2022年09月23日

阪神高速・淀川左岸線工事で入れない淀川河川公園はいつから利用できるのか

9月18日のこと
運動不足解消のため
自転車で淀川へ。
ずっと気になっている
工事で入れない淀川河川公園が
いつから利用できるのか?
工事現場沿いの道を通って
案内看板を見てきました。
その後は、そのまま上流の
城北公園まで行きましたが
本題から外れますので
後半部分は省略します。


220918yodogawaGPS
淀川大橋〜十三大橋までの行程
この間の淀川の緑地帯は立入禁止で
橋の付近では迂回通行が必要です
 


220918008
淀川大橋下の淀川沿いの道
工事塀がずっと続いていて
河川敷の緑地帯へは立入禁止状態 
 


220918037
十三大橋手前の淀川沿いの道
橋から上流側へは令和10年まで通行できない
 


220918kanban
淀川大橋〜十三大橋までの案内看板
淀川大橋から十三大橋の淀川左岸は
令和5〜7年まで工事は続くらしい。
下流から徐々に利用可能になるらしい
 


さて十三大橋から上流部分の工事がどうなるのか帰宅後に調べてみました。
これまで、なかなか分かりやすい工事説明を見つけることができなかったのですが、「淀川左岸線延伸部」で検索したところ、かなり詳細なパンフレット(PDF)が公開されていたので、その一部を載せてみます。

ensinbu_pamphlet_2-1
大阪都市圏内の渋滞緩和に期待!
点線部分が「淀川左岸線延伸部」
阪神高速・環状線に集中しがちな車両を
環状線を通らない道路へ分散させると
確かに渋滞緩和に役立ちそうです
 


toyosakiIC
十三大橋上流の工事案内地図
赤い線が淀川左岸線延伸部
この部分の工事期間がいつまでなのか
まだ分からないので、次回の
淀川行きで現地案内を見てみるつもりです
 


※ご注意
220918039
新十三大橋は自転車通行が難しい
自転車用のスロープが切断されています。
歩行者階段は利用できるようです
 


220918045
十三大橋で淀川を渡る
新十三大橋の自転車道が通れなかったので
この橋を通ることにしましたが、この橋は
アーチがあるため道幅がせまく対向者に
接触しないよう気を使ってしまいます。
できれば新十三大橋を渡りたかったです
 


★ 最後に9月18日の全行程地図をのせます。

2022年9月18日 10:47 記録開始
距離: 25.7 km
所要時間: 4 時間 55 分 38 秒
平均速度: 毎時 5.2 km


osakawalker at 17:05|PermalinkComments(0) 淀川 | 近況

2022年09月11日

ぼくらの広場からのパノラマ風景/2022年9月4日

9月4日
生駒の定点観察コース
を歩いてきました。

昼食場所に決めている
ぼくらの広場に上ると
大阪平野に広がる雲が見事だったので
雲ごとパノラマ撮影しました。

この場所の晴れ晴れ感は極上。
この光景を見るために上っている
と言っても過言ではないですね。

同じパノラマ写真で
幅4000ピクセルのものと
幅2000ピクセルを載せています。

大きい方が細部まで見えるでしょう。
もう少し左へ下った位置からは
万博公園の観覧車も見えます。
※ 肉眼では無理かも・・・ 


220904pamorama
パノラマ風景:幅4000ピクセル
サイズ 835 KB
 


220904panoramaB
パノラマ風景:幅2000ピクセル
サイズ 292 KB
 


ぼくらの広場でパノラマ風景を撮ったのは、ちょうど12時ごろで、その時には明石海峡大橋は見えにくい状態でしたが、13時半ごろに神津嶽休憩所のそばまで降りた時に撮った写真では明石海峡大橋が写っていました。
その写真も載せておきます。

220904211
神津嶽休憩所そばからの望遠写真
ズームで望遠にすると
通天閣も写す事ができます



osakawalker at 00:50|PermalinkComments(2) 生駒山地 | パノラマ

2022年09月04日

長居公園、長居植物園に変化の波が・・・

前回来たのが6月22日。
2か月以上も経った
8月28日の長居公園は
ずいぶん変化していました。


ネットで調べても
まだ変化中なのか?
変化終了なのか?
よく分かりません。
 


220828nagai
2022年8月28日 11:22 記録開始
距離: 8.9 km
所要時間: 4 時間 15 分
平均速度: 毎時 2.1 km
 


220828003
長居公園の南西口の様子
いつものように地下鉄3号出口から長居公園に入ったら、新しい樹木やベンチがあって右手に新しい店舗が建てられていた
 


220828004
新しい店舗の様子
以前はコンビニがあっただけ
と記憶している


220828012
公園だった場所に球戯場ができた
周回路を反時計周りに進行中
地下鉄駅を出て500mぐらいの場所
 


220828025
水辺の散歩道ゲートへと入る
長居公園の北東口付近
長居公園を約半周したあたり
 


220828029
以前は植物園内だった場所です
左の柵は新しい植物園の境界 
右は以前の植物園の境界柵。
数百メートルも歩いていると
左に見えている植物園に
入ってみたくなる人が増えるかも?
 


220828032
植物園へと入りました
ラクウショウ並木の先には大池が広がる
 


220828038
パン屋さんが出店
以前からあるキッチンカ―は
そのまま営業中です
 


220828043
森の中に銀色のオブジェ
場所:ツバキ園あたり
 


220828046
非現実的な幻想空間
ネットで調べたら
夜間照明の写真が
いっぱいでてくる
 


220828047
幻想の卵?
幻想から何が生まれるかは
人それぞれの空想力しだい
 


220828048
池の中の島に謎の建造物が・・・
これも夜間に光り輝くらしい。
大阪ウォーカーはリアリストなので
イリュージョンには
年々、関心を失いつつあります
 


220828054
ユニークな形のベンチ
バラ園のそばにあった。
イリュージョンよりも
こういう形の方に興味を惹かれる
 


220828102
大池の北に ハスが1輪
大池の南で絶滅したハスは復活するのか?
 


220828103
ハナショウブ畑あたりは草ぼうぼう
昔の「原っぱ」みたいで
個人的には好きな風景です。
※赤丸はハス1輪の位置です


220828119
巨大な白い卵が林立
ユーカリ林あたり
 


220828122
これも照明オブジェ?
夜間入園料:大人1600円となると
見に来る機会はたぶん無いと思う
 


220828124
池に浮かぶ照明器具
これは実際にありそうな大きさ
 


220828128
池に浮かぶオブジェのアップ
さて夜間にはどう見えるのでしょう
 



osakawalker at 00:17|PermalinkComments(0) 長居公園 | オブジェ

2022年08月29日

この夏は野鳥を集中学習をしました

やっと涼しくなってきました。
厳しい夏だったので
自宅に居ることが多く
DVDを引っ張り出してきて
あれこれ見ました。
中で1番多く見たのが

日本百鳴鳥202

あまり外出しなかったこともあり
100回ほど見たので
名前だけは覚えましたが
DVDに出てくる鳥の名が
アイウエオ順なので
突然1種だけ見ると
名前がでてこなかったりします。
なんでもそうですけど
修行は一筋縄ではいかないですね。


100birdDVD
日本百鳴鳥202
映像と鳴き声で愉しむ
野鳥図鑑
発売元:シンフォレスト
 


野鳥を学習したのは今回が初めてではなく、古くは40年ほど前から図鑑を買ったりしていました。でも身近な野鳥しか知らないままだったので、今回あらためて学習し直したというわけでした。

yatyohandbook
野外ハンドブック・4 野鳥
発行所:山と渓谷社
昭和57年11月1日 7版2刷発行
 


DVDと本のどちらも200種以上掲載されているのですが、両方に登場すのは165なので各社の編集方針によって採用される野鳥は違ってくるようです。ちなみに本に出てくる野鳥を見てもDVDの同じ野鳥とは思えない場合もしばしばです。野鳥の場合は、オスが派手でメスは地味な場合が多いですし、夏羽と冬羽で随分見え方が違ったりしまするので、やはり時間をかけて、じっくり修行するしかないのでしょう。

osakawalker at 15:27|PermalinkComments(2) 近況 | 野鳥

2022年08月26日

暑い盛りの鶴見緑地/2022年8月21日

8月21日は曇天で
最高気温は33.5℃
少し暑さがマシだったので
午後から歩きに行きました。
鶴見緑地駅〜自然体験観察園〜風車の丘〜鶴見深山〜山の広場〜日本庭園〜四季の池〜国際庭園〜緑のせせらぎ〜山のエリア〜鶴見緑地駅 8.7km



2022年8月21日のGPS記録
2022年8月21日 12:19 JST
距離: 8.7 km
所要時間: 3 時間 33 分 7 秒
平均速度: 毎時 2.5 km


220821turumi
グーグルマップ(上地図)のコピーです
画像の方が見やすいかもしれません
 


鶴見緑地は何度も出かけていますので、いつもと違うな、と感じた部分の写真を載せてみます。

220821002
ゲッケイジュ
場所:自然体験観察園の入口
これまで鶴見緑地のゲッケイジュの葉は黒い粉で覆われている場合が多く実つきも悪かったのですが珍しく黒い粉がなくなった枝には実がしっかり付いていました。葉の黒い粉=すす病
 


220821005
勝間南京(こつまなんきん)
場所:なにわの伝統野菜の畑
かつて西成区にあった勝間街道沿いには勝間南京と呼ばれるカボチャが栽培されていたそうですが、現在の同じ場所は住宅街に変貌してしまっていて田畑は全く無くなってしまっています。どこで種を保存し続けていたのでしょう?
 


220821010
高山牛蒡(たかやまごぼう)
場所:なにわの伝統野菜の畑
身近な野菜「ゴボウ」の姿が意外!
高さは2mぐらいあって、
実はブラシみたいなトゲだらけ
 


220821012
もち米(もちみのり)が生育中
場所:自然体験観察園の水田
米の花(円内)も見られます
 


220821017
セセリチョウ
かつて大阪市西区の空き地にも多くいた
小さくて捕まえやすい蝶。
都市部ではここ何十年も見ていない
 


220821019
ザクロ
場所:自然体験観察園の休憩所前
形の面白さトップレベルの植物
もう少しで食べられる大きさ 


220821024
風車の丘
この角度から眺めながら昼食。
ヒマワリが多く植えられています


220821032
ノウゼンカズラ
花は暑苦しいですけど
種ができていたので載せます。
ノウゼンカズラ科の植物の実は長い鞘が特徴です。この後もう一種類ノウゼンカズラ科の花が現れます
 


220821040
ヤブミョウガ
生駒でよく見かけますが、
公園にヤブミョウガがあるとは!
場所:花博記念ホールの北の道
 


220821054
西アジア レストハウス
2階建てで広い休憩所です。
コスプレイヤーさんとよく出合う
 


220821056
ネコノツメ(ノウゼンカズラ科)
場所:西アジア レストハウス
ノウゼンカズラ科特有の長細い種と花1輪
通常、花が咲くのは5月ですが
たった1輪だけ黄色の花が・・・
 


220821070
「緑のせせらぎ」に沿って下流へ
鶴見緑地は
植えられた樹種が多いのが特徴ですが
鶴見緑地の西側にある
川の周辺が特に多品種だと思う
 


220821074
川が流れ込む池
場所:キャンプ場
この池を1周して後、帰路へ
 


220821081
ズミ (バラ科)
ズミは鶴見緑地以外では
まだ見たことが無い
 


220821083
イヌシデの実 と アカシデの実
鶴見緑地には多く植えられています
 


220821090
土の細道
土の道は大好きなので最後に歩く。
鶴見緑地の北端から東端へと続いている
 


220821093
復活した中央噴水
長かった断水からの復活。
コロナの終焉はまだ先ですが
もうそろそろ体調管理に関しては
自分が判断すれば良いと思う 


osakawalker at 16:54|PermalinkComments(2) 鶴見緑地 | 花と実
2020osakaguide クリックで拡大
記事検索
Categories
Archives