HERO、それは無限の可能性を秘めた。
HERO、それは十代さんの決闘に惹かれたものたちが組むカテゴリー。

はい、ってわけで後半です。
以前書いてから、4ヵ月ぶりの更新ですね。
どうせ、読む人が居ないだろうから、

まぁ、いっか 

とか思ってたので放置してました。
もし仮に居たら全力でふぁんさーびすします。


さて前置きはこれぐらいにしておいて、始めていきたいと思います。黒庭については、二度説明がするのが面倒なので前回を参照してください。

では何故、HEROと黒庭が相性が良いのかと言いますと、黒庭ライン、要は③の効果の蘇生ができるモンスターが多く要るというという事が、最大の利点です。

レベル3では、

・アイスエッジ。

レベル4では、

・バブルマン。
・スパークマン。
・クレイマン。

レベル5では、

・ネクロダークマン。

計5体(蘇生出来ない、エレメンタルではないという条件でならもうちょっこといますが、それは割合します)。
これらを軸にして構築すれば、③の効果が発動が出来ない状態は、先ずありえないです。
まぁ、問題はこれらのモンスターがほぼ効果を持たないってのはありますが、それはエレメンタルのサポートカードや他のカードが埋めてくれます。 

例えば、
スパークマンとクレイマンを軸にして構築すると、通常モンスターである利点、レスキューラビットが使用することができます。
ラッビトの効果が使えれば、ラビット1枚で、黒庭と相性が良い、

・ラグナゼロ。
・ホープザライトニング。

が即座にエクシーズが出来ます。

墓地におちてしまえば、エレメンタルのサポートカードの

・オーバーソウル。
・ヒーローブラスト。

で、蘇生や黒庭によって攻撃力が下がったモンスターを破壊する事ができます。
ブラストは、黒庭下であれば、元々が3200以下のモンスターは破壊し、かつスパークかクレイマンを手札に戻すことが出来る、恐ろしいカードと化します。
戻したカードは召喚やコストにするなり、

・フェイクヒーロー。
・ヒーローズボンド。
・融合。
・マスクチェンジ。
・マスクチェンジセカンド。

を使えば、無駄になりにくいです。
特に光属性チェンジから特殊召喚が出来る光牙は、何らによって黒庭が場から離れており、相手の場にトークンが居た場合、光牙は恐ろしい脳筋となります。
仮に相手のモンスターが守備表示だとしても、スパークマンとクレイマンにデッキが合わせてあれば、必然的にランク4軸にデッキがよっている為、フォトンバタフライアサシンを特殊召喚すれば、表示形式を変更ができるので、相手に大ダメージを与えられます。
またスパークマンがいるので、スパークガンをデッキに隠しいれていても面白いかもしれません。


次にトークンについて。
ネクロダークマンを軸にしていれば、手札にいるネクロダークマン自身とその他の上級エレメントのアドバンス召喚の贄になりますし、またセカンドをいれている場合、トークンから最恐のダークロウが特殊召喚する事が出来ます。
また、こちらはエレメントでは無いですが、エアーマンとシャドーミストでサーチが可能な、ブルーDを特殊する事も容易になります(僕のデッキはこちらに寄せてあります)。


攻撃力半減は言わずもがな。
こちらはのモンスターはほぼ効果を持たないモンスターである為、殆ど通常召喚をする必要がなく、セットしておけば黒庭の影響が受けなくなるので、ワンテンポずれますが返しで戦闘破壊が容易です。
またクレイマンなら反射ダメが微量ですが、殆ど確定します。


とまぁ、以上が黒庭とHEROが相性がいい点ですね。
本当はまだまだあるんですが、それは書かないでおきます。
というか、軸にするもので構築がかなり変わるので、説明し始めると糞みたいに長くなるので、勘弁して下さい。

では02回があるかわかりませんが、また。

PS
05月03にプチオフ会みたいなのをやります。
詳細はツイッターで。

PS2
07月17日に吹上でオフ会をやります。
まだ多少の枠がありますので、良かったらどうぞ。