新型コロナ感染が全国規模で広がって以降、急速に広がったビジネスの一つに料理の宅配ビジネスがあります。なかでもニューヨーク生まれで、日本においても都市部で急拡大しているのがゴーストレストランです。

 

またフランチャイズ展開をしている本部も昨年から増えています。加盟店は、他のビジネスとは違い店舗を構える必要がありませんから初期費用が安いです。問題なのは調理技術ですが、これを本部が研修で指導しようというもの。

 

 後は、本部によってシェアチキンを自前で提供している本部と、外部のシェアキチンを使う加盟店とに分かれます。その上でウーバーや出前館といった宅配サービス会社に登録してPRしてもらうことになります。

 

ここで考えてもらいたいのですが、これまで調理経験のない人が数日の本部研修だけで覚えた料理で、お客さんを作れると思いますか。競合している料理人には、コロナで廃業した料理店の調理人や店舗営業から宅配に切り替えた飲食店など、プロがごろごろしているゴーストレストランの世界です。

 

 これらプロの人たちは、シェアキチンさえあればフランチャイズ本部とは関係なしに一人でゴーストレストランを開業できます。逆にゴーストレストランを開業するフランチャイズ本部は、食材卸やロイヤリティ目的で開業している本部です。

 

 大半の本部は開業して1、2年しか経っていませんからまだ続いていますが、コロナ感染の減少に伴い今後お客さんが宅配サービスから店舗に出向いて食べるようになると、生き残れるゴーストレストランは限られてきます。

 

 その中で生き残れるフランチャイズ加盟店となると、とても限られた評判の店だけになりそうです。そこで生き残ることができかどうか、よく考えてフランチャイズ加盟を考えるべきです。

 

 【ひと言】

 フランチャイズ加盟を検討するときよく考えないといけないのは、技術系のサービスの場合は余程気合の入った人でないと難しいということ。本部に素人の技術をカバーするノウハウがある場合は別として、並みの技術で市場を生き抜くのは大変な努力が必要です。それならプロに弟子入りして技術を覚えた方が早いということです。ゴーストレストランのようによく事業内容を理解しないで加盟すると、痛い目にあいそうです。

 


起業・独立ランキング