こんにちは~。しゅうです。
もっと早くに更新するつもりだったのに、もう9月の下旬になってました…

今回はバッチリ観光地です!
にゃんこさんと伊豆をまわってきました!
この暑い夏に!クソ暑いさなかに!焼けちゃいましたよ、ええ!
写真も多いのでとっとと行っちゃいましょうっ

大室山鳥居

今回は静岡県は伊豆の大室山に来ました
伊豆のどの本にも載ってる有名な山のようです。
山自体がきれいな黄緑色でフォルムが
何ともなめらかできれいなのですよ
仏像でいえば弥勒菩薩のような!
(たとえ方が間違ってますね…)
春は桜で有名なんですって。間違っても
夏の終わりに行くもんじゃない(←経験者)
こっぴどい目に合いますよ、とほほ。

どうでもいいですが、バスの駐車スペースが
でかすぎやしませんか。(←本当にどうでもいい…)

山自体が神様なので、いきなりビッグな鳥居を
くぐりますよ!
いざいざ!上で待っちょれ神様~!(←ダレ)



うろ覚えで困ったもんですが、リフト代は高くなかった気がします。
片道と往復券があるんですが、何を好んで片道だけ購入する
意味があるというのでしょう…
そこにリフトがあるんだから、乗るに限りますよ!
目の前にくだりの道を歩いてる人がいても往復券を買いますよ!
だって夏だったもん!
この山のどこに日差しをよけるところがあるんだー!
ムリムリムリムリムリムリムリムリ無駄無駄無駄無駄無駄ぁっ!!!

…はっ!勢いあまって あの漫画のあの超有名な台詞が!
観光と関係ないのに、リンク二つもつけちゃってるし!(←…本当にな…)
しゅうは承太郎イチオシですけどね!(←…もういいですか?)

さてさて~。
乗りもの乗りもの!リフトだよリフトだよ~
リフトって、ちょっとわくわくしません?そうでもない?ワタシだけ?あれれ。

ここに乗ってね

ここに立って、3人で乗るんだって。
よしよし。足跡にしっかり合わせて
タイミング図らなきゃ~…ってちょっとぉー
足跡に乗る前にリフト来ちゃうよ!
このまま頂上に連行されるのじゃ!しゅっぱーつ


rihuto
前のリフトを撮ってみました。
…うん、普通ですよね…。暑いですね。

でもさ、せっかくのリフトですよ!
ワタシ達みたいに、足もとが浮いてるのを
いいことに足をぶらぶらして(←!!)
心行くまでリフトを楽しんでた人たちは
いませんでしたねぇ~
大人になっても子供の気分が大切だと
思うんですけど!どうでしょうかっ!
ダメでしょうかっ!(←大切なのはモラルです
リフト揺らすなって書いてあったけど、足揺らすな
って書いてなかったもん。(←だだっこ)


あー、そろそろ頂上が近いみたいですよ。
足ぶらぶら、そろそろ止めとくか…。
係りのおっちゃんに「大人気ない!」とか言われちゃうかもだし。
かなりリフトを満喫したんですけどねー。

syasinn





…???
な、なんだこれ


アラレちゃんに出てきたね、こんなメカ。
しかも「こっち向いて、はいチーズ」的なこと
しゃべってる。新たな挑戦でしょうか…。





で、山頂につくと「安イヨ安イヨ~!シャチョーサン!」てな具合に
押し売りと化した写真売りが近寄ってくるのです。
やっぱさあ、もっと自然に売らなきゃだめですよ。そうそう、あの
某ねずみの国のアトラクションみたいに。
カメラの位置さえ覚えちゃったら、半目あけた絶叫顔を
撮られなくても済むのよね、あの仕組み。(←何の話ですか?)

でナニ、写真?さっきのアレが撮ってくれたの?
もちろん、バッチリ超絶いい笑顔でポーズ取りましたとも!
でも、いらないもんね。しっかりブログ用に写真撮ってるし、
見せられても、買わないと思うもん。
…でもちょっとだけ見てみよう(←こういうイベントっぽいのに弱い)

ちら。


うわ、超~楽しそうな笑顔
頼まれてもできなさそうな。リフト満喫顔です。
しかし、角度がなんともなぁ。やばいやばい。
二の腕がたっぷたぷ。弱点をさらけ出しすぎな写真になってます。
あ?買いましたよ?(←シレっと…)買いましたけど?(←だから…)
だって、いい写真だったよ?ダメ?(←は?)

頂上は火口跡の周りを歩けます。おはち巡りと言うやつですね!
富士山でもできるそうですが、こっちは大室山ですもの~
一周20分くらいっていうし、歩きましょう!
じゃ、そこらへんの人について行ってみましょうね!

案内板

「東京タワーかも?」ですって。
まったく何も見えませんよ~…
当日、めっちゃいい天気だったけど…。
王蟲じゃないですかね。
鳥に混じって、ナウシカが飛んでたのを
見た気がするし(←いい加減…)

きつね

キツネみたいのが住んでた穴のあと。
今はいないみたいです。見たかった!
うーん、こんな草しかないとこで
何を食べてちゃんでしょうね。
ふもとの売店のほうが、色んな物を
くれる「オバチャン」って人種がいるんだよ?


おじぞうさん

おじぞうさま。
うーん、並ぶとどうしても不気味ですね。
でも正式名称は「地蔵菩薩」といって
わらじを履いているから、一番フットワークの
軽い神様なんですよ!
とりあえず、怪我しませんように!今日ね!


火口

火口跡はこうなってます。
で、ナゼかアーチェリー場になってます。
…ナゾだ

人の大きさがアレなので、火口跡の大きさも
アレなんですが(←わからんって!)
アレもナニももう~!!!!!
暑いよ暑いよ!暑いんですよ!
まったく日陰もないですよ!
この日の流行語大賞はモチロン
「暑いよ~」でしたけどね!

吹き上げる風が涼しいのですが、日差しが
強い!日傘も風で役にたちません。
でも来たからにはしっかり踏みしめて!
前に歩こうじゃないか~!(←もうやばい)


歩いている人みんなの顔が光っている…。もちろん汗で…。
ほんとに20分でまわれるんでしょうか。
ものすごい不安になってきました。こうなったら
「温度により、1周40分」とか書いたらどうでしょう。
絶対に夏場はお客さんが減るとおもうんですけど…。
てか、この直射日光ばりばりのとこで40分歩くのって自殺行為みたいだわ…
お肌の曲がり角どころか下手したら人生の曲がり角かもしれない年齢に
近づいているのに、こんな日光に近いところあるいてさ…
もう、言葉に出すのも暑いので。ちょっとずつ無言に。
そういや「MUGO・ん・色っぽい」って曲がありましたね…。
何なんでしょう、あのタイトルの書き方?(←もう本当にやばい)

脳みそまで溶けるんじゃないかな~、いうタイミングあたりで
看板がでてきた!やっぱり日陰ないけど!やっと半分きたかな?

頂上

「パワーをあなたに!」

今ほしいのはパワーよりも
日陰と、やさしい言葉です…。
本気で…
で、オームロくんって何ですか…。



ここから対称の方角に、スタート地点が見えましたが
遠いな~…。まあ、くだりになるから少しはマシなんでしょうが
ど…っこにも日陰ないからね。夏はやめようね!
涼しかったらパワーをワタシにもらえたでしょうけど、今もう
「暑い」って雑念だらけ(←最低)

雑念のついでに、旅の思い出に、、平和のために、ネタのために 

ペアルック

わ~ペアルックですよ…。
全然寒くならない!ぜんっぜん!」(←ひど)
駐車場で見かけたんですよねぇ。
まさか、こんなベストなバックショットを
撮らせていただけるとは。
あ、柄は「♪さくら~ふぶ~きのぉ~♪」
の番組のじゃなかったよ(←観察すみ)



遠く

山頂からの景色。
ほほう、ここからアメリカ大陸が
見えますね。すごーい。
あの雲は世界と繋がってるんだね。
すごーい。
(↑あまりの暑さに、おかしな具合に…)




最初に書きましたが、大室山は山自体が神様です。
富士山の浅間神社のご祭神の女神様のお姉さまが
ここ大室山の御祭神なんですって。
神社の名前はどちらも浅間神社ですよね。
富士山の妹神は美しく、姉神はそうでもなく。
同じ男神に嫁いだそうですが、姉神はあまり相手にされなかった
とのことで姉(大室山)で妹(富士山)をほめちゃダメらしいです。

じんじゃ

す、すみません。
めっちゃ妹さんの姿を探してしまってましたけど…。
「ここから富士山見えるかなー?」ってな具合に…

でもねー、ここの神社ってば!
参拝しようにも例のアーチェリーをする人じゃないと
参拝できないんですって!差別だ差別だ!
しかも、この鳥居からまだ歩くらしい。遠いですな…
誰でもお祈りできるようにしてもらえれば、歩いた後の
満足感も増すと思うんですけどー…


スタート地点が、実は一番いい風が吹き抜ける場所でした…。
一周まわってから気づいてしまった…。
ちょっと休憩して、もう一回リフトでふもとまで降りましょう。
伊豆ツアーは予定が結構つめつめなのです。
じゃ、またさっきの足跡の上に立ってリフトを待ちましょうね

小便小僧

……???

ん?なんかいた?
なーんにも見えませんでした。








な、何か敗北感がするのはナゼ。




リフト景色
リフト下りの景色。
目の前にゴルフ場と海。
あと、シャボテンセンター?
シャボテンアイランド?何でしたっけ?
本気で名前忘れましたが、ソレが
あります(←突き通した!)

帰りは何か寂しいですねー



すばらしいのは、リフトを降りてからの流れで
強制的に売店に入る仕組みになっているところ!すごい!やるな!
ご当地品が!お宝が!目の前にあるぞよ!

サイダー



あした葉ジョー

パクりすぎです!そのまんま!
となりのは、瓶がかわいかったので

新発売って書いてあるけど、ここに来る前に
よってきた道の駅でも売ってたよ。


まだ伊豆は始まったばっかりー!!
しばらく続きますっ!