2020年08月14日

8月9日 ぼくらの広場周辺/生駒

立秋が8月7日
その2日後の8月9日に
生駒定期観察コースを歩いた様子です


思いがけないくらい
ボタンヅルが多く咲いていたことと
ヒグラシに出会えたのが収穫でした。


googleMap
8月9日に歩いたコース
グーグルマップより
10時50分に瓢箪山駅から歩き始め。
16時10分瓢箪山駅発の電車に乗車。
5時間で歩いた距離は約10.5 kmでした



■ ・・・・・10:52
200809003
瓢箪山駅から見る生駒山
目的の ぼくらの広場
ほぼ線路の直線延長方向にあります


■ ・・・・・11:18
200809008
鳴川谷ハイキング道の入口
上四条町24を目指せば来れますが
住宅街を抜ける近道は案外見つけにくい


■ ・・・・・11:43
200809032
キツネノカミソリ ヒガンバナ科
最も暑い時期に咲く花はこれです


■ ・・・・・11:57
200809034
水車小屋跡
ここからは左の いしだたみの路


■ ・・・・・12:15
200809039
こんな道を登る
石畳が残っている場所は少ない


■ ・・・・・11:28
200809040
ヤマボウシ
実の色が黄色くなり始めていた。
赤っぽくなったら食べられる


■ ・・・・・12:51
200809061
森のレストハウス
此処まで来ると ぼくらの広場 は近い


■ ・・・・・12:58
200809064
ぼくらの広場 標高524m
暑い時期にここまで来るのは大変ですが
後は下るだけなので気分は解放感でいっぱい。
昼食休憩 約20分


■ ・・・・・13:28
200809073
アキカラマツ
葉の形が曲線的でかわいい


■ ・・・・・13:49
200809090
国道308号線を見渡す
ここから先は客坊谷コースまで
ずっと舗装道路を下ります


■ ・・・・・13:53
200809095
ボタンヅル
名前の由来は、葉の形が
ボタンの葉に似ているからだそうです。
休耕中の畑に一杯咲いていた


■ ・・・・・13:58
200809102
センニンソウ
花はボタンヅルにそっくりなのに葉の形が違っています。この花は大阪市内の緑地でも時々見かけますがボタンヅルは、なかなか見られない


■ ・・・・・14:48
200809110
ヒグラシ
山の北側で暗くなっているあたりで
多く鳴いていた。

三脚なしで撮影するのは困難なほどの暗さ 


■ ・・・・・15:02
200809114
ニイニイゼミ
近ごろなかなか見ることができないセミ。
昭和30年代までは最も普通のセミで
大阪市内にも多くいました


■ ・・・・・15:15
200809132
見晴らし広場 展望デッキ
暑さの割には見晴らしは良かった


■ ・・・・・15:17
200809137
ミンミンゼミ
このセミを見たい人は
8月に生駒へ行きましょう


■ ・・・・・15:25 ヒグラシ
200809051
ヒグラシ
らくらく登山道でも見ることができた


■ ・・・・・15:38 客坊谷
客坊谷からハイキング道に入り
瓢箪山駅まで下って16時10分の電車に乗車。


osakawalker at 14:59|PermalinkComments(0) 生駒山地 | 小動物

2020年08月10日

暑い時期は緑地へ行こう/鶴見緑地

8月6日
写真仲間と鶴見緑地
自然体験観察園〜風車の丘〜鶴見新山〜カナダ館跡の滝〜茶室〜四季の池


200806092
鶴見緑地マップ
歩いたのは赤く着色した部分です


200806014
トチの実が大きくなってきた 


200806016
センニンソウ
都市部でも時々見かける花です。
竹にからんで上の方に咲いていた


200806019
ハスの実
花は全て散っていた


200806020
トウモロコシの花
イネ科植物の花は似たものが多い。
例えば、ススキの花もこんな感じがする。
下に大きな実が育ちながら花も咲いていた


200806021
ジュズダマの花と実
ジュズダマは実を集めて糸を通して繋げると数珠(ジュズ)のようになるので子供の頃遊んだことがある人もいるかもしれない。自然体験観察園の水路沿いには、このジュズダマが多く植えられています。
 


200806024
民家風の休憩所
(上)水田から見た休憩所
(下)休憩所内から見える風景
 


200806028
ナツメ
赤くなったら食べられる
 


200806031
ザクロ
絵に描く人が多いですね。
実が割れたら食べられる


200806038
風車の丘 大花壇
鶴見緑地に来たらここは見ておきたい


200806052
鶴見新山 標高39m


200806049
いのちの塔
その少し右に あべのハルカス
※ 鶴見新山から見える風景です
「いのちの塔」は1990年に行われた花博のシンボルでしたが老朽化後の活用アイデアが見つからなかったので、残念ながら撤去されることに決まっています
 


200806059
キカラスウリ のしぼんだ花
夜咲いて日中には凋んでしまうキカラスウリの花を見つけたので、日本庭園の池に浮かべてみました。簡単には咲いていた状態には戻らないらしい


200806065
シオカラトンボ と スイレンの蕾


200806068
チョウトンボ 


200806077
ビロードモウズイカ(天鵞絨毛蕊花)
高さ約2メートルの大きな野草。
花の部分アップも入れました。
葉にビロードの様な感触があり
毛蕊(モウズイ)とは蕊に毛があることらしい


200806004
シオヤアブ
たまに見かける昆虫ですが、この日、
鶴見緑地で最初に撮った写真はこの虫でした。
風貌がいかにも悪役っぽいので最後にしました


osakawalker at 20:11|PermalinkComments(0)

2020年08月05日

大仙公園ぶらぶら/堺市

8月2日
久しぶりの大仙公園
堺の中心街から近く、仁徳天皇陵の南にある大きな公園なので昔からなじみのある公園でしたが、10年以上前に始めた「旧街道歩き」の際に“上神谷街道”(にわだにかいどう)が北から南へ公園のど真ん中を通って河内長野市まで通じているのを知って、その時になってやっと公園の全体をぼんやりと知ることができた公園でした。

参考 堺市旧街道マップ

daisenmap
大仙公園マップ
赤く着色した3ヶ所を歩きました


200802004
堺市都市緑化センター
数多くの植物を見ることができますが
今回は ハマデラソウ のみ載せます



200802037
ハマデラソウ 浜寺草
浜寺公園のバラ園で見た時は花がなかった。
暑い時期でも出歩いてみるもんですね
たまたま花を見ることができました


200802039
ハマデラソウの花の部分
銀白色の毛におおわれた目立たない花です


200802036
ハマデラソウの花アップ
ハマデラソウの詳しい情報はは下記アドレスまで

http://www.sakai-park.jp/hamaderasou.html 


 上写真の背景の葉は?
一見、1つ前のブログ記事で紹介しました長居植物園に多いヤナギタデに似ていて葉に「虫食い」までありますが、葉の中央あたりに黒っぽい斑紋があるのが分かるでしょうか?ほんの微妙な違いなのですが、この斑紋がある点が判断の分かれ目でボントクタデという別のタデになります。このタデには辛味はありません。


200802040
日本庭園へ移動中
夏はどんな雲がでるか楽しみです


200802042
日本庭園入口
入園料200円
植えられている樹木はほぼ庭園木でした。
興味深かったのは休憩所の建物だったので
その写真だけ載せてみます


200802048
池の上に建てられた休憩所
まるで夏の暑さに対応するために
建てられたかのような開放的な建築です


200802049
水に浮かぶような休憩所
周囲からの熱反射が無いだけで随分違う


200802057
風が吹き抜けて心地よい 


200802076
風鈴の音 


200802064
鉢植えの 朝顔 が並ぶ
これも涼しげ


 堺市博物館に立ち寄ったらたまたま
   入館無料日だったのですが 写真なし


200802083
百舌鳥駅への帰路の空
晴れた日は夏空を見に行こう
 


osakawalker at 22:07|PermalinkComments(0) 大阪の公園 ・ 緑地 | レトロ和風建築

2020年08月03日

蓼(タデ)食う虫も好き好き

本で読んだり
何度か聞いたことがある
ことわざ
【 蓼食う虫も好き好き 】

なんとなく
人それぞれ好みが違う
という意味だとは知っていても
あまりにも具体性が乏しい・・・
と思いませんか。

7月31日長居植物園
1つ具体的な事実に出遭ったので
お知らせしようと思います。


191020090
ヤナギタデ(柳蓼)
これが、ことわざの元の蓼(タデ)
葉の長さは5〜10cm
試しに葉を少しちぎって噛んで見ると強い辛味がある植物です。これまで何度か味わった印象ではワサビの辛味に近いといえます。淀川の湿度の高い場所ではよく見かける植物ですが、この写真は昨年、長居植物園で撮ったものです
2019年10月20日撮影
 


さて、7月31日に初めて見たのですが
その辛いタデが食べられていました。

200731106
ヤナギタデが喰い跡だらけ
“ことわざ”はここから出たらしい。
 


200731104
周辺の広い範囲で穴だらけ
※喰った虫は見ていませんが大きな虫ではなさそう
私の知る範囲でタデの葉を香辛料に使う人を知らないので大阪では、ほとんど蓼を食べる人はいないだろうと思ってしまうのですが実際のところどうなんでしょう。
食べたことありますか?


200731108
ヤナギタデの場所
赤い矢印
長居植物園の大池北部。スイレンの近くで現在ガマの穂が多く見られるあたりにあります。ボタン園の南の二次林内にもありますが、夏場は雑草が育ち過ぎて入りにくいでしょう
 


osakawalker at 15:41|PermalinkComments(0) 和歌・俳句・ことわざ | 大阪の公園 ・ 緑地

2020年07月31日

梅雨明けの空/7月31日

きょう31日、やっと梅雨明け
統計開始以来、
3番目に遅い梅雨明け だそうです。

写真仲間と長居公園に居ました。


200731024
ヒマワリ
11時半の長居植物園のヒマワリ
ヒマワリ畑全体としては
まだ咲き揃っていないので
大きめのアップ写真を1枚載せます
 


200731080
サルスベリの花と夏雲
13時30分頃
 


200731nagai-P
13時半ごろの大池パノラマ写真
ハスの花は全く見られない

サイズ:幅3000ピクセル 686 KB 


200731107
14時頃の夏空
猛烈な日射しが降り注ぐ
長居植物園のハナショウブ園あたり
 


200731113
長居駅へ帰る頃に出た妙な雲
この後よく見えるグランドに移動
 


200731116
キノコ雲?が現れた
14時半ごろに見た空
 


200731118
これまで見たことがない雲
この後だんだん北の空が暗くなり
17時過ぎに強い雨が降った 


osakawalker at 22:58|PermalinkComments(0)  | 大阪の公園 ・ 緑地
2020osakaguide クリックで拡大
記事検索
Categories
Archives
livedoor×FLO:Q パック