大阪で探偵やってます

大阪で探偵事務所SKKNETやってます。 探偵のこと、探偵と関係ないこと、書いてます。

2016年02月

タレント・政治家・落語家の浮気報道。
もうお腹一杯

週刊誌もそろそろ違うネタで
勝負してほしいなぁ。
とは言え
お堅いネタばかりじゃ『面白くない』
そんなの週刊誌って呼べない?
面白くない週刊誌なんて誰も購買しない?
ゴシップや不祥事ネタを求める人の方が多い、
だから撮る!作る!
これも需要と供給なのでしょう。



それにしても暴かれた当人たちが
叩かれるのは当然ですが、
辛いのは
やはり配偶者や身内の者。
そもそも妻たちは
全く浮気に気付いてなかったのか?

そんな筈はないでしょう、
分かっているけど知らないフリをして
波風立てずに
(それが幸せと思っていたか
どうかは疑問だが)
過ごしてきたであろうに曝されたことに

よって、これまで普通に出来たていたことにも
ギクシャク感が生まれ、
世間には『怒り』や『悲しみ』など
表現せざるを得なくなり、
中には考えていなかった離婚まで…と、
まあ本当に有名人の妻ってだけで
気の毒な話です。


 

結婚して関東に住むSさん。
最近父親がサークルに通い始めたのは良いが、
その中の
女性とデートらしきことをしている、
特別な関係でないのは解るが不快だと、
母親から相談を受けます。
帰省した際、父親に注意し
「もう二人きりでは会わない」と約束させるも、
どうやらデートは続いている様子。
次の帰省時、再度の注意をする予定でいるが
恍けられた時の為に証拠を持っておきたい
と依頼されました。


結果、
やはり二人きりでのデートは顕在でした。
車で出た父親は女性を迎えに行き
スポーツショップへ。
店内では靴下や帽子を手に取り、
お互いに色合わせしたりして
楽しそうに過ごしたあと
スーパー銭湯へ。
施設内のレストランで昼食を食べ、お風呂に。
その後は女性を自宅まで送り父親も帰宅。
Sさんは、
純粋に楽しんでいる父親を理解できるが
近所の手前もあるし、
何より母親の気持ちを考えると
放置する訳にはいかない、次の家族会議では
この証拠を出さなくてもいい
話し合いが出来ればと
溜息まじりに調査報告を聞いておられました。

失職してしまった為、次の仕事が
見つかるまで据え置きして貰いたいという

金銭貸借相手からの申し出を受けたMさん。
しかし
4か月過ぎた今も相手は

就職できないと言う。また理由とは異なり
相手は外食をしていたり、
自家用車も所有したままだったりと
困っている様子は感じられない。
本当に未だ求職中なのか調査してほしいと
依頼されました。


結果、
対象者はしっかり就職しており
週4日スーパー内の精肉売場に
勤務していることが判明。

Mさんは昔から友人だった対象者に
憤りを感じながら、弁護士に相談することを

決意されました。

↑このページのトップヘ