2018年05月20日

浜風を感じて岸和田城〜りんくうタウン/南海ハイキング


なすびんウォーク2018の 第2回目
に参加してきました
集合: 岸和田城・二の丸広場
日時: 平成30年5月20日(日)

受付時間:9:30〜10:00 全行程:約16km
コース:
■南海線・岸和田駅→■岸和田城・二の丸広場(スタート受付)→■岸和田だんじり会館→■紀州街道→■願泉寺→■感田神社→■貝塚市立自然遊学館→■二色の浜→■泉佐野漁協青空市場→■いずみさの関空マリーナ→■空港線・りんくうタウン駅

感想 :
集合場所で地図をもらって出発。
先を行く人達について行けばいいので、本当に気楽に歩けます。
過去に歩いた事のある場所が次から次に現れる意外性があって楽しめました。参加した最大の目的は、二色の浜に、現在どんな花が咲いているかでしたが・・・
ハマヒルガオ、ハマボウフウ、ハマナスなどが見れて
満足 満足

大きな地図を別ウインドウで開く

2018年5月20日のGPS記録地図画像
最初の頃の記録ができていませんし
最後の方でGPSの電池が切れていますが、
主要な部分の12.1kmは記録できています。


180520008
まず岸和田駅から岸和田城へと向かう
集合場所は岸和田城・二の丸広場でした


歩いた場所の写真は後日になります


osakawalker at 23:13|PermalinkComments(0) ハイキング | イベント

2018年05月15日

ツツジの後の生駒山地

5月12日の生駒山

大きな地図を別ウインドウで開く

2018年5月12日のGPS記録地図画像
歩行距離は8.4km


■ ・・・・・・・・・・・・09:09 瓢箪山駅前

■ ・・・・・・・・・・・・09:48 
180512023
ハコネウツギ
らくらくセンターハウス駐車場 の下から上への途中


■ ・・・・・・・・・・・・09:52 
180512024
らくらくセンターハウス
ここから上へは一般車通行不可


■ ・・・・・・・・・・・・09:54 
180512032
イボタノキ
あまり見かけないのは開花時期が短いからか?
この後、なるかわ谷へ そして イシダタミの路


■ ・・・・・・・・・・・・10:26 
180512049
イシダタミの路


■ ・・・・・・・・・・・・10:47 
180512063
ツツジ園
前回来た4月29日には多くの人で賑わっていた


■ ・・・・・・・・・・・・10:55 
180512069
ハルジオン(左) と コウゾリナ(右)
野草の花の主役はどんどん入れ替わる


■ ・・・・・・・・・・・・11:00 
180512071
ヤブヘビイチゴ
赤い実は2センチほどにもなりますが美味しくない


■ ・・・・・・・・・・・・11:07 
180512077
ホタルカズラ
4月29日にも咲いていたので花期は結構長い


■ ・・・・・・・・・・・・11:10 
180512082
展望風景
ここからは 近鉄奈良線 がまっすぐに見渡せる


■ ・・・・・・・・・・・・11:10 
180512083
客坊谷コースへ
上写真のベンチのすぐそば


■ ・・・・・・・・・・・・11:33 
180512097
ノアザミ ( 野薊 )


■ ・・・・・・・・・・・・11:34 
180512098
ぼくらの広場 ( 標高524m )


■ ・・・・・・・・・・・・11:36 
180512100
木陰のベンチで昼食


■ ・・・・・・・・・・・・11:56 
180512101
つる性の3枚葉は要注意
ベンチそばの木にあったツル植物ですが
ツタウルシ だと思われます。
最もひどくカブれる植物 なので触らないように。

昼食後は 万葉植物展示園 から なるかわ休憩所 を経て
神津嶽(かみつだけ)コースへと下ります


■ ・・・・・・・・・・・・12:17 
180512115
トゲが消える途中
樹皮にあるツブツブはトゲ(刺)があった場所で
かなり大きくなるまでカラスザンショウの木にはトゲ多い


■ ・・・・・・・・・・・・12:22 
180512119
かみつだけコースで下る


■ ・・・・・・・・・・・・12:27 
180512120
目印の岩
ギンリョウソウを探しつつゆっくり下る


■ ・・・・・・・・・・・・12:30 
180512124
ギンリョウソウ
約2週間でかなり大きくなったが細い気がする


180512126
ギンリョウソウ3本
もっとかたまって多く咲く場合が多いように思う


■ ・・・・・・・・・・・・12:34 目印の岩
場所の確認のためもう1度 目印の岩 まで引き返す

■ ・・・・・・・・・・・・12:37 
180512132
目印の 2本切り株
2本切り株の向こうの赤く着色したあたり。
赤矢印の棒の右側延長方向を探してみて下さい


■ ・・・・・・・・・・・・12:37 
180512133
目印の棒
この棒の延長線方向を探してみて下さい


■ ・・・・・・・・・・・・12:54 
180512135
神津嶽休憩所まで下って来た
ギンリョウソウを見つけようと探しましたが
上の1ヶ所しか見つけることができませんでした。


■ ・・・・・・・・・・・・13:06 
180512137
枚岡休憩所
この日は始終 ギンリョウソウが無いか探したのですが、
結局のところ、1ヶ所のみでした。案外少ないものですね。


■ ・・・・・・・・・・・・13:42 枚岡駅



osakawalker at 23:17|PermalinkComments(2) 生駒山地 | 野の花

2018年05月10日

馬場谷から金剛山頂へ

5月5日
バスの隣に座った人に教えてもらって
初めての馬場谷を歩いてきました。
この日、最も多く見られた花は・・・
「ユキザサ」
5月3日に京都植物園で見ましたが
山中で自生している様子を見たのは初めてでした。

大きな地図を別ウインドウで開く

2018年5月5日のGPS記録地図画像
歩行距離は9.3km


■ ・・・・・・・・・・・・09:29
180505001
ロープウェイ前バス停
手前が 金剛バス で遠い方は 南海バス


■ ・・・・・・・・・・・・09:37
180505002
馬場谷入口
バス停からバス道を7〜8分下ったところ


■ ・・・・・・・・・・・・09:42
180505005
山道の始まり
道が3〜4本に分かれているので知らないと迷いそう。
丸印の2本の道は1本に合流するとのこと


■ ・・・・・・・・・・・・11:06
180505050
ユキザサ
山の低い場所には少なく高い場所に多く咲いていた


■ ・・・・・・・・・・・・11:11
180505059
木の根がタコ足状になっている
このあたりでは、案内してもらった方とは分かれて
一人でのんびり、花を探しつつ上っています


■ ・・・・・・・・・・・・11:22
180505068
ツクバキンモンソウ
この花は生駒の枚岡一帯にも多い


■ ・・・・・・・・・・・・11:47
180505086
ユキザサ と カタクリの実
花の主役はどんどん入れ替わる


■ ・・・・・・・・・・・・11:53
180505097
1僂曚匹離屮覆亮
強風で折れたらしい枝が途中で引っ掛かったまま枯れていた。
実はずっと空中にあったのに虫に喰われた穴あり。
地上には虫は多いでしょうが、空中の実まで喰われるとは・・・


■ ・・・・・・・・・・・・11:57
180505109
タニギキョウが多かった
タニギキョウは谷だけにあるのではないらしい


■ ・・・・・・・・・・・・12:14
180505119
金剛山頂
記念写真を撮るベストポイント。
写真の時計よりカメラの時計の方が
6分も進んでいるのが丸わかり。
修正は次回からとさせていただきます。


■ ・・・・・・・・・・・・12:21
180505123
金剛ざくら
やや時期遅れの印象


■ ・・・・・・・・・・・・12:31
180505135
ミヤマハコベ
大きさは1センチを少し超える程度ですが
普通のハコベに比べると巨大に見える


■ ・・・・・・・・・・・・12:43
180505140
大和葛城山が遠望できる場所
シルエットになっている木の幹は「ブナ」


■ ・・・・・・・・・・・・12:43
1805057133
山の斜面がツツジ色になり始めている
この写真だけ望遠系のカメラを使用していますが
かなりぼんやりしているのは空気のせいか?


■ ・・・・・・・・・・・・13:18
180505207
ヤマトグサ
一ノ鳥居へと下る道の途中


■ ・・・・・・・・・・・・14:59
180505283
クリンソウ
念仏坂を下った下の方


■ ・・・・・・・・・・・・15:21 ロープウェイ前バス停

osakawalker at 23:38|PermalinkComments(0) ハイキング 

2018年05月08日

暖かくなった賀茂川沿いに京都植物園へ

5月3日
4月8日以来の京都植物園
大阪の外になりますが
中身の濃い植物学習ができるので通っています。

賀茂川沿いに植物園まで歩くと
出町柳駅からで30分
四条河原町からなら1時間以上かかるかもしれませんが
見晴らしが良く、野鳥も多いので
散策するには非常に気持ちの良い道だと思う。

180503008
賀茂川を上流へ向う
暑くも寒くも無い絶好の観光日和


180503024
京都植物園の正門を入ったあたり
いつもここにあるベンチで一服しながら
入口でもらった「週刊見頃情報」をチェックして
何処を回るか決めています


180503026
山草野草展
まだまだ図鑑でしか見た事のない花が多いので
少しでも多くの実物を見ておこうというわけです


180503027
ユキザサ
図鑑では良く見るのに実物は初めて。
あとはマニアックになるの1点だけにしておきます。


180503075
マルバウツギ
これから梅雨に向かう時期には
いろんなウツギの花が見られます。
京都植物園に来るたびに必ず訪れる「植物生態園」なのですが、
この日は案外なくらい見頃の花や実は少なく人影も少なかった


180503101
ハンカチノキ
こんなに近くで見たのは初めて。
四季彩の丘へ向う途中の盆栽・鉢物展示場の手前


180503106
ハンカチノキの花アップ
白く見えている部分は花びらではなく苞(ほう)
ほとんど落花していたが運良く少し残っていた


180503114
ヨコズナサシガメ
カエデの木のそばで昼食中に発見
どういう訳か後向きのまま上へ上へのぼって行った


180503132
芝生広場のにぎわい
右の木の花は ナンジャモンジャ


180503135
植物園にいる間中懐かしい音楽が流れていた


180503144
クラフトマルシェ の開催日だった


180503141
出店数81


180503136
コーヒーでも飲んでみようか
野生のコーヒー 「 リム 」
Coffee発祥の地
リム丘陵からやってきました

これは飲むしかない!


180503138
白いコーヒー????
野生のコーヒー 「 リム 」 ができるのを待っている時に
学生風の青年が注文したので見せてもらった


180503139
これが 白いコーヒー 600円
写真を撮らせてもらっただけなく
「 どうぞ香りも 」 と言ってもらって、本当にありがとう。
野生のコーヒー 「 リム 」 の味はというと
やや酸味が強めのブラジルコーヒーという印象


180503150
ここは何処でしょう?
川を写さないように賀茂川を撮るとこうなります。
京都は非常に緑が濃い町なんです




osakawalker at 16:16|PermalinkComments(0) 入園・入館 

2018年05月02日

生駒山地は花盛り

4月29日
久しぶりの生駒歩き
瓢箪山駅 から歩き始めて以下順に 
なるかわ谷 いしだたみの路 ツツジ園
客坊谷道で「ぼくらの広場」 万葉植物展示園
神津嶽道 枚岡展望台 豊浦橋 枚岡駅
まで

ツツジ園が満開 だけに
らくらくセンターハウス の駐車場は満杯で
いつもは閑散としている いしだたみの路 にも
多くの人が見られました。

180429020
なるかわ谷 を上る


180429027
やけに 長いアンテナ の虫がいた
飛翔する姿に見とれてしまったが、
ムービーカメラで狙わないと撮れそうもない。
ネット調べでは クロハネシロヒゲナガ と思われます


180429031
ムラサキケマン が多かった


180429044
チゴユリ もあちこちで咲いていた


180429073
圧倒的ツツジの満開


180429092
高くなった所に人が集まっている


180429108
上から見下ろした様子


180429113
現地へ行けばもっと広々見ることができます
この後、管理道をさらに北へ “ 客坊谷道 ” まで進む


180429131
ホタルカズラ
管理道の山側擁壁(ようへき)で見られた


180429154
ツクバキンモンソウ
小さな花なので見逃すかもしれない


180429179
ヒメハギ
これも小さい花なので見えないかもしれない。
ぼくらの広場へ上る細道で咲いていた


180429213
ツボスミレ ( ニョイスミレ )
遅咲きのスミレで、この日見たスミレはほとんどがこれ。


180429225
ギンリョウソウ
葉緑素を持たない不思議な形状の植物。
湿度が高い日陰などで時々見られる。
(神津嶽コースの北側斜面)


180429229
枚岡展望台
豊浦橋、桜広場方面へと下って枚岡駅へ


※ 一部の花だけを載せましたが以下の花も見られました
ニガナ、ウマノアシガタ、ウラシマソウ、オッタチカタバミ
オニタビラコ、オオバタネツケバナ、オランダミミナグサ
ミミナグサ、カンスゲ、キュウリグサ、キランソウ、クサイチゴ
シャガ、スイバ、ツルニチニチソウ、ニワゼキショウ
ヘビイチゴ、ノミノツヅリ、ヨツバムグラ、ネコノメソウ
セイヨウタンポポ、カンサイタンポポ、ノゲシ
その他イネ科植物の花多数


osakawalker at 11:24|PermalinkComments(8) 生駒山地 
記事検索
Categories
Archives
livedoor×FLO:Q パック