「2段モーション 問われるモラル」

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6268108

「問われるべき」は、規則委員会のような・・・。
毎年、『何か』を変えないと気が済まないみたいで、
ある時はストライクゾーン、ある時は2段モーション。
女子高生の流行よりも目まぐるしい・・・。

「アメリカで・・・」「世界で・・・」。
追随したつもりが、彼方では、すでに見直し・・・。

第2次大戦前の『金解禁』と同じでしょうか(苦笑)。


少なくとも、昨今(岩隈・三浦(大)・菊池に代表される)の2段モーションは、
打者を幻惑する趣旨は、全くなく、ただ自身の体重移動を起こす準備動作としての
効用として採用しているだけで、
これで幻惑された!なんて打者からの注文は寡聞にして聞いたことが無い。

子供の頃、我らが阪神タイガースの小林投手が、王選手に対して、
あからさまに、足上げのタイミングをずらしていたのは痛快でしたが、
思い返せば、あれはルール違反なんでしょう(笑)。


規則委員会さんも、『何もしない』こともあって欲しいものです。