ギタリスト山口修、感動の時を重ねる

音楽小屋情報

2016年02月

本日の福岡公演を皮切りにギタリスト福田進一さんのリサイタルツアーが始まっております。

福田進一さんは私と同世代ながら、その才能と果てしない努力に、人としても、私は心から尊敬しております。

数年前から、お話しさせて頂く機会も増え、二重奏もさせて頂いたり、私の本当に緊張でいっぱいの東京リサイタルに応援にお越し頂いたりと、あの都会の中に私はオアシスの暖かさを、元気を頂きました。

今回の福田進一さんの九州ツアーは第一弾、第ニ弾と続きます。

長崎県では4月22日が大村市、23日が長崎市と2公演が実現します。

近々お知らせさせて頂きます。

私との二重奏はソルの2人の友他を予定しております。

毎年お呼び頂いている上五島市でのコンサート。

上郷小学校、今日は小串の「とっぴー演奏会〜山口修&純子コンサート」が終了しました。

昨夜は私はまるで同窓会気分楽しいお仲間との宴席でした。
元気分かち合う仲間達です。

又来年まで!

image

ホール主催の大変珍しい講座です。

同ホールは夏の「こどもギター教室」もご企画頂いたのですが、それと並ぶ「大人のギター教室」です。

今回も多数のご参加を頂いて、14日(土)は最終回、カナリーホールでの発表会、20人の生徒さんの演奏です。

たった7回のギター講座、申し訳ないほどのご指導しか出来ませんでしたが、参加の皆さんやカナリーホールのスタッフの皆さんに暖かく支えて頂いて、全てが楽しい時間でした。

14日は15時開演、皆さんの発表演奏、小グループの演奏、其れから私達「山口修&純子」のミニコンサートでお楽しみ頂きます。

まだ未定でしょうが、講座終了後も形を変えて、定期的にギター練習が出来るようなグループが誕生出来るのかと期待しています。

先日のリハーサル風景です。
image

もってこ〜い落語の会をずっと開催して来られている代表者の前田さん
根っからの落語ファン、前田さんの頭の中にはどれだけの噺家さんの魂が刻まれているのでしょう。

笑いを身近なものにと、落語ファンや人のつながりをコツコツと積み上げて来られたのでしょう。

長崎での71回目開催に、私達 自称さくらと一郎にお声掛け頂き、柳家花緑独演会中入り後コンサートが実現しました。

一部では、私達が客席へ、中入り後は花緑師匠が客席へ、お互いに楽しみながらとの前田さんのアイデアでした。
一流の噺家さんの話芸の後、お囃子はスーダラ節!…じつは自分で選びました。

緊張感溢れる自分の身体が、久々に震えていて、「これはただ事ではない。」と実感しました。

しかしながら人と笑いを愛する皆さんが包んで下さり、楽しいコンサートになりました。

皆さん本当に有難うございました。

image

私が第14回九州ギター音楽コンクールで入賞したのは11才の頃でした。会場は鹿児島、忘れもしません。

未熟過ぎた私の優勝は、夢の様な出来事で、同行した母もびっくり、私の人生を大きく左右した1日でした。

九州ギター音楽協会は日本で最も古い歴史を持ち、たくさんの九州のギター専門家、愛好家をつなぎ、育てて来ました。

私はこの協会に長年お世話になりながら、長崎での自分の会社経営の大変さの最中に、協会を辞め、遠ざかってしまいました。

そんな中に昨年お声掛けを頂き、私は九州ギター音楽協会へ復帰させて頂きました。

気が付けば若手ギタリストも増え、自分の力をどう活かせるか分かりませんが、一つ一つギターと人の歩く道を皆さんと楽しみ、その喜びを長崎へも伝えて参りたいと感じております。

九州ギター音楽コンクール
九州ギターフェスティバル

その他たくさんの出会いが心つなぎ九州のギターが盛り上がります様に!

普段の昼ご飯はダイエット思考、奥さんが作るサラダとスープ他です。

しかしながら、月曜日の公民館サークルの指導、ハカランダエチュードは朝と昼の練習で、昼は、言ってみれば私は放し飼い状態。
奥さんの知らない時間です。

足が「旨いとんかつ文治郎」の前で止まってしまいました。
これも何かのご縁と階段を上がってしまいました。

肥らないとんかつにしようと、ヒレ肉の字に飛びつくと、何と豪華版の定食!せめてご飯だけは残そうと、自分に言い聞かせるも、身体はどんどん動き完食、しかもスッキリしたいと無料のキャベツの千切りを追加、まるでカキ氷風のキャベツの山に…反省

これはイケマセン、誰か月曜日のギタリスト、こんな私を助けて下さい。

このページのトップヘ