青春♪ing

だから生きるって・・・楽しいかもね

秩父音頭まつり、3回目の参加。チームよこぜ、今年も楽しかった!
参加させていただき、ありがとうございました♪
DSC_9631
DSC_9644
DSC_9647
DSC_9659
DSC_9680
DSC_9683


昨日は、町内の地区の大納涼大会でした。
3回目のから揚げとフライドポテトの売り子をしました。
DSC_9600
夫の長男さんは、焼き鳥専門。ウルトラランナーが焼き鳥の兄ちゃんなんて。ちょっと意外過ぎる。
抽選会で、長男さんは天使の何ちゃらを当てて、天使のようになり、嬉しそうでした。
DSC_9603
DSC_9609
DSC_9604
DSC_9607
 模擬店でお世話になった方々、来て下さった方々、お声掛け頂いた方々、ありがとうございました。
地区の納涼祭、今年も和気あいあいとしていて楽しかったです。お疲れ様でした!

無題3636

DSC_9564基礎英語も8月に入り、4〜7月の復習に入っています。
サロマから帰っていてから、少しサボり気味になり、7月に入るとキソ3が一気に難しくなり。
「え?これ、本当に中3だったっけ?高校入ってないか?(滝汗)」という内容で。
なので、一旦8月でクールダウンで助かってます。
DSC_9567
ストーリもさかのぼり。大好きな田植えネタが、なつかしい。
主人公(イラスト左)の父が町役場の「すぐやる課」で、田植えツアーを企画。
主人公の祖母が旅館を経営していて、写真家の外国人カメラマン(イラスト中央)が長期滞在している。
主人公の初恋は、幼なじみ。ホテル経営している家庭のお嬢さん。積極的で活発な女の子。(イラスト右)
祖母は、マラソンランナーで年代別で入賞常連。祖母の幼馴染は、ホテル経営一家の主?!
出てくる景色が、時々横瀬町や秩父に何となく似ているので
すっかりストーリーとイラストにハマってしまっています。
DSC_9562
DSC_9559写真は、今日の寺坂棚田。


DSC_9571

今回はドリルつき(なつかしい!)
基礎2は、英語と言えば定番。
長文のストーリーを読んで、後半同じ内容になるように穴埋めする。

基礎3は、
DSC_9574
DSC_9575

英語と言うより・・・受験英語っぽい内容。
ドリルも講師の先生が監修していて、基礎英語とはいえ個性がでていて、楽しい!
DSC_9533
DSC_9538

今の季節美味しいと言えば・・・とうもろこし!
え?とうもろこしといえば、北海道なんじゃないか?と思うかもしれませんが
北海道より美味しいとうもろこしが、秩父横瀬町にあるのです。
朝採れのとうもろこしが、そのまま道の駅に並んでいるから。
やっぱり新鮮だと、とっても甘くて美味しい!
生ビールじゃないですが、最初の一口がスゴク衝撃的なほど美味しかった。
DSC_9544
DSC_9549

とうもろこし以外は、休日の長男さんが作った料理!
DSC_9551
DSC_9554

最初の一口がスゴク衝撃的なほど美味しいといえば、秩父産のぶどう!
道の駅果樹公園あしがくぼに、並び始めました。
今年は暑いので、ぶどうの糖度が高いとかで、ぶどうの当たり年。
真夜中に食べたくなるほど、果物がこんなに甘いのは罪だよ。
生菓子の宝石のように、甘くて美味しい。
一房あっという間に食べ切ってしまうほど美味しい!

最近、NHKの番組を見て「おもしろそう!」と思って、ストックフォトを始めました。
PhotoAC(写真AC)に画像をせっせと登録中。
訪れたところの案内が色々できたらいいな〜と思っています。

富士登山駅伝は・・・富士森走友会が入賞した!と、思いこんでしまうほどの接戦。
昨年は「おしい、本当におしい!」と思ったけれど
今年のチームワークの良さは、傍から見ていて、素直に良いな!と思っていたので
離れていても、傍から見させていただけることに感謝しました。
今年は、おしいなんて思いませんでした。
競技場が出来るまでの練習環境の厳しさと
世代を超えたチームワークの良さで、きっと過去の富士森走友会と比べて
表彰台に立っていると思ったからです。
選手の皆さんを始め、監督、サポーター、応援の皆さん、お疲れ様でした。

DSC_0157

翌日。別件のアンケートで謝礼が届いた。
モニターじゃないけれど、別件で、食事調査の案件が届いた。
期間は半月。始めた時は(期間が)長そうと思ったけれど、ところがどっこい
歳を取ったせいか、流せるぐらい一日一日がはやく過ぎていく。
DSC_0074
DSC_0082
DSC_0090
DSC_0159
DSC_0162
DSC_0167

あまり料理に時間かけない家庭の
ごくフツーの食卓の様子が調査したいんだとか。
DSC_0114
というわけで・・・つくりおきした夕食まで写真に撮る。

DSC_0085

あちぃ日が続いた後の、台風前と台風通過時。静かで涼しい。
1

おぉ!!!
3
2

近くの大きな市。この中から、自分が住んでいる地区を探さなきゃならんのか?
避難に時間がかかる人に対して行動するよう求めているのに・・・探すの面倒くさくないか。
この中で、当てはまらない地区ってどこだろう?近くながら、大掛かりな避難準備に、あれっ?と思う。
こんなの雨がザンザン降ってる夜に出されたら、避難に時間がかかる人は面倒だろう・・・とも思った。

で、こういう時の・・・八王子市って、どうなってるの?
4

こっちの方が明るいうちに行動できるし
ハザードマップ持ってりゃ、合理的で理にかなっていて腑に落ちるから
個人的に好きかもしれない。
情報を見ていると、出している自治体によって、特徴があると言うか。かなりバラついている。
DSC_0021

ふとテレビをつけると・・・秩父市 VS 大月市
DSC_0023
DSC_0024

イイ勝負していて笑った!

昨日は、熊谷市で日本一の暑さを記録したとニュースで話題になっていました。
DSC_0103今日は、朝早くから、駅前の花々に
元気にする魔法をかけている地元のご年配の方を見て
とても幸せな気持ちになった。
暑さが続く中、お花を喜ばせ、訪れる方々も喜ばせる。帰ってきた人をホッとさせる。
何て素敵なことでしょう。
DSC_0122
休日。家事を済ませた後、特急レッドアローに乗って、予約制の会場調査へ。
アンケートに答えた後、それを基に別会場で5対1で対話する形式。
自分は聞かれる側なので、1の方。
あらゆる角度からインタビューされ、予定時間を超えて1時間10分に。
あっという間に時間が過ぎていた。
色々聞かれることで、商品のお役にたてたら良いなと言う気持ちと
商品開発するにあたって、自分たちが意図することへの期待より
知らないことへの気付きを大切にしている雰囲気を察し、物事の見方の勉強になりました。
DSC_0125
次は予約していた献血ルームへ。山手線に乗って4分です。
初めて向かった、有楽町献血ルーム。
DSC_0120
階下の交通会館では、北海道どさんこプラザがお出迎え。
北海道のソフトクリームが人気で、お土産などもあり早くも北海道へいった気分。
他にも、物産館めぐりが出来るほど、ご当地ものを楽しめるようです。
ちょっと旅行した気分になれそうですね。

37678308_860067134182827_6290817729205108736_n
37759045_860067430849464_4798836813168902144_n6階の献血ルームへ行くと、茶色を基調とした、ゆったりとした落ち着いた雰囲気。
クラシックやジャズがかかっていて、空港の有料ラウンジのような雰囲気。
37768735_860067307516143_8433028347071561728_n

献血くださった看護師さんのお話では、新宿や渋谷より落ち着いた年齢層がメインだとか。
確かに、落ち着いた雰囲気にピッタリの方々が集まっています。

37736492_860067540849453_7255673598151491584_n
37682858_860066827516191_7601224917073264640_n

たくさんの方が訪れているのに、狭く感じないのは
ゆったりとした作りと落ち着いた雰囲気だからこそ。
寒すぎず暑すぎず、ちょうどよい涼しさ。まるで北海道へいった気分。

北海道へいった気分と言えば、西武線の特急レッドアロー。
ゆったりとした足元に、快適な涼しさ。
十分すぎる荷物スペースに、目的地まで移動する真夏の快適な北海道を感じます。

水分補給をしっかりして、帰りは余裕を持って座って帰ってください。
と、献血ルームの看護師さんからアドバイスをいただいたので
帰りも特急レッドアローにお世話になりたいと思いましたが・・・

事前に500mlのペットボトル2.5本とコーヒー。水分は多めに取ったと思ったのですが
想定以上に、普段より献血に時間がかかってしまい
(遠心分離器にかかった血液の回転がいつもより遅かった)
また連日の猛暑の中、献血後、普段より多めに休息しないといけなくなり
予定していた特急レッドアローに乗れず
「献血した側の手で重いものは持たない」
「帰り立って帰らない。余裕を持って席に座って帰る。」
「走らない。」の禁じ手を破り

JR池袋駅から西武池袋駅まで、移動時間4分以内。全速力で走り
階段を息が切れるまでホームまで一気に駆けあがって
電車の扉が見えたら、カバンと荷物を抱え込み
バスケットボールのボールがゴールに入ったように
滑り込んだ瞬間に、扉がタイミングよく閉まりました。
蒸し暑い満員電車の中、所沢駅まで立ち、献血した側の手で吊り革を持ちました。
これを逃したら、いつ秩父へ着くんだ〜!に、なっちゃうので。
人が空いてきたら電車の中は涼しくなり、座ったまま寝てしまいました。
最後は、全く余裕のないスケジュールに反省した一日でした。
kako-Xh8r5Jqdm6FSmdcr

急いだのは、地元での集まりがあったから。
遅れることは伝えていたのですが、少しでも早く着いて状況を見たい。知りたい。
途中で会った夫の長男さんに、カバンと持ち物を預け
そのまま自転車で現地まで向かいました。
富士登山駅伝のように、自分より若手がマッスグに頑張る姿から
大きな力をいただきました。
未来に向けての前向きな話って、聞いていて元気になれます。
見ていて自分も頑張ろう!って、素直に思える。ありがとう。

横瀬町に住んでいて、良さを知った朝で始まり夜で終わりました。
住むところが変わっても、力を頂ける環境に感謝した一日。
本日お会いした皆さん、お世話になり、ありがとうございました。

↑このページのトップヘ