青春♪ing

だから生きるって・・・楽しいかもね

応援よろしくお願いします! にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 秩父情報へ
町に転居してから初めての参加だったので、2回お休みしていましたが、
小川和紙マラソン大会に参加させて頂きました。申込み締め切りが延長されて、エントリーできることに気づき、10月の3連休中にギリギリ申込みしました。
5
夫の長男さんは初めての参加で、無理をしないようにという状況での参加でした。
4
7坂が多いので、きちんと練習していないと記録が出ないコースですが、夫や横瀬町の走るお友達と八王子在住時代の走るお友達から声援を受け、和太鼓の応援も頂き、
3
練習不足ながら最後まで楽しく走らせて頂きました。
毎年冷たい風が吹き付けるのですが今年は風が吹かなかったので、ここ数年にないぐらい走りやすかったのですが、ただここ数日で一気に寒くなったので、気温の変動に体が追い付かなかったのが正直なところでした。
ただRUNNETのレポートを読むと寒さのことが書かれているので、いや・・・本当は寒かったのか?!良く分からないです。
8
9
1
おススメは、手作りいっぱいのフードコートで温かなものが充実していること。DSC_0205大会役員さんがとても多く町をあげて大会を進めているので、運営がすごくスムーズなところ。道の駅があるので、色々小川町ならではの買い物ができることです。
DSC_0163
DSC_0194
DSC_0165
DSC_0166
小川町で、秩父みそポテト!八王子在住時代、キーマカレーパンとキーマカレーライス、からあげばかり目が行って全く気付きませんでした。から揚げは、大粒でサクサクの衣。あつあつジューシーでした。

以前と変わったところは、小川町のあったか母ちゃんのアナウンスではなく、地元の高校生放送部の生徒さんがアナウンスをしていたのと、5kmの表彰時間が変わり、ハーフや10kmのスタートの応援が出来るようになっていました。走って表彰式を終えた後、体が冷えてきたので、温かいものを食べてからハーフマラソンの1時間30分あたりから2時間10分過ぎまで夫の長男さんと共にで応援し、サロマ湖ウルトラマラソンつながりのランナーさんの昔と変わらない頑張りも拝見し、楽しい時間を過ごさせて頂きました。
DSC_0152
DSC_0196
DSC_0204
DSC_0228

久しぶりにお会いしたランナーさんからも、同窓会のように、いっぱい力を頂きました。本日、大会に参加させて頂き、ありがとうございました。
2
2-1
車で行くと、途中コンビニに寄っても1時間かからずに行けるんですね。小川町を近くに感じました。
縁あって表彰されましたが、賞状と賞状入れが和紙で出来ているんです。完走証は和紙風の模様で、こだわりがありました。副賞は、手紙セットと干支のおがわはりこ。手紙セットは必ず使うものなので、良かった!
干支のカワイイはりこは、寝室に飾っておきます。夫、長男さん、今日もいっぱい応援してくれて、たくさん写真を撮ってくれて、いつもありがとう!

応援よろしくお願いします! にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 秩父情報へ

平成最後の秩父夜祭が、12月2日と12月3日に行われました。
DSC_0281
DSC_0279
林家たい平師匠、お疲れ様でした!
マラソン大会の選手に応援するように応援(お声がけする)すると、秩父夜祭が、いつもより距離が近く感じました。
たい平師匠のファンや、地元の方々もきっと距離を近くに感じたことでしょう。
DSC_0163
DSC_0152
DSC_0242
DSC_0174
DSC_0178秩父神社は祭りの熱気に包まれていました。

たくさんの感動をありがとう!
DSC_0203
DSC_0205
DSC_0206
痛車も集合していました(^-^)
DSC_0263

応援よろしくお願いします! にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 秩父情報へ

3日目は、ホテルからマッスグ行けば徒歩10〜15分ほどの乗船場へ。
(途中コンビニに2回寄ったので若干時間がかかりました)
ちなみに1泊目と2泊目の間の距離は、徒歩5分以内でした。一泊目の方が乗船場に近いかな?!
「ナガンヌ島」3-5
4444666

公式ホームページからスケジュールを、お借りしました。
11月末まで5時間滞在のゆったりコース。
DSC_1122
DSC_0808

5時間いたら暇かなぁ。。。と思いましたが、美し過ぎる風景に、何も考えないゆったりした時間。
・・・あっという間でした。
携帯電話の電波はシッカリ届いたので、WEBにつなげることも通話も出来ました。
その後、下山祝いを。
3-4

モノレールで空港まで向かいました。
前回感じたことですが、初乗りが240円(一区間。800mほど。バスツアー乗降の県庁前から美栄橋まで。)空港まで片道300円。運賃が札幌市営地下鉄並みなので、極力モノレールを使わないようにしていましたが。
3-3
途中の景色と、アナウンスの後に流れるオリジナリティあふれるメロディが良かった!
自動改札機が切符のQRコードを読み取る形式。
44444444444

3-2

那覇国際空港へ着いてから、手荷物を預けるカウンターで宅急便を出しました。
全国共通、空港から自宅まで1個1000円。時間指定も出来て、大きなカバーもつけてくれました。
「JAL手ぶらでおでかけサービス」「宅配便サービス」と言います。
3-11

この日は終日、那覇から羽田に向かうJAL便が満席続き。飛行機到着も少し遅れ午後9時過ぎ。
秩父へ向かう終電が時間的に乗り継ぎカツカツで厳しそうなので無理せず
空港リムジンバスを使ってこの日は八王子へ泊まりました。
東横インの5泊で1回、シングル無料券を使って差額二人で合わせて1,500円(税込)での宿泊。
トイレWi-fiの他に、スマホや携帯電話の充電スペースもあり。また静かなので寝られる環境です。
21時35分発で23時ちょい前にJR八王子駅前へ着きました。
-

翌日、かかりつけの医療機関でインフルエンザの予防接種もギリギリできて良かった!DSC_0593
この日はとても混んでいて、再診だけでも午前11時すぎで72番まで呼ばれていましたが。
他に初診と検査が含まれずの人数で。待合所で立って待つ患者さんが20名ほどいたほどです。
私と同じようにインフルエンザの予防接種を受ける患者さんがチラホラいました。
3-10

帰って来てから、素敵な驚きがあった沖縄旅行。
最後まで、お付き合い頂き、ありがとうございました!

応援よろしくお願いします! にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 秩父情報へ

2日目は沖縄のバスツアーを楽しみました。
以前、那覇国際空港に着いてから翌日のバスツアーを予約したものと同じプランでした。
2-12

大型バス2台の人気ツアーでしたが、人気ガイドさんが三味線を使って2回歌を披露してくれたり。
三味線抜きの歌を披露してくれたり。
ガイドさんは透き通るような声で(眠い人には子守唄に聞こえる美声です)笑顔が素敵。懇切丁寧でした。

2-11

2-10

2-9
美ら海水族館。
46521208_2006577742751511_2696140083404210176_n

台風24号の塩害のあとがありましたが、景色はとても綺麗でした。
46521252_2006577776084841_5772661720585601024_n
2-8
46789475_2006577546084864_5928806111330172928_n
46691854_2006577572751528_3959463975757807616_n
46521507_2006577499418202_9198925147430453248_n
2-7
お菓子の試食有、お土産も買うことが出来ました。入り口入ってすぐのところに洋菓子販売とフードコートもあり
地下へ通じるテラスでお食事やデザート、飲み物も楽しむこともできました。
2-6
2-5
琉球村では同じような形で、即席で、カーチャーシーも踊らせて頂きました。
2-1
2日目の宿泊は、東横インを利用していました。

レディースVISAカードを持っていると、5泊で一回シングル宿泊分が無料になるので
(ダブルやツインは差額支払いで利用できます)
都内の東横インなど、シングル料金が高いところで利用するとお得です。

今回幸運にも空きが出て、利用させていただいていますが、
日曜日なので二割引。昨日のゲストハウスとは、
二人利用計で620円の差額。それほど変わりません。
人気の観光地や人気のコンサートの前後だと、一ヶ月ぐらい前に予約したくても満室が多いです。

 沖縄では、シャワー生活で温泉やお風呂に入る習慣がないそうで、ゲストハウスもシャワーのみでしたが、46518737_947127948810078_8404573832253276160_n

東横インは統一した作りなので、お風呂もあり、何度も泊まっていると、どこに何があるのかと、サービスもわかるので、第二の我が家のようにくつろげます。
ホテル内の自販機のアルコールや飲み物は、良心的。オリオンビール350缶220円
物珍しい地域限定チューハイ150円。
ソフトドリンク、缶コーヒ全品100円、グァバ茶、サンピン茶120円。
ホテルによって、品揃えは違いますが、自動販売機を見る楽しみがあります。Wi-fiも利用できます。

サービスの新聞を見ると、那覇は、NHK2チャンネル、民放3チャンネルです。
 近年、ビジネスマン、観光客、訪日観光客もあり人気ですが、
東横イングラブカードに入っていると、半年前から予約できるので、
マラソン大会など、早めに日程が決まっているものは、お得です。

2-4
二軒め。沖縄は朝遅く、夜も遅いとか。屋台感覚のお店で、開けっぱなしで、
色んな店から声が筒抜け。心地よい風が来ると思ったら、扇風機が回ってる。

そう言えば、夕日が五時半過ぎだった。真っ暗になったのは、六時頃。
沖縄の人はセーターやトレーナを来ていて、観光客は半袖。
不思議と外国人のいない雰囲気。昭和の雰囲気で、
25年前から30年前の曲がかかっていて、ゆるい雰囲気。まったり過ごしました。
ここも離れがたかった!
バスツアーで「横瀬町ってどこにあるの?」「横瀬町って何県?」色んな方から聞かれたけれと
店員さんも色々話しかけてくれてフレンドリーでした。

2-3
夜中に市のごみ収集車が来て、どんどんゴミを回収していきました。
46800586_946852762170930_345799825729519616_n
46712840_946853208837552_5730739481112215552_n

確かにコレだと、朝カラスがゴミを散らかさないです。
素早い作業に驚きました。

応援よろしくお願いします! にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 秩父情報へ
沖縄行ったことないんだよね。夫、長男さんの言葉。
私も学生時代と、秩父に来る前の一人旅ぐらいだけど。行っちゃおうか。
 思い立ったら吉日のJALおともdeマイルの沖縄旅。出発日に予約便より早い時間なら時間変更オッケー。
(今回行きの便が時間変更がききました。座席の真後ろから西八王子周辺にある高校の修学旅行生達でした。)
とりあえず行きは14時45分発、帰りは18時40分発の便で10月30日に航空券が取れました。
1

今回、苦戦したのは、沖縄のパックツアー最安値シーズンと三連休が重なった宿泊施設選び。
初日で予約できるところが、連休中日で、ほぼなく八方塞がり。
直下がライブハウスのカプセルホテルで、宿泊当日24時までライブしているところも空いてましたが。
発想を変え、訪日観光客が利用するゲストハウスを探し、プライベートが確保できるツイン部屋をおさえ、
46822425_947164248806448_8906408853478834176_n
46676999_947164198806453_8391195374198456320_n46518737_947127948810078_8404573832253276160_n
46682118_946849528837920_4197093607028555776_n同時にゲストハウス近くで、翌日ビジネスホテルでホリデー割があるところで空きがでないか、こまめにチェック。禁煙シングルが空いたので電話をかけ、二人でシングル部屋を使えないか確認をし、
了承を得て部屋を確保しました。


宿を決めたあと、夫の長男さんにどんな旅にしたいか、リサーチ。

史跡めぐりと離島に行きたいとのことで、1日目の飛行機の時間を前倒しして、
沖縄バスの首里城市内史跡めぐりバスツアーを空港からの利用で予約。
46513404_946468425542697_4518107472845602816_n
 三日目は、日帰りで行ける離島のフェリーを予約。
DSC_0759
一日目のツアーの終着点と、二日目のツアーの出発が同じところで、宿から歩けるところに。
三日目のフェリー発着所は、二日目のホテルから徒歩で行けるところ。
二日目と三日目のツアーの荷物は、全て二日目のホテルに預けることが1日目の夕方に決まり
旅行行程が決まりました。

後は自分が一人旅に行ったところを記憶を頼りに。

 前回味わえなかった沖縄のお刺身の美味しさと、市場のおばちゃんの優しさと。あったかい、
おばあが明日市場が休みだからと、閉店間際うみぶどうを半額にしてくれ、
ゲストハウスに戻ったあと「自由に使ってよいよ」って英語で書かれている、キッチンと食器棚のお皿やお箸、談話室を使わせていただき、二次会をしました。
46837292_947164092139797_8435224174871445504_n
46526058_946845435504996_5709376678854131712_n

今日の市内遺跡めぐりツアーは、
2
3

46773967_946848872171319_7338898583900389376_n前回一人で何となくまわった首里城観光で全く知らなかった、沖縄の歴史(特に太平洋戦争と返還までの話)、
玉陵の向かいにある首里高校の球児が、返還される前に、甲子園に出場し、
甲子園の土を持ち帰れずに涙した話。首里城の戦争にまつわる話、
お墓にまつわる文化。那覇がどのように今を迎えたなど、色んなお話を聞かせて頂き、
歴史の授業で学ばなかったことを教わりました。


またお世話くださった運転手さんが、ツアー翌日が65歳の誕生日で、最後のバスツアー。
添乗員さんも、安全確認を運転手さんと共になさっていたのが心に残りますが、
長年二人三脚で頑張ったそうで、最後はガイドさんが涙声で挨拶。

福島からの夫婦、石垣島の甥っ子の家に滞在中で、
日帰りで那覇観光をした練馬区のご年配の女性。
そして私たちの五人で大型バスのアットホームなバスツアーでしたが、
最後は運転手さんに、ありがとうと皆で一人一人挨拶し、
運転手さんもホッとしたのか、笑顔が素敵なバスツアーでした。


今年の台風24号の影響で、施設や道が壊れたり、塩害もあり、
かなり観光地が被害を受けたそうですが、被害を受けた修繕と緑が戻ったそうで、
聞かなければ気づかないほどでした。


一期一会の出会いを楽しみました!
夫の長男さんの笑顔を見て思いましたが、旅行や観光で色々調べて計画をし、
誘った相手がくつろいだり、喜ばれることが嬉しいです。出会った方々に感謝!の一日でした。
4
46519803_946844475505092_2227993720496586752_n
46520614_946849408837932_8785423284062650368_n

↑このページのトップヘ