ギタリスト山口修、感動の時を重ねる

音楽小屋情報

2017年09月

45周年大村コンサート打ち上げ会に参加して、興奮状態のまま夜中に自宅に戻り、翌朝はJRで宮崎県日向市、第41回九州ギターフェスティバルへ参加。
ところが。先日の台風18号の影響で日豊本線はバスでの代行運転を余儀無くされ、乗継のタイミングが合わず、開催日前日19時からの前夜祭に1時間遅刻。

九州ギター音楽協会専門家会員上ノ山 修先生のご尽力により、素晴らしい実行委員の皆さんのご協力を頂き開催された「九州ギターフェスティバル」はギター関係者のみならず、広く宮崎県民の皆さんに受け入れられていました。

ギターとマンドリンの専門店フォレストヒル協力によるギター見本市が同時開催。ギターファンが詰めかける様子は見ていて嬉しいものでした。

長いお付き合いを頂いている大村市の皆さん。
学生時代から山下亨先生に連れて来て頂き、大村ギター合奏団定期演奏会リサイタルに出演させて頂きました。
それからそれから、長い時間を経ても変わらぬお仲間。こころ工房さんとの出会いはそんな歴史をまた大きく膨らませて下さいました。

45周年大村コンサートを開催して頂き、大きな幸せ感じております。

今日からゲスト出演頂くマンドリン奏者高橋和彦さんが長崎にお越しになり、リハーサルです。

その間にFM長崎日曜音楽館へ出演。「高橋和彦マンドリンの世界」特集を 組みます。

28日は長崎記念病院さわやかコンサートに出演頂き、29日に大村へご一緒頂きます。

大村コンサートは満席。実行委員会の皆さんからの大きなエールに胸が熱くなります。

imageimage

45周年長崎コンサート、対馬、アランフェス協奏曲、スペイン物歌の伴奏、現代音楽祭、一つ終わる毎に感謝と安堵感が身体をほぐしてくれるようです。

練習課題が多すぎて焦りに焦りながら、演奏させて頂くコンサートは全て皆さんの想いのこもった舞台、全力を尽くしています。

3連続の今日は五島福江市善教寺様、第16代ご住職の7回忌法要で演奏させて頂きます。

五島列島の風に癒され、気分一新
明日からは45周年大村コンサートに向かい、頑張ります。

満席!嬉しい響です。
立見席のみ出されるかも知れません。
頑張ります!どうぞよろしくお願いします。
image

とぎつカナリーホールでのフィルハーモニック長崎オーケストラの皆さんとのアランフェス協奏曲は演奏の皆さんの頑張りとホールの、音響オペレーターの素晴らしい感覚に助けられ無事終了しました。

オーケストラにより、演奏会へのリハーサルの日程は様々です。勿論リハーサルは多いに越したことはありませんが、協奏曲はリハーサル1回と前日、そしてゲネプロが可能になれば嬉しいところです。

普段の団員とコンサートに演奏依頼を受け集まる演奏者、皆さんの予定を調整すればかなりスリリングな状況もあるかと思います。

そんな大変な条件の中に、エネルギーとそれぞれに育んで来た演奏力、熱意を総集してコンサートは実現するのでしょう。

今年2回のアランフェス協奏曲のオーケストラとの共演はデビュー45年もあり、とくに嬉しい出会いでした。

デビュー45周年ギターコンサート皆様に心より感謝の一日でした。
image

反省多きは毎度のことですが…
皆様の暖かさにどっぷり甘えて、無事終了致しました。
本当にたくさんのご来場有難うございました。

ギターサークルの皆さん、お弟子さんがしっかりと手助けをして下さって、コンサートを盛り上げて頂きました。

桜馬場中学校オーケストラ部の皆さんが、たくさんお越し頂きました。
終演後の皆さんからのご挨拶に感動しました。
image

45周年から50周年へ夢は続きます。
毎日少しづつ努力小さな発見、感動を、何より皆さんへの感謝を忘れず、積み重ねて行きたいと思います。

このページのトップヘ