苗場スキースクール レーシング・ブログ

苗場スキースクール・レーシング担当園部修がジュニアからシニアレーサーまで楽しめるN.S.S.行事を紹介! 

2014第3回目狭山レーシング・エクササイズ

第3回目狭山レーシング・エクササイズ、
毎回来て頂いているアスリートのために出来るだけ同じエクササイズをやらないようにしていますが、狙いは、決まっています。スキー(スポーツ)に最適なポジショニングと運動です。
今回で20通り以上のエクササイズを行っておりますが、全てがそれに通じる内容です。
うまく出来た時とそうで無い時の違いをご確認ください。特にスピーディーに滑走している時は、悪いところが出やすいです。それを積み重ねてトレーニングしても雪や道具に慣れるけど本来の効率の良いスキーには遠回りすることになってしまいます。
両技術の違いを確認して、その誤差を最小限に留めましょう。






今回ご参加のアスリートの皆さん、このエクササイズの感覚を思い出して下さい。












2回目狭山レーシング・エクササイズ

2回目狭山レーシング・エクササイズを昨日月曜日PM7:00より行いました。
私、園部修が先週に引き続き担当。
先ずは、足首を使い前後のポジションを確立させるために、小回りターンを行いました。
同時に体が温まり、筋肉もほぐれます。
その後、ご覧の通りですが、低速のエクササイズでは、言われたことが出来ますが、高速でエクササイズを行わないと、すぐに元に戻ります。
この時期の選手は、あせらずじっくりとポジショニングを確立させましょう。
そういう意味でも狭山スキー場は、レーサーのトレーニングの場としては、最高です!!
ビデオは、個々のコメントが入っております。
是非、参考にしてください。


















狭山スキースクール・レーシングエクササイズ1回目

昨日3日、狭山スキー場にてレーシングエクササイズを行いました。
やはりこの時期トレーニング形式で汗かきながら滑ると楽しいですね。
同時に基本が身に付くところが良いです。
ところで、その時のビデオを取りました。
全部では、ありませんが参考までに見てください。
また、ご参加の方、ありがとうございました。
ご自分の滑りをご確認ください。

















バリエーションは、まだまだ沢山あります。
来週も行いますので、是非ご参加ください。




お知らせ
苗場レーシング・プロフィール
オサム
近年スキー用具の変化とともにスキー技術理論も変わってきている現状。レーシングスキーにおいては、応用といわれている部分の変化は、見られてもベース(基本)となるところは,なんら変わらない。我々は、今まで培ってきたそのベースとなるところを簡潔化し、将来どんな技術の変化にも対応できるレーサーを育てる事を念頭に広く分かりやすく皆様に伝えて行きたいと考えます。
  • ライブドアブログ