ギタリスト山口修、感動の時を重ねる

音楽小屋情報

昨日から鹿児島さつま川内入り、夜の野外コンサートは演奏家人生そう多くは経験出来ない場ですが、心配な準備の時間は夕暮れにつれ、爽やかな空気。屋外という状況も忘れてしまう程の集中した環境に出なり、本当に嬉しかったです。

其れから驚くべきはそんな屋外の素晴らしさに増して、モデルハウスの空気の旨さが同化されている事でした。

本日は屋内でのコンサートですが、又違う環境、空気が楽しみです。
image

度々あるのですが、目の充血小さな目(此は生まれつき)

私のコンタクトレンズの使い方、目の疲れ、コンタクトしながらの居眠り等が影響しているのでしょうか…

自覚症状は何ともなかったのですが、奥さんに「目真っ赤!」って叫ばれて、眼科は午後から休診日
行きつけの眼科に、最近走った事もなかったのに、ギリギリ間に合いました。

病院はたくさんの患者さん、ロビーには波佐見町の焱龍さんの絵が正面に飾られています。

此だけでも良い。見る薬です。
image

梅雨明けとったそうな…

漸くですが、今年は本当に読めない気候です。
世界の動きも目を疑う事ばかりで、気持ちが荒んでしまいます。
ともかく不幸な出来事、不幸な人達を出さないで欲しいと祈るばかりです。

気候と人達の心は共存するものでしょうが、そこで闘ってこそ、人は計り知れぬを持っています。

梅雨明けを大きな契機に、安心の地球が戻って来て欲しいです。

長崎県が主催する心に響く人生の達人セミナー
このタイトルに毎年、申し訳なさを感じながら県内の高等学校にお邪魔しています。

私のテーマはこころいっぱいの時間(とき)。このテーマで長く講演をさせて頂いているのですが、本を書いている訳ではなく、季節、生徒さんの空気で自由に話させて頂いています。今の今に新たな発見があれば、早速話題の一つにもします。

話に行き詰ればギター演奏、又壁に当たれば純子さんので構成?して行きます。

今年の第1回目は7月14日開催の鹿町工業高等学校、暑いのでポーっとしない様に頑張ります。

夏の恒例イベント、とぎつカナリーホール主催のカナリー音の博覧会
今年も8月20日(土)、21日(日)に開催されます。

様々な楽器、音楽、人との出会い。
入門講座は短い時間ですが、大変貴重な第一歩です。

クラシックギターは「入門講座」と「マスタークラス」8月20日(土)です。

皆様どうぞご参加下さい。

詳しくはとぎつカナリーホールまでお問い合わせ下さい。

とぎつカナリーホールステージ9

時津町では小中学校の9年間、カナリーホールへ足を運んで頂き、コンサートに出会って貰おうと、素晴らしい啓蒙活動を続けています。

とぎつカナリーホールが時津町の皆さんに愛され、文化の発信基地町のシンボルとして音楽ホールが呼吸をしている事、時津町のホールなき時代を知る演奏家としてはの様です。

子供達は我が町のホールに慣れ親しみ、しっかりと生演奏を楽しみ、大きな拍手をし、一つの空気を作る楽しみ方を身に付けていました。

この子供達が将来、此れからの街づくり人作りに、力を発揮してくれる事でしょう。

imageimage

昨年の黒島教会でのコンサート。
島民あげてのイベントに、心ひとつになった感動の1日を思い出します。

扇風機全開の夏の黒島教会。教会にはたくさんの島民の皆さん、島外からのお客様、そしてフランスからはパリ在住の音楽家東敬史さんもお越しの中、東さんの作品「黒島讃歌」「さざんかの花」2曲もプログラムに並べ、コンサートをさせて頂きました。

其れから1年。

たくさんの方々から頂いた想いをつなぎ、CDを制作することになりました。

収録は全て東氏作曲によるもの。新たに「ボンジュールパリ」「キリエ」「ベツレヘムの夢」を加え、5曲。
歌とギターの作品です。

漸くレコーディングを終えました。

私達、二人共に、今あるエネルギーを出し切った感じ、商品になって店頭に並ぶ日が楽しみです。

長崎北病院、長崎記念病院共に長年にわたって病院コンサートを続けて下さっています。

今月は二つの病院で演奏させて頂きます。

長崎北病院のロビーコンサートを先にご案内します。

時津町、長崎市北部地区の貴重な文化活動です。

感動の出会いを、どうぞ応援して下さい!
image

人様の指導など私には出来ない!とは思いつつも、長崎での演奏活動の一部としてギター教室を本気で考え始めたのが平成4年。
気が付けばこんないい加減が24年間の月日を経させて頂いた。

たくさんの皆さんが教室、サークルに集って頂き、何方かと言えば私が育てて頂いた。

長崎中央公民館のギター講座がサークルになり、ギター愛好会を作ってくれた。
素晴らしいメンバーに囲まれて、教えることの楽しさ味わい、そして自分の力不足にも悔しさ感じ、今に至っている。

発表会を開催したいと考えたのも、ギター愛好会のお陰、発表会のホストサークルとしてずっと力を頂いている。

長崎西公民館からはハカランダ、エチュード、トレモロと3つのサークルが誕生した。今年4月からも新しい講座が始まっている。西公民館のギター人口は着実に増えている。

教室発表会ギター大好き!発表会と銘打ち、何方にも舞台に上がって頂きたいと、兎に角ギターの祭りにしたかった。

6月4日は長崎新聞社アストピアのホールで開催する。ご協力を頂き、2階3階を全て貸切りにしての大イベントだ。

ホールを仕切り、隣ではお疲れ様会、簡単に言うと「打ち上げ会」。今年も80名以上のメンバーが参加する。

余興としてフォルクローレグループスマンドスのスペシャルコンサートを企画、人とギターにたくさん元気育む1日にしたい。

演奏家でご夫婦
この同じ境遇、出会いに大きな親しみと、更に高橋和彦さんが諫早市ご出身と、同県人に誇り感じています。

毎年長崎ではギター大好き展の人気のコンサートとして、高橋和彦さんとギターでのコンサートを開催させて頂き、長崎市内のファンも定着して来ました。

ピア二スト、奥様の夏川由紀乃さんとの演奏活動。
福岡リサイタルは毎年恒例となり、その大きな存在感はマンドリン界を超えています。

私達は毎年お二人の姿に心動かされ福岡リサイタルに足を運んでいます。

とても楽しみです。

image

このページのトップヘ