ピスラボ・トレーニングをみつまたスキー場で行いました。
今回も雪上のトレーニングとして行うため、割り切って基本のみを行いました。しかもあまりカーヴィングを意識してしまうと雪上とブラシのタイミングと捕らえの違いで弊害になる可能性があると考えます。そこで、廻旋動作とポジショニングを中心にトレーニングをしました。

ピスラボは、アイスバーンを想定してトレーニングできるので非常によいトレーニングが出来ます。
だから、参加者には、あまりギンギンにエッジを研がなくても良いことを伝えて有ります。

これは、膝下でのエッジングトレーニング。



とにかく外スキーが大切。



切れないので、足場がつくりにくいですが、やはりアイスバーンを想定して小回りのトレーニング。



しっかりと足場をつくるためのWストック。苗場レーシング恒例。