おさわんシュピーレ

ドイツボードゲームのレヴューを中心に。ゲームを買うときの参考になれば幸いです。基本的には評価をつける気はなく、思い入れやプレイの様子などを書きたいと思います。

 今回紹介するのはコード777というアレックス・ランドルフのゲームです。他にもトライコーダとか色々と呼び名はありますが、一番手に入りやすいのはこの30周年記念版かなと思います。 中身はこんな感じです。ラックが5つ入っているので場所を取っていてかなり軽いです。  ...

 パンデミックもいつの間にか拡張が多数でていますが、感想でも。全部持っているわけではないので紹介程度です。ホビージャパンからほとんどが日本語版として出ています。割に安く手に入りやすいので、もしお好みのがあれば入れて遊ぶといつもと違った感じがしていいかもし ...

 最近はボードゲームをやるにはちょっと厳しい環境なので自粛していたんですが、アメリカの友人から大量のボードゲームが届きました。購入記録とかやったことがないけれどちょっとテンションが上がったのでやってみようかと思います。これ。 なかなかに遊びごたえがありそ ...

  今回紹介するのはアズールというゲームです。エッセンシュピール17ででたばかりの新作です。僕にしては新作を買うのは珍しいし、さらにすぐ遊ぶのも珍しい。ライジングタイドもまだ遊べてないし。 作者はよくクラマーとコンビでゲームを出す事が多いキースリングです。 ...

 今回紹介するのはスフィンクスという87年発売の古いラベンスバーガーのゲームです。 外観はこんな感じ。 かなりシンプルだけど、コンポーネントはしっかりしていて好感が持てます。 9月にBGGのマケプレで買ったんだったかな。10ドルぐらいと価格はそれほど高くなくてオ ...

↑このページのトップヘ