青春♪ing

だから生きるって・・・楽しいかもね

DSC_5342

職場の忘年会。秩父でありました。何が美味しかった?と聞かれても、何から何まで美味しかった♪と言えるぐらい幸せなお店。秩父地方は、美味しいお店が多い。住んでから、食べてばっかりな1年。
DSC_5344

昨日は、手軽にポトフ。
DSC_5347
DSC_5349

寒かったので、武甲温泉♪
ポカポカの足に、足つぼマッサージ♪

DSC_5352

今日は早めに上がらせて頂いて、先週から通っている耳鼻咽喉医院へ。
駅前で予約制。
八王子にいた時は、かかりつけの耳鼻科は、おおむね2時間待ち。朝受付してから出勤し、順番を携帯でチェックし、順番が近くなってきたら席を外し。もしくは昼を遅めにとって受付し、順番が近くなってきたら席を外し。という感じだったのに。

秩父は予約制なので、ほぼ待たずに治療を受けられるので、以前より通いやすくなった!
以前は、一度かかったら軟膏、点耳薬の他に、内服で抗生物質、抗アレルギー薬、血液をサラサラにする薬、ビタミンの薬を1週間飲み続け、治りかけに口内炎にかかり、口内炎の治療薬を出してもらって2週間かけて完治。点耳薬は当たり外れがあって、新薬と聞いて過剰に期待し、前の薬の方が良かった!と思ったり。効きの良い薬だと安堵し、イマイチの薬だと次回の通院まで良くなるんじゃないかと思いながら、薬との我慢比べだったり。

だったのに、今回の処方は軟膏のみ。DSC_5367あとは、時間を見つけて通ってくださいね!という状況。三割負担で1回290円で処置を受け続け、通うたびに良くなっている。たくさんお薬を使ったり飲まなくても通院治療とカラダの力で治って行くこともあるんだって。医師によって治療の仕方は千差万別。色々な治療方法があるのだと、教えられています。

DSC_5355

帰ってから、時間をかけてかに鍋を作りました。かに鍋って食べたことがなかったので、インターネットで調べて、作りました。秋にお友達から頂いた種で育てた、長男さんの実家で収穫された、桜島大根の葉と大根が入っています。
DSC_5359

DSC_5360

長男さんから「美味しい!すっごく美味しい。こんなに美味しいかに鍋食べたことないよ。あ〜しあわせ!」と、何度も言われて。すっごく幸せそうな顔をされて美味しそうに食べてくれるので、その顔がずっと見たくて、今思い出したら蟹の足と野菜中心に食べてしまいましたが・・・・
DSC_5365

鍋を食べ終わったころには、お腹いっぱい!

幸せって何だろう?
高校時代は、幸せと思ったら、そこで成長が止まるから。幸せを感じる人でありたくないという考えがあった。
歳を重ねるにつれて、日々努力した上でタイミングと運が良い人がつかむものと思っていた。
生きていく上で色々経験していくうちに、ふと肩の力が抜けた時。自然でいられることにありがたさを感じた。
今は、自然でいられることが幸せだと思うし。環境に日々感謝と思っている。

季節はうつろうし、時も時代も流れる。砂時計をひっくり返すように時は戻らない。
生きていくことって、置いたままの砂時計。
今年も、あとわずか。時の移ろいは年々早く感じるけれど、落ちていく砂の速度は変わらない。日々を大切に生きていきたい。

ユネスコ無形文化遺産に1日に登録されたばかりの 秩父市の師走名物、秩父神社の例大祭「秩父夜祭」は、 京都祇園祭、飛騨高山祭と共に日本三大曳山祭の1つに数えられています。と、言われる大きなお祭りへ初めて行ってきました。

一番印象深かったのは、迫力ある美しい山車よりも
DSC_5283



入場制限していた、秩父鉄道の最後尾よりも
DSC_5251




長男さんが大好きなから揚げを、駅伝前日に大口で、頬張っていたことよりも
DSC_5244
DSC_5245
DSC_5319
DSC_5321

翌日の駅伝は、富士登山駅伝の常連さんが集う駅伝。奥多摩渓谷駅伝。
横瀬町から参加した、横瀬陸協。
高校生から不惑ワクワクの世代まで幅広い世代が襷を繋ぎ頑張りました!
関係者の皆さん、参加の皆さん、ありがとうございました。

話を戻します。
家に向かっていた道路標識の案内標識!!!(滝汗)
DSC_5263



ふさぐ!DSC_5247

あらゆるところで、時間をかけて、山車に合わせて花火がなる。DSC_5242
DSC_5254
DSC_5261
DSC_5268
DSC_5277
DSC_5297
DSC_5301
DSC_5304
DSC_5309
DSC_5314
DSC_5310


花火だけではなく、山車もきらびやか。日本の「雅」が秩父にあった。
DSC_5281
DSC_5282
DSC_5290
DSC_5291
DSC_5277


秩父夜祭の長男さんも「雅」
DSC_5249

人出にもびっくりしましたが、警察の方、地域の方あらゆる方々が「秩父夜祭」を背負って、おもてなししていることに驚きました。
見たいことにしぼって楽しむのもよし。移動しながら楽しむのもよし。
なじみのお店に行って語らうのもよし。色んな楽しみ方があるのだと思いました。
とても楽しかったです!ありがとうございました。

5

珍しい電車に乗って、所沢プロペ通り献血ルームで献血をしました。
2


目的は・・・
1
けんけつちゃんの手帳!
一昨年、昨年に続き・・・今年もゲット〜♪
初めて埼玉県でゲットしました。
3
4
昨年頂いた東京都の手帳と比べると・・・埼玉県の手帳には「六曜」が。
節目節目で日取りを考えたりする、秩父式の手帳で便利♪

カフェで過ごす時間より、ホッコリした気分で過ごせる献血ルーム。 
献血ルームの温かな雰囲気に癒され
本日も無事に成分献血できたことに感謝します。

昨日、今日と珍しくジョギングしました。昨日は周回コース。
今日は長男さんが帰宅してから土グランドで。

恐らく今年ほど、練習できていない年はないでしょう。
それでも何故「一緒に大会に出るの〜?」って、聞かれたら。

ゴールした後の、長男さんの顔が良いんですよね。
「走った〜♪」っていう。純粋に大会で走るのが好きなんだろうなって。

実は、この「走った〜♪」に、救われたことがあるんです。
過去のサロマ湖ウルトラマラソン50kmで。
練習は出来ていたんです。出来過ぎていた。全てが順調すぎたんです。
・・・で、順調すぎた3週間ほど前、急に脚に異変が。
恐らく、急に練習しすぎたんでしょう。
そこから大会までの、心の持ちようが開き直りしかないというか。
もう、完走させてくれ!完走だけでいい!と祈る気持ちと
朝起きたらキレイサッパリ治ってるんじゃないか?と、
諦めきれない気持ちが、ごちゃごちゃになり。

結局、ワッカに入ってから症状がでちゃって。そこから順位や結果は考えずに
完走を考えていたのですが。ひとつひとつジワジワと順位をおとし。
それでも、頭のどこかで「今の順位」を考えている自分もいて。
あとひとつ順位を落としたら、後がないと思いながらワッカを下り。
最後の直線、50kmと100kmの分かれ道。
そこで同じ色のゼッケンの女性ランナーに追い抜かれて。
追い抜き返そうとするのですが。ついていくのが必死。
ゴールまで、最後の最後まで諦めずに追い抜くイメージを作るのですが
願いはかなわず、2秒差で。追い抜けずに・・・そのままゴール。

・・・と、いう大会があったんです。
どうにもならない感情が、こみあげてきそうになったとき。
先にゴールしていた長男さんが、近くにいて。
「いや〜〜!ゴールできないかと思ったよ!お互いゴール出来て良かったね!」と。
自分に対して嫌な感情が沸き上がる前に
間髪入れずに笑顔で、握手をしてくれました。
スゴクよい笑顔をするんです。

今も変わらない顔で、ゴールした後
色々大会について振り返って、色々話してくれるので
あ〜こういうのいいな〜。見ていて幸せな気持ちになれる。
ずっとこれからも一緒に走りたいな。
・・・と、思っています。

献血の話から、何故急に変わるの?って思うかもしれません。
ボランティアや人と人とのつながりも。
恐らく、誰かのため(相手のため)そして、自分のためが
天秤のように釣り合ってないと、ずっとずっと長く続かないだろうなって。
時に片方にゆれたりする時期もあるかもしれないけれど
でも天秤なので、どちらか一方に傾き続けるのもシンドイと思うのです。

ですが・・・

ChageとASKAを見ていると。天秤は、難しいことかもしれないな・・・と。
ASKAを見ていると
「人に対して神経過敏になって、人間不信になってるみたいだけど
タクシー運ちゃんとのやりとりの映像や
信じていると思っているであろう人とのやりとりの音声がテレビに出ちゃって。
報道のあり方として果たして良いのだろうか?」という気持ちと
「何かきかれたり、見られてマズイものがあるんだろうか?」という気持ち。

ChageがASKAの復帰に向けて一生懸命尽くしていたのと
それが難しくなって、再びファンに対して謝る気持ち。
それでもなお・・・解散しないChageの気持ち。

若かりし頃は、ASKAの芸術的なところが素敵♪とか思ってたけれど
歳を重ねるにつれて、Chageがいい歳の取り方をしているなと思ってしまう。

人間の泥臭い部分を見て
天秤に例えるなんて、いささか青臭いのかなと思う
今日この頃なのでした。

DSC_5089
DSC_5093

代々木funラン実行委員会主催、 2016年11月27日(日)に所沢航空記念公園で
開催された『第3回所沢グリーンマラソン』へ参加しました。

週末の出勤交代で、土曜出勤になり日曜が休みになったので
その時点で「大会にエントリー出来ないかな?」と、探して見つけた大会。
主要な大会が全て締め切られている中で、仲良くエントリーさせて頂けました。

秩父方面から西武鉄道ひとつで楽に行けます。
受付が11時までなので、早起きせずに行けます。
走る時間がお昼なので、寒い季節でも、比較的暖かい。

↓そしてそして・・・ボランティアした気持ちになれる大会!
★★プレゼントツリー企画★★
参加者様が増えれば増えるほど、森づくりが必要な地に樹が植わります。
本数は各種目の総合タイムより換算、植樹はプレゼントツリーを通じて行われます。大会に参加して森林再生活動を支援しましょう!!

会場に行って、一期一会で集まったジョガーたちが走れば
ひとつのことを支援出来る。心温まる大会♪

ちなみに、代々木funラン実行委員会主催といえば・・・
DSC_5118

チラシで頂いた、40回近く続いている、「小松菜マラソン」が有名のようです。
江戸川区の特産の小松菜を沢山の方に知ってもらう為、
参加賞として小松菜を加工した商品が貰える大会。
入賞者には小松菜と小松菜商品が・・・。


300名以上の方に参加していただいた場合には
江戸川区の子供の為に寄付をしています。皆さんのご協力により
「第1回目は江戸川区にベンチを寄付させていただきました」

と、いう大会!です。

長男さんも「楽しかったし、皆楽しそうだった」と。
確かに、皆で頑張って走るのも楽しいし、和気あいあいと走るのも楽しい。
皆で走ってひとつのことが出来るっていいな〜と思いました。
DSC_5091


完走後、左下のQRコードにアクセスすれば、即2.5km毎のラップが確認できて、びっくり。長男さんは綺麗な右肩上がりのラップ。私はお得意のロケットスタートで、2周目撃沈ラップでした。
20161127_194244

表彰式も和気あいあいとしていて、楽しかったです。ありがとうございました!
DSC_5097
DSC_5102
DSC_5105
DSC_5106
DSC_5107
帰ってから、長男さんが秩父特産品のひとつ「しゃくし菜漬け」を見せてくれました!
大きな樽に、漬け物石を乗っけて出来る特産品♪
どんなふうに出来るのか、楽しみ♪です。


DSC_5082
DSC_5083
DSC_5085

町からがん検診の結果が届きました。
八王子市は封筒で届きましたが、秩父・横瀬町は葉書で届くんですね。
ベリベリ破って、長男さんと一緒に中を見ました。

集団検診だと安いし、がん検診のために集まっているので、待ち時間に親切な方々からお声掛け頂いて、色々お話を頂きながら進んだので、個別のがん検診より待った感じがなく、気楽に終えました。

また機会があったら、受けてみたいです。

↑このページのトップヘ