ギタリスト山口修、感動の時を重ねる

音楽小屋情報

2007年08月

私の仕事着と言えば、黒のタキシードです。一着作れば10年は使えます、この間着る事約一千回、安上がりです。雨の日も晴れの日も結婚式もこの衣装です。
長崎記念病院でのさわやかコンサートは毎月開催、私は適当で良いのですが奥さんは毎月頭を悩ませている様です。「そんな2ヶ月前の衣装なんて誰も覚えてないよ!」って私の助言など通用致しません。
家内の衣装決めの際はなるべく立ち入らない様に、逃げてます。

8月31日(金)5時15分から長崎記念病院1Fロビー。さわやかコンサート『日本の歌百選』全曲演奏シリーズ

住んで健康になる住まい、こころ工房さん、「響木の家」コンサートの第二弾です。            この素晴らしい材木と技による家に肖り、「聴いて健康になるコンサート」になって欲しいです。                8月30日(木)7時 南諫早ニュータウン「美南の丘」で開催です。         ここだけの話ながら、自分の演奏録音を前にすると、その不十分な演奏に反省ばかり、気持ちが重くなって最後まで聴く事は出来ません。        響木の家の「気」の力とスタッフの皆さんに支えられ「元気になる、音楽」はつくられて行きます。

大変な暑さに参ってしまいます。炎天下、屋外で仕事してらっしゃる方に比べれば、本当に恥ずかしいですが「夏なんか要らない」と呟く私は夏肥り、困ったものです。
8月は予定を上手くこなせず、練習もコンサートの準備にも追われるばかり、ストレスが特に肥満に繋がるのです。
さあ明日は長崎ギター四重奏団の「アンダルシア協奏曲」の練習日、今頃焦ってます。昨日、福岡で時代遅れかと思いつつもCDウォークマンを買いました。…「明日から頑張りますので、許して下さい。」まるで夏休みの宿題に慌てる小学生です。

昨年に引き続き諫早での病院ロビーコンサートです。院長先生以下、病院の皆さんが心を込め作って下さる温かなイベントです。

今回は、いつも院長先生が車の中で聴いて下さってたと、ご希望頂いた「尺八がギターでうたう」世界で活躍を続ける尺八奏者、田嶋直士先生をお迎えして、山口修、純子との三人の演奏会です。
何方でもお聴き頂けます。入場無料。
8月25日(土)午後2時開演 日赤長崎原爆諌早病院1階ロビーです。

印刷物が並び、音楽祭が本当に始まるのだと実感し始めました。大変な、県としても思い切った事業でしょう。ひとつひとつの小さな力を集め、全てのコンサートが感動に包まれ、成功しなければなりません。
音楽監督、指揮者でビオラ奏者の大山平一郎氏が、ながさき音楽祭が単なる著名音楽家の寄せ集めではなく、地元の音楽家達が主役になって作る音楽の集大成を、と熱く語っています。
日本最西端長崎から個性豊かな音楽文化の高まり、温かな出会いを期待しています。

以前、コンサートの裏方のアルバイトをしてもらってたS君、気が付けば立派な社会人になって、久々私達のコンサートを訪ねてくれました。可愛い彼女を連れて…
そしてこの二人が愛でたく、昨日は結婚式を迎え、私達はお祝いの演奏をさせて頂いた訳です。
お二人のお名前、太陽君にまきさん「太陽がまきを燃やす」と申しますか、彼等を取り巻き祝う「若き感性達」はこの夏の辛さなど全て忘れてしまう程、豊かで新鮮でした。
お二人の幸せを心からお祈りします。

「念ずれば叶う」この色紙は、菩提寺のお上人様が書いて下さったものです。父が亡くなって15年間、壁に飾られたこの優しくも希望に満ちた字が、何度となく私達家族を救ってくれたと思います。
今を大切に生き生きと暮らし、どんな時も心豊かに感謝を忘れない事…音楽への思いと全く同じです。
久々の墓参りです。猛暑の中痩せる思い、しかしながら、この一時に大きな力を頂きます。
私のお墓の前で泣かないで下さい…大ヒットを続ける、「千の風になって」。良い歌ですが言葉は難しいもの、取りようによっては、「墓参りなんて必要ありません」と気安く考えてしまわれそうです。墓を参り、身を正し、手を合わせ、亡き人を供養し、今を生きる誓いをたてる。良い加減な私ですが、珠に墓の前に立っては、多々反省しています。

新製品のプロアルテ、チタニウム弦、先ずはハードを張ってみました。私の楽器には、最初少し金属系の濁った響きが聴こえたものの、馴れてくると音も落ち着き、中々艶のある透明感のある音になりました。いつもは´↓8垢縫廛蹈▲襯謄┘ストラハードを使ってますが、右手タッチについてはチタニウム弦の方が振動の乱れも少なく、気楽に弾けそうです。チタニウム弦のエクストラハードも試して、暫く様子みてみます。

昨日は尺八奏者、田嶋直士先生とのコラボレーション「尺八がギターで歌う」の初めての福山公演でした。            満席のお客様を前に、大変失礼ですが、第4弾目新譜曲目をプログラムに、レコーディング予行練習をさせて頂きました。お陰様で二日間に渡る予定の「岡山県井原市でのレコーディング」が本日1日で終了しました。            第4集はジュピターや、カッチーニのアベマリア、涙そうそう、竹田の子守唄、他名曲がずらり…良く知られた曲だけに録音に力も入りすぎもしましたが、癒しのプログラムは田嶋直士先生ならでわの世界です。
発売をお楽しみに!

台風は現在、襟裳岬。何だか分かりませんが、札幌は「すすきの祭り」の楽日。おでん屋さんとは季節に反して、芋焼酎のお湯割りで控え目に一人宴会です。すすきのは一瞬の晴れ間に、道路上での出店多数、たくさんの方々で賑わってます。

このページのトップヘ