「私が (岩の元の元素に) せめて柱の形になって、
人間に知らせてほしいと頼んだのです。
私は人間は連れてきませんでした。
それなのにどうして洞窟の穴があるかというと、
他のイシカミの身体からこのような穴が開いて子供が出てきたという事を、
知らせるために作ったのです。
私が降りたところは海でした。
けれども折角地球に降りてきたので、どうしても人間にイシカミのことを、
知ってもらいたかったのです。
身体の上を平らにしたのは、いつか人間に登って欲しかったからです」

「イシカミです。
(岩の意味を) 知らせることが出来て本当に良かったです」

「何としても私の作品 (フィンガルの洞窟) を見てもらいたいと思っていました。
???に降りたのですが、私の意味はわかってくれませんでした。
あの島 (スタッファ島 ) のイシカミです。
なぜ洞窟を作ったかと言うと、テレパシーで知ったのです。
何としても私たちイシカミがお腹に人間を入れてきた事を知らせるように、
と言われたのです。
どうしてもお知らせしたいのです。
私がいつか人間に気づいてもらおうと穴を作りました。
(岩の) 柱が角張っているのは何としても人間にわかってもらいたいので、
(柱の元素にその形になってと) 頼んだのです。
人間がいつか柱を使って家を建てるようになるとわかっていたからです。
そして人間が見やすいように歩く所も作りました。(島の屋根が平らなのも)
あそこに (バイキングが) 奪ってきた宝物を隠していました」 

「人間には何度も降りてお知らせしたのですが、
本当の意味をわかってはくれませんでした。
(クロップサークルを) 描いて欲しいとソラのものに頼んだのはこの私です。
私はあの島 (スタッファ島) のイシカミで、射手座のおじさん(=女王の弟) なのです。
私は良いイシカミです。
けれども、お肉を食べるために狩りをするように教えたのは私です。
それをあらわすために、あの鳥 (パフィン) が作られました。

(パフィンは) くちばしの赤い形は矢をあらわし、赤は血をあらわします。
目が閉じたようになっているのは、動物が殺されるのを見たくないからです。
寒い地方では作物 (小麦) は育たないと、意地悪な星に言われたのです。
(小麦を菜種にクロップサークルの) 模様を描いたのには訳があるのです。
かえすがえすも穀物を人間に教えなかった事が、悔やまれたからなのです。
菜種油* が悪いモノだと教えたのも悪い星でした。
今日、目的が達成されたので今年の模様は作りません。
(他のものが作るのもある)」 
* 以前ヨーロッパでは菜種油は食用ではなかった。 映画 「ロレンツオのオイル」

「良いイシカミです。
昨年はがんばって模様を描いてもらったのに、
あのように言われてとても悔しかったでした。
(イギリスやカナダの) 穀物を作っている人に迷惑をかけたと伝えてください」


クロップサークルの意味

「スタッファ島は穀物模様でこれまで何度も知らせてきました。
(スタッファ島のイシカミのロボットが、イギリスの複雑な穀物模様を作っていると知らされている)

なぜ (スタッファ島は) あの形かというと、スカンジイサン (=スカンジナビア半島のイシカミ)に言われたので、穴を開けた柱状節理になった*のです。
二つの穴はイシカミの指紋なのです。

(スタッファ島の穴は) 波で開いたという説で人々は納得しています。
(同じ柱状節理が)波の激しい南極で穴が開かないことを知らせています。
又、フィヨルドの説明は氷で岩が削られたという説で納得しています。
山が一気に (海面下まで) 300mもの深さ*に氷で削られると、本当に思っているのですか?」

ソラからの伝言より〜