犬山劇場仮性物語: 落語『芝浜ビットコイン』

小道具: Suica


BGM:出囃子「にわか」


えー、エドロポリスは今日も日本晴れ!

てなワケで、

毎度バカバカしい、お笑いを一席。


くずニートの大崎一番太郎とスパンキーは、大崎在住の自宅警備員。

一番太郎はスマホゲームの課金で身を持ち崩し、

スパンキーはナーフに散財して、クビがまわらねぇって、ありさまだ。

こりゃもう、どうにもならねえってんで、バイトをすることにしやした。

ところが…


一番太郎: おうおう! てやんでぇ、バーロー、ちきしょーッ!

      あんなブラックバイト、こっちから願い下げだっつーの!


スパンキー: でもよぉ、バンタロー、元はといえば、

       おめぇが仕事中にポケモンやってたのが悪いんだぜ?


一番太郎: だって仕方ねーじゃん! 

      新しいポケモンが追加されて、バンギラスが現れたんだぜ?

      そりゃ走ってゲットしに行くでしょ! たとえそこが線路であっても!


スパンキー: 松本伊代かよ!

       それ、今、一番やっちゃいけないヤツだから…

       おめーは、昔っからゲームのことになると熱くなりすぎるからなぁ…

       そういや、正月にみんなで桃太郎電鉄やった時も、

       ミニチュアダックスの王子郎が間違ってリセットボタン押しちまって、

       ブチ切れてたよなぁ


一番太郎: だって、あと3億円で、小倉(こくら)のスペースワールド買えたんだぜ?

      そりゃ誰だって、切れるって!


スパンキー: でもよぉ、あんまり怒るから、王子郎、あのあと家出しちまって、

       ママがすんげぇえ、泣いてたんだぜ…


一番太郎: そ…そりゃあ、悪かったと思ってるけどよぉ、

      あれくらいで家出って、豆腐メンタルすぎるだろ…

      っていうか、パイセンだって、なんで、あんなとこ、しゃがんでたんだよ!

      パイセンをよけようとして、

      ショベルカーで新駅に突っ込んじまったんだからな!

  スパンキー、カウンターのSuicaを手に取り


スパンキー: おう、そういや、こんなもん拾ったんだよ…

       ほら、このSuica… 

       いやー、しかし、まさか、おめーがおいらをよけようとして

       完成間近の新駅にショベルカーで突っ込んで、大爆発するとはな…

       

一番太郎: くっそー! オレたち、こんなSuica、1枚のためにバイト、クビになったのかよ!


スパンキー: いや、直接の原因は、おめーのポケモンだけどな…


一番太郎: わ、悪かったよ…

      でもさあ、ムカつくから、その拾ったSuicaで、ジュースでも飲んで、

      パーッと、憂さ、晴らそうぜ!


スパンキー: おいおい、拾ったもんは、交番に届けた方が、いいんじゃねえのか?


  一番太郎、Suicaをスパンキーから取り上げて


一番太郎: 大丈夫、大丈夫♪

      お、あんなところに自販機、発見! 

      そんじゃ、このSuicaを…かざして…ピッ…

      ええッ!? ええッ!!!!!! ちょ…なんだよ、これ!


スパンキー: お、おい、バンタロ、なんかすげー数のゼロが並んでるぜ…


一番太郎: いち、じゅう、ひゃく、せん、まん… さ、三億円!?

      なんじゃ、こりゃー!!!!


スパンキー: や、やべえよ、バンタロ、とりあえず、逃げようぜ!


一番太郎: 待てよ、パイセン、なんで逃げんだよ! オレたち、なんにもやましいことしてねーだろ!


スパンキー: いやいや、三億円なんて大金、ぜってー、まともな金じゃねえって!

       M資金とか徳川埋蔵金とか… 板東英二の隠し財産かもしれねーぜ!


一番太郎: たしかに、犯罪のニオイが、プンプンするな…

      でもさあ、だったら、ネコババしても絶対バレねーって事じゃね?


スパンキー: おめえ、ホント、クズだなぁ…


ってなワケで、一番太郎とスパンキーが、愚にもつかねぇ内輪もめをしているところに、

背後からドンガラ、ガッシャーンと、ものすごい音がしたかと思いきや、

砂煙をモクモクたてて、瓦礫と化した新駅の方から、何の脈絡もなく、大怪獣があらわれやした…


一番太郎: な、なんじゃ、ありゃー!!


スパンキー: なんか、ゴジラみてぇのが出てきたぞ!?


一番太郎: いや、なんか体中、ミサイルとかついてるから、メカゴジラだろ!


スパンキー: うわ! こっちに向かってきやがった!


一番太郎: てやんでぇ、バーロー、ちきしょーッ!

      せっかく三億円ゲットしたってのに、こんなところで死んでたまるかよ!

      パイセン、逃げるぞ!


スパンキー: おう、合点承知の助でぃ!

       ってか、おい! なんか、あの怪獣、おいらたちのこと、追いかけて来てねえか?


一番太郎: いやいや、そんなまさか…

      うわぁ! ミサイル撃って来やがった!!


ヒュー、ズバババン、ドドドドーン!!

怪獣の背中から、無数のミサイルが発射されると、

板野サーカスばりに飛び回り、ふたりのあとを追ってきたから、さあ、大変!


スパンキー: もしかして、このSuicaを狙って、追いかけてきてんじゃねえのか!?


一番太郎: だったら、なおさら逃げるっきゃねえだろ!


スパンキー: あ、バンタロ! 危ないッ!!!


飛んできたミサイルをジャンプでよけた瞬間、

それまで見えなかった隠しブロックがあらわれて、ニョキニョキとツタが天高く伸びていきやした。


一番太郎: ありがてぇ! こいつを登れば、怪獣から逃げおおせるぜ!


ツタをつかんで、わっせわっせと上がってゆくと、

見渡す限り、雲の世界。そこにコインがたくさん散らばっておりやす。


一番太郎: うほほーい、こいつはスーパーマリオみてぇじゃねえか!


一番太郎がジャンプしながら、コインを拾うたび、チャリンチャリン♪

効果音と共に、Suicaにお金がチャージされていきやす。

チャリンチャリン、チャリンチャリン、小気味よくコインをゲットしていると、

あっという間にSuicaのチャージ金額は180億円を突破。


一番太郎: こいつはおもしれえ! まるで夢みてぇだ! えへへへへ…


スパンキー: おい、バンタロ…おい、おいってば、おい!


一番太郎: ん? なんだよパイセン、うるせえよ…ムニャムニャ…

      …って、ハッ!! 夢か!


スパンキー: おめえ、気絶してしばらく起きねえから、心配してたんだぜ。


一番太郎: あ、ゴメン…するってぇと、さっきまでのことはみんな夢か…

      バイトクビになったのも、3億円拾ったのも、怪獣も…


スパンキー: なに言ってんだよ、怪獣ならここにいるぜ?


一番太郎: え? ああっ!! 怪獣!


スパンキー: それがよう、どうもこの怪獣、すっかりおめえに、なついちまって

       ずーっとペロペロ、顔を舐めてやがんだよ。


一番太郎: ええッ!?


王子郎: 大崎さん、大崎さん…


一番太郎: はぁ? 怪獣がしゃべった…


王子郎: 大崎さん、あっしです。ミニチュアダックスの王子郎でやす…


スパンキー: お、おめえは…桃鉄のリセットボタン押しちまって、

       バンタロにこっぴどく叱られて家出した、ミニチュアダックスの王子郎か?


王子郎: はい、なんとか3億円ためて大崎さんにお返しするまでは、

     決して家に帰るまいと心に決めて、家を出たんでやんす。

     しかし保健所の野犬狩りに追われ、仕方なく蒲田の町工場をハッキングして

     機械のカラダを手に入れ、なんとか今日まで生き延びて来やした…


     そのあと、与沢翼のセミナーに参加してアフィブログ開設したり、

     稼いだ金をFXに投資したり、ポケモンブームに乗じて任天堂株買ったり、

     時には闇社会の暗部に片足つっこんだこともありましたが、

     ようやく貯まりやした、念願の三億円…


一番太郎: そんじゃあ、この三億円チャージされたSuicaは…


王子郎: はい、あっしが大崎さんに返そうと、必死にためた三億円でやんす。

     ああ、大崎さんに拾ってもらえて、よーござんした…


スパンキー: で、でもよぉ、バンタロの三億円てのは、ゲームの中の話で、実際の金じゃ…


王子郎: はい、だからこうして、一度ビットコインに換金してロンダリングしたあと、

     Suicaにチャージした次第でして…


一番太郎: (涙ぐみながら)てやんでぇ、バーロー、ちきしょーッ!

      たかがゲームの中の三億円かせぐのに、家出なんがしやがって!

      どんだけ心配したと思ってやがんだ!


王子郎: めんぼくありやせん… でも、あっし、大崎さんのことが大好きで…

     あのあと、いっしょにボール遊びもしてくれなくなっちまって、

     もう、さびしくって、さびしくって…


スパンキー: なあ、バンタロ… 王子郎のやつ、

       ハチ公も顔負けの、忠犬ぶりじゃねえか…

       もう、許してやれよ…


一番太郎: てやんでぇ、バーロー、ちきしょーッ!

      許すもなにも、おめえがいなくなってから、どんだけ探した事か…

      凛太郎にエサやる時だって、間違って二匹分用意しちまって、

      ああ、もう王子郎はいないんだって気が付いて、

      あとから寂しくなっちまってよぉ… うぅッ…

      だからよぉ、だからよぉ…そんなカラダになっちまっても、

      帰ってきてくれて、オレぁ、うれしいんだよ…


スパンキー: ああ、そうだったな…

       バンタロもおいらも、品川中、泣きながら探しまわったもんなあ…


王子郎: う…うぅッ…

     お…大崎さん、あっし、そんな風に思っていただけで、幸せでやんした…

     でも、そろそろお別れしないと、なりやせん…


一番太郎: え? 何言ってやがんだ、いっしょに帰ろうぜ。

      こんだけ大金あったら、オレたち一生、働かないで楽しくやっていけんじゃねえかよ!


王子郎: それが…実は… ここに来るまでに自衛隊に追われる身となっちまいやして…

     もうすぐ、あっしを狙ってブルーインパルスがやってくる頃でやんす。

     さあ、大崎さんとパイセンは、後生だから、あっしから離れてくだせぇ…


一番太郎: おい、王次郎、そんなこと言うなよ…


王子郎: お二人ともお達者で… 王子郎は、幸せなミニチュアダックスでやした…


と、王次郎が涙ながらにその場から駆け出すと…

その瞬間、上空から轟音とともに自衛隊のブルーインパルスが飛来して、

王子郎めがけて爆撃を開始しやした。

ヒュー、チュドーン、ズババババーン

爆炎と煙が消え去った後には王子郎の姿はなく、ただただ、月のクレーターのような穴がポッカリ。


一番太郎: 王子郎ーーーーー!!!!!


大切な愛犬を失った一番太郎とスパンキー、その背後にせまりくる黒い影…


JR職員: あのー、お取込み中すいません…


スパンキー: はあ? なんだ、おめえ…


JR職員: わたくし、JR東日本の職員でございまして… 

      このたびの被害総額180億円を請求に参りました…


スパンキー: ひゃ… 180億円!? そんな、むちゃくちゃすぎるぜ!


一番太郎: フッ、パイセン、ここはオレにまかせな…

      王子郎が残してくれたSuicaの中には、やつの残した三億円にプラスして

      さっきボーナスステージで稼いだ180億円がチャージされてる…

      ピッタリ、耳をそろえて180億円、支払ってやんぜ! JRさんよぉ!


スパンキー: はぁ? バンタロ、おめえ、何いってんだ?

       王子郎がくれたのは三億円だぜ?

       そのボーナスステージってのは夢だったんじゃねえのか?


一番太郎: ハッ! しまった! 夢だった!!


ブルーインパルスの飛び去った青空の下、一番太郎は177億円の負債を背負って

ブルーな気分になりましたとさ…


お後がよろしいようで…


  BGM:出囃子にわか



<終わり>

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー 


<参考リンク>

落語あらすじ事典 千字寄席 芝浜(しばはま)/落語
http://senjiyose.cocolog-nifty.com/fullface/2004/12/post_16.html

落語「芝浜」の舞台を歩く
http://ginjo.fc2web.com/004sibahama/sibahama.htm

2005年08月01日放送分 落語リハビリ 芝浜
http://ijuinmania.blog84.fc2.com/blog-entry-2914.html

気まぐれ特撮道 特撮ロケ地巡り~東京・品川編①(八ツ山橋・品川駅)
http://tokusatsu.way-nifty.com/blog/2013/06/post-1d5a.html

スマイティ 山手線に40年ぶりの新駅。品川・田町間に誕生
http://sumaity.com/mansion_new/article/redevelopment_201309/yamanote-new-station.html

500x724xd0096ec6c83575373e3a21d1
右:王子郎 左:凛太郎

魅惑のわんこ兄弟 ☆動画コレクション【ミニチュアダックス】 
https://matome.naver.jp/odai/2133160015938407801

犬山劇場、過去の作品集 出演:山口勝平ほか
https://matome.naver.jp/odai/2142318584480594301