苗場スキースクール レーシング・ブログ

苗場スキースクール・レーシング担当園部修がジュニアからシニアレーサーまで楽しめるN.S.S.行事を紹介! 

12月16日(土)苗場レーシング、エクササイズ・トレーニング

12月16日(土)苗場レーシング、エクササイズ・トレーニングの集合場所は、プリンスホテル6号館前に9時50分になります。
お待ちしております。

25289474_1500661693382840_79596441809170068_n

狭山スキー場、12月14日ポールレッスン動画

狭山スキー場、12月14日のポールレッスンです。
今年最後となりました。
また、年明け早々から再開します。
是非、またご利用下さい。

ちょっと暖かかったので雪が柔らかい状態。
掘れ掘れでしたがバンピーなトレーニングが出来ました。

中回転


細かめのSL


苗場も雪が積もり次第ゲート・トレーニングを行います。
苗場スキースクールもご利用下さい。



狭山スキー場、12月14日、本日のポールレッスン

12月14日、本日のポールレッスンは行います。
お待ちしております。

キャプチャ
念のためお出かけの前に再度ご確認下さい。
狭山スキースクール TEL04−2922−6466
2018狭山ポールレッスンHP
2014sayama13

12月9日苗場、レーシングエクササイズ開始!

明日12月9日〜、苗場スキー場、レーシングエクササイズ開始いたします。

集合場所:第4ロマンスリフト乗り場付近
時間:AM9時45分、PM1時15分
レーシング会員の方は腕章を忘れずにお持ち下さい。お持ちでない方はご購入下さい。
会員以外の方は、下2ページのシーズン始めのレーシングエクササイズレッスンで対応いたします。

プリント・アウト用A4サイズ(JPEG)
2018苗場レーシング・パンフレット


表紙
2018苗場スキースクール・レーシング・プログラム表紙


苗場スキースクール・レーシング・プログラム1ページ
2018苗場スキースクール・レーシング・プログラム1ページ


苗場スキースクール・レーシング・プログラム3ページ
2018苗場スキースクール・レーシング・プログラム1ページ


苗場スキースクール・レーシング・プログラム4ページ
2018苗場スキースクール・レーシング・プログラム4ページ




12月7日狭山ポールレッスン動画

7日の狭山ポールレッスン、先週に続き盛況にて行われました。
7時から8時45分終了の短時間でのトレーニング、コース3分の1がゲート用にセパレート、始めに中回転で基本からGSに通じる内容、途中セットを変えてSL。今回はやや人数が多いのでスタートで並びますが始まればどんどんスタート、この時間内で9本滑りました。まさしく短期集中での高効率トレーニングです。ですから学校・仕事終わりの小学生から社会人まで幅広い層の参加者で楽しんでもらいました。もちろん全国大会出場の本格レーサーにもご利用頂いております。

そんな感じでの昨日動画です。
ヨンピョン・オリンピックからスタートのパラレルスラローム・セットです。


SL、始め方写っていなかった方は、2本目をご覧下さい。



24312960_1493052830810393_3239135541138862966_n

426" height="240

12月7日、本日のポールレッスンは行います。

12月7日、本日のポールレッスンは行います。
お待ちしております。

キャプチャ
念のためお出かけの前に再度ご確認下さい。
狭山スキースクール TEL04−2922−6466
2018狭山ポールレッスンHP
2014sayama13

2018シーズン狭山スキースクール、ゲート・トレーニング動画


狭山スキースクール、ゲート・トレーニングを本日から開始いたしました。
大勢のレーサーに来ていただき本格的シーズンを迎えることが出来ました。
最後は掘れ掘れのなかでのSLは、シーズン始めにしては難易度高かったですが、良い練習が出来たと思っています。
そこで、本日の動画を載せました。是非、ご覧下さい。

先ずは足慣らしの中回転


SL



狭山SS,11月30日、本日のポールレッスンは行います。

11月30日、本日のポールレッスンは行います。
お待ちしております。
狭山スキースクール TEL04−2922−6466
キャプチャ
念のためお出かけの前に再度ご確認下さい。
狭山スキースクール TEL04−2922−6466
2018狭山ポールレッスンHP
2014sayama13

11月30日木曜日狭山ポールレッスン開始!!

11月30日木曜日狭山ポールレッスン開始!!
詳細はしたの通りです。
狭山だから出来る、いち早くのゲート・トレーニング。
後半のSLは、年明けの大会を控えているアスリートには、心強いはずです。
是非、チャレンジして下さい。
キャプチャ
念のためお出かけの前に再度ご確認下さい。
狭山スキースクール TEL04−2922−6466
2018狭山ポールレッスンHP
2014sayama13


テクニカル・セオリー15、Dave Rydingの滑り解説

image8











テクニカル・セオリー、しばらくサボっていました。すみません。
以前から感じていたことですが夏のブラシスキーでトレーニングし、いざ雪上で滑ったときに違和感を感じませんか?そう、ブラシと雪の違い、ブラシは硬く雪のように縦に地面に圧を与えてもスキーはたわまない。だからスキーをたわまそうとして、スキーの角付けを強くして横方向に圧を与える。するとカービングして行きます。しかし、シーズン始めの柔らかい雪でそれをすると横方向に雪を蹴散らせてしまうのです。レースでスピードを競う中、それはタイムロスにつながります。つまりブラシスキーでのトレーニングは気を付けないと弊害となってしまう危険性があるのです。そんなことを思っている矢先に先日のWCフィンランド、レヴィ開幕戦SL。1本目ラップタイムを出したイギリスのデーブ・ライディング(Dave Ryding)選手。滑りを見ていると実にオーソドックス。スタンスが狭く常に身体の下に両足がある滑り。彼の国イギリスは雪山が乏しくブラシでトレーニングをしたり、実際に大会も行っていると言うことは知識にありましたが、そんな選手がWCのラップ。どういうことなのか考えさせられますよね。まさしく横にスキーをたわますのではなく、縦にスキーをたわますので、スキーがずれない上に雪面を長く捉えているのです。それが安定感にもつながり、今回のような3箇所の人口ウエーブも難なすことが出来るのです。しかも身体の下でスキーが操作できるので、早い動きもやりやすい。まさしく一石二鳥。ブラシもトレーニングしだいで非常に良い効果をもたらす。その良い例としてこのライディングの滑りです。これは、ブラシにかかわらず、柔らかい雪、アイスバーンにも当てはまります。そういう意味でも、これから彼の滑りが見逃せません。

image6

IMG_4879



月別
お知らせ
苗場レーシング・プロフィール
オサム
近年スキー用具の変化とともにスキー技術理論も変わってきている現状。レーシングスキーにおいては、応用といわれている部分の変化は、見られてもベース(基本)となるところは,なんら変わらない。我々は、今まで培ってきたそのベースとなるところを簡潔化し、将来どんな技術の変化にも対応できるレーサーを育てる事を念頭に広く分かりやすく皆様に伝えて行きたいと考えます。
  • ライブドアブログ