大阪のほんま

北新地・福島・肥後橋、そして高槻,最近は地方巡業を中心に食べ歩きレポートをしています。食べて飲んで投稿してリフレッシュ!。自分の足と目と耳と鼻で探索するのが食の醍醐味というのが自論です。

食事

松屋@北新地の二度付け禁止の串カツ屋さん。

mt3

mt1mt2
大阪市北区曽根崎新地1-9-25 玉美ビル1F。
tel:06(6341)8460
食べ歩きBlogランキング

ショットバーやワインバーの後に串カツです。
今回は逆さまな方向に向かっています。w
いつも立ち飲みなどのB級が大好きな方との活動です。
それに気が付かずすみません。
では、北新地のB級街に向かいます。
永楽町のもうひとつ北側に、200メートルもない通りがあります。
なんという名前の通りか知りません。
でもここは、DEEPなお店がけっこうありそうです。
雑居ビルの中にもまだまだ潜んだナイスなお宝店を探すにもってこいです。
その代表ともいえる串カツ『松屋』に潜入です。
かなりの久しぶりです。
そして失敗です。
おニューのTシャツを着ています。
必ず油くさくなってしまいます。
屋台なのに。。。

通天閣の串カツ屋も最近は商業的なお店が増えました。
屋台で串カツのお店は少なくなっています。
昔の面影を残す大阪の串カツ屋さんがここにもあります。

一人4本とチュウハイ飲んで二人で1700円です。
ね!見捨てたものではありません北新地!

じゃぁ、次はハンバーガーを食べに行くことにしますw。
これ実話ですw。


 レストラン飲食店ランキング。
bana

管理人へのコンタクトはosakanohonma@yahoo.co.jpまで

古い恥ずかしい記事。。。続きを読む

銀平@ヤッパリ北新地の魚でランチはここに限る。4

gp4834

gp4393gp4394

大阪市北区堂島1丁目5-4はつ根ビル1階。

実は先週から片肺飛行。
食べ歩きのメンバーの一人が離脱、結構苦しんでいる。
ランチは一人で行くけど夜の一人はつらいね。
今日の晩御飯も多分一人で行ける行きつけのお店になるだろう。レビューは出来ないですね。

それではランチくらいはと考えても会社のそばのランチはほとんど食べつくした感。
北新地の奥まで行こうという気力もなしに、近所の銀平に行くことにした。
数十回とランチや晩御飯に利用しているこの店、最近は結構足が遠のいていたのは確か。
煮魚、焼き魚、刺身、海鮮丼、天ぷらの中から選ぶランチ。テーブルには30センチほどの大きな箕島焼きのお皿にさばの塩焼きが半身出てきた。
さすがやね、ヤッパリ北新地の魚でランチはここに限る。煮魚なんか、ふざけてるんかと思うほどの魚のあらの量、白いご飯を3杯食べてもまだおかずは残りますね。

gp4837その白いご飯は釜焚き飯。
ここのご飯は結構美味しいです。
おひつで出てくるので自分でよそいでください。


gp4390具沢山の豚汁。
うどんのどんぶり大に出てきます。
寒い日には体があったまります。


gp4391お漬物もテーブルに備えられています。
なくなれば追加をお願いすれば気持ちよく持ってきてくれます。



小生は紹介をするまでもなくこのあたりのサラリーマンの人気店、何時もお店の中はお客さんでいっぱい。
行列が出来ています。

平日食べ歩き同伴者募集中!!(食費は自費)

雰囲気  :☆☆☆
料理   :☆☆☆☆
予 算  :1000円/人
総 合  :☆☆☆☆

ランキングアップのボランティアありがとう!ポチッとヨロシクリック

たまにはランキングに投票してあげてね!


2006年7月19日レビュー************

ginnpei大阪市北区堂島1丁目5-4はつ根ビル1階。堂島中通四ツ橋筋から50メートル。
17年前から道頓堀の銀平の時から利用している。昔は毎日箕島港で水揚げされた魚を仕入れてその日のメニューに出していたのだが、今は店舗数が増えたせいなのか噂によると箕島まで仕入れには行っていないようだ。しかし、器は昔同様箕島焼きを使っているし、さして味は落ちたとは思わない。コース料理は4,000円ぐらいより6、7,000円まであり、刺身、煮魚、天ぷら、七輪焼き、稲庭うどん、鯛めしが出てくる。満腹感130%、ちょっと多い量の料理も昔から変わっていないね。結構サービスは行き届いていて、その昔は箕島の田舎醤油をお土産にくれたこともあるし、今は8時30分以降魚料理が半額、土曜日は呑み代が無料のサービスがあるのでその時間や曜日を狙っていけばちょっとリーズナブルかも。ランチもあり煮魚料理はかなり量が多く午後の仕事に影響するので要注意。(1000円)
ps:船大工ARTビル3Fにも銀平があるが魚匠銀平とはかかわりはないので要注意。

訪問回数 :年4,5回
雰囲気  :☆☆☆
料理   :☆☆☆
予 算  :6,000円位/人〜
総 合  :☆☆☆

地図
rannking<---よろしく!

すし笠岡3

ks273ks800







ks262







ks264ks268ks269







ks270ks274
JR福島北側、>大阪府大阪市福島区福島5-9-15正和ビル1F。

カウンター7,8席と奥に座敷がある模様。白木のカウンターに洒落た焼き物の皿が席分置かれていて握られた寿司はその皿に置いてくれる。音楽はjazzが流れており和の雰囲気と焼き物の皿がマッチしている。

相変わらず小生はへんこなおっさんが好きなのかもしれない。ここのオーナーもやっぱりとっつきにくい雰囲気で会話をするタイプではなくもくもくと仕事をする料理人だ。

ねたはウニが見ればすぐわかる淡路の由良産、マグロも適度な脂の量で結構いいものの様子で、こだわりはすぐわかる。でもこの場所で営業をしても絶対客数が少ないだろうからロスを含め一人当たりの単価はかなり高いだろう。でも福島で値段は別にして美味しい寿司が食べることができる穴場ではないか。 大阪南の「新門」で寿司を食べたときの寿司職人との会話の中でも福島なら笠岡がおいしいと言っていたことを思い出した。


小生は単身赴任をしていた東京で寿司を覚えた。大阪と東京の寿司の違いは築地があるかないか、それくらい東京では豊富で新鮮なねたがあると感じている。寿司はやっぱり東京に勝てないわ、でもその中で気になる寿司屋があればこれからも紹介していきます。

訪問回数 :5回
雰囲気  :☆☆☆
料理   :☆☆☆☆
予 算  :10,000円位/人(寿司と酒)
     :18,000円位/人(アテと寿司と酒)
総 合  :☆☆☆(福島で新地価格なので)

rannkingポチッとヨロシクリック

幸福粥店 (happy congee)4

happy中央区備後町4−2−5。御堂筋本町2番出口より2分。本来は北新地を中心のレポートが目的であるのだが、先週あっさりした食事がしたかったのでこの店に久しぶりに足をのばしたので報告しよう。すでに有名になっているこの店は名前どおり中国粥中心の店だが、小生はここのしゅうまいと餃子、デザートの杏仁豆腐を薦めたい。しゅうまいを口に入れると小龍包に負けないほどの肉汁が噴出し、肉がいっぱい詰まった具が口に残る。後に紹介する福島のシュウマイ専門店の一芳亭をはるかにしのぐ美味しさは飲茶料理を余り好まない小生であっても必ず注文をする一品だ。餃子は皮が分厚く、その形や食感はまるで中国で食べているかのように勘違いをさせるほどリアリティがある。杏仁豆腐はさくらんぼかぶどうの形がのこったジャムがいっぱいかけられているも、あっさり仕上げられており、お腹がいっぱいであっても口に入れたくなる。店の雰囲気は中国に実際にあるような雑然とした屋台風のイメージを再現しており、バックパッカーも喜びそうな雰囲気だ。当然価格も安く、モーニングサービス、テイクアウトも揃えたお粥も結構いける。最近梅田堂山のツタヤ横にも朝5時まで営業している幸福飯店をオープンしたそうで今度潜入してみよう。
欠点は中国風串焼き。店の外で炭焼きをしてくれるのだが、注文をしてから30分ぐらいしてテーブルに出てくるときがあるので、小生はたのまない。

訪問回数 :まあまあ
雰囲気  :☆☆☆☆
料理   :☆☆☆☆
予 算  :2,000円位/人〜
総 合  :☆☆☆☆
rannking<---よろしく!

串の坊3

2号線四ツ橋筋から40メートル南側北新地スタービル1F。
特出した点はないが小生がSTOP方式の串かつを初めて食したのは20年ほど前、高槻西武ショッピングセンターレストランフロアの串の坊だった。小生は当時感動を覚え、家族で外食といえば「串の坊」に行き、たまの贅沢を楽しんでいた。今でも家族でたまにいくことがあるが、最近とくに胸焼けをおこしたりする。やはり値段かなぁ、最上と比較すれば衣にのこる油が原因かもしれない。カツをあげる油の質も大事なんだと気が付いた。(ラードがいいのかどうか素人にはわからないが)隣同士で営業している最上と串の坊、一度衣の比較してみてください。まあ最上は値段が高いので良い素材で当たり前なんだがね。
家族サービスで子供に食べさせたり、同僚とのみに行くのであれば十分だよ。

訪問回数 :まあまあ
雰囲気  :☆☆☆
料理   :☆☆☆
予 算  :5,000円位/人〜
総 合  :☆☆☆

rannking<---よろしく!

最上4

mogami2号線四ツ橋筋から30メートル南側永楽ビル1F。
カウンターが14、5席テーブルがフロアーに6,7つ(もっと置けるのに席間に余裕がある)。お店に入ってもはじめての方であれば串かつ屋とゆうより洒落た創作料理屋をイメージさせるような雰囲気だ。メニューはなく、勝手に季節の食材に合わして串かつがでてくる。お腹が一杯になったとき[STOP]といえばよい(大阪では良くある串かつ屋方式)。
当然串の本数により値段は変わってくるので、予算と腹具合を考えながらSTOPの掛け声をかけなければならないことを忘れずに。創作串かつなのでいろんな種類(えび、牛肉の定番から、鮎や竹の子などの季節物、串かつのうえにウニやとんぶりのソースを乗せたものとか)が出てくるので飽きがこない。油もよいものを使っているようで油濃さは感じないが口休めにミニ野菜スティックや細いネギ(塩をつけて芯側の白い部分をかじる)を口に入れるとまた食がすすむ。小生とよったんが気に入っているのはデザートのだだちゃ(枝豆)アイスクリーム(潰した枝豆が入っている)。枝豆の食感とミルキーな味が絶妙だ。 店の名前や食材のずんだから判るがオーナーは山形出身のおばさま。本拠地は大阪南で、新地、銀座にも店を出している。前回は南で食べたのだが、どうしてもだだちゃアイスクリームが家で食べたいというのでオーナーに無理をいって3キロの業務用を譲っていただいた。それも10日ほどでなくなったぐらいおいしいね。いまはWebでだだちゃアイスクリームを調べて山形県庄内の鶴岡農協から送ってもらってるぐらいだ。 
大阪は串かつが美味しいしお店のバリエーションがいろいろ。
●最上、黒門の六覺燈====高級(8,000円〜9,000円)
●福島のpancco亭====洒落てる。ちょっと高い(6,000円〜8,000円)
●川と山==== 25歳の店長が串に挑戦(6,000円〜8,000円)
●串の坊 ====メジャー(5,000円〜7,000円)
通天閣の串かつ屋====ソース二度漬け禁止(3,000円〜4,000円)
●松屋====北新地唯一の屋台(3,000円まで)
●は順次紹介していきます。
訪問回数 :けっこう
雰囲気  :☆☆☆☆
料理   :☆☆☆☆
予 算  :8,000円位/人〜
総 合  :☆☆☆☆

rannking<---よろしく!

立山3

立山1ビル名不明、ホテルモントレの裏あたり。
お店の営業は2シフト制で早い時間は居酒屋のよう。富山県の素材を使った料理を出しているようだが大変興味があるのであるがいまだ潜入の経験がない。Midnight(10時以降)はラーメン屋さんになり、立山ラーメンとます寿司、小皿の一品料理が数種類ある。たまに飲み騒いだあとの絞めに使う店にしている。小生は数年前から年一回程度ひとり旅で立山にいく。もともと北陸での仕事が結構あったため金沢や富山に行く機会が多く、電車から絶壁にみえる北アルプスにはかなり興味があり、気持ちに余裕がなくなれば立山に行って雄大な景色にストレスを置いてくる。当然、食事にも執着するので富山湾やその近郊でとれる特産の料理を必ず食する。山から降りるときも必ず立山ラーメンを食べて旅の終了にしている。よって結構北陸びいきであるため、店の名前や立山ラーメンのちょうちんを見るだけで小生の舌は美味しいとなってしまうので完全な主観での評価なので注意。立山2
それと最近堂島中通アクア堂島FONTANAに「氷見」という店を見つけた。たぶん富山料理だよ。まだ潜入していないのでTOMOちゃん今度連れてって!

訪問回数 :5回以下
雰囲気  :☆☆
料理   :☆☆☆
予 算  :2,000円位/人〜(ラーメン、マス寿司、ビール1本)
総 合  :☆☆☆

rannking

明石焼き明石屋2

akasiya上通り四ツ橋から40メートル一つ目の交差点南東角。
明石焼きはたこ焼きを三つ葉の入った薄口醤油のだしに漬けて食するもの。箸でたこ焼きを出しの入った器に移すときも、口に入れるときにも(生地の小麦粉のなかにカツオだしと卵がいっぱい入っているので)、形が崩れてきれいに食べれない。思い切って口に入れると口の中が火傷する。中学生のとき初めて明石焼きと出会い、たまに親の目を騙して、ナケナシのこづかいで食べに行ったこともある。今でもたまに神戸の元町まで明石焼きだけ食べに行くこともある。それほど明石焼きには思いいれがあるのだが、この店の明石焼きはなに?食感がちがう。これは明石焼きだろうか?違う。間違っている。お願いなので「明石焼き明石屋」はやめてくれ!ただの「明石屋」にしてくれ!居酒屋メニューがいっぱいあるし、帰宅帰りのサラリーマンの憩いの場になっていることもわかっているが、ここの明石焼きだけは認めない。

訪問回数 :5回以下
雰囲気  :☆☆
料理   :☆(明石焼きが不味い)
予 算  :3,000円位/人〜
総 合  :☆☆

rannking

川満2

川満
川満 大阪 北新地 食事 居酒屋
船大工四ツ橋筋から100メートル北側日宝堂島センタービル2F。
オーナーは新地の料理屋で板前をした後、最近独立してこの店をはじめた。沖縄出身なのでメニューの半数は沖縄料理、のこりは居酒屋メニューになってる。沖縄料理でも代表的な料理としてゴーヤチャンプルがあるけど、いままでの経験で、大阪の沖縄料理屋でたべたものは結構食べやすく本土用にアレンジしているものが多かったのであるが、ここのそれはほとんど島で食べたときと同じ具と味だった。 小生、日本のリゾートは沖縄しかないと信じており今までに沖縄県に旅行にいった回数は有に10回を超える。そのつど沖縄料理に挑戦するのであるが、ソーキそばを含め歯ごたえ、味付け、材料すべてにおいて美味しいと感じたことがない。特に豚の顔の部位を食することには結構抵抗をかんじる。 ということで、この店は島の味付けなので小生は美味しくない。幸い居酒屋メニューもあるので、なんとか凌ぎきりお腹は満腹にできた。でも沖縄料理の島味が好きな人や、沖縄から出てきているひとにはよいかもしれない。北新地の中で3,4軒沖縄料理の看板を見かけるが小生は好んでいかないし、たぶんこの店以外で島料理に潜入することはないとおもう。

訪問回数 :5回以下
雰囲気  :☆☆
料理   :☆☆
予 算  :3,000円位/人〜
総 合  :☆☆

rannking

鳥羽3

2号線桜橋交差点から20メートル南側YUビル8F。
カウンター6席程度とテーブル1つ。たぶん紹介がないと警戒するだろう。こんな場所に居酒屋があることがおかしいので。お店は母(50代半ば)と娘(25,6歳)2人でやっている。料理は家庭料理でこれといって特色はない。でも1度潜入するとリピートしたくなる親子のほのぼのした空気がよい。女将さんの趣味はモダンダンスで、娘の趣味はハンガリー旅行。内面から出ている品のよさとおっとりした性格、とくに女将さんの天然のボケには癒される。娘さんもかなりの美人で、北新地のホステスとはぜんぜん異なる人種で結構どきどきする。娘さんが作る出し巻き、変哲もないたき物もなぜか美味しく感じるね。潜入するにはかなり苦労しますよ。

訪問回数 :5回程度
雰囲気  :☆☆☆
料理   :☆☆☆
予 算  :4,000円位/人〜
総 合  :☆☆☆

rannking
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

よろしくです。
Twitter
カテゴリー
記事検索
「最新トラックバック」は提供を終了しました。




ブログパーツ


スカウター





画面にタッチして餌をあげて

QRコード
QRコード
livedoor 天気
  • ライブドアブログ