2017年06月18日

滝畑ダムバス停から岩湧山周遊

6月18日
滝畑ダムバス停から歩き始めて千石谷へ。
大滝を見た後さらに上流を目指し12時前に千石谷の上流部で昼食。谷筋を上りきった所にある分岐を左へ進み、そのまま林道を歩いて岩湧山へ。ササユリの開花はわずかだった。山頂から西へ下山して千石谷林道出合いから林道で夕月橋まで下ってみたが、下り全体で印象に残ったのはギンリョウソウぐらいだった。

大きな地図を別ウインドウで開く

2017年6月18日のGPS記録地図画像
歩行距離は14.5km


目的は植物観察でしたが
昆虫たちの異様なまでの輝き
に圧倒された1日でした。


170618b025
カラスアゲハ
飛んでいる時は ほぼ真っ黒 なのに
地上に舞い降りた時の輝きには驚かされる


170618218
カミキリムシ
この1センチほどの銅色の輝きも渋い
もっとアップで撮ってみたくなるが
それ相応のカメラが必要になると思われる


170618263
テントウムシ
この虫もアップで見ると光沢が素晴らしい

***********************************
 


■ 以下に歩いた行程順に写真を並べてみます。

170618004
岩湧山登山口と千石谷林道との分岐点
まず千石谷林道へと進み林道のまま岩湧山まで上り山頂から西へ下り、
写真左寄りの人が登りかけている所へ戻ってきます。
(上のGPS地図参照)


170618024
ホタルブクロが迎えてくれる


170618049
ヒメコウゾの実はまだ熟れていない


170618067
キツリフネ ( 黄釣舟 ) 


170618073
ドクダミ
雨が降らないせいかドクダミは少なかった


170618078
マタタビ
花の時期には枝先の葉が白くなる。
まだ開花した花は少なくほとんどが蕾だった。


170618084
川に沿った道をゆるやかに上る
大阪で有数の心地よい道です


170618099
ウリノキ ( 瓜の木 )
図鑑でしか見たことがなかった花を初めて見た!
不思議な形が面白い


170618107
大滝


170618110
ヤマアジサイ
派手さは無いが山の環境にはこれくらいが良い


170618144
ウノハナ ( 卯の花 )
まだ咲きたての印象


170618178
ミズタビラコ
千石谷の上流部の水量が少ないあたり
水辺で昼食中に見つけた


170618198
千石谷の最上流部にある分岐
左は岩湧山 右は南葛城山
この日の目的地は岩湧なので左へ。
最初の予定では、いったん右へ進んでグルっと反時計回りに寄り道して岩湧山へ行くことも考えていたが時間が足りなくなってきていたので寄り道は止めた。


170618208
林道のまま進む
これまでは五つ辻からダイヤモンドトレールへ入っていたが
林道の先がどうなっているか見ておきたかったんです。
東に向かっていた林道は大きくUターンして西向きに変わる。
ススキ山が近いので路傍にススキが多い


170618220
前方にススキ山 ( 岩湧山頂部 ) が見えた


170618225
ササユリ
まだ開花数は少ない


170618230
東に大和葛城山、金剛山を遠望


170618237
岩湧山 ( 897.7m )
これだけ展望が開けた山は珍しい


170618238
山頂広場の様子


170618239
西への下り道
写真左の植林された木の濃い緑は遠方からでも確認しやすい。
※ 1番下のバスから見た岩湧山写真参照


170618250
ギンリョウソウ
白いキノコかと思ってよく見たら違っていました。
葉緑素を持たない白い植物でシャクジョウソウ科の多年草
動植物の分解物を養分として摂取しているそうです。


170618271
水場があると有り難い
これからもっと暑くなると多くの水が必要になるので。


170618290
帰りのバスから見た岩湧山
山頂の向こうに植林された濃い緑が見える




osakawalker at 22:52│Comments(8)ハイキング | 小動物

この記事へのコメント

1. Posted by jack77betty   2017年06月22日 10:15
osakawalkerさん、こんにちは。
偶然でしょうがちょうどこの日(6月18日)の毎朝ラジオ「いきものいきいき」コーナーでご出演の昆虫写真家のUさんが、若いころは夏の昆虫ということで7、8月によく写真を撮りに出かけていたのだが、最近は昆虫の活動は6月が一番活発になるとわかってきてもっぱら今の時期に撮影に出かけると話しておられるのを聞いていました。

2. Posted by osakawalker   2017年06月22日 23:08
jack77bettyさん こんばんは
私も昆虫に関しましては7、8月はセミが騒がしくなるせいか、最も活発になると思っていました。でも専門家の話を元に考えると、セミは樹液を吸うので花の蜜を栄養源とする他の昆虫とは別物ですね。1つ勉強になりました。
3. Posted by jack77betty   2017年06月27日 05:47
>ホタルブクロが迎えてくれる
今聞きました「NHK毎朝ラジオ」、本日の誕生日の花はホタルブクロでした。生駒山でもよく見かけられるようですね
4. Posted by osakawalker   2017年06月27日 21:37
jack77bettyさん こんばんは
調べてみましたら初めてホタルブクロを見たのは2002年6月に能勢の三草山へ行った時で、珍しい変わった形の花を見つけた、と思ったものでしたが15年も経った今では、かなり広範囲に咲く花だと分かってきました。生駒では山道の入口から結構高い所まで見られますのでホタルブクロにとっては生駒は住みやすい所なのでしょう。ただ生駒の場合には一ヶ所に多く咲いておらず不思議とポツリポツリと点在しているような感じがします。
5. Posted by jack77betty   2017年06月28日 08:44
osaakwalkerさん、おはようございます。RESありがとうございました。
さて、先日の土曜日には例の大阪市交通局の街歩きイベントに参加して野田阪神から日本橋へと歩いてきました。途中安治川隧道から、osaakwalkerさんお膝下の松島橋、土佐稲荷、阿弥陀池和光寺を経由しましたが、通ると思っていたosakwalkerさんが何度かご紹介になった「トコトコダンダン」は、コースに入っていませんでした。大阪市にとっても新出来の施設宣伝に格好の機会だなあと思っていましたのに、期待はずれでちょっぴり残念でした。
6. Posted by osakawalker   2017年06月28日 16:55
jack77bettyさん いつもコメントありがとうございます。
「トコトコダンダン」?
何かと思って調べてみましたら例の木津川遊歩空間の名称が決まったらしいですね。地元に居ても、おそらく町会の回覧板にも案内がなかったみたいで知りませんでした。
少し説明が必要になりますが、町会組織は大阪市で遊歩空間整備は大阪府の事業だったので、その間でなんらかの連絡の不備があったのかもしれません。これが大阪市交通局の街歩きイベントで「トコトコダンダン」を通らなかった理由の1つかもしれません。
いつになったら完成するのか何度も工事の様子は見ていたのですが、現場に表示されていた完成期日になってもさらに工期が延長されたりで、いつの間にか知らぬ間に完成イベントが行われたようで、ある日ヒッソリと閉ざされていた入口が解放されていました。ひと言で感想をいいますと拍子抜け、かつ期待外れ。本当に価値がある空間かどうかは樹木が大きくなってからになるでしょう。


7. Posted by jack77betty   2017年07月01日 07:56
osakawalkerさん、おはようございます。RESありがとうございました。

>これが大阪市交通局の街歩きイベントで「トコトコダンダン」を通らなかった理由の1つかもしれません。

なるほど、これが大阪都構想などで問題にされるにされる府と市の無用な縄張り意識の表われのひとつかと思いましたが・・・

前回は書き落としましたが、江之子島の高波防災ステーションも立ち寄りのコースに入ってました。職員の方も門前でお待ちになっておられてずいぶん歓迎されてるな(笑)と思いましたが、こちらは大阪府の施設ですから、「トコトコダンダン」も府の施設だからということで毛嫌いされたのではなく、単純に「見る必要なし。」と判断されたということでしょうね。。
でも、ずっと木津川の右岸を歩きましたので、高いコンクリート塀が邪魔をして水面が見えなかったのは、せっかくの「水都」大阪のウオーキングのコース取りとしてはどうかなとちょっと疑問に感じました。

前回またご芳名のつづり間違えてしまいまいました。大変失礼しました。(お手数ですが訂正できるのあればご訂正くだされたく)
8. Posted by osakawalker   2017年07月01日 22:12
jack77bettyさん こんばんは
1つ忘れていたことがありました。
木津川遊歩空間をどう活用するか、10回以上も地元住民参加で話し合われたなかで「トコトコダンダン」直近のマンションの住民の方から「知らない人物が集まって騒ぐようなことが無いようにして欲しい」という内容の要望が何度が出たことがありました。そう言った苦情に関する内容だけはきっちりと守られたのかもしれません。それと高波防災ステーションが立ち寄りコースに入っていたことについてですが、人命にかかわる事故を未然に防ぐのが行政の最大の努めと思われますので市も府も協力してPRしているのでしょう。
つい最近の新聞折り込みの大阪市情報に記されていたことですが、地震や津波の場合だけでなく、近年発生している大雨によって洪水が発生した場合、大阪市内でも最大7mの浸水があるかもしれない、との記述がありました。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
Categories
Archives
livedoor×FLO:Q パック