DSC_3878

・・・というわけで、休日。
夫が町民ハイキングの下見に7時集合で出かけていったので、送り。
帰って来てから車から出ると、北海道でGWに鳴いている鳥の声がして驚いた。
年末から寒くなりますと言い続けている天気予報より、鳥の方が潔い。

農家はどこもそうかもしれないけれど、例年になく育ちが早い。
早いと言うことは、薹が立つのが前倒しになる。
どんどん出さなきゃいけない。
昨夜、業務を終えてから、20時過ぎまで夫婦でネギの出荷準備に追われた。
手前は、火曜日に受け取った洗濯物。
介護施設は冬期間、インフルエンザやノロウイルスなどの
感染症の感染防止のため17時30分で閉まるので、3日間洗濯物が受け取れなかった。
前日夫が確認し、1~2日分はあるという。

義父名義の農業ですが。このネギには思い出がある。
ネギの草取りをする時期は夏。義母が入院する前。
夫も私も24時間関係なく義実家から電話がかかってきた。
どうにも出来ないこと、どうしようもないこと、何とかしろと言われ続け、24時間向き合った。
追い込まれるところまで追い込まれた。義父は5kg痩せた。
そんな状況で、草取りする時間帯なんて選べない。
休日の暑い夏、お義母さんが拒否し続けるデイサービスへ送りたいがために、声をかけ続け。
ただただ待ちながら、炎天下の中、昼まで3時間の草取り。
やっぱりディサービスに行かずに昼ご飯を作り。
落胆する間もなく、午後から3時間草取りしたネギたち。

ネギの苗を植える前は、お義母さんのリクエストで草取りしやすいように、一番家に近い所に植えて。
言ったことすら忘れてしまい「食えねぇもの何で植えてるんだよ!」と、夫が怒られ続け。
ネギの草取りをしている間「今日も行けねぇよ。すまねぇな。」と、私には謝り続け。
夫には「行けねぇもんは行けねぇんだ!じゃあな!」と強気で。
私たちが、農作業にも追われているうちに、9月に入り。入院してしまった。
結果的に、お義母さんの代わりに世話をしたネギ畑の育ちが、義実家の畑の中で一番良かった。

思い出がつまった農産物。これが第一弾。
DSC_3879

朝の自分達の洗濯を済ませ、外に干して。出遅れて、外に。(滝汗)農家は何処も一緒だ。育ちが早いんだ。
DSC_3882

第一弾をだし、ガソリンを入れ、スーパーで食材を買い出しし、お義母さんの洗濯物を受け取りに行く。
手前のビニール袋に入った洗濯物が濡れていて、粗相をした後に、洗ってくれたもの。

義実家へ寄り、義父へ本日特売品のリポビタンDを持っていき差し入れ。
お義父さんは玉ねぎの農作業を出来る範囲でお願いする。
ぐ〜たら寝ていたけれど、リポDを見て起きて。(←これ重要)私の話を聞いて「ええっ?」って、表情をしていた。
私が秩父で話せることって限られていますが・・・要支援2なので、出来る範囲で頑張ってください。

自宅に戻り、洗濯機に入れられるものだけ取り出して、洗濯機を回し
あDSC_3886

かかりつけ医へ。時間が間に合えば行こうぐらいで。しばらくのんびりして。
診察まで時間があったので、ついでに熱を測ると37.2。
初診で35.8、2回目で36.2だったのに。思い当たる節もなく、気管支炎の薬も処方頂いているので
2回目の通院より調子が良い感じ。
夜から明け方の咳が続いているのが、自覚症状と言うか。
時々鼻も出るけど、元々鼻炎ぎみだし。いつもの症状と言うか。
というわけで、画像診断で点数が加算されていますが、
念のため肺炎になっていないかで、肺のレントゲンを撮りました。
ここでブログを書いているぐらいなので、肺炎の問題はなかったです。

診察時「気管支炎でも熱は出るものですか?」と聞くと、炎症を起こしているから出るでしょうと。
寒気はないですか?と何度も聞かれたけれど。初診はあったけれど、なさそうだし。
だったら気にすることないなと思って。薬も一週間分頂いたし。
今回から抗生剤なし。初診が4日で、抗生剤も9日分もらっていた。
残薬確認し、抗生剤が1錠足りず、気管支炎の薬が1錠多く。
どっかで、抗生剤を倍飲んで、気管支炎の薬飲み忘れたなと。
DSC_3890

帰宅してから、洗濯機を開けて洗濯物を干した後に、手洗い第一弾。脱水しながら・・・
DSC_3891

第2弾。薄手、厚手、粗相をしたもの順に、手洗いしていく。ここで第一弾の脱水が終わったので干す。
そして第2弾の脱水。
DSC_3912
DSC_3911

布団乾燥機を使った乾燥。
ここで昼食。電子レンジでチンというラーメンを食べた。
スカーレットを見る。喜美子が思春期女子のように他愛のないことで壊れたようによく笑うのは、今を楽しんでいると言うより、ストレスが限界超えてるんだろうなと。何故か、そんな解釈をしてしまった。幼馴染の「喜美子が喜美子やない!喜美子らしくない!」は、心に残ったまま。私も・・・そう思う。

掃除機をかけ、電気がまが壊れて動かなくなったので、ネッツ通販で買った安くて新しいのをセットし。
DSC_3896

その間、農産物第2弾を出しに行く。中が空いてきたので、ネギの置き場所を中へ。
DSC_3898

手前はネギの皮。義実家に置いておくもの。
ネギを出した後、義実家へ。
玉ねぎがたくさん転がっているけれど、測りがないとお義父さん訴えている。
あわてて、自宅に取りに行き。謝って、ネギをしていたんですよ。というと、更に本気を出してきた。
DSC_3902

第3弾、玉ねぎ。
14時10分から15時00分の間で、ネギが9袋売れた。第二弾のネギと合わせて残り7袋に。

一端、自宅に戻り。
薄手のモノから乾かし、除湿器である程度、乾燥させた厚手を最後に乾燥させる。
こまめに確認しながら、取り込みと入れ替えを繰り返し。
17時過ぎに全ての洗濯物を乾かし、持っていくことが出来た。
DSC_3913
DSC_3915
DSC_3917

自宅でご飯づくり。
18時30分前に夫が戻ってきた。そこから義実家で、ネギの出荷の準備作業。
トレランで使うヘッドライトって、ここで使うのか。雑談しながらの作業。
そのうち足の下から底冷えのように冷えてきた。自宅の車庫でやる作業と、土の上でやる作業。
同じ時間に終わっても、底冷えが違った。まだ春じゃないな。
DSC_3933

明日の農作業の準備は終了!その後、夕食。
DSC_3934

依田さんの天気予報で秩父が出た。暖冬。グズグズした天気予報より、依田さんは潔い。
ちなみに暖冬の年は、釧路沖地震(センター試験前夜)、阪神大震災(成人式の翌々日。帰省せず、年末年始旅館の住み込みのバイトで疲労が蓄積したのか震災直後インフルエンザにかかり、治療薬もなく七転八倒)、東日本大震災(人生の節目ではなかったけれど)を経験しているので、あまり良い思い出がない。

夫へは連休中、義実家の生協の注文と缶と瓶のゴミを自宅に持ってきてもらうよう頼んだ。
微熱に気づいた日。注意力はいつにも増して散漫だが、体のしんどさはなく。
いつもより前向きで体が動いた1日だった。
ちなみに自宅に体温計はない。現状を知ったところで、変わらないものは使わないからだ。