2017年03月24日

賀茂川沿いを歩いて京都府立植物園へ

3月19日(日)
京阪電車の 出町柳駅 のそばに
賀茂川高野川 との合流点があり
そこから北西に歩いて 京都府立植物園 へ。

「 大阪を歩こう 」 の領域からは離れていますが、
京都の植物園は中身の濃い植物学習ができる場所なので
これから数年は何度も通う事になりそうです。
領域外なので内容はほんの少しだけ

170319b001
カラスとトンビの縄張り争いなのか?
ほんの少し賀茂川沿いを歩いた所でカラスがやけに騒がしい。
上空を見るとカラスより大きい鳥が数羽旋回中・・・そこで
リュックから望遠カメラを取り出して賀茂川対岸の鳥を撮影。
なんで賀茂川に トンビ がいっぱいおるねん!
ヒュルルヒュルルという鳴き声も久しぶりに聴いた。


170319b015
大きなカモ カワアイサ
初めて見たと思う。なぜなら
カワウよりもずっと空気を含んでいそうな太い体なのに
完全に水中に潜って移動しながら餌を探していた。
そんなカモは初めて見たから・・・


170319008
オナガガモ
淀川には多いカモで
淀川の場合なら逆立ちしてゴカイでも採っているのかと思っていたが、
砂利底と思われる賀茂川では一体何を食べているのか?
それが気になってしまった。


170319014
京都府立植物園へ入った所にあった看板
トンビ(鳶)に注意
箕面のサルが観光客の食べ物を横取りするのは良く知られているが、
京都のトンビが同じことをしていたとは!
滅多に京都まで来ないのでトンビが多いのは知らなんだ。


170319019
くすのき並木
さすが日本最古の公立総合植物園


170319143
セツブンソウ
1点だけ花の写真を載せます
大阪であまり見ない植物が多いと分かったので
京都府立植物園へ何度も通う事に決めた。


170319321
帰りに賀茂川沿いで休憩
下流側に見える山は何?
淀川最上流部にある天王山か?と思ったが
帰ってから地図を見ると清水寺、知恩院方面だった。
京都の地形はまだほとんど分かっていない。




osakawalker at 22:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年03月21日

久しぶりに日本民家集落博物館へ

3月18日(土曜)
河内長野にある植物園に行ってみようかとネットで調べてみたら
これといった見どころが感じられなかったので急遽変更。
「 文楽のミニ公演 」日本民家集落博物館 で行われるという。
果たして古民家の中で演じられる文楽はどんなものなのか?

170318029
菜の花で彩られたメインストリート
こんな風景は昭和前期の日本に多くあったと思われますが
現在の日本にはもうほとんど残っていないのでしょう。


170318006
飛騨白川の民家前に掲げられたポスター
文楽、始めよう!! 鑑賞料無料
公演時 : 13時〜14時30分
ミニ公演とはいえ出演者の 顔写真は12名
太 夫 2名
三味線 2名
人 形 6名
お囃子 2名



170318007
文楽上演前の様子
文楽は撮影禁止なので民家内の様子だけ1枚
手前のパンフは入口でもらったもので
小学生でもわかる 「 ぶんらくかいせつ 」


170318011
公演終了後の飛騨白川の民家前
内容は 「 牛若丸と弁慶 」 のミニ公演 だけでなく
太夫は浄瑠璃の語り方で子供から老人まで演じ分ける
三味線の音色は情景に応じて変化させる
人形遣い は3人1組で一体の人形を操る――等の解説の後
観客から希望者を募って “ 人形遣い ” 入門体験まで行われ
それが結構、観客の笑いを誘っていた・・・。
文楽入門としてはよく練られた内容で面白かった。


170318020
他の民家で行われていた “ ひな飾り展示 ”


170318019
子供の頃の親戚の家がこんなムードだった事を思い出す



osakawalker at 22:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)入園・入館 | イベント

2017年03月16日

植物園を歩こう

3月11日は私市の植物園
3月12日は長居植物園へ行ってきました


osusume
3月11日に歩いた大阪市立大学附属植物園の観察コース地図
入口でこの地図をもらってどこへ行くかを決めます。
まず地図左下の赤丸の場所へ


170311
早春に咲く花が寄せ植えされている場所
キクザキイチゲ キクバオウレン セントウソウ ミスミソウ
こんな花、植物園でないとなかなか見ることができません。 


次に向かったのは右上の赤丸の場所でしたが
曇天気味だったこともあり冴えない写真ばかり・・・


この植物園には 山部分が多い ので
来る目的の半分以上は 園内ハイキング なんです。
あちこち歩き回りました。

170311081
地図のQ地点からR地点へ向うあたりの様子
先へ上りながら進むと道は細くハイキング道状になる


170311082
園内で1番高いと思われる場所
木々の向こうに市街地が見えたのですが写真では不明瞭。
この先の急坂を下って広い道に出た場所には「侵入禁止」の案内あり。
つまり逆方向に歩くことはできません。
不思議ですけど案内に従うとそういうことになる。
この日は園内に4時間ほどいました。


さて翌日3月12日の長居公園です。

170312001
青空にジェット機雲が何本も走っている
地下鉄長居駅から公園内周回路を右へ


170312003
早咲きのカワヅザクラ ( 河津桜 ) が満開


170312062
早春の草花展 長居植物園内
【開催日・期間】 2月25日(土)〜3月12日(日)→20日(月・祝)まで延長
昨日見た花を長居公園植物園でも見ることができた。
こんなイベントがあるのは知らなかったので
来年はもっと早くくることにしよう!


170312029
コケモモの実物は初めて見た


170312042
ザゼンソウも初めて見た


170312058
ベニバナイチヤクソウ これも初めて
図鑑だけでは実感が無いので非常に有り難い


170312043
フキノトウまで展示してあった


晴れていたので面白い写真がいろいろ撮れた。

170312079
ヤツデの実
アップにするとチョビヒゲまで見えて面白い


170312083
サンシュユ 


170312106
ミツマタ 枝が三又に分かれる特徴あり
花の形は奇妙としか言いようがない


170312b019
ナズナ 通称ペンペングサ
実の形が三味線のバチ(撥)に似ているので
三味線の音 = ペンペン が野草の名として使われた。


170312b027
ジョウビタキ雌 


170312b036
ジョウビタキ雌
前からも撮らせてくれた


170312b046
フリソデヤナギの花のアップ


170312b055
満開の紅梅


170312b058
猫がナツグミの樹上で昼寝中


170312118
大池
枯れたハスは除去されたようで水面がスッキリしている






osakawalker at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)入園・入館 

2017年03月06日

石切駅から生駒山頂 ( 642m ) へ

3月4日
とくに行くアテもなく
とりあえず生駒山へ。

久しぶりに山頂を目指してみようかな。

難波から近鉄電車に乗ると生駒山地に沿うように
4つの駅があるので気分にまかせて歩き始めることができる。
瓢箪山駅
枚岡駅
額田駅
石切駅 ここで下車

大きな地図を別ウインドウで開く

1017年3月4日のGPS記録傷画像
歩行距離は12.2km


■ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・09:52
170304002
石切駅から北へ
駐輪場の向こうに見える山中へと上るつもり


■ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・09:57
170304004
くさかコースを上り始める
「 くさかみち 」 の石碑を右に見つつ進む


■ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・10:00
170304010
道沿いのフェンス内に 旧生駒トンネル入口 あり
フェンスの上からカメラで撮っていたら
後ろから声を掛けられた・・・


170304013
制服姿の方から手渡されたモノは?
★ 山火事用心のウェットティシュ
歩き始めはこんな感じでした。


■ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・10:47
170304046
ウグイスカグラ
色彩の乏しい時期に赤い花に出合うと嬉しくなる。
緑の葉は別の木なので
上に ウグイスカグラ の枝写真も載せました。


■ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・11:07
170304060
あと少しで 「 こぶしの谷 」
見えている電波塔は生駒山頂にあるものではなく
山頂からもっと北にあるものでしょう。


■ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・11:09
170304064
アセビ ( 馬酔木 ) が満開状態
こんなに大きな木で見事に咲いた アセビ は初めて見た。
普通に見られるのはせいぜい目の高さぐらいですから。
すっきりした青空でなかったのが少し残念


■ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・11:36
170304075
こんな新芽が出る木はいったい何?
まだまだ修行中で分からないことばかり・・・
こんな風な写真を多く撮るので
肝心の 「 こぶしの谷 」 の 「こぶし 」 を撮り忘れた。


■ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・11:51
170304080
龍王池休憩広場で昼食 広場の右に小さな池あり
写真の切り株風の椅子に座ってのんびり太陽を浴びながら・・・
緑に囲まれた日向(ひなた)に居るだけで幸せ気分満喫


■ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・12:36
170304094
石畳の道で山頂を目指す


■ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・12:41
170304097
あと少しという所で通行止め
信貴生駒スカイラインを渡った先が工事中


■ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・12:46
170304103
広い駐車場を東へ進んで奈良側の階段へ
階段を上った先に生駒山上遊園地がある


■ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・12:58
170304107
生駒山上遊園地は3月16日まで休園中
休園中でも園内の道路は通行可です。


■ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・13:04
170304108
遊園地からの展望風景
展望できるのは北側で写真は交野市方面
肉眼ではその向こうに天王山や男山が見えたが
写真ではモヤがかかっていて良く見えていません。


■ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・13:07
170304111
動いていない遊具その1


170304113
動いていない遊具その2
動いてないとさみしいナ〜


■ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・13:12
170304119
動いていない遊具その3 SL列車
生駒山頂はここにある!
写真左寄りの赤い丸の中


170304126
生駒山頂は線路の中にあるんです
一等三角点 642米(メートル)


■ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・13:18
170304128
駅名は頂上 ( ちょうじょう )
線路を一周すると なら〜おおさか を行き来できるのかも?


■ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・13:22
170304131
電波塔が林立する中を南へ進む


170304133
ふと目にした意味不明な注意書き
肝心なぶぶん文字が消えてしまっている


■ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・13:30
170304136
山頂広場南端にある分かれ道
左は尾根道で暗峠へ 右は生駒縦走コース
時節柄、日当たりの良い左の尾根道を選んだ


170304140
土の道の感触が心地よい


■ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・13:43
170304143
パノラマ駐車場(信貴生駒スカイライン)からの眺め
奈良側への展望が良い場所。
初日の出が見れるかどうかは微妙
尾根道ハイキング道はこの駐車場を横切って通る


170304145
少し心配していた ぬかるみ は無かった


170304152
暗峠 ( くらがりとうげ ) の集落が見えた
電信柱ののある場所が国道308号線


■ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・14:01
170304154
左に峠の石碑(横面) と 暗峠に立つ電柱(右)
ここを右折して国道308号を生駒縦走歩道まで下る


■ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・14:09
170304163
国道308号 と 生駒縦走歩道 との交差点付近の様子
この時点では生駒縦走歩道を南へ進んで
神津嶽コースで下ろうかと思っていた。


■ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・14:19
170304166
なるかわ休憩所 が見えた
休憩所の向こうへ進めば神津嶽コースだったが
手前に「ワカザサの路」が見えて
まだ歩いたことがなかったので「ワカザサの路」へ


■ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・14:26
170304172
しばらく下ると国道308号が見えた
まさか!国道308号を下ることになるとは・・・


■ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・14:28
170304174
少し下るだけで 「 らくらく登山道 」 の入口があった


■ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・14:40
170304175
神津嶽(かみつだけ)休憩所
消防車で山火事「山火事用心」をPRしていた。
朝のウェットティシュ配布もその一環だったらしい、と気付く。
よく見ると道路脇のノボリも「山火事用心」となっている。


170304176
「らくらく登山道」を心地よく下る


■ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・14:48
170304180
みはらし広場 の 展望デッキ
左にハルカス 右に大阪都心部のビル街
背景の六甲もかすみながらも見渡せた


170304b009
太陽の塔のアップ
大観覧車に隠れるように右下に見えている


170304b032
大阪城周辺のアップ
肉眼では見えなかったので望遠カメラで・・・


■ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・15:09
170304190
ますます絶好調に下る


■ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・15:14
170304194
客坊谷に入る


170304198


■ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・15:26
170304208
客坊谷から人里へ
畑の片隅の梅が満開だった


■ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・15:48 瓢箪山駅

osakawalker at 21:54|PermalinkComments(2)TrackBack(0)生駒山地 | ハイキング

2017年02月28日

池田の五月山から箕面の六個山へ

2017年2月25日
阪急池田駅から歩き始めて大文字コースで五月山へ。
五月山ドライブドライブウェイで箕面ゴルフ倶楽部の入口まで行って右折し道なりに進み舗装道路が土の道に変わったあたりにある六個山案内で山道へと入る。石澄川の細流を渡ってしばらく上ると六個山山頂。下りは東尾根コースで憩いの丘〜平和台西口〜箕面駅まで。

大きな地図を別ウインドウで開く

2017年2月25日のGPS記録地図画像
歩行距離は9.9km


■ ・・・・・・09:41 池田駅
■ ・・・・・・10:17 秀望台
170225013
五月山へは 「 大文字コース 」 で上る
途中にある「秀望台」の真下が 「 大一 」 の文字が灯される場所。
背景の猪名川上を阪急電車が通過中で
左方向が30分ばかり前に下車した池田駅
右方向は先週 能勢方面へと乗り換えた川西能勢口駅


170225014
大一文字についての案内
大一文字が灯される時代以前の頃に
「高張提灯」が掲げられた時代があって
それが大阪天満の町からも星の様に望まれた、とある。
遠く離れた場所から提灯のあかりが星の様に見えるとは
何という幻想的かつ魅惑的な光景か!


■ ・・・・・・10:37 
170225satuki
五月台からのパノラマ写真 428 KB
山道を上りきってドライブウェイを渡った所にある展望所
写真左側は六甲山方面で右側は猪名川上流
大阪側の山は鹿の食害が問題視されていますが
川向こうの兵庫県には鹿がいないので大丈夫らしい。
この後は五月山ドライブウェイに沿いながらゆるやかに上る。
日の丸展望台は改修中だったので素通り


 ■ ・・・・・・11:37 
170225067
大阪府防災行政無線 五月山中継所
周辺で目立つ建造物といえばこれくらいしかない


■ ・・・・・・11:41 
170225069
五月山ドライブウェイを行く
歩道は無いものの交通量が少ないので危険は感じない


■ ・・・・・・11:45
170225071
五月山緑地霊園分岐
右へ進んでも六個山へ行けますが殺風景な道なので直進


■ ・・・・・・12:08 
170225074
箕面ゴルフ倶楽部分岐
ここで右折して道なりに直進


■ ・・・・・・12:20 
170225086
ヴィラベルテニスコート入口
ここから先は道の手入れが悪くなる


■ ・・・・・・12:27 
170225090
六個山への山道入口
車が通れる幅の道から左のハイキング道へ。
ここを直進して道なりに進むと五月山緑地霊園に至り
さらに道なりに進むと時計回りに北向きに進路が変わって
五月山ドライブドライブウェイに戻ることができる。


■ ・・・・・・12:47 
170225094
六個山山頂 (395m)
昼食がまだだったので
展望の良い「あおぞら展望台」へと近道をすることにして
写真奥の方向へと 「 ロープ場 」 のある道へ進む


■ ・・・・・・12:54 
170225097
ロープ場がある道
ロープ無しでも行けるだろうと思っていたら
1ヶ所目のロープ場で滑りこけたので
2ヶ所目の此処ではロープを掴みながら下った。


■ ・・・・・・12:58 
170225098
あおぞら展望台
ややモヤがあるが素晴らしい展望風景が見渡せる。


170225b127
あおぞら展望台からは 太陽の塔 が見える
太陽の塔は肉眼でも見えたのですが
新しくできた観覧車は望遠レンズ越しでないと見えなかった。
このあたりが現在の視力の限界で、つい最近の免許更新の際には
メガネをかけても危うく視力検査が不合格になるところだった。

この後、管理道へ下りて 「 わくわく展望台 」 へ
(間違いを訂正 : ひまわり → わくわく ) 


■ ・・・・・・13:29 
170225102
東尾根コースへと下る
東尾根コースは 「 わくわく展望台 」 の東にある道


■ ・・・・・・13:32
170225104
明るくて心地よい尾根道


■ ・・・・・・13:40 
170225106
いこいの丘
2014年の元旦にはここから初日の出を撮影した


■ ・・・・・・13:41 
170225107
平和台西口へと下る


■ ・・・・・・13:50 
170225110
住宅街の道を下れば自然に箕面駅に近づく


■ ・・・・・・13:59 箕面駅

osakawalker at 00:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)ハイキング 
記事検索
Categories
Archives
livedoor×FLO:Q パック