :☆☆☆
地図
rannking<---よろしく!

chocolatier NAKATANI@洒落た鎗屋アパートとチョコレート屋さん4

nk311
大阪府大阪市中央区鎗屋町1-4-1。

 天満橋の散髪屋さん帰りの暴君と北浜で待ち合わせた。
開口一番、「金へんに倉=“鎗”でどう読むん?」
「4丁目にお洒落なチョコレート屋があるらしいわ。」
「ナカタニって言う名前の店やわ。」
「“鎗”の読みかたで盛りあがっててん。」

いつもどおり、人に理解をしてもらう会話ができない。
かなり注意をして話を聞きながら、何が言いたいのか頭をかなり回転させながら理解しなければいけない。
結局、「鎗屋町4丁目の「ナカタニ」という、チョコレート屋さんに行きたい。」と理解した。

nk318nk317 かなり寄り道をして、ようやく『nakatani』を見つけた。
本町通りのAPAホテルの裏側。
『YARIYA APARTMENTS』のテナントではいっている。

このアパートが結構お洒落。多分古いオフィイスビルを改装して住居にしているのだろう。
窓サッシなどの建具は古めかしいオフィス用のものが残っている。
しかし、エントランスの床を枕木風のフローリングにして、集合〒ポストも木で作られていた。
オールドっぽく今風なエントランスは、女の子も喜びそう。


nk315 エントランス横にオフィス風にみえる入り口。
中には人気もない。でもソファなんかが置いてある。






nk314中にはいると、地下に降りるかいだんがあり・・・・
階下にはピンクいろの壁とオブジェが見える。






nk305地下にお店があるんだろうと気づく。
階段を下りてみると。。。。。

チョコレート一色のお店。お洒落な隠れ家やわぁ。





nk309

nk306nk307nk308

いろんなチョコレート。
板チョコ。
チョコレートのジャム。
チョコレートのケーキ。

結構買いました。
チョコレートの味はわからないけど、お店の雰囲気はよかった。
それだけで満足、満足。

ランキングアップのボランティアお願いします!ポチッとヨロシクリック

たまにはランキングに投票してあげてね!

ポール大阪本町店@バリアフリーに気配りを感じる4

p1250




















大阪府大阪市中央区本町2-3-14船場旭ビル1F。
p1251 食後にコーヒーとケーキでもと思って、paulに潜入してみる。
 パン屋さんの奥にレストランがあって、洒落た空間が広がっている。 小生は店舗内装屋でもなんんでもないが、つい1年ほど前、自宅の改装をしたときにかなり研究をしたので、結構内装にも目がいってしまう。白のタイルの壁と水色の木枠、床と天井はウッデイに。特に天井はなるべく高く見せるためか、はりをみせているのだけどそのはりも木で統一されている。 凡人にはこんなコーディネイトは創造できないね。、すごく内装が気に入った。
 見方によっては可愛くも見える内装に、女性客が多いのは当然かもしれない。

p1246 おっといい忘れたけど、この店はバリアフリー!。玄関からトイレまで障害者やお年寄りにも気を配った設備にも感動した。

 ランチタイムに行ったので、メニューを眺めているとキッシュのランチや日替わりも美味しそうだたけど、食後だったので諦めると思いきや、『アンシェン・ミックステ』というサンドイッチを注文している自分がいた。同伴者は『タルト・ノルマンド』というタルトケーキを注文していたね。

 『アンシェン・ミックステ』はアンシェンポール(フランスパン)にハムとチーズと野菜がはさまれ小量のオイルがアクセントにつけられているだけ。パンの味を楽しむサンドイッチだ。

 一口、口に入れようと口に入れようとするが、かなり硬い!噛み切れない。表面の硬さと内側の生地がもちもちで一苦労。口の中が傷つきそう。
 ようやく噛み切っても、なにか顎の強化訓練をしているかと勘違いしそう。(かなり大げさ)
 100年前からのフランスでの製法そのままらしく、昔の人は歯が丈夫やったんやねぇと感慨する。 でもパン自体は美味しいし、こんなパンもありやねと納得したよ。

 帰り際にパンを買おうと思ったけど、3つあるレジに人が結構並んでいたのでやめときました。

雰囲気  :☆☆☆☆.5
料理   :☆☆☆.5
予 算  1,000円/人位
総 合  :☆☆☆☆ 

ランキングアップのボランティアありがとう!ポチッとヨロシクリック

たまにはランキングに投票してあげてね!

憩家(いこや)@行列のできる本町の生醤油うどん屋さん4

ik1396




















大阪府大阪市中央区南本町2-5-4
ik1240 1ヶ月ほどまえ、めったに行かない船場センタービル周辺でランチタイムに行列ができるうどん屋さんを発見。その日はカランドリエに予約をしていたので、潜入できなかった。

 いつものごとく食にはひつこい小生、頭から離れず10日ほど前の9月22日、まだ客の少ない時間を狙って11:30に潜入。 注文は生醤油うどんの1.5玉のランチセット(かやくご飯つき)750円と海老天、生卵(各100円)のトッピング追加。ちなみにかやくご飯は途中で稲荷寿司にチェンジしてもらった(値段は一緒)。  うどんは1、1.5,2玉でも同じ値段で良心的。


ik1238 生卵を割りうどん鉢の中にいれ、天麩羅もうどんの上に載せて記念撮影。そして、うどんを3本箸で摘まんで口の中に(どっかで聞いたことあるフレーズ?)。すすっても、すすってもなかなかうどんの終わりは来ないので仕方なく噛み切る。
 「うん。こしがあって美味しい」が第一印象。もしかして第3ビルのB1より美味しい?。

 次々入ってくるお客さんの半数は生醤油うどんを注文していた。残りは2割の人がカレーうどん、3割の人はその他のあったかいうどん。お店のお勧めは生醤油うどんということらしい。

 けっこう印象が良かったのですぐにレポートをしようと思ったのだが、この日は朝からなにも食べていなかったのと体調がすこぶる良かったので、美味しく感じすぎたのかもと、もう一度潜入してからレポートすると決めた。

ik1239 そして9月28日12:45再潜入、満席だったので5分ほどまって着席。再度生醤油うどんの稲荷セットを注文(先回と同じく1.5玉)。トッピングはしなかった。
「ン?少しぬめりが・・・・」そのせいか、こしも先回より少なく感じた。そらそうだよね、店内は30席弱が12時からずっと満席で行列もできる、回転率もすごい。多分4,5回転はしているだろう。うどんを湯がくタイミングとかいろいろ大変だろうね。

そのあたりを差し引いて2回潜入して結果、美味しいうどん屋さんと結論を出しました。

ps:OLさんも一人でケッコウ食べに来られてました。

ランキングアップのボランティアありがとう!ポチッとヨロシクリック

たまにはランキングに投票してあげてね!


雰囲気  :−−−−
料理   :☆☆☆☆
予 算  :750円/人位〜
総 合  :☆☆☆☆

吉寅 (よしとら)@古風な店舗と鰻の肉厚は天下一品4

kc1228




















大阪府大阪市中央区備後町1-6-6

オフィス街のビルに谷間に入り口がある。入り口以外の回りはすべてビルに囲まれ、いびつなイメージだ。
でもこのあたりの先住者であることは見た目にすぐわかる。昭和元年頃から営業をしているらしいこの店は、玄関から入り口までの14,5メートル通路や、店内も情緒がある。

kc1222 さもすればかなり一見では入りにくい雰囲気をかもし出しているようにも映るけども、料亭のような雰囲気で慣れれば心地よい。
 多分電柱の看板を見なければ鰻屋であることはわからないでしょうね。







kc1234 このあたりで鰻といえば、柴籐・志津可・竹葉亭の名前はでるも、吉寅の名前は出てこない。
しかしここの鰻の肉厚は天下一品で、蒸し焼きされた身はふあふあで油も十分のって美味しい。
メニューは昼夜の区別ははなく、蒲焼と白いご飯の鰻定食(3,255円)、鰻丼定食(3,255円)、てんぷら定食(1、890円)、鰻づくし(5、000円〜6,000円)。会席は8、000円〜9,000円だ。鰻丼に上中下はなく、内容からは上のみと判断できる。
 味は他店と比較しても見劣りもしないし、値段も同価格帯。逆に玄関先の雰囲気や、店内の中庭など施設は抜き出ているので、ランチ接待なんかには絶好の店ではないのでしょうか。

小生は美々卯道修町店や吉寅などの店のつくりは大好きだわ。

雰囲気  :☆☆☆☆
料理   :☆☆☆☆
予 算  :3,500円/人位〜
総 合  :☆☆☆☆


kc1224kc1223







アクセスは多いんだけどなぁ。ランキングアップの応援もしてあげてね!ポチッとヨロシクリック

たまにはランキングに投票してあげてね!
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

よろしくです。
Twitter
カテゴリー
記事検索
「最新トラックバック」は提供を終了しました。




ブログパーツ


スカウター





画面にタッチして餌をあげて

QRコード
QRコード
livedoor 天気
  • ライブドアブログ