ギタリスト山口修、感動の時を重ねる

音楽小屋情報

2008年05月

お昼のチャイナオンザパークの演奏を終え、夜は龍頭泉での久しぶり「ほたるコンサート」です。
          オーナーの「お髭のマンちゃん」の遊び心いっぱいのコンサート。
第1部は珍しい[インド音楽]、第2部に私達の演奏、第3部は[蛍鑑賞]です。

開演6時半ですが5時から6時迄にお越し頂くと、マンちゃんが打つ[手打ちそば]のサービスがあります。

6月1日(日)6時半開演 [ほたるコンサート] 入場料2000円
          お問い合わせは、直接マンちゃん090-2097-2400 圏外でしたら龍頭泉荘0957-47-0236へ

有田のチャイナオンザパーク(深川製磁)の恒例の「木陰のコンサート」咲き綻ぶラベンダー畑は香りの絨毯です。
木陰の小さなコンサートはアットホームに、各地からのお客様が詰めかけて下さり、のんびり温かに開催されます。私達演奏者にとってこんな嬉しい瞬間はありません。

6月1日(日)1時と3時 チャイナオンザパーク 入場無料
0955-46-3900

小郡市文化会館の自主事業「2時のコンサート」に「長崎ギター四重奏団」が取り上げられました。
          昨今、地方文化ホール運営の特色として、自主事業の企画は聴衆を育て文化を興す大切な仕事になっています。責任重大なコンサートなのです。
          長崎ギター四重奏団は定期的に練習を組んではいません。普段はそれぞれの活動をしながら、四重奏団コンサートの企画毎に集まって来ます。だからこそ集まれば「相談」にも花が咲くのです。この相談も我々にとっては練習のひとつ、表出意欲をかき立てるトレーニングです。

という訳で、相談の部に多少偏りはしたものの「通し練習」をし、休憩後、部分練習をしました。本来であればもう一度休憩をとり、通し練習と行くべきでしょうが、時刻は夜11時半、他の若い三人は大丈夫として私と奥さんは「ウルトラマンランプ」が点滅から停止状態になりそう。いつもの事ながら一足先に練習場の鍵を置いて逃げました。
<長崎ギター四重奏団>小郡市文化会館「2時のコンサート」

5月31日(土)2時開演

喫茶遊民のコンサートが終了後、明日「鶴南養護学校」が早朝からの準備で、少し楽をさせて頂き長崎市平瀬町(いつもロビーコンサートにお邪魔している長崎記念病院の裏手)の民宿つどい亭に宿泊しております。
つどい亭玄関には、ナ、ナ、なんと「月下美人」が花開かせお出迎えして頂きました。

つどい亭はライブハウスもあり新聞でも拝見し、少し期待してましたが、今日は日曜日お店は閉店。残念でした
明日は夜の旧香港上海銀行でのコンサートもあります。頑張って元気を温存します。5c300ebc.jpg

今回第4回目の鶴南養護学校でのコンサート、毎回休憩時間を挟んでの二部構成でたっぷりお聴き頂きます。
大変な世の中、元気を無くしてしまいそうな出来事が多いですが、養護学校の皆さんは自分らしく精一杯頑張っています。元気の素がたくさん詰まっています。
5月26日(月)10時長崎県立鶴南養護学校体育館

島原市「おさなご園」での創設50周年祝賀イベント、記念コンサートを致します。

長年に渡って子どもたちの育成に携わり、大変素晴らしい自然に囲まれた「おさなご園」は癒しの空間、こつこつと思いを積み重ねて来られました。

10年前にも、新築移転した園のお祝いのコンサートにお邪魔しました。

子どもたち、関係者の皆さんの顔を見れる事が楽しみです。

5月24日(土) 10時半より
島原市 おさなご園

先日FM長崎「日曜音楽館」にゲスト出演、ことって頂き私はギタってしまった、箏奏者宮西希さんのライブです。今回のコンサートは「日曜音楽館プレゼンツ」と言うわけで私と平川純子さんとで司会、それから箏とギターでセッションする事になりました。…とても心配です。付いていけるでしょうか〜 「ちょっとひとりギタ」、ボヤキです。
          「ちょっとひとりこと」宮西希ライブ

5月26日(月)7時 旧香港上海銀行 入場料3000円

生まれながらに障害を持ち、家族やたくさんの友達と困難を乗り越えてきた「祐介君」はどんどん成長しています。        素晴らしい命の輝きは祐介君だけではなく、周りのたくさんの人達にまで生きる喜びを教えてくれます。

そんな祐介君を囲んでの恒例のコンサートです。

5月25日(日)2時開演 喫茶「遊民」095(856)3448にて

本日5時15分より長崎市深堀町「長崎記念病院」でのロビーコンサートです。
30年目166回目のさわやかコンサートです。昨年より「日本の歌百選」全曲演奏をマイペースでやらせて頂いてます。百曲制覇まであと少し、患者さんも良く歌って下さいます。
(背くらべ、ひなまつり、荒城の月、七夕さま、時代)

「長崎ギター愛好会」はシニアの皆さんの熱き思いの中に続けられています。
毎週火曜日の1時から長崎市民会館の音楽室はたくさんの愛好会メンバーでうまります。
さすがに個性豊かに、酸いも甘いも心得た皆さん50人で、力を合わせてアンサンブルします。       最近はラテンも少し、私も良く分かってはないのですが、精一杯知ったかぶりして指導させて貰います。
楽器店で7千円のコンガと3千円のクラベスを買いました。

このページのトップヘ