いやあ・・・突っこみどころ満載(苦笑)。
良い子はマネしないでね・・・。



まず、糸原選手が追い過ぎのような・・・
20220802 阪神vs. 巨人 画像.薀鵐瀬Ε鵐廛譟.mov

ま、許容の範囲?

この一連のプレーで驚く(失礼しました)のは、
ロドリゲス選手の守備。
的確なタイミング(三塁走者が飛び出しに気づき佐藤輝選手へ)での
正確な送球。
20220802 阪神vs. 巨人 画像▲薀鵐瀬Ε鵐廛譟.mov


三本間でランダウンプレー。
これで、チェンジかと・・・
しかし、佐藤輝選手が詰めすぎ・・・
(三塁本塁の半分位まで出てる)
距離が詰まって捕球ミスにつながる・・・
(梅野選手の送球もね・・・)
20220802 阪神vs. 巨人 画像ランダウンプレー.mov

このシーンでも、
三本間でランダウンプレーで、
ロドリゲス選手が、すぐ本塁カバーに向かっています。


三塁バックアップに来ていた大山選手。
これは流石!(当然か・・・)
しかし、あせって暴投。
20220802 阪神vs. 巨人 画像ぅ薀鵐瀬Ε鵐廛譟.mov

ここでも、ここでも、
ロドリゲス選手は、
大山選手が投げやすいように、
やや三塁ベンチよりに立ち位置してます。

個人的に「最大」の問題は、
本塁バックアップに誰もいないこと。
青柳投手いますが、
近くでボーッと立ってるだけで何も役に立たない。
(結果、1塁ベンチに点々とするボールを追いかけることに)

画像上部にいる3人。
糸原選手・中野選手・近本選手。
確かに通常で、本塁カバーにいくポジションではないですが、
様子見て、
誰もいなければ、動かないと・・・。

ロドリゲス選手はできて、
他はできない・・・。
「チーム」としての問題かなあ。
20220802 阪神vs. 巨人 画像ゥ薀鵐瀬Ε鵐廛譟.mov