フランチャイズ本部経営者として、日本で最も広く知られていた一人「タビオ」会長の越智直正さんが82歳で亡くなりました。越智さんは各地で講演活動をしていて、多分話を聞いたことがある人も多いのではないかと思います。

 

 越智さんは愛媛県で生まれ195515歳の時に大阪の靴下卸問屋に丁稚として奉公にでました。終戦から10年後の当時、地方の多くの家は農業に従事していて、長男は家を継ぐと次男以下の男性は見習いとして商店や工場で働いでいました。

 

 その後29歳で独立して靴下専門の卸問屋を開業。45歳のときにフランチャイズ本部「靴下屋」の展開を始めています。1984年のことです。越智さんが他の経営者と違っていたのは、いち早くコンピューターネットワークシステムを導入したこと。

 

 「売れるモノを売れるだけつくる」をモットーに、日本でのモノづくりにこだわりました。92年には、国内の靴下製造会社との間で“協同組合靴下屋共栄会”を作り、ネットワークを通じた発注システムを構築したほどです。

 

 2000年には株式上場を果たし、06年社名を靴下屋から「タビオ」へと名称変更しています。以前、越智さんの講演を聞いていてとても感心したことが二つありました。

 

 一つは中国の古典「論語」をとてもよく勉強されていたこと。経営上の難しい判断をするときにも、論語の教えを頭のなかに思い浮かべると、ほとんど悩むことはなかったと言ってました。

 

 二つ目は、毎朝ベランダで手を合わせ親族とこれまで世話になった多くの恩人の戒名を読み上げてお礼をしていたといいます。歳を取ると記憶があいまいになるのと恩人の数が増えるので毎日大変といいながら数十年も続けているといってました。

 

 「生きるためには何歳になろうと勉強を続けることです」と話していた越智さんも亡くなりました。丁稚から上り詰めた戦前生まれの最後の経営者が表舞台から消えました。長いことご苦労さまでした。

 

【ひと言】

 戦前の日本は国が貧しかったため、どんなに能力があっても進学できずに子供の頃から社会にでて働きました。パナソニックの創業者松下幸之助はlpmp丁稚から偉大な経営者になった代表格の人です。越智さんは戦後に社会にでましたが、やはり独力で努力して上場企業経営者になった人です。タビオは加盟店オーナーにとっても、働き甲斐のあるフランチャイズ本部でした。特に女性経営者の活躍が話題になって一時代を築きました。

 


起業・独立ランキング