ギタリスト山口修、感動の時を重ねる

音楽小屋情報

2012年01月

機材倉庫として「こころホール」近くのビル1階の事務所スペースを安くで貸して頂いています。


大家さん、おばあちゃんは、そのビルの2階に住んでいらっしゃいます。

私は家賃を毎月末支払いにお伺いする事にしています。

玄関は1階。ベルを鳴らすと、先ずは2階の窓からおばあちゃんは笑顔を出して来ます。

その後玄関に降りて下さって、短い時間ですがお話をします。

季節のお話や、「うたごえ市場」には毎回お越し頂いているので、その際の感想を嬉しそうに話して下さいます。


「うたごえ市場」一番のファンです。

a2c976a2.jpg
643e2575.jpg
イベント会社の友人が突然来崎。

昨夜はランタンフェスティバルを楽しみたいと、私達も観光客気分で中華街へ向かいました。

交通渋滞の中、会場は信じられぬ程の人また人。メイン会場もぎゅうぎゅうで、背の低い私など「中国獅子舞」が上に上がる瞬間しか見えません。

少し低めに町中にぶら下がる「ランタン」は私達を暖かな気分にさせます。
異国情緒が、香りに音に漂います。

新し物好きですが、昔から中々時間が取れず、パソコンの前に落ち着いて座る事はありません。

様々な原稿は殆ど移動中に携帯電話に打ち、パソコンにメールしています。


何かパソコンに変わったメッセージが流れても、見ない振り。
無視してカチカチって、メッセージ読む前に手が消してしまいます。


先日兄から小型ノートパソコンを貰いました。
同封された手紙に設定手順が書いてありました。

手紙冒頭から既に理解できず、しかし手は勝手にクリック!クリック!

小さいパソコン画面に私の頭は殆ど字を読もうとしません。

手が止まらなくなって、エ〜イって、パソコンは大騒ぎ。
どうしようもなくなってしまいました。パソコン爆発しそうでした。

困った時は、「持つべきは友」同級生にお任せしました。

ホッと胸を撫で下ろした所です。

「♪雪は降る」とくれば、「♪あなたは来ない」のです。

ジュリエット・グレコが歌ったシャンソン。

歌は最後まで「あなたは来ない」のです。…寂しい〜

そしてどうしようもなく雪は降り続き「♪ラ〜ラ〜ラ〜」で、やはり寂しい。


今日はレッスン全てお休みにしました。

ランタンフェスティバルで賑わう長崎市です。
暖かな小籠包や豚まん、ちゃんぽんは寒い夜にも大変魅力的です。

話は変わりますが最近「長崎おでん」が良くコマーシャルに登場しています。

長崎の新鮮な魚で作られた蒲鉾類は大変美味しいです。又アゴからとった出汁が旨く、柚子胡椒との相性がぴったり、出汁まで皆飲んでしまいます。

どうぞ「長崎おでん」をお試しあれ〜!

来る4月20日(金)開催「40周年記念リサイタル」の会場は長崎市民会館文化ホールです。

暫くリサイタルでは使っていなかったホール。かなりの緊張感が今から始まっています。

自分で会場申込に行きました。

窓口で「ご本人ですか〜」と2度も言われました。

文化ホールで夜のコンサートをさせて頂く際は、.曄璽訃紊梁琉藉朖▲曄璽覯の音楽室リハーサル室を押さえて、他の会場の音がホールに響かない様に準備をします。

手間がかかり、ある意味では無駄を作る事になるので、申し訳なくも感じました。


とりあえず、それもこれも、40周年も全て抱えて頑張ろうと、今日感じただけでも収穫でした。

雪の舞い散る朝は、仕事意欲が下がってしまいます。
しかし私のコレステロールの為には甘やかしてはなりません。

幸い演奏会は2月3日からの「上五島」連続3会場迄はありませんが、さて船旅はどうなる事か…


レッスンの生徒さんは、寒さ厳しいこの時期は無理はされない様にお願いします。
暖かくなってからでも大丈夫、楽しみは逃げません。

2月に開催させて頂く、長崎ギター音楽院をお借りしての「長崎ギター四重奏団演奏会」の初練をしました。
久々の練習会。4人で音を出すのは何ヶ月振りでしょう。


プログラムはこの数年来のレパートリーですが、驚く事に私は殆ど忘れてしまっています。


練習時間も限られていますし、瞬間の緊張感が大切にされます。
皆多くは語りません、ひたすら4人で音を出すことで温め合う(少し気持ち悪いですか)のです。

数々の名曲はいつの間にか、四重奏団メンバーを目覚めさせ、まとめてくれます。


未だ、練習を早めに切り上げ「ビールで乾杯しよう!」とは話が展開出来ません。頑張りの時です。

しかしながら全員の頭にはきっと既に、楽しいコンサートと打ち上げの映像が広がっていることでしょう!


本番は2月25日(土)です。

ブログ更新の順番が逆になってしまいました。
昨夜のサロンコンサートは16名の参加者で開催させて頂きました。

皆さんにしっかりとお誘いが出来なかった為に、少し静かな会(打ち上げも)となりました。

今回は、初めて人前でギターソロをされるお二人のお弟子さんの参加を実現出来た事が大変嬉しかったです。

お一方は80才の新人。
昨年からギターを勉強されています。

「禁じられた遊び」を熱演されました。
純粋な姿勢は、私達が学ぶところ多いです。


皆さんと弾き合い、聴き合い、時を過ごす楽しさ…、たくさんの方に味わって頂きたいです。

私とお弟子さんの二重奏で演奏した、ブラームスの「主題と変奏op.18」

素晴らしい作品でした。メロディも大好きです。再チャレンジしたいです。

フルート奏者の永田明さんと久々の音合わせです。

「こころホール」は昨日サロンコンサートで大宴会を終えたばかり。

一夜を経て「幻の漆喰」が空気を浄化、その秘密を守ってくれる程の爽やかさで迎えてくれます。


明日は新春コンサート「春の海」他を演奏します。


「春の海」の前奏と出だしのメロディは子供の頃から好きでした。
この前奏で新年の幕開けを感じる方も多いと思います。


フルートとギター編曲によるものですが、Ω垢痢屮漾廚全体を支えて行きます。

ワクワク感と音楽の広がりが前奏で決まってしまうので、責任重大です。


しかもこの曲の後、フルートアンサンブル「長崎フルートコンソート」の若きフルーティストの皆さんが登場です。
元気のバトンを渡さねばなりません。


長崎市深堀町「長崎記念病院さわやかコンサート」
本番は明日5時15分からです。

このページのトップヘ