島根から世界へ!環境ビジネスを推進するアースサポート社長の一日

島根県・鳥取県で環境ビジネスを展開しているアースサポート株式会社の社長をしています。 日々の出来事や思ったことを素直にお伝えできたら、と思っています。よろしくお願いいたします。

カテゴリ : 島根東亜建物管理

 今日は午後から総務の西村課長、業務課サービス係(収集運搬の管理部門)の足立主任・住田さん、施設課業務管理係の松本班長と一緒に「島根東亜・アースコラボ案件」ミーティングを行いました
コラボ案件ミーティング

 先日島根東亜のブログでも書いたのですが、28日に当社で島根東亜営業メンバーと一緒に『島根東亜・アースサポートコラボ案件キックオフ』ミーティングを開催したので、その内容を受けて社内で具体的にどう進めていくかを話し合うための会議を行ったということです

 今まで、グループ会社の島根東亜建物管理と共同で営業活動をすることは無かったのですが、11月に私が両社の社長に就任したということもあり、それぞれの強みを活かした共同営業(コラボ)を進めて行きたいと考えています

 実は、ビル管理業務と廃棄物処理業務とは深いつながりがあるのです 当社はもともと昭和59年に縁あってM&Aさせていただいた会社なのですが、その際も島根東亜としてビル管理業務を行っている中で、お客様満足を高めるためにどうしても事業系一廃の収集運搬まで責任を持って管理したいという強い希望があってM&Aに踏み切りました そうした経緯もあり、当社が東亜グループの一員になった当時は当社の仕事は島根東亜からの紹介案件が大半でした。しかし、その後それぞれが企業規模を拡大していき、その過程で各社が独自に営業努力を行った結果、現在の当社と島根東亜では殆どの顧客が重複していません。

 しかし、当社が東亜グループの一員になった際の“創業の精神”に立ち返ると、私たちの大切なお客様によりご満足いただくために、ビル管理と廃棄物処理を一括で提案するということが当社の原点なのだとうことに改めて気付きました 

 当社の守備範囲は、産業廃棄物や事業系一般廃棄物の収集運搬・処理・リサイクル、カーボンオフセット等のCo2削減に関する提案、LEDや電気使用量の見える化ソフト等の省エネ提案、解体業務、建物の設計業務(アース建築・環境設計事務所)等の環境ビジネスです。島根東亜の守備範囲は、清掃・ワックス塗布等のビルメンテナンス、ビルの空調や電気等の設備管理業務、警備業務、指定管理業務等です。そうやって考えると、2社が力を合わせればお客様の建物に関するほぼ全てのお悩みに対してソリューションを提案できるんですね お客様にとっても、わざわざ別の業者に相談する手間もかかりませんし、当社や島根東亜が一括して提案した方が安心でスピーディなので、お客様満足向上につながると思っています

 さて、話をいちばん最初に戻して今日のミーティングですが、今回は特に総務部や業務部メンバーに集まってもらい、普段は営業活動をしていない両部門がどうやってこの“コラボ案件”に貢献できるかを話し合いました 具体的なことは書けませんが、良い方向で話しが進みました。

 廃棄物処理とビル清掃が一括して提案できることで、お客様の利便性もかなり向上しますし、トータルで提案することでロットが大きくなるためお客様により安価で提案することも可能です。やはりこうした不断の努力によって、お客様により喜んでいただけるサービスの提案を目指していかなければならないと考えています。

 今後も島根東亜と当社の“コラボ案件”を推進していきます。ぜひご期待いただきますよう、よろしくお願いいたします 頑張ります

 本日付で、当社の親会社にあたる株式会社島根東亜建物管理の代表取締役社長に就任いたしました。また、今まで代表取締役社長だった尾崎賢幸は、本日付で代表取締役会長に就任いたしました。昭和46年9月に、米子の東亜建物管理株式会社松江営業所を法人化して設立した同社は、皆様にたいへんご愛顧いただき、お陰さまで本年度40周年を迎えています このように歴史のある同社の代表取締役社長に就任するということに対し、たいへん大きな責任を感じており、身が引き締まる思いです。
image1_12767500209

 先日ブログで東亜アースホールディングス株式会社を設立したと書きましたが、今回の人事異動についても、東亜建物管理・島根東亜建物管理・アースサポートの3社が、お客様により喜んでいただけるために一致団結してサービスの向上に取り組み、お客様の建物に関するすべてのニーズやすべてのお困りごとに対応していきたいという“熱い思い”を実践させるためのものだとご理解いただきたいと思います。今後も、東亜建物管理株式会社・アースサポート株式会社につきましても同様の人事異動を行い、東亜アースホールディングスと同じように尾崎賢幸代表取締役会長、尾崎俊也代表取締役社長という体制に移行して参ります。

 ビル管理業務は、日々クリーンクルーがお客様の建物に訪問させていただき、施設内に入って清掃作業や設備管理を行うという仕事です。そういう意味で、クリーンクルー一人ひとりが私たちのサービス品質の根源であり、誤解を恐れずにあえて言いますと、お客様に喜んでいただくための唯一の“商品”だと言っても過言ではないと思います。そういう意味で、お客様に喜んでいただけるためにクリーンクルーと一緒になって考え、現場と一体になって、お客様に喜んでいただける「ダントツサービス」を提供できるよう取り組んで参りたいと考えています。

 また、アースサポート株式会社では廃棄物の収集運搬・処理だけでなく、建築設計業務や解体業務、LEDの販売や省エネ、Co2削減についてのコンサルティング業務も行っています。今まで島根東亜で培ってきたサービスにアースサポートの強みを追加し、お客様が持っておられる建物に関する様々なお困りごとをすべて一手に引き受けさせていただく“ワンストップサービス”をご提供させていただきます

 もともとアースサポートの生い立ちは、島根東亜がビル清掃を受託する上で廃棄物業者さんの選定を任せていただいたのですが、なかなか適当な業者さんがおられなかったために、当時アースサポートの前進の会社の1つ(アースサポートはその後合併していますので)だった有限会社山陰清掃社をM&Aさせていただいたというところからスタートしています つまり、ビル清掃業務と廃棄物処理業務というのは、とても親和性が高いということですね。この度、東亜アースホールディングスと同様にすべての会社の代表取締役人事を統一することで、その親和性を更に高め、お客様により喜んでいただけるサービスを提供させていただくことを目指します。

 なお、今日は私のブログで取り急ぎ発表させていただきましたが、日々お世話になっております島根東亜建物管理のお客様には改めてご挨拶に伺ったりご案内状を送付させていただき、今回の人事についてご説明させていただきます。また、アースサポート及び東亜建物管理につきましては未だ正式な人事ではありませんので、正式に決定次第改めてご挨拶またはご案内状の送付をさせていただきます。

 今後とも東亜建物管理株式会社、株式会社島根東亜建物管理、アースサポート株式会社にご愛顧賜りますよう、衷心よりお願い申し上げます。

このページのトップヘ