「四角い星がマのものの仲間です。
それがヒンズー教のエネルギー体に力を与えています。
生駒山のイシカミが知らせてきました。
ボロブドゥールの遺跡になるように若いイシカミに教えたのが、プレ(アデナイ)の子供なのです」

「(遺跡のレリーフは) ブッダの生涯ではなく、イシジンの生活をあらわしています。
一番上の全ての籠の中にイシジンが座っています。
(インドネシアの) ボルブドール遺跡(そのほかのプランバナン寺院群などの石造建築遺跡) はプレアデナイが若いイシカミをだましてそのような形にさせたのです。

そして(プレアデナイがいて座をやっつけたと知らせるために) 籠に閉じ込めたイシジンをあらわすようにさせたのです。
そのことに気づくように、近くの他のイシカミが教えるために地震を起したのです」

2006年5月27日に起こったジャワ島の大地震で寺院の石塔の一部が崩れるなどの被害を受けた。
21-JAN-2007 11:27:M7.3 深さ10.0 NORTHERN MOLUCCA SEA
その後25回以上M5以上が続く。
NORTHERN MOLUCCA SEAはジョグジャカルタの近くでボルブドールがある。


「バナ、バナ・・プラバナンの遺跡になったものです。
バナナの形で降りてきました。
石になるのでキチンとした形になるように言われました。
けれども悪いことに、アルデバランに支配されたのです。
それで言われるままの形になったのです。
そしてアルデバランによって宗教に利用されていったのです。−−−」

「歯はシリウが考えました。
歯をかみ合わせて食べ物を砕くと言うことはインドネシアのイシカミとシリウが考えました。
それであの建物を残しておいたのです。(ボロブドゥル寺院遺跡群)」

「これは歯のことをあらわしたのです。それなのに、支配星が後から嫌なアクマをくっつけてきたのです。そのことを知ってほしいので地震で知らせていたのです」


地球の謎解き/ソラからの伝言より〜