2007年01月05日

京都金杯

 確固たる逃げ馬不在、バックストレッチ奥からのスタートとなれば、京都名物のSペースは必至。三分三厘まで一団で進むはずなので、同じ33秒台の末脚を使うならば昨年同様により前で4角を迎えた馬に勝機があるように思う。
 今回中心視したいのがキンシャサノキセキ。豪州産で産まれが半年遅いというハンデを抱えながらも5着だったマイルCSでスケールの大きさが伺えた。スローでも折り合いの付くタイプで、その爆発力も桂川Sで実証済み。
 対抗は積極策で活路を見出したマルカシェンク。元より京都では駆ける馬なので、ジョッキーが変わろうとも心配は無さそう。
 不気味なのがサクラメガワンダー。全4勝が地元関西でのものだが、負ける時は実に不可解。ペースでも距離でもなさそうなので、抑えておく必要はある。
 そして注意したいのが昨年このレースで4位入線も降着となったエイシンドーバー。休み明けの準オープンをアッサリ勝ち上がってくるのだから能力は高い。また蛯名ジョッキーがこちらを除外になって中山に出ようとも騎乗の予定だったのだから、陣営の意気込みも窺い知れる。
 あとは展開が嵌りそうなキネティクス、ニューベリーを警戒したい。

  ◎ キンシャサノキセキ
  ○ ゥ泪襯シェンク
  ▲ サクラメガワンダー
  △ Д┘ぅ轡鵐鼻璽弌
  ☆ キネティクス
  ☆ 哀縫紂璽戰蝓

  馬連 キBOX \1,000
  馬単 →キЛ \500×3
     → \100×2
  ワイド ◆キЛ \100×4
     唖´キЛ \100×4



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/osoreirimasu/50414571