2006年10月29日

天皇賞(秋)

 バランスオブゲームの急遽戦線離脱で一段とSペースが見込まれるメンバー構成となった。となれば押し出されるようにハナに立つのはトリリオンカットか。
 その中で中心となるのは、人気通りスイープトウショウとダンスインザムードの5歳牝馬2騎。特に前者は昨年の安田記念で2着、宝塚記念で世界のハーツクライを退けての優勝とズバ抜けた実績を持つ。また直前の調教を拒むなど折り合いに不安のあった前走京都大賞典では、それを一掃するかの如く鋭い切れ味で復帰緒戦を飾った。対して後者はこのレースで一昨年2着、昨年3着と相性の良さを示しており、完全にスランプから脱した今年も、同様のパフォーマンスが期待できる。切れ味ではスイープに劣るが、立ち回り次第では戴冠も。
 他では前走展開の向かなかったアサクサデンエン、外枠不利も前走で古馬を一蹴したアドマイヤムーンが続く。そして出来の良さの目立つファストタテヤマが不気味。
 あとは前での粘り腰があるトリリオンカット、脚の使い処次第で突き抜けるハットトリックのキャロットC2騎を警戒。

◎Д好ぁ璽廛肇Ε轡腑
○ぅ瀬鵐好ぅ鵐競燹璽
▲.▲汽サデンエン
△Ε肇螢螢ンカット
△ファストタテヤマ
△ハットトリック
△アドマイヤムーン

馬連А将´きΝ\200
馬単Б´きΝ\200



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/osoreirimasu/50388709