ギタリスト山口修、感動の時を重ねる

音楽小屋情報

2009年05月

音楽小屋前の、更なるボロ小屋を活用する事になりました。
「音楽小屋ちょっとライブ館」

6月から少しずつ、お金を掛けず手作りで、小さなライブサロンを作ろうと思います。
大工さん、内装業の勉強をしなければなりません。(こころ工房さん、助けて!)
皆さんのお知恵拝借。汚くとも居心地の良いサロンにしたいです。

酒蔵コンサートは大好物です。
コンサートを食べる訳ではありませんが、お客様方の少々難しい空気の中で、どう私達の音楽と出会って頂けるのか、怖さとワクワク感が入り交じって、何とも楽しみなのです。          演奏者とお客様との微妙なやりとりで、音楽の程よい緊張感が生まれます。下手な洒落など喋りません。                客席と舞台が一体感に包まれず、演奏会が上手くいかなかった場合には、とっとと片付けて、お酒を頂き、酔っ払って、飲み逃げです!
          【ホタルの里コンサート】山口修&純子
5月30日(土)6時半開演 入場無料(定員数で締切)天山酒造 0952-73-3141

今月17日から月末迄、13回のコンサートがほぼ続いている事に気が付いて、急に凄い疲労感が襲います。

純子さんも神経痛みたいで、溜め息の声が大きくなって来ました。溜め息が聞こえて来ると、僕も溜め息症候群にやられそう「新型ウイルス」です。猫は抜け毛が激しいです。
お袋さんは片っ端から忘れていますが、ショートステイ先のスタッフの皆さんが疲れてると思います。
まあ、ともかく頑張って6月の教室発表会と長崎ギター音楽院の第80回記念定期演奏会2つを成功させねばなりません。

鶴南養護学校での恒例コンサートです。

鶴南養護学校のスクールバスが音楽小屋の直ぐ側に停車します。バスの中から、子供達が最高の笑顔で手を振ってくれて、嬉しくなってしまいます。

毎回演奏に行く度に控え室に遊びに来る女の子、不自由でも一生懸命心からの言葉で話しかけてくれます。

コンサート終了後は、生徒の皆さんと賑やかにお昼の給食を頂きます。

5月28日(木)10時長崎県立鶴南養護学校体育館

純子さんのデビューCD「小さな空」はコンサートでの反響が大きく、皆様に感謝しております。          「NHKの紅白歌合戦に出て欲しい。」と熱心なファンの方からお声を頂戴致しました。そんな事はあり得ませんし、「小林幸子さん」みたいな衣装を買ったりせねばならなかったら、それこそ大変です。その場合、出演依頼の来なかった山口修は、紅白歌合戦をお袋さんと茶の間で、こたつに入りテレビ鑑賞、その後一人で恒例の橘神社で演奏をするのか、と思うと「やっぱり紅白は出演を辞退して欲しい。」です。

相変わらず馬鹿な事を言ってますが…

今月は発売を記念して、コンサートタイトルは「山口純子/小さな空」ゲストにCDをプロデュース頂いた唐川真(からかわ まこと)さんにご出演頂きます。

5月27日(水)17:15
長崎記念病院1Fロビー 「長崎記念病院さわやかコンサート」

お恥ずかしいですが、コンサートご来場記念にとグッズの作製を始めました。
第1弾はシールです。小崎侃先生による「ギターふくろう夫婦」と「似顔絵版」の二種です。
1枚150円演奏会場で販売します。

皆様のご協力のお陰様、1週間9会場でのコンサートが無事終了致しました。
たくさんの優しさに包まれて、楽しいツアーになりました。
お越し頂きました皆様本当に有り難うございました。
昨夜は波佐見町での「あかねの丘コンサート」の片付けを済ませ、夜遅くに福岡へ参りました。「山の上ホテル」での友人のご披露宴が午後から始まります。25分間のミニコンサートをさせて頂きます。見晴らしの良いレストランでのご披露宴です。

ツアーは確かに疲れがたまって来ますが、精神的には1日1日コンサートをこなせば良いだけですから、非常に楽です。公演地での皆さんや主催者との出会いに、何より元気を頂きます。
明日は江迎町での施設慰問の後、平戸公演です。早いもので6回のコンサートが終了しました。

尺八奏者、田嶋直士先生のツアーは本当に雨空でのスタートが多いです。
「雨男」と言うより「嵐を呼ぶ男」…裕次郎は格好良かったですが、野外コンサートの雨はただただ寂しいばかりです。特に中途半端な雨模様、湿気と蚊の発生は集中力を欠きます。…と言って誰が悪い訳でもありませんし、どんな時もお客様は来て、拍手を送って下さります。その時が全てなのですね。
主催者や裏方の皆さんは雨模様には数倍のエネルギーを傾けています。

気付けば、こんな悪条件こそ、想いと生命感に溢れた時間なのかも分かりません。

そして打ち上げのビールが最高なのは変わりありません。
そうでした、明日は「純子さんのBirthday」記念すべき日なのです。
5月17日(日)7時開演 大村市富松神社 0957-52-2217

日曜日からツアーが始まりますが、「ギター愛好会」の練習日の火曜日だけ、ツアーから抜け出します。この日は尺八奏者・田嶋直士先生お一人による「本曲の会」が東彼杵郡龍頭泉峡の龍頭泉荘で開催されます。

スピルバーグ監督が映画の挿入曲として田嶋先生の本曲を使い、緊張感溢れるシーンを作り上げられています。
「本曲」は尺八という楽器を乗り越え、ある時は人の生きざまを、ある時は自然界のあらゆる物の力を音楽に変えてくれます。

田嶋先生の「魂の叫び」が想いを持つ人達の心と大自然に、響き渡る事でしょう。

5月19日(火)7時 龍頭泉荘0957-47-0236入場料2000円

このページのトップヘ