大阪のほんま

北新地・福島・肥後橋、そして高槻,最近は地方巡業を中心に食べ歩きレポートをしています。食べて飲んで投稿してリフレッシュ!。自分の足と目と耳と鼻で探索するのが食の醍醐味というのが自論です。

西天満

スタンドパピーズバー@日本酒の揃うナイスな西天満の立ち飲みバー。

IMG_0297
IMG_0296
大阪府大阪市北区西天満3-6-27 2F。
カレーラーメンミスターパピーの2階。


しし座流星群の日。

深夜2時頃、月が沈む時間からショーが始まるそうです。
特に明るい流星「火玉」が多いそうです。
寒いしなぁ。
足首痛いしなぁ。
でも暇やしなぁ。
誘ってみよ。

そんな感じの今日の気分です。

この日はテクテク歩いて一人西天満です。
食欲があるわけでもなく。
ちょこっとつまみながらお酒で済ませましょ。
以前より気になっていたお店です。
日本酒も揃っているようです。
惣菜なんかもあるようです。

2階にある立ち飲みバーです。
ちょっと常連チックな気がして潜入できませんでした。
いってみるか!

確かに常連さんが数人。
それでも白い壁の明るい雰囲気のお店です。
お姉さんが二人でもてなしてくれます。
一見でも十分大丈夫そうです。
まずはほっと一安心です。

IMG_0293
IMG_0287
IMG_0288
IMG_0291
肴のメニューもけっこうあります。
すべて一皿300円です。
小生は、筑前煮、きずし、たまごサラダ。
そしてチャンジャのトーストをいただきます。
チャンジャのトーストがなかなかいけます。
韓国風ピザトーストみたいな感じです。
日本酒を数杯いただきましたが、このトーストにはワインをお願いします。

IMG_0289
お酒も数種類いただきます。
60mlや80mlやそれぞれの銘柄で量が変わります。
そしてこれらもすべて一杯300円均一です。
ちょこっと色々飲んでもいいですな。


そんな感じで3000円弱でかなりのほろ酔いです。
なぜか、住処に帰らず商店街に向かう小生ですw。



管理人へのコンタクトはosakanohonma@yahoo.co.jpまで

唐菜房 大元@老松町の新生「大元」でグッドでナイスな中華を。

IMG_9151
大阪市北区西天満4丁目5−4。
tel:06−6361−8882

9月です。
まだ夏のようです。
朝7時でも汗が滲み出てきます。
10月まで続きそうな話も聞きます。
Tシャツと半ズボンの軽装で過ごせます。
夏が好きな小生には好都合です。

比して政局や経済はどうなん。
思ってしまいます。
いっそう、政治と経済は分けて欲しいとか思います。
日経平均は300円以上も下げています。
「政治経済」という教科書もあったくらいなので。
無理かもしれません。^^

気持ちよくこの長いサマーを感じていたいものです。

IMG_9195
テクテクご近所のビストロで食事をしよう。
と思えば隣に洒落た構えの中華料理店を見つけます。
進行方向を直角に変更して潜入しましょ。

元は老松のレトロ中華屋さんでした。
引退をされたようです。
場所と名前は引き継いだようです。
店舗はガラリと変わり、門構えは白で統一されています。
新生、現代風「唐菜房 大元」です。

IMG_9133
飲み物はまずは「チンタオ」。
その後は亀出し紹興酒に換わっていきますw。

IMG_9135
四川名菜よだれ鶏(1000円)。
ラー油と仕込まれた麻薬味が豪快に蒸鶏にかけられます。
作り方を見ているだけで涎が出てきます。

IMG_9136
タレに浮かんでいるような「よだれ鶏」です。
ナイスなビジュアルです。

IMG_9139
たっぷりタレをつけていただきます。
辛い!旨い!グッド!ナイス!。
山椒の具合も良いと思います。

IMG_9149
豚肉のやわらか煮込み揚げ(3150円)。
ビートたけしの大阪ガスのCMの前に置かれている料理です。
このお店の料理が採用されているそうです。

IMG_9152
柔らかく蕩けるように煮込んだ豚肉を揚げることで風味が増します。
そして甘ダレが絡みやすくなり美味しいです。
一日10食の限定ものです^^。

IMG_9157
四川麻婆豆腐(???円)。
よだれ鶏の辛味、麻味、旨みのマッチングです。
麻婆豆腐も絶対美味しいと確信して注文します。
土鍋に入った料理はその予想以上です。

IMG_9158
白身魚と冬菜の潮州風土鍋飯(1480円)。
魚の出汁がタップリ利いたご飯です。
注文をしてから炊き上げてくれます。
2,3人で頂くに丁度よいボリュームです。
〆に焼き飯という定番を覆します。
美味しいですよ。

IMG_9162
デザートは3種ほど用意されているようです。
創作な洋風中華菓子です。


噂ですが、ここの料理人さんは「先生」と呼ばれているそうです。
隣の席にもテレビで見たことのある先生が食事をされていました。
巷の地元人ではすでに人気のお洒落中華料理店です。



管理人へのコンタクトはosakanohonma@yahoo.co.jpまで

萬人@絶品!西天満に薬膳参鶏湯あります。

IMG_9212
大阪市北区西天満5−13−4。
tel:06-6363-1800

吸汗速乾、そして体を冷やしてくれます。
そんなアンダーウエアを買ってみます。
汗をグダグダにかいていた小生です。
これを着ると真夏の河川敷も十分耐えれることができます。
素晴らしい!

2ヶ月前に何故買わなかったんだろう。
冬のヒートテックも今年初めてきました。
そして感動したものです。
いつもワンポイント遅いんです。
夏冬のアンダーウエアもう離せません。

IMG_9220
さて西天満の通りすがりです。
「参鶏湯」の大きな看板に目が留まります。
夏のスタミナ料理の一つです。
突撃潜入してみましょ。
飾り気のない店内に紅一点です。

IMG_9201
2年熟成の高菜のキムチです。
旨みと辛味の二重奏です。
これナイスです。

IMG_9205
ソウルでは定番です。
水キムチもあります。
スープが濃厚で日本人向けになっています。

IMG_9206
太刀魚の稚魚の甘露煮です。
焼酎にしようか?
マッコリか?
お酒がすすみます。

IMG_9197
IMG_9198
セレクトしたのはラズベリーの焼酎です。
もちろん韓国産です。
辛い料理にナイスなマッチングです。
これは女性にナイスなお酒だと思います。

IMG_9209
タットリタン(890円)。
トッポギをトッピングしてもらいます。(+100円)。
シャキシャキの新鮮なキャベツが美味しいです。
ホクホクのジャガイモがナイスです。
モチモチのトッポギがいいとおもいます。
プリプリの鶏肉がグッドです。
そして辛味はベリーグッドです。

IMG_9211
IMG_9214
IMG_9216
そして仕上げは参鶏湯です。
参鶏湯(2500円)。
野生ゴマ入り参鶏湯(2700円)
伝統参鶏湯(3500円)。
隣のお客さんが「伝統参鶏湯」が最高だと薦めてくれます。
ならそれにしてみます。

じっくり柔らかく煮込まれた鶏肉に喜びます。
湯気から薬膳の香りがしてきます。
そして体によさげ、夏の疲れた体に染み込むスープです。
高麗人参もたっぷり入っています。
味は少し濃い目ですが、かなり美味しいです。

韓国伝統の料理と味を感じます。
そして日本人に合うように味を微調整してくれます。
絶対お勧めの「伝統参鶏湯」です。

IMG_9218
もち米のデザートです。
これも韓国の独特のものだそうです。


久しぶりに超お勧めのお店を見つけます。
興奮冷めやらぬ小生です。
(高麗人参のせいかな?w)

ビストロ・ア・ヴァン・オー・ルージュ@西天満の新しいナイスなビストロ、ワインバー!

IMG_8920
IMG_8911
大阪府大阪市北区西天満4-5-5 京阪マーキス梅田 1F。
tel:06-6809-2777

相変わらず関西内リゾートを楽しんでいる小生です。
真夏の灼熱の太陽を浴びています。
学生時代以来の汗をかいています。
ジムよりも汗をかいていると思います。
ペットボトルのドリンクを飲みます。
グビグビ喉を鳴らしますw。

本日は一息します。
窓からは真夏の日差しです。
テレビをつけると高校野球の開会式です。
セミの鳴き声とのナイスな競演です。

IMG_8902
IMG_8937
IMG_8927
IMG_8926
西天満にお洒落なビストロ・ワインバーができました。
さあ、日が沈まないうちから酒盛りしましょw
オー・ルージュに潜入しましょ。

中央のワインセラーを中心に20数席のテーブルとカウンターです。
広々とした空間に余裕のある席取りがいいですね。
そしてタイルの床がナイスです。
新店にもかかわらずワインの品揃えがこれまた素晴らしいです。
一挙に西天満No1数ではないでしょうか?
ソムリエさんのコレクションを惜しげもなく提供してくれます。

IMG_8910
頃宵値段で小生がセレクトしたワインはこれです。

IMG_8914
そしてまずはパテドカンパーニュ。

IMG_8916
牛肉のカルパッチョは周りを軽く炙ったタタキ風です。

IMG_8917
肉巻き?の一品料理もナイスです。
前菜、主菜とも手頃な価格です。
2000円を超えるメニューは少なかったように記憶します。
お店の雰囲気と比してかなりリーズナブルに感じます。

IMG_8921
中にはギッシリ穴子がすし詰めミルフィーユです。

IMG_8924
子羊のグリルの火入れもナイスです。

IMG_8932
シェリー酒漬けされたチェリーとメレンゲの湿ったお菓子。
ワインにも合うように思います。

IMG_8935
デザートもこんな風に品揃えがあります。
(特別に全部盛りしてもらいます)


さて、ワインが20000円なり。
これで料理が8500円です。
グラスワインなら一人5,000円位からで楽しめそうです。
久しぶりにナイスな新店が西天満に現れました!^^
かなり良いと思います。


管理人へのコンタクトはosakanohonma@yahoo.co.jpまで

リバーサイドグリル&ビアガーデン@天神祭り。

IMG_8860
大阪市北区中之島1丁目中之島公園内。
tel:06-6202-0112

天神祭りの日。
大川の橋の上は人だかりです。
今から始まるフィナーレの花火を見ようということでしょう。
他人事のようではいけません。
とりあえず小生達も輪に入りましょ。

IMG_8864
中ノ島の西の先端にビアテラスが出来ました。
そこなら花火がみれるかもしれませぬ。
早速予約をして向かいます。
お洒落で開放的なビアガーデンです。
大川の辺でグリルをしながらプファッとビールが飲めます。
3900円のプルコギなどと肴、そして飲み放題です?
祭りの日は5000円と特別料金だそうです。。。
花火が見れるのなら1100円の席料は安いでしょ?

IMG_8868
バーのような雰囲気でもあり、オープンテラスであり。
リゾート気分に浸れるナイスなお店です。

IMG_8867
花火が始まるまで、記念撮影なんかもしましょ。
ワイワイガヤガヤグビグビムシャムシャ。

IMG_8862
おっ。
花火が始まった!
音がする!
みんな同じ方向に目が行きます。
ビルの谷間から煙やうっすら閃光が。。。
がくっ。
やっぱり見えまい。
そう思っていました^^。
花火が見れるという確定の情報はありませんでしたw。




管理人へのコンタクトはosakanohonma@yahoo.co.jpまで

ル・シャルボン@週1でビストロ、フレンチでランチをしよう(第8回)。

IMG_7243
大阪府大阪市北区西天満5-6-26 コーポイセマチ1F。
tel:06-6314-6689

口蹄疫。

いよいよ都城にまで染ってきました。
日本の畜産の中心地、核ともいえる場所です。
鹿児島の大隅半島も時間の問題かもしれません。
宮崎牛、鹿児島黒豚が食べれなくなる、、、
それどころではないかもしれません。
4月の中旬に発生して一ヶ月半が経ちます。
川南町ではいまだ処理が遅れているようです。
知事や農相に権限が与えられているこの病気です。
是非、強引なリーダーシップ力をお願いします。

ワールドカップサッカー。

いよいよ始まりました。
昨日、NHKのエトオのドキュメントを見ました。
カメルーンの街やエトオがヨーロッパで活躍する軌跡です。
精神的に強いと感じます。
こんな国に日本が勝てたら凄いなあと思います。

ちなみにアルゼンチンのマラドーナ監督が両腕に黒い時計をしています。
なんでだろ?


梅雨入りしゴルフシーズンも一段落です。
家でまったり過ごした小生でしたw


少し前に再訪したル・シャルボンのランチです。
季節が変わりメニューがもう変わっているかもしれません^^。
あしからず。

IMG_7244
IMG_7245
IMG_7248
まずはアミューズです。
3種類の料理が出てきます。
桜鯛のチェッド、クリュスタッセの冷製スープ、ベアティーユのシュブリック。

IMG_7249
ナイスな自家製パンを食べながら次の料理をまちます。

IMG_7252
魚介のプランタニエ。
ミルフィーユ仕立ての料理です。
手間がかかっているだろうなあ。
美味しくいただきながらそう思う一品です。

IMG_7254
すずきの炭焼きです。
海藻そのもののソースです。
潮の香りがするソースです。
シンプルですばらしいと思います。

IMG_7257
ノワールドビゴールの炭火焼です。
ピレネー山脈で駆け回る幻の放し飼い豚のことです。
草原の新芽や団栗、ピレネーの清水で育てられた稀少な豚です。
やはりそれを熟成させ炭火でいただきます。
ドライフルーツやバルサミコでいただきます。
赤ワイン必須の一皿です。
ランチでいただくお皿ではないですね。

IMG_7261
そしてディナー同様少しチーズをいただきます。

IMG_7262
シェフ製作のデザートと。

IMG_7265
パテシエさん製作のデザート。
2つの食べ比べをさせてもらいます。^^

IMG_7267
最後は小菓子とエスプレッソティーです。

平日の勤務中のランチには時間が取れないでしょ。
ゆっくり、ゆるりと休日のランチにはナイスです。
隠れ家的グランメゾン風のナイスなランチです。
晩御飯はお茶漬けで十分です。



雰囲気  :☆☆☆☆
料理   :☆☆☆☆
予 算  :4,500円(ランチ)
総 合  :☆☆☆☆



管理人へのコンタクトはosakanohonma@yahoo.co.jpまで

雅頌 西天満店@深夜のちょっとしたこだわりの粉モン。

IMG_6894
大阪府大阪市北区西天満6-3-11。
tel:06-6363-7020

河川敷はスコットランドのリンクスのよう。

先週末の活動は河川敷で戯れます。
ウインドサーフィンをする人達もいます。
パラグライダーをする人もいます。
小生のようにゴルフをする人もいます。
バス釣りをする人もいます。
サッカーをする人もいます。
草野球場もあります。
奇しくも高槻の淀川河川敷事件現場辺りになります。

今回の事件はイメージダウンです。
普段は長閑な田舎風景なのですよ。。。
そんな高槻の河川敷の魅力を少しだけ紹介しときましょ。
朝、昼、夕風の向きが変わり10メートルの風が吹きます。
アイアンをセレクトするとき風に十分気をつけます。
2番手違うことは普通にあります。
自然に立ち向かうスポーツの真髄を味わえます。
景色も薄目で見ればなんとなくスコットランドのリンクスのようにも思えますw
修行をするにはもってこいだと思います。
アマチュア選手権に出場するような方とも出くわすことがよくあります。

本当は高槻の淀川河川敷は良い場所なんです。

IMG_6879
さて、本題です。
晩御飯の時間を過ぎ、閉店するお店もちらほらの時間です。
西天満で粉モンにしときましょ。
深夜まで営業する雅頌(がしょう)西天満店に潜入です。
店内はレトロな看板が壁に貼りめぐらされています。
昭和をイメージする店内なんでしょう。

IMG_6884
まずは、もんじゃ焼きにしましょ。
やっぱり「めんたい餅チーズ」かな^^。
本当は自分で鉄板に盛るほうが楽しいのですが。
このお店は全部スタッフが目の前で調理してくれます。
関西育ちの方はそのほうがよいかもしれません。
冷えた生ビールを片手にコテで押さえながら。
肴がわりにいただきます。

IMG_6889
お好み焼きはシンプルに豚玉にします。
ただしここでは「雅頌焼き」がお勧めです。
粗いキャベツの千切りです。
それがトロトロにしなるまで蒸し焼きしてくれます。
焼き方は広島焼き風です。
粉がねっとりした独特な感じです。
そして隠し味は大葉が敷かれていることです。
ちょっとした工夫をしたナイスなお好み焼きです。

IMG_6893
もう一品は極太のオムそばです。
まるでうどんのような太さの麺なんです。
コシもあり、モチモチ感もあり。
美味しいです。

深夜にお好み焼きなら、是非良いと思います。
ちょっぴり工夫を凝らした粉モンです。



雰囲気  :☆☆☆.4
料理   :☆☆☆.6
予 算  :3,000円
総 合  :☆☆☆.5



管理人へのコンタクトはosakanohonma@yahoo.co.jpまで

倶楽部キュイジーヌ@西天満の有名な洋食屋さんなんです・・・。

IMG_4638
大阪府大阪市北区西天満6丁目2−14。
tel:06-6365-6665

GW前に太陽の日差しをすでに浴び顔は真っ黒です。
半袖のポロシャツのお陰で腕も真っ黒です。
気がつけばGWに突入していました。
何の予定も立てていない状況でした。

高原でゴルフはどう?
そんな突然の計画に賛同します。
深夜から車を走らせて行くようです。
南アルプスの麓だそうです。
馬鹿を超えているように思います。
いくら数千円のプレイフィーでも。
交通費の方が高かったりするようです。
では行ってまいりますw

IMG_4627
さて本題です。
最近ハンバーグに興味を持ち始めたようです。
牛肉だけの繋ぎのないハンバーグです。
十分練りこまれ、しっかり空気を抜いたハンバーグ。
倶楽部キュイジーヌのハンバーグはどうだろう?
早速潜入しましょ。

雑然とした雰囲気のお店です。
テーブルクロスも汚れたままです。^^
でも結構いい値段のする洋食屋さんです。
そして流行っています。

IMG_4631
若鶏の唐揚げハーフ(600円)。
モモとムネが1ピースづつです。
これが結構ジューシーで美味しいんです。
衣の味もナイスなんです。

IMG_4645
ヤーコンのスープ(500円)。
結構待たされ、そして熱々ではない。
味自体がナイスなので勿体無いと思います。

IMG_4636
そしてお待たせビーフハンバーグステーキ(1600円)。
ビターなデミソースはいい感じです。

IMG_4641
ミデアムな焼き具合もナイスです。
さすが人気の洋食屋さんのハンバーグです。
味はとてもナイスです。


清潔感も大事だと思います。
もう少し小奇麗な店内にしてくれれば。。。
それとも、もう少し値段を下げて大衆っぽくしてくれれば。。。
毎日でも行きたいと思うのですが。^^



雰囲気  :☆☆☆
料理   :☆☆☆.7
予 算  :4,000円
総 合  :☆☆☆.2



管理人へのコンタクトはosakanohonma@yahoo.co.jpまで

魚貝レストランにしふじ@晩御飯はシーフードワンプレートで。^^

IMG_6683
IMG_6681
大阪府大阪市北区西天満4-4-18 梅ヶ枝中央ビル B1F
tel:06-6365-5019

阪神フアン歴40年。

静かな阪神フアンです。
カークランド、遠井吾郎、当然村山時代からのフアンです。
だから不安ですw。

檜山、矢野、下柳、そして金本に頼っていたチーム。
40代の選手が第一線で活躍していました。
そして、とうとう途切れた金本の連続イニング出場です。
世代交代の波が押し寄せています。
金本も今年で引退するのではないだろうか?
そんな危惧を心の隅で感じています。
城島などの補強はあるものの精神的支柱になるのか。。。
小生、今年の優勝を期待しておりません。
来年、再来年の連続優勝を夢見ています。
長〜い目でじっくり見させていただいています。
40年腰を据えたのだから。
事業や投資と同じです。
目先、脇目、心移りをしない小生です。^^


さて今晩も食事をする為自転車コキコキします。
「シーフードレストラン」を見つけます。
それって死語かもわからないかもしれません。
そんな言葉に引き込まれます。
「魚貝レストランにしふじ」に潜入しましょ。
30年の歴史ある魚貝専門の洋食屋さんだそうです。


IMG_6661
まずはスープをいただきます。
「牡蠣のチャウダー」(950円)。
アサリとはちがう牡蠣の風味を感じるチャウダーです。
さすが、シーフードレストランなるものを感じます。

IMG_6665
そしてメインは「ワンプレートごはん」1360円。
おかず4品、カップスープにご飯がついています。
この日は、牡蠣フライ、かじきマグロの炒め物、
サーモンのお造り、蛸のマリネ。
中々のボリュームは満足できます。

IMG_6672
少し変わりメニューも頼んで見ましょ^^。
活けさごしのたたき。
バナナ海老のクラッカーフライ。
生うにのオムレツ。
新筍とハマグリのグリル。
うなぎのオムライス。
目白押しのメニューになかなか決めることができません。
そして決断を下したのが活鱧のカツサンド(950円)です。
恐る恐る口に運びます。
へ〜〜!
なかなか美味しいのにビックリします。
アッサリした身のフライです。
いいですなぁ。



雰囲気  :☆☆☆.4
料理   :☆☆☆.4
予 算  :3,500円
総 合  :☆☆☆.4



管理人へのコンタクトはosakanohonma@yahoo.co.jpまで

鶴参@西天満、お忍びがいいと思います。大人の雰囲気の肉料理。

IMG_7132
大阪市北区西天満2-3-17。
tel:(06)6363-4129 

第一生命。

株式会社としてスタートしたそうです。
今回は一兆円の経済効果だそうです。
株主も150万人?とか300万人とか?
本日も5%の爆上中だそうです。
これによって株式投資に興味そ持つ人が増えれば。。。
それが一番期待したいところです。

IMG_7152
昨年11月に気になるお店がオープンしています。
料亭?割烹?そんな雰囲気の店構えです。

IMG_7155
「鶴参」。
神戸二ノ宮の肉料理店が大阪に進出したようです。
寄せ付けない雰囲気ですが、特攻してみましょ。

IMG_7107
1階はカウンターです、日本食のお店の雰囲気です。
2階はテーブル席が用意されているそうです。
3階は個室だそうです。
お忍びの料亭風の焼肉店です。
アダルトな空間でゆっくりするのにピッタリなのかもしれません。
おまかせコース(9000円〜)。
鶴コース(7800円)。
参コース(5800円)。
アラカルトで好きな肉料理も頼めます。
少しずつ色んなものを食べるのであればコースがお勧めだそうです。
なら参コースをお願いしましょ。
しかし、お店の雰囲気からすれば価格は安い設定です。

IMG_7111
アキレスのスライスに隠れているミノの湯引きです。
コラーゲンたっぷりをポン酢でいただきます。

IMG_7112
ミノも薄くスライスされています。
食感はコリコリそして食べやすいですね。

IMG_7114
心臓はカラシ醤油でいただきます。
漬物の小皿の大きさに次々刺身が用意されていきます。

IMG_7116
蕩けるタン刺しです。
紙のように薄くスライスされています。
これも辛子でいただきます。

IMG_7117
肉刺しは山葵醤油でいただきます。
これもかなり美味しいです。

IMG_7119
センマイは酢味噌でいただきましょ。

IMG_7121
レバーは塩と胡麻油です。
すべての肉類にタレがかけられています。
少しずつ色んな部位が楽しめる刺身達です。
そして一人ずつ、取り合いにならないお皿の出し方もいいかも^^。

IMG_7122
肉とコラーゲンの部位の出汁です。
肉らしく憎らしいテールスープです。

IMG_7124
そして用意された割り下のお皿です。

IMG_7126
タン、つらみ、ミノの薄いスライスです。
焼きしゃぶで頂ます。

IMG_7130
まずはつらみの焼きしゃぶです。
牛肉らしい肉の味が好きですね。

IMG_7133
瞬間さっとあぶるだけ色が変わりいただけます。
ミノの食感は残しながらでも柔らかく。
ナイスです。
もちろんタンも美味しかったです。

IMG_7136
コース以外にオーダーします。
美味しそうな部位を盛り合わせでお任せします。
ハラミ、サガリ、肩ロース。

IMG_7137
塩で焼いていただきます。

IMG_7140
焼きしゃぶと同じ割り下に山葵をいれていただきます。


そして写真がありません。。。
撮り忘れたようです。
コースのタレ焼きが4,5種出たと思います。
肩ロース、レバー、心臓、アカセン、シマチョウ。
自家製のタレでいただきました。


IMG_7145
そして最後にロースの焼きシャブ味噌ダレ。
隠れメニューですが、オーダーすれば用意してくれるようです。

IMG_7146
網の上でクルクル巻いてくれます。

IMG_7147
お皿に乗ったロースの焼きシャブです。
なんで?と思うくらいの肉汁が口の中に広がります。
これは本日のぴか一ですね。


5800円のコースにプラスで肉をアレンジしてくれます。
まずはコースを頼んで追加をすればいいと思います。

ワイワイ賑やかに焼肉もいいですが、
シットリ忍のびの焼肉もなかなかだと思います。
新地からも数分の場所なので使い勝手もよいとおもいます。
特別感たっぷりの焼肉屋さんです。
いいですよ。^^



雰囲気  :☆☆☆☆
料理   :☆☆☆☆
予 算  :9,000円
総 合  :☆☆☆☆



管理人へのコンタクトはosakanohonma@yahoo.co.jpまで

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

よろしくです。
Twitter
カテゴリー
記事検索
「最新トラックバック」は提供を終了しました。




ブログパーツ


スカウター





画面にタッチして餌をあげて

QRコード
QRコード
livedoor 天気
  • ライブドアブログ