ギタリスト山口修、感動の時を重ねる

音楽小屋情報

2006年06月

出羽の海部屋で大村出身の金開山親方にお会いしました。大変繊細で優しい人柄が好感持てました。素晴らしい力士を育てて欲しいものです。
お話をさせて頂いている内に、なんと土俵上で演奏をさせて頂けるとの事になりました。 音響や湿度はかなり気になりますが、それより何より嬉しいのは、親方が生の音楽を力士の皆さんに、しかも大切な土俵で聴かせようと思って下さる事。心より感謝です。
楽しみにしております。

私は小学生時代、低学年を西町小学校、高学年を勝山小学校で過しました。登校拒否でたくさんの方々に心配と迷惑をおかけしながらも、ギターと出会えた私の原点でもあります。   その私の心の中で、かなり空白になっていた小学校に明日、なんと初めて演奏に行かせて貰うのです。どうしましょう〜考えれば考える程いつもとは違う心境なのです。
私を育ててくれた学校、情けない自分の姿も全て知られている学校…緊張と共にどうやって子供達と出会えば良いかとか、たくさん迷っています。   
でもやっと決心しました。明日はいつも通り舞台に立ち、小学校時代を思い出しながら、もう一度原点に戻って頑張って弾こうと思うのです。人生の仕切りと言いますか、来年はデビュー35周年、反省と頑張りの年なのです。    
暑い体育館のコンサートが続いてます。涼しくなる頃には、少しでも成長出来てれば嬉しいです。進歩してなければ又やり直します。

午前中は西大村小学校、午後は放虎原(ほうこばる)小学校でコンサートをやって来ました。 当たり前ですが体育館は暑い!気を失いそうな空気の中、でも両校合わせなんと1600名の皆さんが素晴らしく良く、私達の演奏を聴いて下さいました。最後は『翼をください』『世界がひとつになるまで』を大合唱、夏は辛くとも爽やかな時を過してこれました。
すごい雨、長崎本線大村線は徐行運転、大変な季節ですが子供達には全く関係なし、元気な子供達の何ものにも変えられない良い顔が宝物でした。

長崎市の喫茶、ギャラリー「遊民」のコンサートが終了しました。
生まれながらにして、障害と闘い続ける祐介君そしてそのご家族のために毎年演奏させて頂くコンサートは、祐介君の成長と共に8回目を迎えました。
40席程で満席の喫茶店は祐介君の支援者や音楽ファン等で毎年埋め尽されています。今回祐介君は3日前から熱が下がらず心配されたものの、さすが「遊民」の陰のオーナーらしく、責任を果たしてくれ、自ら熱を下げて聴きに来てくれました。    ご家族の皆さんは、祐介君に助けられ、元気を頂いているとおっしゃってます。喜びも悲しみも共に分かち合ってここまで来られたのでしょう。
祐介君頑張れ!

イギリスのガーデニング世界1を決める大会で202年目にして初めて日本人、長崎の石原和幸さんがゴールドメダルを獲得、エリザベス女王よりメダルが授与されました。
すごい事です、石原さんは長い道のりを得てガーデニングを手掛け、研鑽を積まれました。今回テレビチャンピオン出演後、やはり世界へとイギリス世界大会出場2度目(1度目は銀)のチャレンジで金メダルを勝ち取られました。
今日は各界の 夢多き青年達を中心とするチームが石原さんを囲む会を主催。石原さんの快挙をお祝いしました。
私達は記念演奏を行って参りました。
加藤登喜子さんからも手紙が届き、皆さんにご披露。石原さんの喜びもひとしおでした。純子さんが歌う『100万本のバラ』が響きわたりました。もし100万本のバラを実現しようとすれば、材料費ざっと3億円手間賃入れ10億円はかかるそうですが、薔薇の命は三日間…石原さんの夢の一つだそうです。

宣伝で恐縮ですが〜来る7月11日夜、福岡市中央区の「大名華風」092-741-1234に於いて『山口修ディナーコンサート』を開催致します。
三ヶ月前にオープンしたばかりのこのお店、素敵な中華料理が堪能出来ます。
コンサート当日はゆっくりお食事して頂いた後にコンサートをお楽しみ頂く予定です。お時間おありでしたら是非お越し下さい。(要予約)


昔話ですが、私は15才頃から横浜にギターの勉強に通ってました。今は廃止になった「寝台特急さくら号」に乗ってのギターレッスンの旅です。石川町下車、中華街を横目に山手にある先生のお宅で、1日約3時間のレッスン受講とホテルに帰ってからの約5時間の自己練習、ギター三昧の日々は懐かしくも、大切な思い出です。 最近の私はどうでしょうか、演奏に対しての努力は、かなり情けないと反省してます。
今日は古賀小学校での「長崎ギター四重奏団」の演奏
、体育館の天井雨音との共演は厳しかったものの、子供達やギター四重奏団の若い三人のギタリスト達に元気を貰って、楽しい演奏会になりました。     沢山の感動の山の中に居られる幸せを噛み締め、気持ちを高めて、又勉強しなおしてみようかと思っています。


いよいよ夏の鬱陶しさとの闘いが始まりました。特に「学校コンサート」の会場となる学校の体育館は気を失いそうな暑さと湿気に包まれ、聴衆はもちろんの事、私は汗だくでの演奏です。汗が目に入り痛いと思った瞬間、緊張感が薄れて変な音を出しては落ち込む事も多いのです。     この所コンサートが繋がってしまい、床屋さんに行くチャンスを逃してばかり、暑く、無さ苦しく、小学校六年生頃から現在迄何十年と保って来たヘアスタイルも乱れがちです。    ヘアスタイルは演奏力に影響するのです。続きを読む

6月18日、19日は宗像市の「中村美術館」「赤間宿勝屋酒造」「宗像さわやか館」それから「前松原小学校」の4ヶ所でコンサートさせて頂きました。各々個性溢れる会場、沢山の皆さんにあたたかにお迎え頂き本当に嬉しかったです。
又必ずお伺いします、宜しくお願いします。
小学校の皆さんからケアハウスの皆さん、この2日間様々な世代の聴衆の方々と作らせて頂いた「心いっぱいの時間(とき)」でした。

17日は2時から東彼杵龍頭泉「侃美術館」に於てオカリナのコンサートを開催、アートウイークもいよいよ最終日です。大分のオカリナ奏者宮村さん、私達も一緒に演奏させて頂きます。龍頭泉の「携帯電話電波の届かない世界」に皆さんもどうぞお遊びにお越し下さい。   そして今日はその宮村将広さんのセカンドアルバムのレコーディング、会場は波佐見町ウエーブホールです。私も伴奏者の一人として参加致します。幼少から天才オカリナ奏者と話題になった宮村さん、プロ活動経験はまだ浅いのですが、オカリナという小さな楽器に全力を注いでいらっしゃいます。ギターも心してかかりたいと思います。

このページのトップヘ