例年正月になりますと、初めてフランチャイズ加盟による開業を考える人たちが増えてきます。年の初めはご自身の将来を考えるにはよいタイミングですから、「まったく開業経験はないのですが、フランチャイズ加盟店オーナーは自分にもできますか」といった内容の質問です。

 

 特に、正月になりますとネット上には「経験不要」とか「誰にでも開業できます」の文言で、フランチャイズ本部のネット広告をよく見かけるようになります。これから開業を考える人にとっては、簡単に店舗経営ができる魅力的言葉の羅列も見えます。

 

 ところが開業した店舗に料金を支払ってくれるお客さんの身になって考えてみてください。経験のない人が作った料理やお客さん向けサービスにあなたは仕事を頼みますか。誰にでもできる仕事で料金を貰うのは今の時代では難しいですよ。

 

 経営の視点から「経験不要」を考えますと、誰にでもできる仕事ですから他の人が参入するハードルがとても低い仕事ということになります。せっかく仕事を覚えて頑張ろうと思っても、常に同じ仕事をしている店舗が開業して参入する事業を始めることになります。

 

 今後フランチャイズオーナーとして事業を始めようと考えるなら、人にはできない自分だけの事業とは何か考えてみてください。会社勤めの時と同じで、他の人にはできない仕事のできる人が優遇されるのはどんな事業でも同じです。

 

【ひと言】

 事業経営の基礎的な知識は、フランチャイズ加盟する前に身に着けておくべき知識であって、加盟してから本部に教えてもらうようでは事業失敗の原因になります。本部というと全てのことに精通している会社と思いがちですが、実際は失敗することも多いです。倒産する本部もあります。冷静に本部を見る目が必要です。

 




起業・独立ランキング