fish 4,5年位前からレトロボードが流行ってます。
でも北海道はイマイチの盛り上がり。
この盛り上がりも流行で終わるんだろうと思ってた。
だって、フィンが1本の時代から2本になり、
そして3本に。途中、4本や5本なんかも。
そんな流れで、今現在の最終型はスラスターでしょ。
シングルやツインは過去の遺物、
サーフボードが売れない時代、誰かが仕掛けてセカンドボードとして
「こんなのもあるよ。」なんて売り込んでるんだろう。
すぐに下火になるよ。WCTでケリーがクワッドでチャンピオンになるなら
本物かもしれないけど。
な〜んて 去年くらいまで思ってた。

がしかし、考えが少しずつ変わって行った。
サンディエゴフィッシュと言われる板達の奥の深さ。
知れば知るほど もりもりと創作意欲が湧いた。
ingまた 乗ってみるとまたトライとは違う魅力が。
でも、最初は乗れなかったんだけどね。
←は2号機 只今、オーダーや修理の合間を縫って
製作中です。
水色とオリーブ色の間にエンジのピンラインを入れて
コーティング、サンディングで完成の予定。

最近作るの楽しい。
あれや これやどんなの作ろうか 考えるのも楽しいし。
だから 今年の夏はオニールクラッシックの3mmにしちゃったよ。