00151_2137421257f749294a525_20161007160523

お馴染みの 奴隷№21〇5 I
今回も 
朝一番に来店し私の出勤一番を押え

其処から彼のプレイが始まる、、

自らの身体を縛り4時間もの間
今日のプレイを妄想が始まる

私より早くホテルにIN

全ての用意を済ませ

私が来るのを部屋の玄関で待つ
従順な奴隷。。
の、、、はずが、、

今日はタイミングがズレた。

私が部屋を開けた瞬間居ないではないか!

私が来たことに気づき
慌てて走ってきた 奴隷。。

「何してたの?」

「なんで此処に居なかったの?」

「すいません、、あの。。」

「言い訳なんか聞きたくないわよ」

気まずそうな顔をして俯く I

BlogPaint

少し不機嫌な私だったが、、

部屋に入ると この通り。。

おもてなしが好きな I は
完璧な準備。。

BlogPaint

そして、、お手紙のやり取りの中で
私が言いつけた、、工藤静香のポスター。。

そう彼は長年の静香ちゃんファンなのだ。

私はそのことを以前から知っていたので

今回は持ってくるよう命じたのだ。

BlogPaint

「お出迎えもせずに何やってたの?」

「静香ちゃんが居たら私なんて忘れるんでしょう!」

「い、いえそんなことはめっそうもありません。。」

「あの、、まいか様がまだだと思い。。
先に蝋燭を試していました。。」

「静香ちゃんを観ながら?」
「ち、、違います!!」

泣きそうになっているのでこのあたりで
虐めるのは辞めにした。。

BlogPaint

まぁ、今日もお仕置きからだね。。

首輪には{マイカ様専属奴隷、書かれ
会員番号が刻まれている}

あまり強くない乳首だったが
最近は自主トレの成果もあり

かなり良い乳首になってきた

目玉クリップを両乳首に挟み
其処に釣りのロケット重りをぶら下げ

私のヒールでペニスを踏まれる

「こんな事されて当然よね!」

「でも、まだ私の機嫌は直らないわよ」

BlogPaint

X台に立たせ 両手足首を拘束

一本鞭をビシッビシッと床に叩きつけ

I の気を引き締める。。

BlogPaint

渾身の私の鞭。。。

I の背中に刻んであげる

BlogPaint


「どう?私の思いが伝わったかしら?」

頷く、、I。。

BlogPaint

後手縛りをして天井から固定して

首輪を付け

ペニスを突き出させる

I はペニス亀頭打ちが大好きだ
。。。

綺麗にツルツルにされた股間から

突き出される

フル勃起のペニスを

私のペニス鞭が何往復もする

I にとっては至福の時間なのだ。。

「ほら!静香ちゃんがお前の姿を
観てるわよ!」

「うぅぅぅ恥ずかしいです。。涙」

BlogPaint

褒美をもらったIを

次の褒美が用意される。。

両足を両サイドから固定して

BlogPaint

これまた、Iの大好きな

熱蝋、、

自主トレでもするという

ペニスへの蝋燭

BlogPaint

亀頭打ちをされた Iの真っ赤なペニスに

追い打ちをかけるように

真っ赤に染め上げる

BlogPaint

I の自作の蝋燭台

ポタポタと股間に落ち続ける。。

BlogPaint

永遠に落ち続ける

熱蝋

私は顔面騎乗で Iの呼吸を管理

BlogPaint

最後は顔面に聖水シャワー

貴方は私の専属奴隷

BlogPaint

Iくん 毎回二人で愉しむSMプレイ。。
長年の信頼関係があってこそだと思ってます
今回の静香ちゃんのポスターは
やっぱりやめましょうね、、(笑)
小説持ってきてくれて(人''▽`)ありがとう☆
感想は又、お手紙で。。





maika