※公表の覚え書きです。追加、変更随時行います。
※実体験&医学的裏付け、ほぼありません。
※色々調べて書いてますが個人の意見です。


①抗がん剤は使わない
②食事を整える
③運動をする
④バカな事をして笑う
2〜4は予防としてもおこないたい。

それぞれについて詳しく記しておきます。


【①抗がん剤は使わない】
理由:全く効果がないなんて思わないが、健康な細胞もやられてしまい体温が下がる。
ガン細胞は低体温にはびこると言われ、転移や再発の可能性が上がる。
つまり最もリスクが高い治療法だと考えるから。末期だとしても使わない。

メッセージ物質ANPの投与は身体のもつ自然な力を引き出しガン転移を防ぐ効果があるのでよきと考える。

【②食事を整える】
1、玄米…無農薬や自然農のものでなければならない。有効な成分を残すため土鍋炊き。
体温を高め、解毒作用がある。※運動とセット。

2、味噌汁…有機大豆、天然塩を使用した味噌で。
身体を温めるため出汁はカツオではなくイリコで。野菜や海藻類を中心に具沢山で。
海藻類は胃の調子をよくする。特に布海苔はお腹を掃除してくれる。

3、塩…一般にもっとも多く出回っている精製塩は99%以上が塩化ナトリウムであり
しょっぱいだけの調味料としてだけのもので、これを多くとることで高血圧をはじめ
身体は不調となる。元々海から生まれてきた私達の身体は栄養豊富な天然塩を求めている。
とくにマグネシウムを多く含む天然塩は旨みも深く身体の調子をよくする。
ボクのオススメは沖縄の雪塩、広島は呉の藻塩。天然塩の中でもマグネシウムが圧倒的に豊富。

4、油…特に気をつけたい。内蔵脂肪がガンに育つと言われています。
内臓脂肪になりやすいマーガリン、精製ラードはもう世の中からなくなってほしい。
一般に多く出回っているキャノーラ油は遺伝子組み換え植物から抽出されており、その危険性は多々うたわれています。
比較的安くてクセがないオススメ油は国産菜種油。キャノーラ油も菜種油と表記されることもあるがここでいう菜種油とは圧搾法で絞られたもののことです。
キャノーラ油をはじめ溶剤抽出された油は毒物を使用し抽出したもので熱処理を何度もするも栄養素はかなり失われます。
オリーブオイル、米油などもボクは好きですがこれらも安価のものは溶剤抽出が多く、
圧搾法のものは素晴らしいが高価格。なので基本、菜種油推しです。
また青魚から摂取する油は血液の流れをよくする効果もありますが、豚や牛から摂取する油は日本人の標準体温では体内で分解されずらく鼻の粘膜を生成できず花粉症の原因になることも。そして内臓脂肪にかわりやすい傾向です。

5、マヌカハニー…ニュージーランドにのみ生息するマヌカの木から採取されるはちみつ。
抗菌作用が強く、妊娠中の女性が風邪薬の代わりに飲んだりするほどです。
ガンの原因の一つと言われるピロリ菌なども殺菌でき、腸の調子を整える効果があります。
体調全体において胃腸の調子をよくする事は一番重要ですね。
蜂蜜ですので分解された糖分として安心して甘さを楽しめます。
ただ、高熱に弱くお湯に溶かしたりして服用するとほとんど効果が得られないので注意が必要です。

6、アボガド&ライム…
ガン死亡率が最も低い国と言われるメキシコの人達が食べていることから、
ライムとアボガドのタッグが抗がん作用があると確認されたようです。
ライムの皮に含まれる要素とアボガドの脂質が合わさる事で効果が生まれるようなので
皮も一緒に絞る事が必須です。
※ちなみにボクの知人はこれで薬を使わずにガンが消えたようです。


【③運動をする】
せっかく、食を整えても身体に機能するには身体を活性化させる必要があります。
といってもしんどい運動を無理してやると逆に調子を落とします。
自分の身体にあった運動をとりいれることで身も心も活き活きすることが、
身体を活性化させると考えます。特に運動することによっての発熱は
内臓脂肪を排出するなどデトックス効果が期待されます。
玄米と植物性タンパク質を摂取後の運動は特にその効果が期待できるようです。

[あまり運動しない人へのオススメ運動]
1分走って3分歩く、コレを30分繰り返す。
身体を活性化するには1km走るか15分あるく、これで充分だそうです。
しかしこの運動量の発熱ではガン細胞への効果は期待できないと考え、
1分走って3分歩く、コレを30分繰り返す。推奨します。
段々余裕になって楽しくなったらずっと走るのもよいでしょう。
ボクはこれからはじめて6年。ついにフルマラソンも完走出来るようになりました。

【④バカな事をして笑う】
病は気から、というやつですね。
ほとんどの人が世の中の都合に合わせて生きているわけで
そうなると現代社会では生きがいや本来の自分のポテンシャルを発揮できない、
そんなストレスを抱えることも多いでしょう。
それが病気にはマイナスになってもプラスにはなりません。
よくわからないまま長生きするのか、
生きがいに燃えつきるか、ボクはもちろん後者です。
それを確認する事が気を整えると考えます。

そのためにはちょっとくらいバカにされるような楽しい事をして
笑ってみる事が一番かと。
気の合う仲間達と一緒に街中にたって歌ってみたり。
“バカですけど、なにか?”と書いたTシャツで歩いてみたり!笑
どうしても恥ずかしい事は嫌だという人は歩いて日本中を旅してみたりするのもよいかと。
それがキッカケで心が開けたら気はどんどん整うのではないでしょうか。

2018.7月現在