ギタリスト山口修、感動の時を重ねる

音楽小屋情報

ショスタコーヴィッチとグリーグそして協奏曲はジュリアーニと、「佐藤純子さん」の長崎ギターグランプリ受賞を記念してのリサイタルを合わせての開催になります。
「99回」は何かしら大きな勢いを感じます。山下亨先生と門下生たちがコツコツと頑張った歴史でしょう。

グランプリを受賞された佐藤さんは、ギター音楽院を支える最も信頼される、山下亨先生の片腕として、音楽院全体、私迄、何やかやとお世話頂いています。

本番まで2週間。私は3回の練習とゲネプロ、本番の参加です。
皆さんの情熱が届きますように、私も頑張ってまいります。

11月26日(月)長崎市民会館文化ホール「長崎ギター音楽院第99回定期演奏会」

千葉での5日間7回のコンサート、長崎へ戻ったところで、東京からお二人の共演者が到着。空港から直行頂いて、打ち合わせ、リハーサル。
4回のコンサートもあっという間。
今日は鹿児島に来てしまいました。
明日は「九州ギターフェスティバル」。
九州のギターの祭典です。

開催地の九州ギター音楽協会理事、鹿児島支部長濱田貴志氏、それから鹿児島の皆さんの頑張りが、前準備そして前夜祭でも伝わって来て、大変盛り上がりました。

明日は、今や世界を牽引する、巨匠、福田進一さんがスペシャルリサイタル。九州合同のギターアンサンブルとも、共演が叶いました。
私もアンサンブルに参加します。

来年は大分、再来年は長崎でのフェスティバルが予定されています。

毎年千葉の皆さんと迎える、秋のツアー。

数えては無かったですが、80回くらいコンサート重ねさせて頂いたのでしょうか。

感謝の5日間です。


10月千葉ツアースケジュール


25日(木)19:00開演

中国料理店「輝煌」


26日(金)13:00開演

千葉市小ばと幼稚園(保護者対象)


26日(金)18:30開演

千葉市美浜区打瀬「ジャイネパール」


27日(土)13:30開演

放送大学千葉学習センター


27日(土)18:30開演

香取市佐原やまゆサロン


28日(日)13:00開演

千葉市鍋島整形外科


29日(月)14:00開演

船橋市本中山

西船ハイム集会場


千葉コンドー楽器 GROBO蘇我センター 043-266-5117

                                 担当/小林正明

20日は15時からは「山里観光市場 第64回うたごえ市場」、18時過ぎからは平和町公民館で「音楽小屋 研究会コンサート」を開催致します。

「うたごえ」は皆さんを心つなぐイベントとして、たくさんの皆さんが寄って下さると嬉しいです。「うたごえの聴こえてくる町」って素敵だと思います。

「研究会コンサート」はまだ2回目ですが、何方も大好きな音楽を伸び伸びと演奏、皆さんで楽しみ合いたいと企画しました。
今回は13人の参加、ギターソロ、合奏と楽しみです。
何方もご参加頂けますので、どうぞよろしくお願い致します。
FullSizeRender

「おくんち」は、地元ならずとも、全国からたくさんの観光客の皆さん。秋の宝物のような気候に、これ以上の喜びはなかったと思います。

実はこんな秋に向かって、声枯れが気になり、病院へ行き、大変な病状に驚きました。

声枯れは喉にポコっと出来たものが、発声を邪魔して起こった症状でした。

早期であるものの、治療は不可欠。
日程調整との戦い。なにせ「芸術の秋」ですから。
毎日の治療になり、かなり仕事は削らねばならないようです。

千葉7回、上五島3回のコンサートが通院出来ず、そこを避けて、病院の先生との相談になります。

ま〜なんで、こんな!
私はこれまで何度も皆さんにご心配をお掛けして来たのに、何とも申し訳ないです。

21日から宮城県へ向かいます。
癌で闘病中の父に、「これまでの旅で一番の場所は」、父は「仙台が良かった。七夕も素晴らしかった!」と話してくれました。
ずっと気にしながら、行ってみたかった場所です。
私は秋田(男鹿半島)生まれですが、秋田も行った事なない。
東北にはすごく興味があるのです。

コンサート前日夜に入って、翌日がコンサート。
カイケンコーポレーションさん、こころ工房さんとのご縁に感謝しております。

FullSizeRender
FullSizeRender

ギター生活46年間。ささやかですが、演奏の世界で生かせて頂いてる事に感謝しております。

たくさんの方々にお世話になって、今はもう亡くなられた方も多くなってしまいました。ご恩返しも出来なかったです。素晴らしい方々、出会いの時を想うと胸
がいっぱいになりますが、心の中の宝物です。

私がギターに魅かれ、最初からご指導頂いた山下亨先生が主宰されている「長崎ギター音楽院」の定期演奏会が、来年5月12日に100回を迎えます。100回は偉業です。
この一回一回の定期演奏会やサロンコンサートが、私達門下を育ててくれました。

半世紀以上をギターに生き、純粋に、今も尚、情熱的な活動をされている、山下亨先生の背中を、私はずっと追いかけていたいと思っています。

来年の記念すべき定期演奏会に「プレコンサート」や「実行委員会」が始まっています。皆で力合わせて長崎のギターを盛り上げ、広げて参りたいと思います。

私達の事務所には、マンちゃんの写真が掲げてあります。
眼の奥から、しっかり生きろ!頑張って出会え!って訴えているマンちゃんの姿。
この写真は波佐見町の写真家「鶴田和利さん」が撮影されました。
結局はこの写真が、マンちゃんの最後の姿になり、お陰で綺麗なパネルのマンちゃんが、いつもそばにいてくれます。

鶴田さんよりご連絡頂いて、撮影頂きました。実はこの時、私は帯状疱疹の真っ只中。
撮影などお受け出来る状態ではありませんでした。
何とかなるさ、コムシコムサ、ケ・セラ・セラ、楽しませて頂きました。
FullSizeRender
IMG_2924

何度も何度も、頑張り続けている母です。
大正9年生まれ、98才は驚きです。 

僕が散々迷惑や心配をかけた母、登校拒否の時も、一緒に悲しみ、苦しんでくれた母、私が何かから逃げようとすると、一緒に逃げてくれた母。

私達の出張やら、不規則な生活で、随分寂しい思いもさせたのですが、素晴らしい施設と巡り会え、母の次の人生が出来ました。

今の母が、少しでも楽に毎日を過ごせ、1日1回安心を感じて貰えれば、嬉しいです。
それは、母も親不孝な私を育てながら、毎日願っていた事と、同じかも知れません。

心からの感謝を、これからの母に伝えていきたいです。

「マンちゃん」の葬儀の際、正面に飾られた素晴らしい空気感を持ったマンちゃんの姿。
撮影は写真家「鶴田和利さん」でした。

この写真は龍頭泉に、そして私達の事務所にあって、いつも活動を見守ってくれ、力を頂いています。
目の力、姿勢、全体の緊張感、その人となりが伝わって来ます。

鶴田さんより、展覧会出展の写真撮影のモデルにとご依頼を頂き、お役に立てるか不安でしたが、撮影時間2時間ほど、お世話になりました。

展覧会は長崎県美術館で8月21日から26日まで。撮影頂いた5作品が出展されるそうです。
FullSizeRender
FullSizeRender

このページのトップヘ