2018年08月17日

8月16日のスサラ練習会

しっかり目標を携えた
『ポイント練習』と
『それを繋ぐ練習』との『整合性』が
効果的な練習となる

DSC_0030
・・・って事を頭に入れ
昨夜のスサラ教室は開催した・・・



内容は
アップ等は各自後
Aクラスは4000mビルドアップ
Bクラスは3000mビルドアップ
Cクラスは2000mビルドアップ
5分余りの休憩後
A.,Bは300m×5本(100mジョグを含めた2分サークル)
Cは200m×5本(つなぎは同上)
その10分後に
A,Bは2000mの快調走
Cは1000m・・・

この練習の要点は・・・
Aクラスは1000mのペースを
4分15秒〜4分5秒〜3分55秒〜3分45秒
と上げていく
Bクラスは上記の3000mの3分55秒まで

Aクラスはサブスリー目標クラスなので
5000mを18分台で走れるように成る為のポイント練習

そして300mの快調走5本は
3本目をピークと成るように走る事
遅いペースでのリラックスフォーム感覚会得が課題だ!

そして最後の2000mか1000mの快調走が
一日の練習の集大成的練習 

DSC_0028女子エースの新Dに指示したのは
67秒〜64秒〜61秒〜64秒〜67秒
ピークまでの意味は徐々に高まるペース感覚つくり
そしてピーク後は徐々に楽に成るペース感覚つくり

最後の67秒をどんな感覚で走るか?
その時のフォームにリラックス感があるか?
リラックス感があれば
300mと言わず1000mでも『走れるはず!』が主眼の練習

こんな他愛も無いような練習で
タイミングが合えば
1000mほどの中距離的なスピードの自己ベストは出せるし
ペース走的、もしくはビルドアップ的な走りは
距離が増しても対応できる可能性が高まる

事実、昨夜は『あのダイセン君』も自己ベストを出せた!
たかが1000mの自己ベストだが
フォーミングとペース感覚が身に付けば
距離が伸びても応用練習で
目標の距離とペース設定で確実に走れるようになる

当然、毎回こんな練習で良い訳ではなく
だからこそつなぎ練習をどう考えて行なうか?

新Dのジョグノートからは
充分意図を感じられる練習が感じられ
昨夜の練習はそこに繋がる練習になったと思う

話は戻るが
ダイセン君に今日の走りであれば
1000mを4分切る事は可能だ!と伝えると
本人は「え〜っ、無理です〜}のような反応
しかし、先ほどの200mの快調走
段階的に上げ、そして下げる走り
48〜40〜46の走りを意識的に行えば
ダイセン君のピーク時の40秒の走りではなく
一番遅いペースの46秒〜48秒の走りの継続がすれば良い話・・・
と諭し、初めの200mを速すぎず遅すぎずの46秒で入り後は粘るだけ。

ピークの走りから数秒落とした走りを大事に
(リラックスしたフォームで)走っていたら
たかが1000mは走れるもの・・・そして3分58秒と自己ベストを大きく更新!
スサラにはウォーキング部?で入門してきたが
真面目な取り組みで
いよいよフルマラソンサブ3.5を見据えた取り組みも出来る
但し、マラソンの持久力は体質改善が出来るか?という難問があるのだが・・・

長距離走の走りの意味は人の数ほど広く深い
自分の目標と「今の個性の確認」
何をどう改善していくか?
時々は考え走る事も必要だ!



osataro123 at 08:30|PermalinkComments(0)

2018年08月16日

夏も終盤戦へ?

お盆も終わりを迎え
そろそろ夏も後半?終盤?

3時間前後とはいえ、
途中Tシャツを着替えるほどの
汗だくの肉体労働後に
練習を観るだけなのに
何故か際立つ黒さ! 
なのでか?少々バテ気味

今夜はスサラ練習会
メニューを考えるにも
何人参加するのか?
更に皆さんの目標はバラバラなので
最大公約数的なメニューを・・・と
バテ気味のオツムを冷やしながら考えるが・・・
まだ、まとまらず 


osataro123 at 11:27|PermalinkComments(0)

暑さで指導の心もドロドロ・・・

DSCN0189夏の練習は難しい・・・
夏、走る事は特に難しい
バイクは風を切るので
向かい風はきついがランよりはまし

スイムは最高!かというと?
水温が気温のせいか、高めで快適ではない

DSCN0190先日14日の
9月の練習会では
トライアスロン駅伝女子チーム3名+応援団長の参加・・・
天気は良かったが
ミニ台風の影響で快晴?

DSCN0191風が強く、ランは最悪?
無理な注文をする事も酷なほど暑く
走らせるのも忍びない・・・
真夏のレースが控えるなら話は別だが・・・

厳しい指導は出来ず
指導者失格か〜
スイムは日曜に続き二回目・・・自身のスイム調子は上向き

osataro123 at 11:14|PermalinkComments(0)