フランチャイズによる初めての開業

フランチャイズビジネスは、加盟前の開業ノウハウの習得と本部選択の段階で5割以上の成功、失敗が決ると云われます

フランチャイズで裁判を起こすオーナーが増えています

 これまで加盟相談にのった人の中には、かって加盟店オーナーとしてフランチャイズ本部と、売上高モデルを巡る裁判を起こした人がいました。加盟交渉の中での説明が、現実とあまりに違い過ぎることが裁判を起こした原因です。

 

 その結果、ほぼ勝訴に近いカタチで和解したと言います。ただ、裁判にかかった時間、費やしたエネルギー、裁判費用などを考えると、ほとんど喜べるような裁判ではなかったようです。

 

 最高裁判決で、フランチャイズ本部が加盟店希望者に提示する売上げモデルなど、現実とかけ離れているものは本部の不正行為として認めてもらえるようになりました。

 

 その昔は、フランチャイズ本部にはお抱えの弁護士いるため、加盟店が勝訴する可能性はほとんどないとされてきました。その空気は現在、変わってきています。

 

 それでも、素人の加盟店オーナーが裁判を起こすとなると、費用も時間も知識も想像以上に必要です。そのため、裁判にすると勝てるなどと変な安心をしないで、ビジネスモデルや既存店をみて勝算のない本部には加盟しないことです。

 

 最後は、裁判にして本部を訴えると考える深層心理のオーナー希望者が少なからずいます。結局、ビジネスにおいては、「まともな商行為で儲からないビジネスには手をださない」ことが大事です。

 

【ひと言】

 フランチャイズビジネスの基本は、当該する事業で圧倒的な経験をもつ本部と、ほぼ素人の加盟店オーナー希望者とが交渉して加盟を決める行為です。オーナー希望者にとっては最初から不利な取り引きであることは確かです。そのため、不利であることに認識のある人と、何も考えずに対等と思っていう人では、結果に大きな開きができます。冷静な目で自分を見ることも時には必要です。

 


起業・独立ランキング
osakigyouosakigyouコメント(0)  
カテゴリ: フランチャイズ 

本部が考える理念をよく理解することによって

 フランチャイズでの本部探しを考えるとき、多くの人は公表されている月商と予想収益の金額の多い本部に目が向くと思われます。例え予想収益であっても、1円でも金額の多い本部に心を動かされるようです。

 

 ただ営業モデルは何の実態も含まれていない話で、悪質な本部ほど金額を多く見せかけようとします。逆に本部によっては、あまり収益ばかりにこだわるオーナー候補を避けるため、営業モデルの予想額を抑えて公表している本部もあるほどです。

 

 それより本部探しにおいては、現在本部が行っている経営姿勢に注目するべきです。企業経営における経営理念がはっきりと打ち出されていて、その文面に共感できるか。これまでの本部の行動が理念に沿ったものであるか。

 

 本部経営者は信頼できる人なのか。今ならばインターネットに露出している情報を調べると、本部の経営姿勢は見えてきます。特に将来ビジョンに関して、共感できるかどうかよく考えて判断するべきです。

 

 本部と加盟店とは、事業が上手くいきますと長い付き合いになりますし、本部を読み違えて事業が上手くいかないときは短命に終わります。それもこれも、最初に本部からのデータを読むところから始まります。最初の本部案内の読み方次第で、その後のあなたの人生までが変わります。

 

【ひと言】ビジネスにおいても、友人関係、夫婦関係においても、相手との距離感は人間関係を円滑にするためにはたいへん難しいです。疎遠にしてますと大事なときに力になってもらえませんし、親しすぎても頼る気持ちが強すぎても私情が混じることになります。頼る気持ちが強いとビジネスは上手くいきません。本部と加盟店との関係も、こじれ易いですから本部の理念をよく理解して距離感を保つことは大切です。

 


起業・独立ランキング
osakigyouosakigyouコメント(0)  
カテゴリ: フランチャイズ 

今は仲人ビジネスのニーズが高いようです

 電気自動車テスラのCEO イーロン・マスク氏が、「日本は将来消滅する」と発言して話題になっています。近年、日本は1年間に鳥取県や島根県といった人口の少ない一県分の減少が続いて、このままでは将来日本に人がいなくなる心配を語っています。

 

 少しでも子供を産むとよいのでしょうが、日本ではその前に男女の結婚を増やす必要があります。ところがわが国では、住居のある地域での若者交流が少なく、男女が接する機会というと勤めている会社ばかり。最近は、ネットでの出会いも増えているようですが、結婚までとなると二の足を踏む人も多いようです。

 

 そこで注目されているのが仲人ビジネス。特にフランチャイズで本部を介してお相手探しを助ける仲人をする人が増えています。これまでも、保険のおばさんと同じようなジャンルで、お節介を買って出る中高年の人はいました。

 

 現代の仲人は、年齢も30、40代と若く、他に仕事を持ちながら副業として仲人をする人が増えているのが特徴です。フランチャイズ本部はネットワークとデータの蓄積に向いていて、結活をするには最適な道具立てが揃っています。後は、婚活希望者との接点がある現場の仲人によって結婚へのピースが揃うことになります。

 

 結婚相談というカタチで、フランチャイズには古くから仲人ビジネスはありました。最近は、新しい本部が生まれていて、想像以上に仲人のニーズは多いようです。金銭的にも加盟するためのハードルは低いですから、関心のある人はコンタクトするべきです。初めてのフランチャイズ加盟には適しているビジネスのようです。

 

【ひと言】

 結婚仲人というのは、ある程度対象者と親しくならないとつながりはできませんが、あまり親しすぎるのもビジネスとしては向かないようです。この親しさ度というのが、ビジネスの成否を決める重要な役割をするようです。本業の名刺と副業の名刺とをうまく両方つかって、双方の仕事がウインウインになるような仕事をしたいものです。特に、オタク系の仕事をしている相談者さんにはニーズが高いようです。

 


起業・独立ランキング
osakigyouosakigyouコメント(0)  
カテゴリ: フランチャイズ 

簡単に初期投資の回収期間を考えてみる

 最近は、開業に向け具体的に準備を進めている人が増えていることを実感しています。1年前までは、何となくフランチャイズ加盟を考えるレベルで、具体性に関してはまだまだ現実的ではありませんでした。

 

 もし具体的に考えるとなると、抽象的イメージだけでなく具体的数字にまで深掘りできるかどうかです。フランチャイズの場合、既に開業している既存店の実態を参考にできますから、数字を落とし込みやすいのが強みです。

 

 そこで初歩の段階で頭に入れておいて欲しい計算式が初期投資回収期間の計算です。

 

初期投資回収期間=初期投資額÷(減価償却費+税引後当期純利益)と簡単な数式。

 

 フランチャイズ加盟を目指す人は、この初期投資回収期間の長さをとても気にしますが、事業の持続性を第一に考えるなら、必要以上に早く回収することだけを考えるべきではありません。

 

 基本的に初期投資額が大きい事業は、収益も大きくなりますし、その分回収期間にも時間がかかります。あくまでもあなたの都合ではなく、開業後の来店してくれるお客さんの都合によって収益の金額は変化します。

 

【ひと言】

 本部によっては、税引前当期利益や営業利益を税引後当期純利益のスペースに入れて事業モデルとしている本部があります。ここは、最終利益でないと計算が狂いますから事業モデルでは注意する点です。また、利益額ばかりに気を取られる人が多いです。ところが毎日使用することで消耗や破損する設備や機器の減価償却費がありますから、固定資産については決められた計算によって経費としていきます。ここを外してしまうとよくいう計算違いがおきて事業継続が難しくなります。

 


起業・独立ランキング
osakigyouosakigyouコメント(0)  
カテゴリ: フランチャイズ 

フランチャイズ加盟における事業継承

 よく平日昼間の映画館は、割引料金で入っている年寄りばかりといわれます。フランチャイズ加盟オーナーの世界でも今は、高齢オーナーがボリュームゾーンを占めています。古くからの経営が安定している本部では、この高齢オーナーが一斉に廃業すると本部の経営がぐらつくとさえ言われるほどです。

 

 そのため、加盟店の事業継承に本気で取り組んでいる本部は少なくありません。店舗数の多いコンビニの中には、子供や親せきなど親族に優先的に継承を認める本部もあります。ただ今は、求職者より求人募集をしている会社が多いですから、親族だけでは限界がみえています。

 

 そこで外部のオーナー希望者を募っている本部が増えだしました。特に外食業界でも、新店の加盟店オーナー募集ばかりでなく、既存店を引き継ぐカタチの継承が進められています。公に事業継承とは打ち出していませんが、オーナー希望者の中から引き抜く方法がとられているようです。

 

 フランチャイズ加盟で相談にのっていた人の中には、日ごろよくお客さんとして通っているお店のオーナーを通じてリタイアするオーナーを紹介してもらい、その伝手を通してオーナーになった人がいました。フランチャイズ希望者としては、幸運な開業といえるようです。

 

 まったく新しく一から始めるフランチャイズ経営ばかりに目が向きがちですが、市場が縮小する日本経済においては既存店の継承も考えるときにきています。ただこればかりは、上手く既存店オーナーと出会えるかどうか運が左右するようです。

 

【ひと言】

 人生において運の良し悪しが、その後の生き方を大きく左右します。いくら頑張っても成果がでないとか、満足できないということがあります。あまり深く考えなかったけど、巡り合わせがよくて満足できる人生を歩むこともあります。要は、人との出会いが運を運んでくれますから、出会いはとても大事です。


起業・独立ランキング
osakigyouosakigyouコメント(0)  
カテゴリ: フランチャイズ