ギタリスト山口修、感動の時を重ねる

音楽小屋情報

2014年07月

ギター愛好会は今日の練習を終え、恒例の3週間の夏休みに入りました。

秋に備えマイペースを維持して頂く、リラックス休暇です。

音楽文化を愛するシニア層の皆さん、今や私もその1人になりましたが、無理をせずゆったり長いお付き合いにと考えております。

新しい楽譜もお渡しして、夏休み明けには皆さんの笑顔とお会い出来るのが楽しみです。

夏休みのこどもギター教室が開講しました。

日に日に、真っ黒に日焼けしていく子供達と過す夏は、へたってしまいそうな私も元気をもらいます。

朝から元気100%の子供達へ、気持ちの入っていない言葉は使わぬことと、しっかり、はっきり分かりやすく頭を整理して、指導を進めていく様に心掛けます。

ギター大好きな子供達になりますように。

平和はどの時代も容易なものではなく、人間は傲慢な心を持たず、平和への努力を忘れてはならないと思います。

感性を磨き、人高め合う時、平和へのエネルギーは生まれます。
このエネルギーこそが音楽、芸術文化でしょう。

東京、広島、長崎で30年前に始まった平和コンサートは、時を経て長崎だけが継続し、来週30回目を迎えます。

過去29年間、長崎平和コンサートへは、小室等、石丸寛、神谷郁代、山下和仁、坂田誠山、林光、上條恒彦、藤山一郎、小林研一郎、大友直人、エルビンジョーンズ、趙国良、など名演奏家の皆さんを迎え、地元演奏家多数の参加、協力によって、長崎から世界へと平和を祈る、音楽のメッセージを響かせていました。

30年間の歳月、長崎から想いを寄せて、頑張り続けた、音楽を愛する素晴らしい友がいます。

音楽の力がきっと、命を高め、地球を心豊かな星にしてくれると祈っています。

第30回長崎平和音楽祭

7月21日(祭)14:00
長崎平和会館


私、山口修は鳥のうたを弾き、役不足ながら総合司会もさせて頂きます。

先週、長崎市西公民館のギター講座が修了。
男性ばかり10名の皆さんで新サークルエチュードが結成され、明日初めての練習日を迎えます。

西公民館では既にギターサークル ハカランダが活動中、今年5月の長崎市民会館での発表演奏にも参加頂きました。

ギター仲間の誕生、嬉しいばかりです。
ギターのある、音楽のある人生を皆さんと共に楽しみ、友情深めたいと思います。

40年以上の歴史を誇る長崎県新人発表演奏会が今日長崎市ブリックホールで開催されました。

音楽家の登竜門、その第一歩のオーディションは3月に行われ、10名の皆さんが檜舞台へのパスポートを得る事が出来ました。

水準は年々高く、若き力は大きな夢を持って、感動高まる瞬間に力尽くされています。

FM長崎「日曜音楽館」では、今回の皆さんの演奏を収録、放送させて頂く事になりました。

舞台での感動が伝わり、演奏家だけではなくたくさんの皆さんに音楽の楽しさ味わって頂きたいです。

大変お世話になった医学博士K先生と久々の再会

20年振りに大きな喜びと、此れまで大切な出会いを放ったらかしにしてしまった後悔とで、心いっぱいの想いを持って、雲仙市「桜花苑」へお伺いさせて頂きました。

先生は94才になられ、お痩せになりましたが、明晰さ、優しさ、思いやり…
以前と全く変わらぬ空気に感動でした。

今回、私のお弟子さん「N君」のご両親にお世話頂いて実現出来たコンサート。

私を育ててくれた方との再会、忙しさにかまけ長い時間が過ぎてはしまいましたが、の時間を作り頂き、お会いさせて頂けた事に感謝でいっぱいです。

台風に学校も休みになったそうで、大型台風8号は今後どうなるのでしょうか。

しばらく使わず、滑り悪く重くなった雨戸を閉め切り、台風準備は大イベントです。

昔は雨漏りには洗面器を、停電にはロウソクをと、いつもとは違った家の中に興奮していました。
まあ、備えるにこしたことはありません。

雷がなれば、夫婦声合わせて悲鳴を上げ、家族はひとつ!
充実した時がどうしてこんな時に…

の書いたカブトムシ山に帰る(汐文社)が課題図書に選ばれました。

私の頑張りの目標でもある兄は、昆虫や植物、自然界と人の共生をテーマに世界中を駆け巡り、その命をカメラに収めています。

厳しい世界で、気を抜く事なしにカメラを回す兄を研究者として、尊敬しています。

魚の研究者だった父の血筋は、100パーセント兄に持って行かれています。

私には何とかなるわ〜そして私アホやな〜が口癖の母の血が全ての様です。

今日1日、雷と大雨の怖い響きが鳴り止みません。

テレビニュースで見た雨の猛威が、頭に浮かんでしまいます。

久し振りの休日、楽しみだったのですが、結局は掃除と、後はずっと食卓に座りっぱなしの血液ドロドロの1日でした。…どうしましょう。

猫のドルチェが僕が珍しく1日家に居るので、膝の上で寝ようと、すきあらば乗って来ます。
膝で寝られると可哀想で、私もジッと我慢して動かずです。

自宅にはギターは置いてなく、練習はしません。

…雨の日は雨を聴く 春夏秋冬
山頭火の有名な句ですが、こんな時もたまには良いものです。

今年も子ども達の夏休みがやって来ます。
とぎつカナリーホールでは夏休み期間中の子どもギター教室が開講されます。

既に受講生は決定、7月23日(水)の開講式を待つばかりです。

8回の講座があり、その後8月29日(金)にはとぎつカナリーホールの大ホール発表会が予定されています。

夏休みの素敵な思い出にして頂きたいと思います。

このページのトップヘ