青春♪ing

だから生きるって・・・楽しいかもね

そろそろ終わりですが、色々ありました。
初めてヤッホーパンに行きました!
13


アイコ(ミニトマト)の片付けも無事おわりました。

10


8月の頭から中旬、下旬にかけて苗を育てました。それと草取り。
過去の夏マラソンに向けての練習が、ここで活かされるとは。とにかく今年は暑かった。
8


昨年の出荷と比べながら、お客さんの動向を見て、少しずつ値段を下げています。
昨年と比べ、今年はナスが安くなっちゃってます。
皆でたくさん出荷しちゃうので。(秩父地域は大豊作とも言えます。)
豊作だから、食べる分にはムチャクチャ美味しい。
ミニトマトのアイコもそうでしたが
飽きるほど新鮮野菜を毎日食べられるなんて贅沢極まりない健康な田舎生活。

5



3

結局、確認はがきで返すのが面倒で
QRコードを読み取ってスマホから返した。
シールをはがして個人情報を確認したときに出てきたQRコードだ。
その方が、とても楽ちん。送った先も、葉書からの入力の手間が省けそう。

勤務先の欄は、今の勤務先・兼業農家(出荷先記載)
WEBには備考があるので、不掲載にする項目と(前回と変わらないけれど)
勤務先に字数制限があったら、こうして欲しいとリクエストを記載。
簡単な近況と、首都圏から日帰りで自然に親しめる秩父なので、多くの母校の卒業生に遊びに来ていただきたいことも記載。

夫婦じゃないと農家はできない。
私ができることったら野菜の値段を決めること。野菜の割り振り。
収穫、出荷で包むこと、ラベル書き。
玉ねぎの出荷準備。アイコの世話、それと草取りと水やりぐらい。
何だかよくわからないことが大半だから、よく夫に聞いている。
名簿ったら長く保存する物だから、夫婦で末永く農業が出来たらと思う。
その上での勤務先の記載。

6
11
2
1


余談ですが、本日3年ぶりに北海道マラソンが開催されたとのことで
多くのラン友が札幌を駆け抜けました。

ちなみに2万人エントリーの大会。
エントリー16,500円で制限時間6時間。
私が初めて完走したのは2002年。
その時はエントリー4,200円で制限時間4時間だった記憶もあるのですが。
東京マラソンができたあたりからマラソンブームと参加料の値上げが徐々に・・・でした。
そう、1万人超えるフルマラソンって昔はなかったのです。

昨今値上がりが何かと話題になります。
農家は、肥料・出荷に関わる資材関係、今年に入ってから
のきなみ値上がりの中、育てて出荷しています。
大雑把に2割から3割弱の値上げ。
でも値上がり率で言ったら、自分の知っている中では
フルマラソンとウルトラマラソンの大会の参加料が一番だと感じ
農家の値上げで根を上げていられないなとも感じています。

動画を見て、市民ランナーが密集する時間帯って、思ったほどバラついていないんだな。
(関門の関係もあるけれど)と、改めて感じました。

私たちは走っていないので、参加となると、なにぶん随分先になりそうですが
参加の皆さん、お疲れ様でした!

今年の夏。イベントにスタッフで参加しました。
今の子はアンテナが木の枝を通り越して森のように張っていて。
あらゆることの「なぜ?なに?」の奥が深い。
そして子の「なぜ?なに?」の引き出し方が上手い大人たち。
コロナ禍であらゆる行事に制約をかけられている教育ですが
今の子たちの将来が楽しみな一日でした。

個人的に楽しかったのは物事を理屈責めにし
理屈通りには行かず。
何度か分析しながら理屈を二転三転させた後
見事に成功させた子。
野菜を育てるのも色々あるけれど
こんだけ試行錯誤し無我夢中になって課題をクリアできる君の人生は
きっと大人になっても充実したものになるだろう。
楽しみにして参加して下さった皆さんを始め
教えてくださった地域の先生、手伝って下さった皆さん
前日まで雨の予報でしたが
一日楽しい火(日)となりました。ありがとうございました。

台風が来るようですが(来ているのか?)嵐の前の静けさなのか、それともズレているのか。
予報通りにはならず、それほど雨も降らずに静か。

日々の出来事はツイッターでつぶやいています。

そうそう、以前講習を受けたときに、女性が多くて驚いたのですが

実家のある十勝地方の農業のイメージが、ずっとあったから。
作物の収穫は、男衆が農協から借りた機械を使ってグループでするイメージ。
だから農協の生産者は男性。
私のようなオートマ限定の免許だと、出来ることがかなり限られる。



このイメージがあったから、講習受けたときに驚いたんだ。
子供の頃のイメージって、そこが原点になる。

思わずチャンネル登録してしまった。。。(滝汗)
秩父の農協は手作業が中心。夫が機械を使うけれど、集団で使わなくても出来る。
私が機械を使えなくてもやっていける。だからマラソン走るときの心がベース。


忙しい時期は暗闇の中、機械を動かして作業をするのが日常。
陸上競技場につけそうな、ものすごいまぶしいライトをつけて
夜な夜な作業をしているのを見かけたこともあった。

夫は一時、北海道の地に憧れたけれど、本気かどうか一度、正月の同窓会があるときに連れて行ったら

冬はこんな感じなので「何もないね。冬は何の野菜作っているの。」って言ったきり
以後全く何も言わなくなった。長ネギぐらい収穫できた方が良かったのだろうか。。。
確かに秩父は年中野菜が作れる。

十勝の寒さと札幌の猛吹雪で「・・・い、いたい。顔が。」と
心が折れていたので、どうやら冬の北海道の寒さが苦手らしい。

とはいえ、台風前日は。夫が収穫を休んだので、私が1人で収穫と出荷。
ビニールハウスをしめてもよいように、ハウスの周りの草取り。(草刈りは前日夫がした)
昼過ぎから勤務。帰ってきてから、ハウスを閉められるか確認。
ニンニクの束と苗の移動、農業用水のポンプを上げた。
農業用水のポンプを上げるときは、すっかり日も暮れていて暗闇の中の作業。
翌日台風が来たら・・・と思ってしたけれど。
今回の台風は、翌日やっても良いような速度と進路。

今夜の曲。農業が忙しいときに勇気づけられる一曲です。



それでは皆さん、素敵な夏休みをお過ごし下さい!
実家のある管内では、本日3年ぶりの花火大会でした。




ダイジェスト版はこちら


ごぶさたしておりました。
寒中見舞い・春に転居届を別々の友達からもらっていて、ず〜っと気にしていたんだけど。
暑中見舞いの葉書を買ったのが先週、送るのがそろそろリミット迎えそうなので
今日書いてポストに投函。どんだけ筆無精。
10代、20代のころなら考えられない事態。時代の流れにしてしまおう。

日々のことはツイッターでつぶやいています。

6月・7月と農業に追われてました。
玉ねぎ・ビニールハウスのミニトマトのアイコ。出荷に追われていました。
5月あたりはアイコが売れないとボヤいていましたが、自分が出荷する数が増えるにつれ、農協の標準価格で出荷出来る重さと価格、どのタイミングで下げるか。昨年の売れた数とタイミングを見ながら、どんどん前倒しで値段を下げていき、標準価格のギリギリまで重さを上げました。
最後の方は、収穫が追いつかなかったのもありますが、水を与えるのを極力控えて糖度を上げ、小玉でも美味しく食べられるように調整しました。
道の駅に出荷する分は標準価格は関係ないので、最終的に一袋で300グラム超えで税込み100円で出荷した日もありました。

今は、なす、あまながとうがらし、ししとう、ひもとうがらし、ピーマン、オクラ。 アイコの収穫が終わり収穫が追いついてきて青とうがらしも出荷出来るようになりました。夫はニンニクの皮むきと値段の付け方が上手い。

玉ねぎの皮むきの終盤。これを聞いていた。だんだんテンションがおかしな方向へ向かっていった。

原宿なんてオサレなところ行かないから
「ちちぶでいやほい♪」「道の駅でいやほい♪」「農協でいやほい♪」
脳みそぶっとびながら出荷の準備。早起きしてアイコの収穫と袋詰め。



6月から7月にかけての日々の出荷の心境。忙しい時期の農家の出荷には休みがありません。(きっぱり)
この動画ぐらい一心不乱にノリノリでいかないと、日々の出荷は乗り越えられん!
で・・・この子は素敵なダンサーになったのだろうか。気になるところだけど。
個人的に、右側にうつっているおばちゃんの笑顔が好き。

本日の洋楽











スペイン人、良い味出している!

明日から8月。まだしばらくは厳しい暑さが続きますが、お体を大切に過ごされますようお祈り申し上げます。(暑中見舞い風でシメ)

タイトルなし3
タイトルなし2
タイトルなし

この2日間、ちょっとした農作業と、出荷後に玉ねぎの売り場と売り場全体を、あちこちまわった日々でした。昨年は7月のアイコとあまながとうがらしの時にあちこちまわりましたが、今年は5月に玉ねぎで見て回ることは想像していなかったです。ガソリンの価格が高い日々ですが、JASSがメール会員の日だったので、ガソリンを満タンにしてから、勉強と思って気にせずあちこちまわりました。リッター4円引きは大きい。農協のスタンドにも感謝!
皆野長瀞インターの無料区間は寺尾の農協から皆野の農協(道の駅みなの)に行く近道。昨夏以来久しぶりに使いました。
農業資材も寺尾の農協と皆野の農協でいくつか買えたのも良かったです。


ここ最近聞いた曲。ゴダイコ。

夏目雅子さんと原節子さんは、私の中で永遠に憧れの女優さん。
いつの間にか歳を越えちゃったよね。女優さんは永遠にスクリーンの中。



保育園の時のお片付けの曲と、複式学級の小学校と保育園の運動会が毎年合同であったんだけど、運動会の入場の時の曲。歩くにも片付けするにもリズムが良くて、CMにでてくる世界中のこどもたちの笑顔が良かったイメージしかない。
歌詞をきいて改めて感じたけれど、子供として未来に向けて夢のある教育を受けてきたんだとありがたく思った。



ゴダイゴの曲はやっぱり良い。オイルショックとかあったはずなのに、何故こんなにキラキラしていたんだろう。




今年に入って耳から入ってきたCM。懐かしい。シングルレコード持っていた。
あのころの時代が鮮やかによみがえる。それに似合ったカラー。
サザンでこの曲選んでユニクロのCMにしちゃうなんて、久々にシビれた。

↑このページのトップヘ