11月5日に始まった喉(声門)治療は取り敢えず、12月21日に終了。
その後は、定期的に耳鼻咽喉科で経過を見て頂き、再生を待っています。

簡単に考えていた治療も、中々思うように進んではくれません。
取り敢えずは声を出す、喋る動作がこれだけ大変で、これだけ嬉しいことか、毎日噛み締めています。

掠れ声で、緊張の中、言葉を発するストレスは大きく、言葉を伝えたい相手の表情を見ながら、ヒヤヒヤです。

今は静かにして、待つ。
これしかありません。