苗場スキースクール レーシング・ブログ

苗場スキースクール・レーシング担当園部修がジュニアからシニアレーサーまで楽しめるN.S.S.行事を紹介! 

9月4日、サマートレーニングinみつまたスキー場

今回2日目、ブラシ・バーンは、雪上よりも足裏の細かい筋肉を使うため、スキー操作とバランス取りに相当役に立つはずです。また、全身筋トレにもなります。これを続ければシーズンに向けて自信が持てます。

昨日に引き続き低速エクササイズを多めにメニューしました。






このスキー先のクロストレーニングは、全ての基本をモーラした内容で、さらにストックをサーベル持ちして雪上を這わすことで、よりバランストレーニングにもなります。


今日も当然ゲート・トレーニングです。


コブ・チャレンジ。スピードが出ないので慣れれば簡単です。











ごめん、ビデオ撮れていませんでした。
P9040183










9月3日、サマートレーニングinみつまたスキー場

初めてのピスラボでしたが、以前プラスノーで滑った経験で感じたことは、両者共あまり変わらない感触。広い幅と長いコースは、圧迫感がなく夏の緑の匂いと吹き出る水のミストが爽快感を覚えます。また、新たなる夏の楽しみを見つけました。

今回のトレーニング内容は、雪上と違い滑走性が低いためどうしても勢いでスキーを曲げたくなります。そうすると谷廻り前半の捕らえが雑になりやすくなります。それを阻止するため低速で丁寧にスキーに乗り地面を捉える意識を高めるエクササイズを多く取り入れました。これで雪上に立ったときに弊害にならず効率のよいターントレーニングにしていきます。









ポールは、誰でも入れるように設置してあり、エクササイズの合間にもゲート・トレーニングが出来ます。








ブラシの場合、雪上よりエッジが噛みにくいため、アイスバーン・トレーニングになります。









9月4日は、次回掲載します。


月別
お知らせ
苗場レーシング・プロフィール
オサム
近年スキー用具の変化とともにスキー技術理論も変わってきている現状。レーシングスキーにおいては、応用といわれている部分の変化は、見られてもベース(基本)となるところは,なんら変わらない。我々は、今まで培ってきたそのベースとなるところを簡潔化し、将来どんな技術の変化にも対応できるレーサーを育てる事を念頭に広く分かりやすく皆様に伝えて行きたいと考えます。
  • ライブドアブログ