2007年07月15日

7月15日日曜の予想。

近頃、ウマニティのほうに力を入れています。人知れずブログは辞めて全面的に移るか検討中です。
予想コロシアムが地方競馬にも対応してくれれば、気兼ねなく移るんですがね^^;


新潟11R

◎ジョイフルハート
○サチノスウィーティ

正直、直千競馬でどのような馬を買えばいいかとか良くわからないのです。
ただ、短距離路線は合いかわらず低レベルということはわかりきっていること。
芝の短距離戦に比べて、ダートの短距離路線は高いレベルにあると思っています。
明日は雨が降り走という事も考慮し、ダート短距離路線で活躍していたジョイフルハートが本命。

小倉10R

◎タマモサポート

三歳時はメイショウサムソン等の僅差のレースをしていた実力馬ですし、ここは実力がぬけてるでしょう。

函館9R

◎スナークファルコン
○キクノアロー
▲フィールドルージュ
注ハギノベルテンポ

小頭数の競馬ですが意外と難しい気がします。手広く4頭BOXで。

↓クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ







2007年07月11日

JDDの予想。

◎ロングプライド
○トップサバトン
▲アンパサンド
△フリオーソ

◎一着づけ○二・三着づけ三連単四点

予想していて気づいたのですが、今年の羽田盃・東京ダービーの勝ちタイムは、南関を代表するナイキアディライト・ミツオー・シーチャリオットの世代よりも速いんですね。
強い馬が三頭いてもつれる展開がそうさせた面もあるとは思いますが、単純に考えて、近年まれに見るハイレベルなのは間違いなさそう。

それでも、本命はロングプライド。南関だけでなく、中央でも三歳勢はかなり強い。その強い三歳勢の中でも抜けている存在なので、素直に本命。

対抗以下には、ハイレベルな南関勢を。ロングプライド以外の中央馬には負けられない。

羽田盃では、三強が後続をちぎって競馬をしたのに対して、東京ダービーはその差が詰まったことからレースの質は羽田盃>東京ダービーとみる。
よりレベルの高い羽田盃を勝ったトップサバトンが対抗。
前走の借りを返してください^^;

他地区の馬は、かなりレベルの低かった去年のJDDでオウシュウクラウンが三着にきたぐらいなので、今年は通用せずとみます。

↓クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ




2007年07月08日

7/8の重賞予想。強い血を持つG1馬に期待。

七夕賞の予想。

◎ストロングブラッド
○ニホンピロキース


かなり難解なレース。ここは、思いきってG1馬ストロングブラッドの底力に期待したい。ケガから復帰後、いい所無しの成績だが、叩き四戦目でそろそろ復活しても良さそう。追い切りも以前より良化している様子。
また、同レースで二着しているようにコース実績は十分。福島の馬場はかなり荒れている様子で、ラジオNIKKEI賞でスクリーンヒーローが勝ったように、ダートの実績馬が好走できる状態だと思います。

対抗は、戦ってきた相手のレベルが一枚上手なニホンピロキース。

プロキシオンSの予想。

◎ツムジカゼ
○オフィサー
▲ワイルドワンダー
注アンクルリーサム

ギャラシーSの実績が光るツムジカゼが本命。休み明けが唯一の心配だが、乗り込みは十分そうで期待して良さそう。
断然人気のワイルドワンダーは、乗り代わり外枠と好ましくない条件が揃ったため、評価をおとしたい。

両重賞とも買い方が難しいです。
ツムジカゼの三着以内は自信があるので、無難に複勝かなぁ。

↓クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ



2007年07月04日

スパーキングレディーカップの予想。

スパーキングレディーカップ。

◎ベルモントノーヴァ
○メイショウバトラー
△クリムゾンルージュ

堅い決着と予想。


本命はベルモントノーヴァ。充実著しい近走を見ているとこのままここも突破してしまうような気がしてきました。期待の意味も込めての本命。

対抗はメイショウバトラー。前走・前々走と連続で勝ち星を挙げ、復調したと見るならば、本命視が妥当なメンバー。ただ、ムラ馬の印象はぬぐえないし、前走見る限り、圧倒的に力が抜けているとも思えない。

クリムゾンルージュは、相手なりに走るも、ちょっと勝ちきるイメージは持てないです。

そこそこ人気しそうな、アグネスカルミアは軽視。交流重賞で中央馬に乗る内田騎手
を切るのは怖いですが^^;

盛夏(せいか)特別

◎ヤマノショウリュウ
○デンタルライト
▲ダスティサマー
注ラビーエメラルド
△マイネルブラジリエ


↓クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

2007年06月30日

ラジオNIKKEI賞等予想。

ラジオNIKKEI賞。

◎エミーズスマイル
○クランエンブレム
▲イクスキューズ
△フェザーケープ
△ガルヴァニック

◎から馬連
○から馬連

本命はエミーズスマイル。
前走は桜花賞は、体重が減り続けての中で体調が悪かったように思う。
レベルの高い三歳牝馬の中でも強い1頭だし、時計のかかる馬場での好走歴もあり、期待してみたい。

米子ステークス。

◎ナスノストローク
○ファイングレイン
▲ホッコーソレソレー
注タイキラファエロ
△ミスティクエイジ

◎単複
○から馬連

本命はナスノストローク。初富士Sの内容から力はかなりあるはずの同馬。
もっと馬場が渋って欲しいが、上がりのかかるる展開になれば、突き抜ける。

函館スプリントS。

◎コスモシンドラー

◎の単複


↓クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ





6月30日土曜日の予想。

テレヴュー福島賞。

◎アポロノサトリ
○コレデイイノダ
▲エアニックス
△ジョイントスター


本命はアポロノサトリ。本来力が発揮できれば重賞でも通用するはず。このクラスでは力が一枚上。

灘ステークス。

◎アドマイヤスバル
○ワキノエクセル

函館11R

◎ディープエアー

ここは、弥生賞3着の実績を持つディープエアーが叩き二戦目で順当に巻き返すと予想。

↓クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ




2007年06月29日

ボンネビルレコード、帝王賞を勝利!

ボンネビルレコード

いやぁ、ボンちゃんがやってくれました!
応援している馬なだけに力も把握しているつもりだっただけに、まさかここで突き抜けるとは思いませんでした。いやぁうれしい誤算です。

レース映像何度も見て感動しました。

現地にいけなかった事が本当に悔やまれます。今年のベストレースは個人的には帝王賞で決まりです!

↓クリックしていただけると、嬉しいです。
人気blogランキングへ




2007年06月27日

帝王賞、買い目変更。


◎マズルブラスト
○ブルーコンコルド
▲サンライズバッカス
注トーセンジョウオー
△クーリンガー
△シーキングザダイヤ
△ボンネビルレコード
△フジノウェーブ
△アウスレーゼ

◎○二頭軸三連複


トーセンジョウオーは思ったより人気している、右回りもたれるらしいので評価を下げました。

ブルコンは冷静に考えれば出る以上3着ははずさないと思い対抗に。

本命はマズルブラスト。前走は距離が向いたと思っていたがどうやらチークピーシーズの効果らしい。それならば今回も期待して良さそう。




2007年06月26日

帝王賞の結論。

◎トーセンジョウオー
○シーキングザダイヤ
▲サンライズバッカス
注ブルーコンコルド
☆ボンネビルレコード
△クーリンガー
△マズルブラスト
△フジノウェーブ

◎○二頭軸三連複または▲の単勝

二週間ほど前からの考察通り本命はトーセンジョウオー。
逃げ馬なので、他の馬に邪魔されて逃げられなかったら難しいと思うが、今回そのような馬は見当たらない。
邪魔をするとすれば、前につけるクーリンガーかシーキングザダイヤだが、クーリンガーは逃げて強い馬ではないし、シーキングザダイヤも休み明け、騎乗は武豊で無理はしてこないだろう。

すんなり逃げれられるとなれば後は力が足りるかどうかだけ。力関係としても十分に足りると思っています。
トーセンジョウオーが勝った、エンプレス杯の勝ち時計は2.16.4
同じコースで行われた川崎記念の勝ち時計は2:12.9。
一見すると全く通用しないように始めは思った。

しかし、このタイム、日本ダート界最強の逃げ馬アジュディミツオー(かなり贔屓目入ってます^_^;)が引っ張って行ってのもの。
ちょっと視点を替えてJBCクラシックのタイムをみてみると2:16.1。大きなタイムの差は無いことがわかる。
よって、力量的にもそこまでの差は無い。

対抗はシーキングザダイヤ。最近のレースでは力の劣え顕著なものの、休みを挟んでリフレッシュできたとすれば、往年の力はなくともここでは力上位。
サンライズバッカスは頭か惨敗か。言うほど距離の壁はないかと。

ブルーコンコルドは完勝して何の不思議もないが、休みなく使われている点と出走を迷っていた点を考慮して評価をさげました。

ボンネビルレコードは、応援しているもののこのメンバーではやはり一線級相手では一枚落ちる。三着に飛び込む可能性は高いもののそれより上の着順はどうだろう。


↓クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

2007年06月24日

宝塚記念の予想。

日本の最強馬決定戦(芝の)と言っても過言ではないような、好メンバーが揃った宝塚記念。この一週間は、ひっきりなしにこのレースのシュミレーションしていました。
しかし考えれば考えるほど難解なレース。ここは、週始めに考えた予想でいこうと思います。

◎ウオッカ
○アドマイヤムーン
▲ポップロック
△ダイワメジャー


本命はウオッカ。
今回、初めての激流の予想される中距離でどうか?ということが不安視されている。ただ個人的には、ダービーにおいて、ヴィクトリーの作る速い流れも対応できるとみて本命視したため、その点は克服して欲しいところ。

対抗はアドマイヤムーン。
三歳時の不安定な印象はどこへやら。近走の充実振りは目を見張るものがある。
また、同じ父エンドスウィープのスィープトウショウが宝塚記念を制したのもこの時期。非根幹距離のでは負けておらず、実は巧者かも。

今回どうしても買いたいのはこの二頭。

また週初めはそこまで、展開は速くならないと考えていたが、メイン陣営ののおお逃げ宣言でそうはいかなくなりそう。
となると、有馬記念に近い展開が予想されそう。
よって、このときの着順からダイワメジャーがポップロックに先着する事は無いと見ます。

明日は、東京競馬場で観戦します。

↓クリックしていただけると嬉しい限りです。
人気blogランキングへ


Profile
livedoor 天気
時計
アクセス数(2007/1/1〜)
Recent Comments
blog ranking
にほんブログ村 競馬ブログへ
ペット
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)