2007年05月21日

東高野街道_生駒山の滝

4a1ce95a.jpg写真:5月20日13時45分
バッチリ晴れ!
写真手前の石碑には、
「龍間山不動尊之瀧」と刻まれていて、この道を登って行くと瀧=滝(たき)があるらしい。これまで生駒山系の滝は3カ所見ていて、関心は結構あった方だと思っていたが、この滝は知らんかった。

◇滝その1、長尾の滝
近鉄奈良線・額田駅から額田谷を登ったところにある、寺院の一部の様な滝で水流は非常に細かった。
◇滝その2、源氏の滝
JR学研都市線・津田駅から歩いて見に行った。生駒山系の最も北あたりの交野山にある滝でこれも細いが長尾の滝よりは水量が多い。滝のそばに道があったので、その道づたいに登って行くと頂上付近にドライブウェ−が走り、その向こうに水源池(白旗池)があって、カモがエサを求めて近寄って来たのを覚えている。
◇滝その3、名称なし
国道308号線、暗越奈良街道沿いにある豊浦谷(長尾の滝のある額田谷の1本南の谷)にあって、朱赤の新豊浦橋の下にある滝。谷が深く水量も上の2滝よりも多く、個人的には最も滝らしいと思うのだが、名称は無いらしい。何でやねん!

「龍間山不動尊之瀧」はそれら以外の滝なので、どんな滝かと検索で調べてみたが、ヒットなし。龍間温泉というのがあるらしく、その側に細い川でも流れているのではないだろうか?生駒の川は、トンネル工事等で、いずれも水源が細くなっているらしいので、すでに消え去った滝なのかも知れない。
※いずれの滝も天候次第で水量は変化すると思われますので、上記文はあくまでも参考程度にお読み下さい。


osakawalker at 23:49│Comments(0)TrackBack(0)東高野街道 | 生駒山地

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
Categories
livedoor×FLO:Q パック