苗場スキースクール レーシング・ブログ

苗場スキースクール・レーシング担当園部修がジュニアからシニアレーサーまで楽しめるN.S.S.行事を紹介! 

2018サマー・スキー・トレーニング inみつまたスキー場

2018サマー・スキー・トレーニング
             inみつまたスキー場


来シーズンに向けてのレーシング・エクササイズによる基本トレーニング。

今では夏のトレーニングには、欠かせないプログラムになっているブラシ(ピスラボ)トレーニング。しかし、やり方によっては、雪上と異なる弊害が生じます。苗場レーシング・スタッフは、それを把握し、雪上に立ったときにいかにこの夏のトレーニングが生きてくるかを考えトレーニングを致します。是非、この機会に体感し来シーズンに向けての準備に取り掛かりましょう。

 1日のスケジュール(予定)
 AM 9:00〜11:30 トレーニング 
 PM 1:00〜 2:30 トレーニング 状況により変更あります。 

日程2018年 8月18日(土)、19日(日)、9月22日(土)、23日(日)
場所 みつまたスキー場 サマーゲレンデ(ピスラボ)
対象 リフトに一人で乗れる小学生〜シニアのカテゴリー問わずレベルアップを目指している方 
集合 1日目/08:30、2日目/08:30 
    みつまたロープウエイ乗り場
料金 レッスンのみ 2日間  7,000円 (リフト券無)
          1日のみ 4,000円 (リフト券無)
※ 会員の方は、各1,000円引き※ ゲート(ポール)は使用しません。
● 用意するもの スキー(古いスキー)、用具一式、プロテクター、ヘルメット
         雨具(防水カッパ)、飲み物、昼食代
● 申し込み方法 行事名、参加日、氏名、住所、連絡先をメールにてお送り下さい。
● 支払いは、当日現金にてお支払い下さい。
● 問い合せ・申し込み先  メール  osonobe@pc5.so-net.ne.jp
苗場スキースクール 担当 園部 修(ソノベ オサム)

P9040070

P9040092

P9040211










2018.8.19サマー・スキー・トレーニング 動画

 昨日のエクササイズとダブらない、飽きさせないために全種目違うエクササイズを行いました。しかし、全てが共通の基本動作に通じる内容です。あの手この手で確実に基本動作が習得できることを目指すのが、このレーシング・エクササイズの良いところです。ヨーロッパでは、子供から大人、初級者からトップ・レベルのWCレーサーにいたるまで、ウオーミング・アップやレッスン等で必ず行います。以前ベンジャミン・ライヒが来日した時もこのレーシング・エクササイズを推奨していました。

これは、外傾、適度な外向、切り替え時のスキーをリリースするためのエクサです。


ブラシで小回りも行います。






2018.8.18サマー・スキー・トレーニング 動画

 朝苗場からみつまたスキー場に向かいましたが、山は、涼しいです。さわやかな風を感じながらエクササイズ開始しましたが、次第に熱くなり思わず熱いを連呼するほどになりました。それでも耐えられない暑さにはならずにすみました。
 さて、滑りの方は。数人の子供は、あまりカーヴィングの強いスキーではなくエッジもギンギンではない状態。それでもOKでトレーニングしています。ブラシスキーでトレーニングする場合、ギンギンのエッジでカーヴィング・トレーニングよりも甘いエッジで基本トレーニングを心がけています。それは、ブラシスキーを上達するためのトレーニングではなく、スノースキーのための基本トレーニングに割り切っているからです。ブラシは雪に比べターン・スピードよりも落下スピードの割合が高いので、シーズン始めの柔らかい雪でどうしても同一のタイミングで切り替えられず、滑走性の高い雪ではターン後半に雪面を押してしまう上に強くスキーをたわませようとしてしまい、雪では大きなロスになる恐れがあります。それでは、弊害になりますよね。しかし、スキーがずれても外傾、スキーが回りすぎても外向姿勢を保つことで、足場をつくり次への動作に入ることをトレーニングしておけば、シーズン・インで必ずプラスになります。それを目指して、半分筋トレ、半分単純作業の動きで体から基本を染み込ませています。

エクササイズ動画1
外足だけが流されてX脚になりやすいので、これで修正。


エクササイズ動画2
短いエッジングのトレーニング。



 

2018オーストリア・レーシング・キャンプ最終日

 3週間は長いようで短い期間でした。朝起きて夜9時までは殆どノンストップで何かしらしていると言う日々。本当にあっという間のキャンプでしたが、アスリートが怪我無く、毎日滑れたことが何よりです。しかし、今年は、初日の雨と今日の曇り以外は、毎日晴れ。始めの2週間の急斜面にアイスバーン、残り1週間の緩斜面でのトレーニングは、最高のトレーニングになったことを確信します。この後の日本での陸トレ、ピスラボでの更なるトレーニングを積んで、来シーズン良いスタートが切れることを期待します。
 とりあえず、日本にこの動画を早くお届けしたいので、この辺で止めます。
 明日は、日本につき親御さんにお会いするまで気を緩めず移動したいと思います。

このキャンプ、ラスト・ランです。








































そして、この後のピスラボトレーニングのご案内です。
やはり、基本練習を引き続き行います。
是非、お越し下さい。

2018サマー・スキー・トレーニング
             inみつまたスキー場


来シーズンに向けてのレーシング・エクササイズによる基本トレーニング。

今では夏のトレーニングには、欠かせないプログラムになっているブラシ(ピスラボ)トレーニング。しかし、やり方によっては、雪上と異なる弊害が生じます。苗場レーシング・スタッフは、それを把握し、雪上に立ったときにいかにこの夏のトレーニングが生きてくるかを考えトレーニングを致します。是非、この機会に体感し来シーズンに向けての準備に取り掛かりましょう。

 1日のスケジュール(予定)
 AM 9:00〜11:30 トレーニング 
 PM 1:00〜 2:30 トレーニング 状況により変更あります。 

日程2018年 8月18日(土)、19日(日)、9月22日(土)、23日(日)
場所 みつまたスキー場 サマーゲレンデ(ピスラボ)
対象 リフトに一人で乗れる小学生〜シニアのカテゴリー問わずレベルアップを目指している方 
集合 1日目/08:30、2日目/08:30 
    みつまたロープウエイ乗り場
料金 レッスンのみ 2日間  7,000円 (リフト券無)
          1日のみ 4,000円 (リフト券無)
※ 会員の方は、各1,000円引き※ ゲート(ポール)は使用しません。
● 用意するもの スキー(古いスキー)、用具一式、プロテクター、ヘルメット
         雨具(防水カッパ)、飲み物、昼食代
● 申し込み方法 行事名、参加日、氏名、住所、連絡先をメールにてお送り下さい。
● 支払いは、当日現金にてお支払い下さい。
● 問い合せ・申し込み先  メール  osonobe@pc5.so-net.ne.jp
苗場スキースクール 担当 園部 修(ソノベ オサム)

P9040070

P9040092

P9040211










2018オーストリア・レーシング・キャンプ第3クール4日目

今日も怪我無く終れたことを感謝します。
そしてSL最終日。皆、昨日のミーティングで言ったことを意識して滑っているはずです。少なくとも、ターンの質は、この動画を見る限り向上しています。
我々、この後マイヤーホッヘンにプチ観光に行くので、とりあえず動画を載せます。
最終日の明日はGSです。最後まで気を抜かせません。


























2018オーストリア・レーシング・キャンプ第3クール3日目

TUXも雪がだいぶなくなってきました。それでも昨年に比べると条件は良く、ゲートを張っているコースに関しては、全然問題ありません。今日も無事終了したので後の2日間、怪我させないよう頑張ります。

移動でリュックを背負っていても、急斜面で小回りターンの練習です。


今日も1本目は、大会のつもりでスタートです。当然皆、ワンピースでスタート。滑りは、昨日より更に良くなっています。見て下さい。




















後半の動画です。掘れたコースのトレーニングは、欠かせません。










前に滑っている3年前のヨーロッパ・カップ・チャンピオン、ITLIAN、足首の動きとポールの狙い方・ラインが分かりやすいです。
比較してみて下さい。


もう一人のITALIANとJAPNESE 女子。








明日SL、明後日GS最終です。




2018オーストリア・レーシング・キャンプ第3クール2日目

 どうやら今週木曜日まで晴れの予報。もし、それが当ったら、来た初日以外晴れと言うことになります。帰る頃には、と言うより既に顔が真っ黒です。スキー場のコンディションが良く、ゲレンデも空いているので待ち無しでリフトに乗れる。ゲレンデもゲートを張るのに何時ものような争奪戦が無いです。そういう意味では今シーズン、ラッキーです。後は残りの3日間、怪我無く、スキーが思いっきり出来ることを祈ります。

 今日のSL動画です。
 何時も私のコメント辛いのは、長い目で見ているからです。本当はアスリート全員、間違いなく上達していることを確信しています。











































2018オーストリア・レーシング・キャンプ第3クール1日目

 いよいよ第3クール最終週に突入しました。
 その前に昨日の報告です。昨日は、インスブルック観光に行ってきました。毎年恒例になった元WC・SLチャンピオン、オーストリア・レーシング・キャンプのBOSS、フーゴ・ニンドルと昼食をとりました。今回は、旧市街にある、かなり洒落た建物のお店で会食。せっかくオーストリアなので地元料理の定番、ウインナーシュニッツェルを食べました。子供達も美味いと言いながら皿いっぱいにはみ出た揚げカツをすっかり全て平らげていました。本当に美味しかったです。
 しかしこの街は、来るたびに建物の外装はそのままですが、内装やお店が新しくなり、清潔感漂う街に変わってきています。まるで毎日がお祭りのように賑わい、世界各国の観光客でいっぱいです。そして、昨年に続きあの有名なGolden Roofの前では、結婚式を挙げたカップルの祝福のセレモニーが行われていました。
P8040005

P8040012

P8040013

P8040144

P8040101

P8040105
フーゴに昨日の滑りを見てもらっています。

P8040132
皆、サインを貰っていました。

P8040139

P8040084

 そして、長くなりましたが、今日のSL動画です。
 一昨日までのバーンから向い側のオルペラーに使用バーンを移してのSLを行いました。こちらの方が雪が豊富なのと向き的に日があたり出すタイミングが早いので、雪が溶けて柔らかい状態でのスタートとなりました。また、上下セパレートして張ってあるゲートが緩斜面全体と初め急斜面スタートで緩斜面の2セットで行いました。そこでアスリートも先週までの難易度の高いバーンから比べるとかなり簡単に感じたと思います。それと今までのトレーニングの成果が加わり、皆積極的にゲートにアタックしていました。見ている側も何か気持ちよい気分で本日を無事終了することが出来ました。






































P8040188

P8040087






2018オーストリア・レーシング・キャンプ第2クール5日目

第2クール、本日無事終了しました。使用バーンも次第に氷河がむき出しになり、かなりハードなトレーニングが強いられています。当然アスリートの体力負担は大きく、疲れが蓄積して来ています。この辺で休日とし、明日は皆でインスブルック観光、リフレッシュしに行きます。

毎日このバーンはきついです。しかし、皆弱音を吐かず頑張っています。

GS動画




















GS写真
P8030114

P8030138

P8030160

P8030169

P8030178

P8030187

P8030196

P8030201

P8030209

P8030217




2018オーストリア・レーシング・キャンプ第2クール4日目

 今週は気温が高く朝数本のみがアイスバーンでしたが、今日は朝気温が下がらず1本目から柔らかい雪でのスタートとなりました。
 今回の動画はまだあまり掘れていない、2本目の滑りを載せさせて頂きます。スタート直後の緩斜面は柔らかくバンク状にラインが出来ています。後半の急斜面は雪が解けて、あお氷剥き出しのコースでの撮影です。この後の掘れはさらに深くなり難易度は非常に高いですが、トレーニングとしてはかなり良いものが得られるはずです。緩斜面のバンク狙いから、急斜面のアイスバーン、正直これでトレーニングしていれば怖いもの無しと言った感じです。

GS動画




















GS写真
P8020165

P8020037

P8020095

P8020101

P8020106

P8020116

P8020124

P8020137

P8020139

P8020151

アイスバーン、急斜面、GSスキーで小回り教えたら直ぐ出来るようになりました。
後は、忘れないように、反復運動です。

この後、少年にも伝授します。

明日もGSです。








月別
お知らせ
苗場レーシング・プロフィール
オサム
近年スキー用具の変化とともにスキー技術理論も変わってきている現状。レーシングスキーにおいては、応用といわれている部分の変化は、見られてもベース(基本)となるところは,なんら変わらない。我々は、今まで培ってきたそのベースとなるところを簡潔化し、将来どんな技術の変化にも対応できるレーサーを育てる事を念頭に広く分かりやすく皆様に伝えて行きたいと考えます。
  • ライブドアブログ